close

Enter

Log in using OpenID

テクノ・システム・リサーチ 『2006-2007 年 携帯電話市場統計』を発表

embedDownload
Techno Systems Research Co., Ltd.
株式会社
テクノ・システム・リサーチ
お問い合わせ担当; 武花
勇一
([email protected])
電話: 03 (3866) 4505
テクノ・システム・リサーチ
『2006-2007 年 携帯電話市場統計』を発表
株式会社テクノ・システム・リサーチ (所在地:東京都千代田区岩本町 3-7-4、代表取締
役:藤田正雄、℡:03-3866-4505)は、国内及び海外の携帯電話市場の市場統計調査、調
査結果を発表しました。
今回の調査によると 2007 年の携帯電話需要は 11 億 1,300 万台(対前年比 113.7%増)となる
見込みです。アフリカやラテンアメリカ、アジアなどの新興国向けの需要が引き続き好調
に推移し、引き続き新興国向けの需要により市場は拡大するものの、新規加入者の飽和に
より、伸び率が低下する可能性が高くなっております。【図 1】
方式別携帯電話需要【図 1】
1,600,000
140%
1,400,000
120%
1,200,000
100%
1,000 pcs
1,000,000
80%
800,000
60%
600,000
40%
400,000
Over 3G
200,000
20%
2G
伸び率
0
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
0%
CY
-1Techno Systems Research Co., Ltd.
2007 年携帯電話メーカーシェア【図 2】
メーカ別では 2006 年後半からモトロー
Handset Market Share Trend 2007,
CY
ラの不調が続いています。2004 年末から発
売された薄型モデル RAZR V3 により大幅
Others
17%
な販売量の増加が続いていたものの、後継
機種に恵まれずシェアを大幅に落として
Nokia
38%
Sony
Ericsson
9%
いる。
一方、他のトップメーカーでは販売量を
躍進させシェア拡大を図っています。【図
2】
LG
7%
M otorola
14%
Samsung
15%
国内 方式別携帯電話需要【図 3】
60
50
2G/Cdma 1x
40
EV-DO
30
Super3G/LTE
HSUPA
20
HSDPA
10
UM TS
0
百万台
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
日本国内市場では 2G規格である PDC から 3G への移管が完了しはじめ、3.5G 規格であ
る HSDPA も 2007 年から急速に拡大しており、
4G を見据えた規格の移行が進んでいます。
【図 3】
一方、ナンバーポータビリティーが開始され、SIM ロック解除や補助金の見直しなど通信
の規制緩和に伴うビジネスモデルの変化が起こり始めています。
-2Techno Systems Research Co., Ltd.
Untis: 1,000 pcs
国内ミドルウェア搭載状況【表1】
Linux
Symbian
Brew
Windows
others
2006
2007 1st
9,311
4,758
11,747
8,395
16,015
9,273
53
108
12,084
5,285
49,210
27,819
※データカード除く
国内 ミドルウェア搭載状況【図4】
2007上期
2006
others
23.8%
others
18.7%
Brew
32.5%
Brew
33.3%
Windows
0.4%
Windows
0.1%
Linux
17.1%
Linux
18.9%
Symbian
24.6%
Symbian
30.5%
日本国内市場における携帯電話向けミドルウェアーは、2006 年から 2007 年にかけて、大き
なシェアの変動はありませんでした。【表 1】、
【図 4】今後は、携帯電話のハイエンド化や
通信会社によるプラットフォームの統一化などから、NTT DoCoMo や Softbank で、Symbian
や Linux の採用が増加することが見込まれています。なお、キャリア別では Docomo では
Symbian、Softbank では Brew の搭載が主流となっている。KDDI は Brew のみを採用してい
る。
-3Techno Systems Research Co., Ltd.
Untis: 1,000 pcs
国内 短距離無線機能 搭載状況【表2】 2006
BT
WLAN
赤外線
Felica
2007 1st
9,526
7,393
70
184
43,436
26,674
20,036
18,202
※データカード除く
国内 フェリカ搭載状況 【図5】
2007上期
2006
非搭載
34%
搭載
41%
非搭載
59%
搭載
66%
BT、無線 LAN といった短距離無線機能は、日本国内向けの機種では採用が進んでおりま
せん。これに対し、フェリカやモバイル Suica といった携帯電話での決済の機能の搭載率は、
2007 年に大幅に増加しました。
【表 2】
【図 5】今までの決済機能の搭載は、国内のハイエン
ド機種での搭載が主だったのに対し、一部のミドルエンド機種に搭載が始まったことが、
搭載率増加の一因とみられます。
このほか、当レポートにおいては、日本国内向け携帯電話端末の長距離無線方式、筐体サ
イズ、ディスプレイ、カメラ、各種センサーなどの採用状況を、セットメーカー別・キャ
リア別に集計・分析しております。
-4Techno Systems Research Co., Ltd.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
142 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content