close

Enter

Log in using OpenID

平成22年3月号 - Werry House

embedDownload
※小さな農園では、ひっそりと大根やブロッコリー・白菜などが収穫されています。
前回お話しした、カナダ・バンクーバーでの冬季オリンピックもあっとゆう間に終わってしまいました。開
催中は毎晩テレビやニュースから目が離せず、同じシーンでも何度も見てしまったり…。“勝手に気にな
るランキング”に挙げた競技や選手以外もやはり気になるもので、生中継が行われている昼間は後ろ髪
を引かれる思いで仕事をしていました。(笑)
さて、すべての競技を終えて、日本は銀メダル3つ、銅メダル2つ。日本中の期待を背負い、過酷な
プレッシャーの中、世界で2位や3位になる事は本当に素晴らしい事だと思います。ただ、やはり金が取
れないのは悔しかったですね。「うわぁ~」と叫ぶシーンも何度もありました。
上村愛子選手は、前回より順位を上げたものの、メダルを逃し惜しかった
です。本人が一番悔しいでしょう。お母さんと二人三脚で頑張ってきたドキ
ュメント番組を見て、余計にこみ上げるものがありました。
高木美帆選手は、自身の本来の力を発揮する事はできませんでしたが、
15歳でのこの大舞台の経験をバネに4年後は必ずやってくれるでしょう。
浅田真央選手も今シーズンの不調を跳ね除けるような滑りでしたが、完
璧とはいかず、1位との点差がかなり開いてしまいました。それにしてもキ
ム・ヨナ選手の見事な演技には圧巻です。この差は仕方がないのかな、と
思ってしまいます。真央ちゃんもまだまだ若いので、これからどんな成長を
△浅田真央選手
遂げるのか楽しみです。
それにしても、一番悔しかったのは女子スピードスケート・
チームパシュートの銀メダルでしょう。何度も何度も、ニュー
スやオリンピック番組で見ましたが、ほんの2/100秒の差!
人間が瞬きするのですら10/100秒かかるということなの
で、ほんっとに僅かです。終わってしまった事ですから、どうし
ようもないですが、ゴールの時、最後尾の選手の後側の足
が伸びていたら…、最後尾の選手の足がもう少し小さかった
△スピードスケート・チームパシュート
ら…!そんなバカな事まで考えてしまいます。
いやいや、それにしても本当に色々なドラマの生まれたバンクーバーオリンピック。選手の皆さんに、お
疲れさまでしたと、楽しませてくれてありがとう、と心から言いたいものです。
皆様の目に、今回のオリンピックはどう映ったでしょう。
Werry House ㈲河本建築工業 一級建築士事務所
0858(34)3260 鳥取県東伯郡湯梨浜町泊 19
Mail:[email protected]
URL:http://www.werryhouse.com
建設業許可 (般-18)第 5987 号
一級建築士事務所登録第 20-1201 号
検索してみよう!
ウェリーハウス
検索
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
20
File Size
474 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content