close

Enter

Log in using OpenID

â`¤ç”°ä¸Šç—…院Compa..

embedDownload
International Journal of COPD 2015:10 625‐643
Comparison of laboratory‐ and field‐
based exercise tests for COPD
:a systematic review
Fotheringham I et al
田上病院
宮城昭仁
【目的】
COPD患者における運動負荷試験の繰り返し精度・再現性、各運
動負荷試験の治療反応性に関するレビュー
【対象】
COPD患者のexercise test (6MWT、12MWT、ISWT、ESWT、ICET、
ECET、ITT、ETT)に関する研究
【方法】
・Medline、Embase、Cochrane LibraryにてCOPD患者へのexercise testに関する論文を検索
・除外基準・包含基準により最終的に71研究が選別
繰り返し精度10研究 再現性:31研究
治療反応性:23研究 Protocol variation:18研究
1
繰り返し精度
研究数
コメント
6MWT
6
5研究で2回目が有意に増加も、事前練習ありで精度良好
12MWT
1
事前練習ありで繰り返し精度十分
ISWT
3
2研究では事前練習後でも繰り返し精度乏しい
ESWT
2
繰り返し精度十分
ICET
1
peakVo2、Wmax
ECET・ITT・ETT
0
研究なし
再現性
再現性
研究数
6MWT
12
6研究で再現性良好も、他の研究で2回目が有意に増加
12MWT
7
5研究で2回目が有意に増加
ISWT
3
3研究で十分な再現性
ESWT
2
事前練習後では十分な再現性
ICET
6
4研究で再現性あるも、2研究で2回目が有意に増加
ECET
1
十分な再現性
ITT
1
2回目でpeakVO2増加も検定なし
ETT
1
十分な再現性
コメント
治療反応性(呼吸リハ)
研究数
コメント
6MWT
11
9研究でMCIDよりも改善、2研究でMCID未満の改善
(4.8~36.3%改善)
12MWT
1
有意に改善
ISWT
5
5研究で有意に改善し、うち3研究でMCIDよりも改善
(15.0~52.9%改善)
ESWT
5
5研究全てでMCIDよりも改善(時間:88~205.4%、距
離:92~140%)
ICET
5
2研究でMCIDよりも改善、2研究でMCID未満、1研究
でn.s
ECET
3
3研究で有意に改善 (73.5~166%)
ITT
4
1研究でpeakVO2増加、1研究でn.s、2研究で
peakVO2、Wmaxの記載なし
ETT
1
運動時間(27.4%)、距離(22.1%)が有意に改善
2
【結果】
繰り返し精度:6MWT、ESWT
再現性:6MWT、12MWT、ISWT、ESWT、 ICET
治療反応性:6MWT、ISWT、ESWT※特にESWTが良好
Protocol variation:歩行路(レイアウト、廊下、トレッドミル)、酸素
吸入などが結果に影響を及ぼす
【結論】
・事前練習を行う限り、ほとんどのテストで繰り返し精度・再現
性は良好(特に6MWT)
・治療反応性はESWTが良好
・6MWT、ISWTの治療反応性はESWTに劣る
・ICET、ECET、ITT、ETTに関してはデータが不十分
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
114 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content