close

Enter

Log in using OpenID

2006年日中薬膳・機能性食材博覧会

embedDownload
セロリ
62
中村学園大学・中村学園大学短期大学部 広報誌
【特集1】
中村だからできること。
「2006年日中薬膳・機能性食材博覧会」
開催報告
【特集2】
第40回 霜月祭
Vol.
4
We l c o m e t o O u r S e m i n a r
WAGAZEMI DATA
短期大学部
食物栄養科「林ゼミ」
2年生女子2
4人
録
し
て
い
き
ま
し
た
。
体
重
、
消
費
エ
ネ
ル
ギ
ー
等
に
つ
い
て
記
数
計
を
装
着
し
、
1
日
の
歩
数
、
朝
夕
の
3
か
月
間
、
朝
起
き
て
か
ら
寝
る
ま
で
歩
す
。
ゼ
ミ
生
は
、
4
月
か
ら
7
月
ま
で
の
要
性
を
気
づ
い
て
も
ら
う
こ
と
が
目
的
で
動
や
ス
ポ
ー
ツ
を
取
り
入
れ
る
こ
と
の
重
ミ
生
が
運
動
を
実
践
し
、
日
常
生
活
に
運
の
栄
養
管
理
の
研
究
だ
け
で
は
な
く
、
ゼ
競
技
ス
ポ
ー
ツ
選
手
の
成
績
向
上
の
た
め
﹁
ス
ポ
ー
ツ
と
栄
養
﹂
と
言
っ
て
も
、
2
4
人
の
学
生
と
と
も
に
取
り
組
ん
だ
テ
ー
教
育
と
研
究
に
励
ん
で
い
ま
す
。
今
年
、
林
先
生
は
、
人
の
健
康
と
食
生
活
を
柱
に
か
つ
て
病
院
で
栄
養
士
の
経
験
を
持
つ
栄
養
士
の
卵
た
ち
に
、
大
い
に
期
待
し
た
に
な
っ
て
ほ
し
い
﹂
と
林
先
生
。
将
来
の
康
を
総
合
的
に
サ
ポ
ー
ト
で
き
る
栄
養
士
動
、
栄
養
、
休
養
を
実
践
し
て
、
人
の
健
を
知
っ
て
も
ら
い
た
か
っ
た
の
で
す
。
運
取
り
組
ん
で
い
ま
す
。
﹁
ま
ず
、
ゼ
ミ
生
に
運
動
の
心
地
よ
さ
み
ん
な
仲
良
く
、
将
来
の
夢
に
向
か
っ
て
デ
ザ
ー
ト
作
り
に
も
挑
戦
し
た
と
か
。
の
テ
ー
マ
は
﹁
ス
ポ
ー
ツ
と
栄
養
﹂
。
ゼ
ミ
生
行
っ
た
り
、
長
距
離
ラ
ン
ナ
ー
の
食
事
や
食
物
栄
養
科
の
学
生
が
学
ぶ
﹁
林
ゼ
ミ
﹂
大
学
の
学
生
と
一
緒
に
ス
テ
ッ
プ
運
動
を
健
康
と
食
生
活
に
高
い
関
心
を
示
す
ミ
生
。
ま
た
、
歩
く
だ
け
で
な
く
、
福
岡
い
て
い
け
ま
せ
ん
で
し
た
︵
笑
︶
﹂
と
ゼ
体
験
的
に
学
ぶ
。
歩
き
出
す
の
で
す
が
、
と
て
も
速
く
て
つ
立
っ
て
﹃
み
ん
な
つ
い
て
き
な
さ
い
﹄
と
栄
養
と
運
動
の
重
要
性
を
ん
な
で
歩
き
ま
し
た
。
林
先
生
が
先
頭
に
日
常
生
活
に
お
け
る
に
、
室
見
川
や
大
濠
公
園
に
行
っ
て
、
み
﹁
1
日
1
万
歩
歩
く
の
が
目
標
。
実
際
実 健
践 康
栄 日
養 本
1
士2
を を
め 推
ざ 進
し す
て る
62
い
も
の
で
す
。
マ
が
﹁
ス
ポ
ー
ツ
と
栄
養
﹂
。
林辰美助教授
いいよ、
いいよ。
(林先生の口癖)
先生、
これどうですか?
プロフィール/本学の食物栄養学科卒業後、
名古屋保健衛生大学病院、日立金属!病院
などの管理栄養士を経て、本学の助教授に。
豊富な現場経験を持ち、実践的な講義には
定評がある。保育園の子どもや保護者を対
象にした調査結果に基づいた栄養教育と指
導方法の開発研究。また筑紫女学園高校陸
上部(駅伝)の栄養サポート。
01
中村 学園 大学・
中村 学園 大学 短期 大学 部 広報 誌
セロリ
わがゼミ案内 養科
栄
物
短期大学部 食
」
「林ゼミ
01P
特 集1
特 集2
中村だからできること
「充実生活」
「2006年日中薬膳・機能性食材
博覧会」開催報告
P
第40回 霜月祭
03
07P
平成19年度
62
入試結果
11P
02
2月∼3月に実施される
入学試験のお知らせ
12P
【卒業生のページ】
社会で活躍する卒業生
ー先輩の職場訪問ー
・就職課コラム
10P
【在校生のペ
ージ】
・サークル紹介
・ベーカリーシ
ョップオープン
09P
セロリ
62
中村学園大学・中村学園大学短期大学部 広報誌
【特集1】
中村だからできること。
「2006年日中薬膳・機能性食材博覧会」
イベント&ニュース
開催報告
【特集2】
第40回 霜月祭
・学内の行事
・教職員の動き
13P
今号の表紙
2
0
0
6年日中薬膳・機能性食材博覧会
テーマ展示(展示会場入口)
中村学園大学は2
0
0
3
(平成1
5)
年4月1日付で、財団法人大
学基準協会より大学基準に適
合しているものと認められ、
正会員として認定されました。
YAKUZEN
EXPO
「2006年日中薬膳・機能性食材博覧会」開催報告
学校法人中村学園
中村量一 理事長
謝
上海中医薬大学
建群 常務副学長
ま
た
、
2
階
フ
ロ
ア
に
は
﹁
薬
膳
フ
ー
ド
コ
ー
ト
﹂
が
設
け
ら
れ
、
多
く
の
方
が
薬
膳
弁
当
や
ブ
ー
ス
も
多
く
、
来
場
者
は
関
心
を
持
っ
て
説
明
を
聞
い
た
り
、
試
食
を
し
て
い
ま
し
た
。
ン
に
分
け
て
展
示
が
行
わ
れ
ま
し
た
。
普
段
は
目
に
す
る
機
会
が
な
い
食
材
を
展
示
し
て
い
る
ゾ
ー
ン
を
は
じ
め
﹁
食
を
支
え
る
﹂
﹁
食
の
健
康
﹂
﹁
海
外
出
展
﹂
﹁
研
究
・
行
政
﹂
の
5
つ
の
ゾ
ー
ナ
大
ー 展 盛
を 示 況
設 会 で
け で し
、 は た
1 国 。
階 内
フ 外
ロ か
ア ら
6
に9
は の
﹁ 企
薬 業
膳 ・
﹂ 研
に 究
欠 機
か 関
せ が
な 出
い 展
食 。
材 会
の 場
紹 入
介 口
を に
す は
る テ
﹁ ー
食 マ
の 展
市 示
場 コ
﹂ ー
薬
膳
料
理
シ
ョ
ー
な
ど
多
彩
な
イ
ベ
ン
ト
が
行
わ
れ
、
来
場
者
数
は
1
万
2
0
0
0
人
を
超
え
る
で
3
日
間
に
わ
た
り
、
展
示
会
、
国
際
薬
膳
シ
ン
ポ
ジ
ウ
ム
、
薬
膳
セ
ミ
ナ
ー
、
市
民
公
開
講
座
、
が
ス
タ
ー
ト
。
福
岡
国
際
セ
ン
タ
ー
、
福
岡
サ
ン
パ
レ
ス
ホ
ー
ル
、
福
岡
国
際
会
議
場
の
3
会
場
の
方
々
か
ら
も
ご
祝
辞
を
い
た
だ
き
、
テ
ー
プ
カ
ッ
ト
の
後
、
い
よ
い
よ
国
内
初
の
薬
膳
博
覧
会
中村だから、
できること
園
中
村
量
一
理
事
長
、
上
海
中
医
薬
大
学
謝
建
群
常
務
副
学
長
の
あ
い
さ
つ
に
続
い
て
、
来
賓
博
2
覧1
会 月
2
﹂1
の 日
オ !
ー 午
プ 前
ニ1
0
ン 時
グ よ
セ り
レ 福
モ 岡
ニ 国
ー 際
が セ
行 ン
わ タ
れ ー
ま で
し ﹁
た 2
。 0
主 0
催 6
者 年
で 日
あ 中
る 薬
学 膳
校 ・
法 機
人 能
中 性
村 食
学 材
12/
12∼14
展
示
会
会
場
/
福
岡
国
際
セ
ン
タ
ー
62
薬
膳
カ
レ
ー
な
ど
の
薬
膳
料
理
を
口
に
さ
れ
、
な
か
に
は
売
り
切
れ
が
出
る
ほ
ど
大
好
評
で
し
た
。
特 集1
03
オープニングセレモニー(テープカット)
96
の
企
業
・
団
体
が
出
展
会場入口のテーマ展示
イ会
ベ場
ン前
ト方
スに
テ設
ーけ
ジら
れ
た
◆展示会出展者一覧
食の市場
エ ス ビ ー 食 品 株 式 会 社・ケ ン コ ー マ ヨ ネ ー ズ 株 式 会 社・オ ー ケ ー 食 品 工 業 株 式 会 社・ハ ウ ス 食 品 株 式 会 社・JAお き な わ・森 永 乳 業 株 式 会 社
富士食品工業株式会社・株式会社カツヤ・石井食品株式会社・ネスレ日本株式会社・株式会社大光食品・キューピー株式会社・日本農産工業株式会社
株式会社三共物商・うみ問屋株式会社・日本水産株式会社・テーオー食品株式会社・株式会社ギャバン・マルト モ 株 式 会 社・日 清 フ ー ズ 株 式 会 社
キスコフーズ株式会社・日本製粉株式会社・九鬼産業株式会社・JAグループ福岡・ベストアメニティ株式会社・株式会社加ト吉・エバラ食品工業株式会社
アリアケジャパン株式会社・株式会社J‐オイルミルズ・九電産業株式会社
食を支える
九州電力株式会社・株式会社アペックス・福岡県食品産業協議会・西部ガス株式会社
食の健康
株式会社メルシー・九州エコロジーワークス株式会社・石橋工業株式会社・有限会社ツツミプランニング・キッコーマン株式会社・正栄食品工業株式会社
エム・シーシ ー 食 品 株 式 会 社・株 式 会 社 八 ち ゃ ん 堂・伊 那 食 品 工 業 株 式 会 社・キ リ ン グ ル ー プ・ジ ェ イ テ ィ フ ー ズ 株 式 会 社・兼 貞 物 産 株 式 会 社
住 商 フ ー ズ 株 式 会 社・ヤ ヨ イ 食 品 株 式 会 社・日 清 オ イ リ オ グ ル ー プ 株 式 会 社・株 式 会 社 ミ ツ カ ン ナ カ ノ ス 福 岡 支 店・株 式 会 社 ふ く れ ん
株式会社ニチレイフーズ・三島食品株式会社・宝酒造株式会社・堂本食品株式会社・味の素株式会社・メルシャン株式会社・カゴメ株式会社・株式会社トーホー
マルハ株式会社 九州支社・日東ベスト株式会社・雪印グループ・島原健康半島構想推進協議会・ロイヤルホールディングス株式会社・大塚製薬株式会社
福 岡 県 築 上 郡 上 毛 町・株 式 会 社 ヨ コ オ・株 式 会 社 ア ク ア ヘ ル ス ジ ャ パ ン・福 岡 食 品 交 流 プ ラ ザ・株 式 会 社 リ ョ ー ユ ー パ ン
コカコーラウエストホールディングス株式会社・日清サイエンス株式会社
海外出展
上海天云医薬科学技術株式会社・株式会社中国伝統医学教育センター・上海虹橋漢方医薬有限会社・上海遠盛医薬科技発展株式会社・上海雷允上薬業株式会社
上海融氏企業株式会社・健易生物科技商行・上海松華薬業株式会社・上海雷允上中薬飲片工場・上海中医薬大学・株式会社健禄・上海実業聯合集団薬業株式会社
株式会社アリーナ・農業会社法人 株式会社オインマニ
研究・行政
トヨタ生 活 協 同 組 合・財 団 法 人 日 本 食 品 分 析 セ ン タ ー・福 岡 工 業 大 学・九 州 農 政 局・九 州 経 済 産 業 局・福 岡 市・福 岡 県 バ イ オ 産 業 拠 点 推 進 会 議
福岡県工業技術センター 生物食品研究所・産業医科大学・中村学園大学 流通科学研究室・中村学園大学 栄養科学部
ふ
さ
わ
し
い
内
容
に
み
な
真
剣
に
聞
き
入
っ
て
い
ま
し
た
。
62
04
謝
上海中医薬大学
建群 常務副学長
中村学園大学
坂田利家 教授
ぼ
満
席
。
同
時
通
訳
も
行
わ
れ
た
国
際
シ
ン
ポ
ジ
ウ
ム
に
い
ず
れ
も
幅
広
い
世
代
の
聴
衆
が
集
ま
り
、
座
席
は
ほ
テ
ー
マ
で
シ
ン
ポ
ジ
ウ
ム
が
開
か
れ
ま
し
た
。
康
食
と
し
て
の
薬
膳
﹂
及
び
﹁
薬
膳
と
食
育
﹂
の
2
つ
の
に
よ
る
特
別
講
演
が
行
わ
れ
ま
し
た
。
午
後
か
ら
は
、
﹁
健
基
調
講
演
と
、
上
海
中
医
薬
大
学
の
謝
建
群
常
務
副
学
長
の
挨
拶
の
後
、
中
村
学
園
大
学
の
坂
田
利
家
教
授
に
よ
る
ム
﹂
が
開
か
れ
ま
し
た
。
中
村
学
園
大
学
藤
本
淳
学
長
で
は
今
年
で
3
回
目
に
な
る
﹁
国
際
薬
膳
シ
ン
ポ
ジ
ウ
12/
1
2
月
1
2
日
!
展
示
会
場
に
隣
接
す
る
福
岡
国
際
会
議
場
12
第
3
回
会 国
場 際
/
福 薬
岡
国 膳
際
会 シ
議
場 ン
ポ
ジ
ウ
ム
中村学園大学
藤本 淳 学長
Program
プログラム
1
1:0
0∼1
1:1
0
●主催者挨拶
中村学園大学
学長
藤本
淳
中村学園大学薬膳科学研究所
所長
内山
文昭
中村学園大学薬膳科学研究所
内山文昭 所長
左から上海中医薬大学 陳 徳興 教授
中村学園大学
三成由美 教授
左から上海中医薬大学 朱 根勝 講師
産業医科大学 徳井教孝 臨床疫学講師
左から上海中医薬大学 郭
忻 教授
韓国薬膳研究院 安 文生 院長(3番目)
1
1:1
0∼1
2:4
0
座長
●基調講演
『西洋的解析法による薬膳の新たなる展開とその将来展望』
坂田
利家
謝
建群
徳井
朱
教孝
根勝
朱
郭
(韓国)韓国薬膳研究院 院長 安
(日本)産業医科大学 臨床疫学講師 徳井
根勝
忻
文生
教孝
三成
陳
由美
徳興
陳
于
徳興
小冬
貞淳
仁淑
弘之
知子
中村学園大学
教授
●特別講演
『中国における薬膳の現状と将来』
上海中医薬大学
常務副学長
1
3:3
0∼1
5:0
0
●シンポジウム1
『健康食としての薬膳』
座長
産業医科大学
臨床疫学講師
上海中医薬大学
講師
シンポジスト
(中国)上海中医薬大学
講師
上海中医薬大学
教授
1
5:1
5∼1
7:1
5
●シンポジウム2
『薬膳と食育』
座長
中村学園大学
教授
上海中医薬大学
教授
(中国)上海中医薬大学
教授
シンポジスト
中国国家公衆栄養と発展センター
主任教授
(韓国)明知大学校
教授
小学校栄養士会
会長
(日本)内閣府食育推進室
参事官補佐
中村学園大学短期大学部
教授
田中
城田
中内小明 左
村閣学知 か
学府校大 ら
園食栄学 中
大育養校 国
学推士
国
家
短進会
期室
公
大
于衆
城学田
栄
田部中
知 弘仁貞小養
と
子 之淑淳冬発
教 参会教主展
授 事長授任セ
官
教ン
補
授タ
佐
ー
12/
Program
プログラム
●1
2/1
2!『旬の野菜を使った老化予防の薬膳』
・老化予防のお粥とスープ
実演協力:福新楼
代表取締役社長
同料理長
張
王
光陽
和雄
・不老長寿の鍋料理
実演協力:中村学園大学
教授
楠 喜久枝
松隈 紀生
総料理長
磯山 俊二
名誉教授
中村学園大学短期大学部
・野菜たっぷり西洋鍋料理
実演協力:西鉄グランドホテル
●1
2/1
3"『薬食同源を基本にした冬の薬膳』
・冬のトマト!
実演協力:東京ロイヤルパークホテル 洋食料理部長・三菱開東閣 総料理長 梅崎
徳孝
・中国伝統料理とデザート
実演協力:聘珍樓
総料理長
謝
華顕
韓
福善
・韓国宮中伝統料理
実演協力:伝統韓国食文化研究院
院長
・上毛ふるさとの味
実演協力:福岡県築上郡上毛町
産業振興課
食育ボランティア
●1
2/1
4#『便通改善の薬膳』
・食物繊維いっぱい!本格西洋料理
実演協力:中村調理製菓専門学校
西洋料理担当教員
鎌田 裕之
・韓国のオモニ(母)の味
実演協力:韓国家庭料理研究家
李
秀子
・まぼろしのぬか床料理
実演協力:ぬか床料理「千束」店主
下田 敏子
左から中村学園大学短期大学部 松隈紀生 教授
中村学園大学 楠 喜久枝 名誉教授
か
り
で
し
た
。
く
食
べ
た
い
!
と
に
包
ま
れ
て
、
早
煮
込
ん
だ
に
お
い
ス
ー
プ
や
材
料
を
シ
ョ
ー
の
度
に
大
盛
況
。
料
理
心
の
高
さ
を
物
語
っ
て
い
ま
し
た
。
あ
っ
て
、
参
加
者
の
年
齢
層
も
職
業
も
幅
広
く
、
関
立
見
が
で
る
ほ
ど
と
手
順
で
、
毎
回
最
先
端
の
中
医
学
を
聞
け
る
数
少
な
い
チ
ャ
ン
ス
と
軽
に
で
き
る
材
料
こ
と
で
時
間
が
大
幅
に
ず
れ
込
ん
で
し
ま
う
こ
と
も
。
料
理
は
ど
れ
も
手
し
た
が
、
会
場
か
ら
突
っ
込
ん
だ
質
問
が
相
次
い
だ
講
義
は
そ
れ
ぞ
れ
通
訳
を
交
え
1
時
間
の
予
定
で
回 山
︶
、 本 中
薬 華 村
世 学
膳 さ 園
料 ん 大
理 の 学
の 進 短
実 行 期
演 に 大
が よ 学
行 り 部
わ 1 卒
れ 日 業
ま 3 生
し 回 で
た ︵ タ
。1
3レ
和 日 ン
食 は ト
・ 4 の
心
に
耳
を
傾
け
ま
し
た
。
さ
み
な
が
ら
順
次
開
講
さ
れ
る
専
門
的
な
講
義
に
熱
4
行1
わ 日 展
れ # 示
ま の 会
し 3 で
た 日 の
。 間 イ
に ベ
わ ン
た ト
り と
﹁ し
薬 て
膳 、
2
料1
理 月
2
シ1
ョ 日
ー !
﹂ か
が ら
が
集
ま
り
、
午
前
1
0
時
か
ら
1
7
時
ま
で
、
休
憩
を
は
特
設
の
セ
ミ
ナ
ー
会
場
で
は
1
5
0
人
以
上
の
聴
衆
会
場
/
福
岡
国
際
セ
ン
タ
ー
62
左から聘珍樓 謝華顕 総料理長、山本華世氏
思
う
メ
ニ
ュ
ー
ば
洋
食
・
中
華
と
そ
れ
ぞ
れ
の
調
理
法
を
生
か
し
た
薬
膳
12∼14
薬
膳
料
理
シ
ョ
ー
12/
1
2
月
1
3
日
"
に
は
﹁
薬
膳
セ
ミ
ナ
ー
﹂
を
開
催
。
13
薬
膳
セ
ミ
ナ
ー
Program
プログラム
「薬膳と免疫調整」
上海中医薬大学
朱 根勝 講師
慶北大学校
黄 永鉉 教授
上海中医薬大学
陳 徳興 教授
上海中医薬大学
講師
朱
根勝
「高機能性大豆の育種と健康効果」
慶北大学校
教授
黄
永鉉
上海中医薬大学
教授
陳
徳興
上海中医薬大学
教授
潘
祥龍
教授
郭
忻
「薬膳と抗疲労」
「薬膳と美容」
上海中医薬大学
潘 祥龍 教授
上海中医薬大学
郭
忻 教授
「薬膳と抗老化」
上海中医薬大学
会
場
/
福
岡
国
際
セ
ン
タ
ー
05
足
し
て
い
ま
し
た
。
く
、
時
に
な
ご
や
か
な
笑
い
も
お
き
る
な
ど
、
参
加
者
も
大
変
満
ト
。
3
人
の
シ
ン
ポ
ジ
ス
ト
に
よ
る
講
演
は
と
て
も
わ
か
り
や
す
は
さ
ん
で
、
シ
ン
ポ
ジ
ウ
ム
﹃
東
洋
と
西
洋
の
食
養
生
﹄
が
ス
タ
ー
年
太
極
剣
世
界
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
で
あ
る
渡
辺
俊
哉
さ
ん
の
演
武
を
る
薬
食
同
源
﹂
を
テ
ー
マ
に
講
演
さ
れ
ま
し
た
。
途
中
、
2
0
0
3
中
村
学
園
大
学
の
三
成
由
美
教
授
が
﹁
チ
ャ
ン
グ
ム
の
食
事
に
み
た
が
、
ご
家
族
の
ご
不
幸
で
急
遽
帰
国
さ
れ
た
た
め
、
代
わ
っ
て
次
に
韓
国
・
宮
中
飲
食
研
究
院
の
韓
福
麗
院
長
が
講
演
予
定
で
し
防
の
た
め
の
日
本
型
食
生
活
﹂
を
テ
ー
マ
に
講
演
さ
れ
ま
し
た
。
養
士
会
の
中
村
丁
次
会
長
が
﹁
メ
タ
ボ
リ
ッ
ク
シ
ン
ド
ロ
ー
ム
予
に 民
は 公 最
約 開 終
1 講 日
6 座 の
2
0 が1
0 開 月
人 か1
4
が れ 日
参 ま "
加 し に
。 た は
ま 。 福
ず 9 岡
最 時 サ
0ン
初3
に 分 パ
、 か レ
社 ら ス
団 始 ホ
法 ま ー
人 っ ル
日 た に
本 講 て
栄 演 市
Program
プログラム
9:3
0∼1
1:0
0
(座長
中村学園大学
教授
吉岡
慶子)
●講演1
『メタボリックシンドローム予防のための日本型食生活』
会長
中村
丁次
教授
三成
由美
鍼灸師(2
0
0
3年太極剣世界チャンピオン) 渡辺
俊哉
社団法人日本栄養士会
●講演2
『チャングムの食事にみる薬食同源』
中村学園大学
1
1:1
5∼1
1:2
0
『太極剣演武』
●
わたなべ鍼灸院
1
1:2
0∼1
2:5
0
62
社団法人日本栄養士会
中村丁次 会長
中村学園大学 吉岡慶子 教授
機
能
性
食
材
博
覧
会
﹂
開
催
概
要
﹁
2
0
0
6
年
日
中
薬
膳
・
産業医科大学
徳井教孝 臨床疫学講師
会
場
/
福
岡
サ
ン
パ
レ
ス
ホ
ー
ル
『東洋と西洋の食養生』
シンポジスト
2003年太極剣世界チャンピオン
渡辺俊哉 氏
14
市
民
公
開
講
座
●シンポジウム
司会
06
12/
昭和大学医学部
新居裕久 客員教授
!展示会
2006年12月12日!∼14日#3日間 ◎10:00∼17:00(最終日のみ16:00まで)
福岡国際センター 来場者数(3日間合計) 9,
583人
!国際薬膳シンポジウム
2006年12月12日!1日間 ◎11:00∼17:15
福岡国際会議場 来場者数 847人
!薬膳セミナー
2006年12月13日"1日間 ◎10:00∼17:00
福岡国際センター(セミナールーム) 来場者数 158人
!市民公開講座
2006年12月14日#1日間 ◎9:30∼12:50
福岡サンパレス 来場者数 1,
579人
!来場者数合計 12,
167人
!主催 中村学園大学、上海中医薬大学
!共催 福岡市、上海市対外経済貿易委員会
産業医科大学
臨床疫学講師
徳井
教孝
昭和大学 医学部 客員教授 新居 裕久
聖パウロ女子修道会 シスター マリア・ファティマ竹内
中村学園大学 教授 三成 由美
聖パウロ女子修道会
マリア・ファティマ竹内 シスター
中村学園大学
三成由美 教授
!後援
中華人民共和国駐福岡総領事館、駐福岡大韓民国総領事館、
中国国家中医薬管理局、世界中医連合会、
経済産業省九州経済産業局、農林水産省九州農政局、福岡県、
福岡県教育委員会、JAグループ福岡、産業医科大学、
福岡商工会議所、社団法人福岡県中小企業経営者協会、
九州電力株式会社、株式会社福岡銀行、西日本鉄道株式会社、
西部瓦斯株式会社、株式会社西日本シティ銀行、
株式会社九電工、九州旅客鉄道株式会社、
株式会社西日本新聞社、株式会社トーホー、株式会社ふくや、
福岡県食品産業協議会、社団法人日本栄養士会、
社団法人福岡県栄養士会、社団法人福岡県薬剤師会、
社団法人福岡県医師会、社団法人福岡県看護協会、
日本栄養改善学会、日本食生活学会、日本食物繊維学会、
日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部
特 集2
第40回 霜月祭
し 凝 展 た ら
た ら 示 、 ず
。 し 、 学 、
た 物 友 一
パ 品 会 般
ワ バ 館 の
ー ザ や 方
あ ー 教 々
ふ な 室 も
れ ど で 楽
る が は し
学 行 、 ん
園 わ お で
祭 れ 茶 い
と 、 会 ま
な 趣 や し
り 向 書 た
ま を 道 。
ま
美
味
し
そ
う
な
も
の
ば
か
り
で
、
学
生
の
み
な
団
子
、
た
こ
焼
、
オ
ム
ラ
イ
ス
、
ド
ー
ナ
ツ
な
ど
祭
実
行
委
員
に
よ
る
模
擬
店
が
ず
ら
り
。
ご
ま
が
り
、
グ
ラ
ウ
ン
ド
で
は
各
サ
ー
ク
ル
や
学
園
ど
学
生
の
手
作
り
イ
ベ
ン
ト
は
大
い
に
盛
り
上
ト
、
王
子
様
コ
ン
テ
ス
ト
、
1
7
5
R
ラ
イ
ブ
な
ミ
ス
キ
ャ
ン
パ
ス
コ
ン
テ
ス
ト
、
ダ
ン
ス
コ
ン
テ
ス
を
重
ね
、
無
事
開
催
に
た
ど
り
着
き
ま
し
た
。
各
サ
ー
ク
ル
、
ゼ
ミ
の
学
生
ら
が
準
備
に
準
備
美味しい
クッキーは
売れ行き好調
でした!
の
が
﹁
霜
月
祭
﹂
。
学
園
祭
実
行
委
員
を
は
じ
め
、
一
年
の
中
で
、
大
学
が
最
も
熱
気
に
包
ま
れ
る
ま
し
た
。
大
い
に
盛
り
上
が
り
あ
ふ
れ
る
霜
月
祭
、
学
生
ら
の
パ
ワ
ー
第40回
11/2(木)・3(祝)・4(土)
62
元気な仲間が集まっているボランティアサー
クルでは、障害者の作業施設で作られている
クッキーや小物を販売していました。
「霜月祭
の打ち合わせで作業所を訪問し、
障害者の
方々の暮らしを垣間みることができて良かった
です」
とは泉原さん。
また、
中村さんは
「作業所
との打ち合わせは大変でしたが、行く度にクッ
キーの試食ができて良かったです
(笑)
。
この
クッキーおいしいので、
なかなか売れていま
す」
と笑顔いっぱいでした。
07
(左から)
大学人間発達学部2年平井雅恵さん、
短大幼児保育科1年泉原利英さん、
中村祐梨
杏さん、
(右上)
増本愛さん、
(右下)
村上友季さん
お昼時は大忙し!
ハ∼イ、
だご汁、おまち!
おいしいものが
いっぱいで
シアワセです
チョコバナナの唄♪
オイシイ、オイシイ
チョコバナナ♪
手作り看板も
カワイイでしょ!
短
大
食
物
栄
養
科
2
年
肥
後
佑
佳
さ
ん
左
か
ら
大
学
流
通
科
学
部
2
年
藤
沙
織
さ
ん
、
左から短大幼児保育科1年久保千秋さん、
短大食物栄養科1年古郷恵梨さん
大人気の具だくさんだご汁を販売しているのが、
霜月祭実行委員総合製作パート。
「昼になると
だご汁飛ぶように売れます。
調理が大変でした
が、
作ったかいがありました」
と肥後さん。
藤さん
は
「実行委員なので、
1
0月からは、毎晩1
0時ま
で準備していたんですよ」
。
ごくろうさまでした。
オリジナルのバナナの唄を歌いながら、
か
わいらしいチョコバナナを販売しているのが、
マンドリンクラブ。
「先輩方が、
朝から2時
間かけて作りました。
霜月祭を通してみんな
と仲良くなれるし、
とても楽しいですよ」
と古
郷さん。
久保さんは
「いろいろ食べてきまし
た。
本当に楽しい学園祭です」
と。
自分の作品が
売れるなんて、
ウレシイ。
たくさんの
お客さんの前だと
ステージ進行も
気合いが入ります!
左から大学人間発達学部1年石井江莉花さん、
大学流通科学部1年野田萌永香さん
左から大学人間発達学部3年山口智世さん、
同じく渕上恭子さん
お好み焼きを販売しているのは、霜月祭実行委員ステージパート。
「ステージでの司会進行が大変でした。
いい経験になりました」
と石
井さん。野田さんは、
「お客さんが多く、
お好み焼きたくさん売れていま
す」
。
いい香りがして、
本当においしそうでした。
グラウンドにお昼ご飯を食べに来ていた山口さんと渕上さん。中
野ゼミの陶器市の合間に来たんだとか。
「みんなで手作りした陶
器を販売しています。
ポストカードも手作りです」
と山口さん。
「自
分が作った物が売れるなんて、本当に楽しい。
作ったかいがあっ
たものです」
と渕上さん。
62
学祭実行委員会
08
ミス キ ャン・
王 子 様 コ ン テ スト
「さすが中村!」
と言われる
学園祭にしたい!
霜月祭恒例のミスキャンパス、王子様コンテストで
見事栄冠を手にしたのはこのお二人でした。
Miss
Campus
大学人間発達学部2年
小山田弥生さん
ジャージ姿でハードルを
大学人間発達学部2年
高垣昭良さん
今年の霜月祭の動員数は、約1万人で
した。前年を超えるもので、
とてもうれしく思い
ます。
ここ何年かの間に、中村の学園祭が
テレビや雑誌で取り上げてもらえるようにな
り、
周りから認められてきたなと感じます。中
村は、栄養学や幼児教育、流通科学が 強
みの大学。
なによりも、
その特性を活かし、他
大学とひと味違ったものを意識してきました。
子ども企画として、
スタンプラリーやお子
様ハウス
(ダンボールで作った家の中に模
造紙を張り落書きをして楽しむ)
など試みまし
たが、
とても反応が良かったです。
もちろん、
出店の食も好評でした。
「さすが中村!」
と言われるように、
学生だけ
でなく、地域の子どもやお年寄りまで楽しめ
る霜月祭を、
これからも目指していけたらと
思っています。
実は、去年もエントリーを打診されていましたが、
恥ずかしいので断っていたんです。今年は、
友だ
ちの推薦で出ることに。
ライトに照らされたステー
ジでは、
本当に緊張しましたね。特技では、
中学
時代陸上部だったので、
ジャージ姿でハードルを。
そのギャップが、
優勝に結びついたのかもしれま
せんね
(笑)。
Prince
大学流通科学部2年
田北圭一郎さん
かっこよさより、
いかに目立つか
はじめ、
エントリーされたメンバーを見て、
正直優
勝は無理だと思いました。
しかし、戦略どおり、
もの
まねが受け見事優勝!名前を呼ばれた瞬間、
とて
もうれしかったですね。学園祭が終わった後も、周
りから
「王子様」
と呼ばれたり、
「ものまねして」
と声
をかけられるようになりました
(笑)。大学生活のい
い思い出づくりができました。
やったね!
西日本大会出場を記念して
軟式野球部
●部員数/2
1名(女子マネージャー9名)
●部長/藤田新一(3年)
昨秋、九州学生軟式野球連盟秋季リーグ戦大会
で準優勝し、西日本選抜大会に出場した軟式野球
部。主将の藤田新一さんを中心に練習方法を工夫
して、短時間で効率的な練習を行っています。
し
、
今
日
も
練
習
に
励
ん
で
い
ま
す
。
い
言
葉
に
、
さ
ら
な
る
飛
躍
を
目
指
全
国
大
会
へ
連
れ
て
行
こ
う
﹂
を
合
部
員
一
同
は
﹁
マ
ネ
ー
ジ
ャ
ー
を
す
﹂
と
藤
田
さ
ん
。
く
れ
て
、
本
当
に
感
謝
し
て
い
ま
く
れ
た
り
、
常
に
部
を
盛
り
立
て
て
存
在
が
大
き
い
。
練
習
を
手
伝
っ
て
え
て
く
れ
た
女
子
マ
ネ
ー
ジ
ャ
ー
の
あ
る
と
か
。
﹁
な
に
よ
り
僕
ら
を
支
事
を
し
た
り
、
旅
行
に
行
く
こ
と
も
員
同
士
の
仲
も
深
ま
り
、
一
緒
に
食
い
い
経
験
に
な
っ
た
と
同
時
に
、
部
西
日
本
選
抜
大
会
に
出
場
し
ま
し
た
。
昨
秋
の
リ
ー
グ
戦
で
は
準
優
勝
し
、
を
ア
ッ
プ
。
そ
の
か
い
あ
っ
て
か
、
休
み
を
返
上
し
て
週
4
回
に
練
習
量
式
野
球
連
盟
リ
ー
グ
戦
大
会
前
に
は
、
春
と
秋
に
行
わ
れ
る
九
州
学
生
軟
え
て
い
ま
す
﹂
と
主
将
の
藤
田
さ
ん
。
態
を
見
な
が
ら
、
毎
回
少
し
ず
つ
変
組
み
立
て
て
い
ま
す
。
チ
ー
ム
の
状
短
い
時
間
で
効
率
的
な
練
習
内
容
を
い
た
練
習
内
容
を
参
考
に
し
な
が
ら
、
し
て
い
き
ま
す
。
﹁
先
輩
が
行
っ
て
テ
ィ
ン
グ
と
練
習
メ
ニ
ュ
ー
を
こ
な
の
後
、
キ
ャ
ッ
チ
ボ
ー
ル
、
ト
ス
バ
ッ
集
ま
っ
た
メ
ン
バ
ー
は
、
準
備
運
動
半
か 練
ら 習
1
9は
時 、
半 毎
ま 週
で 火
。 、
授 木
業 曜
を の
終 16
え 時
来
年
も
全
国
大
会
出
場
を
目
指
し
ま
す
。
一
生
懸
命
な
女
子
マ
ネ
ー
ジ
ャ
ー
に
支
え
ら
れ
62
昨年の1
1月6日、第一学生ホールの一角に中村学園
事業部が運営するベーカリーショップがオープンしま
09
した。パンのおいしい匂いとカフェ風のかわいい雰囲
気に誘われて毎日大勢の学生でにぎわっています。た
くさんの種類のパンが、いつでも焼きたてで食べられ
るのでお昼休みには行列ができるほどの大盛況。特に
人気があるのは、クロワッサン・ハムチーズドーナ
ツ・ショコラパンです。人気パンの価格はなんと1
0
0
円∼1
2
0円。午前中には売り切れることもある大人気
商品ですのでお早めにお買い求めください。栄養やカ
ロリーが気になる女性向けに野菜をたくさん使ったパ
ンやベーグル、そして手作りサラダも人気です。カロ
リー表示もしているのでバランスよく安心して食べる
ことができます。これからも学生さんたちの意見をど
しどし取り入れて、さらにおいしいパン作りに生かし
ていきたいと、スタッフも意欲的です!
営業時間は月∼金曜日の1
0:3
0∼1
7:0
0です。是非
一度足を運んでみてはいかがですか?学外の方も大歓
迎です。どうぞ気軽にご利用ください。
学内にベーカリーショップ が
オープン!
を
伺
い
し
ま
し
た
。
保
護
者
か
ら
の
信
頼
も
厚
い
、
し
っ
か
り
者
の
中
村
さ
ん
に
話
域
の
食
育
指
導
に
も
積
極
的
に
参
加
し
て
い
ま
す
。
先
生
方
や
指
導
を
行
っ
た
り
、
﹁
東
区
食
育
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ル
﹂
な
ど
地
動
。
さ
ら
に
、
月
に
一
度
は
手
作
り
の
教
材
で
園
児
へ
の
食
育
人
の
園
児
の
献
立
作
り
や
給
食
・
お
や
つ
作
り
に
毎
日
フ
ル
活
う
中
村
美
紀
さ
ん
。
現
在
は
保
育
園
の
栄
養
士
と
し
て
、
1
5
0
自
分
を
成
長
さ
せ
て
い
き
た
い
。
中
学
生
の
こ
ろ
か
ら
、
料
理
と
子
ど
も
が
大
好
き
だ
っ
た
と
い
地
域
活
動
に
も
積
極
的
に
関
わ
り
支
え
ら
れ
て
い
ま
す
。
先
生
方
の
思
い
や
り
、
園
児
の
笑
顔
に
夢・の・数・だ・け・道・が・あ・る
−先輩の職場訪問−
2
0
0
2年度
短期大学部食物栄養科卒業
みそら保育園
栄養士
中村 美紀さん
62
10
学生時代のスナップ。楠先生の調理実習で
中
学
生
の
こ
ろ
い
と
思
っ
た
の
は
養
士
に
な
り
た
間 実 わ す の
が
保 で 感 っ 。
て 確 わ
す
育
で い
か
園 。 き る 実 る
に
の
る な
ん
栄
瞬 と 伝 で
の
旅
"
に
出
発
進
行
!
ナ
ー
な
ど
身
に
付
け
ら
れ
る
よ
う
!
自
分
探
し
も
の
表
情
が
み
る
み
る
真
剣
味
を
帯
び
て
く
る
ど
で
リ
ラ
ッ
ク
ス
さ
せ
、
指
導
に
入
る
と
、
子
ど
サ
ー
ト
な
ど
を
作
り
ま
す
。
食
育
で
は
ダ
ン
ス
な
た
。
教
材
は
す
べ
て
手
作
り
。
紙
芝
居
や
ぺ
ー
プ
ち
が
退
屈
せ
ず
に
聞
い
て
く
れ
る
か
考
え
ま
し
う
に
で
き
る
か
﹂
。
ど
う
話
し
た
ら
、
子
ど
も
た
先
日
行
っ
た
食
育
の
テ
ー
マ
は
﹁
野
菜
は
ど
の
よ
ま
す
。
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
力
・
時
間
管
理
・
マ
な
り
﹁
、
社
会
人
﹂
と
し
て
の
基
礎
力
が
求
め
ら
れ
み
な
さ
ん
、
就
職
活
動
は
こ
れ
ま
で
の
勉
強
と
異
待
し
て
い
ま
す
。
こ
れ
か
ら
就
職
活
動
を
始
め
る
け
る
こ
と
な
く
努
力
し
花
を
咲
か
せ
る
こ
と
を
期
路
に
向
け
て
大
き
く
羽
ば
た
い
て
く
だ
さ
い
。
挫
こ
ろ
わ
ず
か
と
な
り
ま
し
た
。
自
分
で
決
め
た
進
に
つ
い
て
﹂
な
ど
の
食
育
指
導
を
行
っ
て
い
ま
す
。
卒
業
年
次
の
み
な
さ
ん
、
学
生
生
活
も
残
す
と
て
取 ど 後 た は し る 朝 養
︵ も で な た 子 り
り 笑 ど 、
園 り を 3 ち 給 て 、
月 笑 い 、
切 8 士 園
熱
一
に ︶ る 心 ま 顔 も 緒 児 を 行 時 が 食 、
煮 る 時 2 児
す
た に が つ い に 楽 を た 、 前 人 1
一 。 ん
で に 。 が
、
か
給 け1
度
7は し 作 り 切 に と 5
す 献 給 え ち
の 食 食 ま 時 終 み り 炒 る 出 調 0
は
よ 立 食 っ お べ
す
に
。
﹁
、
て い た を 。 に 了 し 終 め ひ 勤 理 人
に
。
室
え
ま つ
は
食
食
し
分
り
た た し
く
ま り す て 員 の
す い の る し
す て て
べ
事
す
い
2
い
ま て 窓 と ! る て
べ 、 る す 揚 ら 、
マ
ま 人 給
。
す 聞 の 、 と こ い
て 後
ナ
切
げ
食
そ
お
や い 外 本 い と る
が 片 や れ た り ず で と
ー
野
作
か
て
る
当 う も と
終 付 つ か り ま
、
お
食
気 く ら に キ あ こ
わ け の ら ⋮ す 菜 っ
や
物
る 、 準 、 、 ︵ な て
が る 覗 う ラ り ろ
い
つ
清
の
子1
よ
出 子 き れ キ ま を
1笑 ど ま を
備
栄
う 掃
ど 時 ︶ を す 、
て ど 込 し ラ す 見
養
段 な 。
午 も に 。
そ 切 。 栄
き も ん く し 。 た
就職課
コラム
旅
立
ち
の
季
節
る
し
、
必
ず
チ
ャ
ン
ス
が
訪
れ
る
と
思
い
ま
す
。
に
動
く
こ
と
で
、
自
分
に
合
っ
た
職
場
が
見
つ
か
め
し
ま
す
。
何
を
し
た
い
か
を
見
つ
け
、
積
極
的
な
ど
、
と
に
か
く
経
験
を
積
む
こ
と
を
お
す
す
こ
れ
か
ら
就
職
す
る
み
な
さ
ん
、
自
主
実
習
げ
、
私
に
と
っ
て
大
き
な
力
に
な
っ
て
い
ま
す
。
会
人
に
な
っ
て
か
ら
の
戸
惑
い
や
不
安
を
和
ら
の
自
主
実
習
を
行
い
ま
し
た
。
こ
の
経
験
が
社
養
士
の
先
生
に
指
導
し
て
い
た
だ
き
、
1
週
間
園
で
栄
養
士
の
経
験
を
積
み
た
い
と
思
い
、
栄
す
。
短
大
2
年
の
夏
休
み
、
ど
う
し
て
も
保
育
で
す
。
料
理
と
子
ど
も
が
大
好
き
だ
っ
た
ん
で
入試結果
平成19年度
※競争率は、受験者数/合格者数(小数点第3位以下を四捨五入)
●中村学園大学大学院
研
究
科
栄養科学研究科
専
攻
課
栄養科学専攻
程
区
分
募集人員 志願者数 受験者数 合格者数 競争率
推薦
博士前期課程
7
7
7
1.
0
0
1
1
1
1.
0
0
3
3
3
1.
0
0
1
1
1
1.
0
0
0
0
0
−
社会人(1次)
1
1
0
−
推薦
0
0
0
−
1
1
1
1.
0
0
1
1
1
1.
0
0
6
一般(1次)
博士後期課程
前期
3
推薦
流通科学研究科
人間発達学研究科
流通科学専攻
人間発達学専攻
修 士 課 程
一般(1次)
修 士 課 程
1
0
一般(1次)
5
社会人(1次)
●中村学園大学(推薦入試)
学部・学科
専
栄養科学部
幼児発達学専攻
児童発達学専攻
流通科学部
流通科学科
−
分
募集人員
志願者数
受験者数
合格者数
競争率
公募制
6
7
1
3
9
1
3
9
9
0
1.
5
4
併設校
2
5以内
2
0
2
0
2
0
1.
0
0
公募制
3
4
9
6
9
6
5
0
1.
9
2
併設校
9以内
9
9
9
1.
0
0
公募制
3
0
5
1
5
1
3
3
1.
5
5
併設校
5以内
5
5
5
1.
0
0
公募制
1
5
3
6
3
6
2
4
1.
5
0
併設校
3
0以内
3
0
3
0
2
9
1.
0
3
指定校
5
0
5
9
5
9
5
9
1.
0
0
●中村学園大学短期大学部(推薦入試)
科
食物栄養 学 科
キャリア開発学科
幼児保育 学 科
区
分
募集人員
志願者数
受験者数
合格者数
競争率
公募制
6
7
1
3
1
1
3
0
8
4
1.
5
5
併設校
1
5以内
1
5
1
5
1
5
1.
0
0
指定校
2
0
1
4
1
4
1
4
1.
0
0
社会人
5以内
2
0
2
0
5
4.
0
0
公募制
5
1
8
1
8
1
1
1.
6
4
併設校
1
0以内
1
0
1
0
1
0
1.
0
0
指定校
1
1
0
1
3
7
1
3
7
1
3
7
1.
0
0
自己推薦
1
0
2
3
2
3
2
3
1.
0
0
公募制
1
1
5
2
0
9
2
0
9
1
4
3
1.
4
6
併設校
1
5以内
1
5
1
5
1
5
1.
0
0
社会人
若干名
3
3
2
1.
5
0
62
人間発達学科
区
−
栄養科学科
人間発達学部
攻
11
2月∼3月に実施される
入学試験のお知らせ
●中村学園大学大学院
区
栄養科学研究科(博士前期課程)
分
試
験
日
募集人数
第2次試験入学選考
平成1
9年2月2
0日%
外国人留学生特別選考
平成1
9年2月2
0日%
出
願
期
間
平成1
9年1月2
4日&∼2月8日'
6名
平成1
9年1月5日(∼1月1
7日&
※募集人員:推薦・第1次試験入学選考含む
●中村学園大学大学院
区
栄養科学研究科(博士後期課程)
分
試
後 期 試 験 入 学 選 考
験
日
募集人数
平成1
9年2月2
0日%
出
3名
願
期
間
平成1
9年1月2
4日&∼2月8日'
※募集人員:前期試験入学選考含む
●中村学園大学大学院
区
流通科学研究科(修士課程)
分
試
験
日
募集人数
第2次試験入学選考
平成1
9年2月2
1日&
第2次社会人特別入学選考
平成1
9年2月2
1日&
外国人留学生特別選考
平成1
9年2月2
1日&
出
願
期
間
平成1
9年1月2
4日&∼2月8日'
1
0名
平成1
9年1月2
4日&∼2月8日'
平成1
9年1月9日%∼1月1
9日(
※募集人員:推薦入学選考含む
●中村学園大学大学院
区
62
12
人間発達学研究科(修士課程)
試
分
験
日
出
募集人数
第2次試験入学選考
平成1
9年2月2
2日'
第2次社会人特別入学選考
平成1
9年2月2
2日'
願
期
間
平成1
9年1月2
4日&∼2月8日'
5名
平成1
9年1月2
4日&∼2月8日'
※募集人員:推薦・第1次試験入学選考含む
●中村学園大学
区
試
分
日
学部・学科
!平成1
9年度大学入
栄養科学部
試センター試験の
栄養科学科
成績を基に合否判
定を行う。
大学入試センター
試験利用入学試験
(後期日程)
験
専
攻
募集人員
―
3名
人間発達学部
幼児発達学専攻
2名
人間発達学科
児童発達学専攻
3名
―
3名
"本学の個別学力試
流通科学部
験は課さない。
流通科学科
出
願
期
間
平成1
9年2月2
1日&
∼3月5日$
●中村調理製菓専門学校
区
分
試
験
日
出
願
期
間
第4回一般、社会人入学試験
平成1
9年2月2
4日)
平成1
9年1月1
7日&∼2月1
9日$
第5回一般、社会人入学試験
平成1
9年3月2
3日(
平成1
9年3月1日'∼3月2
0日%
★1日体験入学:平成1
9年1月2
7日)1
0:0
0∼1
4:0
0、平成1
9年3月4日#1
0:0
0∼1
4:0
0
●中村国際ホテル専門学校
区
分
試
験
日
出
願
期
間
第 4 回 入 学 試 験
平成1
9年2月2
4日)
平成1
9年1月1
7日&∼2月1
9日$
第 5 回 入 学 試 験
平成1
9年3月2
3日(
平成1
9年3月1日'∼3月2
0日%
★1日体験入学:平成1
9年1月2
7日)1
0:0
0∼1
3:0
0、平成1
9年3月4日#1
0:0
0∼1
3:0
0
﹁
禁
煙
宣
が
参
加
し
、
2 め 方 は た
0 約 を 一 。
0
は 般 当
人
じ の 日
開
催
さ
れ
み 回 C
、 は C
自 昨 ︶
﹂
治 年 も
会 の 、
15
執1
行 月 年
3目
部1
を 日 に
中 か な
心 ら り
6ま
に1
学 日 し
園 の た
祭 昼 。
実 休 今
キ
ャ
ン
パ
ス
キ
ャ
ン
ペ
ー
ン
︵
略
し
て
C
セ
プ
ト
の
も
と
に
始
ま
つ
た
﹁
ク
リ
ー
ン
の
手
で
綺
麗
に
し
よ
う
#
﹂
と
い
う
コ
ン
こ
の
よ
う
な
現
状
か
ら
﹁
学
校
を
自
分
達
清
掃
は
全
て
業
者
の
方
に
任
せ
て
い
る
。
た
こ
と
の
あ
る
言
葉
で
は
な
い
で
し
ょ
う
ゴ
ミ
箱
へ
。
﹂
皆
さ
ん
も
一
度
は
耳
に
し
う
こ
と
で
す
。
ゴ
ミ
の
ポ
イ
捨
て
を
見
か
く
っ
て
き
た
い
﹂
と
思
っ
て
い
て
も
、
実
ほ
と
ん
ど
が
﹁
綺
麗
な
環
境
を
自
分
で
つ
動
を
通
し
て
分
か
っ
た
こ
と
は
、
学
生
の
も
と
活
動
を
展
開
し
ま
し
た
。
今
回
の
活
行
委
員
会
や
サ
ー
ク
ル
の
方
々
の
協
力
の
と
う
﹂
と
言
っ
て
い
る
は
ず
で
松 す
堂 。
琢
磨
︶
ど
こ
か
で
誰
か
が
貴
方
の
姿
に
﹁
あ
り
が
拾
っ
て
ゴ
ミ
箱
に
入
れ
て
み
ま
し
ょ
う
。
け
た
ら
勇
気
を
出
し
て
声
を
掛
け
た
り
、
マ
と
し
て
、
イ
ン
テ
ー
伝
え
る
こ
と
が
で
き
な
い
人
が
多
い
と
い
際
に
そ
れ
を
行
動
に
移
し
た
り
、
友
達
に
︵
学
友
自
治
会
執
行
部
会
長
乱
し
て
い
て
も
学
生
は
見
て
見
な
い
ふ
り
、
か
?
し
か
し
現
実
は
、
ゴ
ミ
が
教
室
に
散
ハ
ウ
ス
へ
は
約
1
時
間
、
バ
ス
の
中
で
は
に
し
て
い
ま
し
た
。
大
学
か
ら
セ
ミ
ナ
ー
健
康
づ
く
り
に
貢
献
す
る
こ
と
を
目
的
と
歯
科
大
学
の
3
大
学
が
連
携
し
、
市
民
の
線
1
の1
中 月
村 4
学 日
園 、シ
大 福ン
学 岡
、 市ポ
福 地ジ
岡 下
大 鉄ウ
学 七ム
、 隈
福 線
岡 沿
﹁
来
た
時
よ
り
も
美
し
く
。
﹂
﹁
ゴ
ミ
は
ジ
ュ
ー
ル
を
見
て
、
出
発
当
日
を
楽
し
み
ベ
ン
ト
も
数
多
く
盛
り
込
ま
れ
た
ス
ケ
11/13∼16
キク
ャリ
ンー
ペン
ーキ
ンャ
ン
パ
ス
と
は
違
い
、
バ
レ
ー
ボ
ー
ル
大
会
等
の
イ
施
さ
れ
ま
し
た
。
昨
年
度
ま
で
の
日
帰
り
2バ
ナ2
ー 日 ス 毎
ハ ! ハ 年
ウ の イ 恒
ス 1 ク 例
﹁ 泊 が の
ほ 2 、 留
く 日 昨 学
さ で 年 生
0交
ん 中1
﹂ 村 月 流
2
1行
に
お 学 日 事
い 園 " で
て セ か あ
実 ミ ら る
11/4
3地
大下
学鉄
合七
同隈
線
沿
線
︵
福
岡
大
学
医
学
祭
学
生
委
員
長
︶
津
田
博
子
先
生
、
鶴
湯
浅
賢
治
先
生
、
埴
岡
め
る
こ
と
が
で
き
た
と
思
い
ま
盧 す
盛 。
嫻
︶
︵
大
学
流
通
科
学
部
3
年
パ
ネ
リ
ス セ
ト ッ
シ
ョ
高 ン
信
昌
太
太 隆 郎
氏 先 氏
生 、
、
同
士
ま
た
教
職
員
と
の
交
流
も
一
段
と
深
10/21
留
学
生
交
流
行
事
学
で
の
楽
し
い
思
い
出
が
で
き
、
留
学
生
第
3
部 漫
画
ア 家
ン
サ 高
ー
ア 信
ナ 太
ラ 郎
イ 氏
ズ
た
。
今
回
の
バ
ス
ハ
イ
ク
で
ま
た
一
つ
大
を
癒
し
、
気
分
も
リ
フ
レ
ッ
シ
ュ
し
ま
し
第
﹁ 2
絶 部
煙
の 特
す 別
す 講
め 演
﹂
のホットな
中村学園
す。
届けしま
お
を
報
情
留
学
生
が
大
好
き
な
温
泉
で
日
頃
の
疲
れ
も
の
と
な
り
ま
し
た
。
汗
を
か
い
た
後
は
、
教 中
授 村
学
津 園
田 大
博 学
子
先
生
留
学
生
に
と
っ
て
は
交
流
が
よ
り
深
ま
る
3
、
動
脈
硬
化
と
食
事
チ
ー
ム
に
は
す
ば
ら
し
い
賞
品
が
贈
ら
れ
、
体
育
館
で
の
バ
レ
ー
ボ
ル
大
会
。
優
勝
教 福
授 岡
歯
埴 科
岡 大
学
隆
先
生
翌
日
は
、
今
回
の
目
玉
イ
ベ
ン
ト
で
あ
る
2
、
喫
煙
と
歯
周
病
る
こ
と
を
忘
れ
て
楽
し
ん
で
い
ま
し
た
。
ろ
の
勉
強
や
ア
ル
バ
イ
ト
に
追
わ
れ
て
い
助 福
教 岡
授 大
学
松 病
永 院
循
彰 環
先 器
生 科
し
い
光
景
を
写
真
に
撮
っ
た
り
し
、
日
ご
味
し
い
も
の
を
頬
張
り
な
が
ら
、
皆
で
楽
く
さ
ん
用
意
さ
れ
た
肉
や
野
菜
な
ど
、
美
速
バ
ー
ベ
キ
ュ
ー
が
始
ま
り
ま
し
た
。
た
北
山
の
緑
に
囲
ま
れ
た
大
自
然
の
中
、
早
し
て
い
る
間
に
セ
ミ
ナ
ー
ハ
ウ
ス
に
到
着
。
し
グ
ル
ー
プ
で
ト
ラ
ン
プ
を
楽
し
ん
だ
り
わ ア
第 メ れ ン
1 1 イ た サ
、 部 ン 。 ー
喫
テ 開 ア
煙 講 ー 催 ナ
と
マ 内 ラ
心 演 ﹁ 容 イ
臓
禁 は ズ
病
煙 、 セ
宣 次 ッ
言 の シ
﹂ と ョ
お ン
り も
。 行
講
演
の
ほ
か
、
特
別
講
演
、
参
加
者
と
の
各
大
学
の
教
育
研
究
の
特
色
に
基
づ
い
た
平成1
8年度後援会地区連絡会
平成1
8年度の後援会地区連絡会が9月1
6日の本学(福岡)会場を
開催地区
参加者数
皮切りに、北九州、佐賀、長崎(佐世保)
、熊本、大分、宮崎、鹿
福岡
(本学)
1
4
4名
児島の計8会場で開催されました。
北九州
3
0名
今年度は、台風の影響で9月1
7日・1
8日に開催予定であった長崎、 佐賀
4
8名
熊本、北九州、大分、佐賀の5会場は1
1月2
3日、2
6日へ順延させて
長崎
(佐世保)
2
5名
いただきましたが、お蔭様で全地区、無事終了することができまし
熊本
5
1名
た。この連絡会は、保護者を対象に本学の教育研究に関する近況報
大分
3
1名
告、在学生の履修面・生活面・就職状況に関する全般的な報告と説
宮崎
5
3名
明、及び教員による個別面談を中心とした内容になっております。
鹿児島
1
6名
今回は、保護者の関心が特に高い「就職に関する説明会」に多くの
計
3
9
8名
時間を割き、この中で実
施した昨年度卒業生による「就職活動体験報告」のDV
D上映はたいへん参考になったとの意見が多く寄せられ
ました。
この連絡会をとおして大学と学生及び保護者のコミュ
ニケーションを図るとともに、頂戴いたしましたご意見
等を今後の運営改善に反映したいと思っております。
なお、各地区の参加者については、別表のとおりです。
(庶務課)
62
言
﹂
を
メ
し
た
合
同
シ
ン
ポ
ジ
ウ
ム
が
福
岡
大
学
で
友
人
と
の
話
に
花
を
咲
か
せ
た
り
、
仲
良
13
中村学園女子高等学校が
2年連続4度目の優勝!
平成1
8年度第3
7回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会におい
て、本学の併設校である中村学園女子高等学校バスケットボール部が2
連続4度目の優勝を飾った。昨年1
2月2
9日に東京体育館で行われた決勝
戦の相手は、ノーシードから初優勝を狙った岐阜女子高校。中村学園女
子高校は、第1ピリオド序盤からエースの3年生森ムチャさんを中心に
シュートを決め、主導権を握った。一時2
9−2
7と詰め寄られたが、大畑
未央さん(2年)の3ポイントシュートなどで反撃を抑え、6
9−5
3で勝
利した。女子で連覇を達成したのは史上3校目。
平成18年度第37回全国高等学校
バスケットボール選抜優勝大会
と
の
交
流
会
も
行
わ
れ
た
。
お知らせ
教員の
出版物
著者は、本学教員のみ記載、
( )内は出版社、発行年月
62
14
◆「中日経済問題
学術研討会論文集」
片山富弘共著
(大学・流通科学部・助教授)
(中国・青島出版社/平成18年9月)
◆「オックスフォードの
スローライフ」
中谷安男単著
(大学・流通科学部・助教授)
(新生出版/平成18年11月)
◆「Listening Strategies:
Welcome to Canada!」
中谷安男共著
(大学・流通科学部・助教授)
Thomas Caton 共著
(短期大学部・家政経済科・講師)
Scott McInnes 共著
(大学・流通科学部・講師)
岩田京子共著
(短期大学部・家政経済科・講師)
(Kaibunsha Publications/平成19年2月)
次回の流通科学研究科セミナー
【日
時】 平成1
9年2月1
8日!
1
3:3
0∼17:0
0
【場 所】 アクロス福岡
7階会議室
福岡市中央区天神1−1−1
【内 容】
ケースメソッド・ワークショップ
■プログラム・申込方法等詳細
につきましては、本学ホーム
ページをご覧ください。
全
国
保
育
士
養
成
協
議
会
専
門
委
員
会
交
付
金
額
/
1
、
0
0
0
、
0
0
0
円
教
務
課
課
員
交
付
金
額
/
3
0
0
、
0
0
0
円
︿
研
究
者
﹀
那
須
信
樹
︵
短
期
大
学
部
幼 助
児 教
保 授
育
科
︶
の
意
義
を
問
う
︱
ダ
ー
ド
﹂
に
依
拠
し
た
保
育
所
実
習
指
導
︱
﹁
保
育
実
習
指
導
の
ミ
ニ
マ
ム
ス
タ
ン
︿
研
究
者
﹀
︵
︵
︵
大 田 大 片 大 西
学 所 学 山 学 岡
流 耕 流 富 流 弘
通 哉 通 弘 通 晃
科
科
科
学 助 学 助 学 教
手
教
部
部
部 授
︶
︶ 授 ︶
学
事
課
課
員
採
用
人
事
経
理
課
課
員
常
勤
副
手
︵
短
期
大
学
部
︶
退
職
人
事
︵
︵
平
平
成
成
1
9
1
8
年
年
1
2
1
月
月
溝 小 1 渡 米 31
口 " 日 邉 丸 日
付
江 付
︶
︶
和 大
磨 樹
知 梨
美 花
委
員
会
︵
仮
称
︶
の
設
立
に
向
け
て
∼
砂
糖
の
ブ
ラ
ン
ド
選
択
に
関
す
る
調
査
研
究
∼
教
職
員
の
動
き
九 平 社
州 成 団
8法
管1
内 年 人
に 度 全
お ブ 国
け ロ 保
る ッ 育
保 ク 士
育 研 養
実 究 成
習 助 協
課 成 議
題
会
検
討
砂
糖
に
関
す
る
学
術
調
査
独
立
行
政
法
人
農
畜
産
業
振
興
機
構
て
の
提
案
が
で
き
れ
ば
と
考
え
て
い
る
。
ま
え
た
上
で
、
砂
糖
の
消
費
拡
大
に
向
け
参
加
さ
れ
た
企
業
の
方
々
、
本
学
教
職
員
け
ら
れ
た
。
ま
た
、
引
き
続
き
、
講
師
や
れ
、
会
場
か
ら
の
質
疑
応
答
の
時
間
も
設
投
資
∼
﹂
を
テ
ー
マ
と
し
た
講
演
が
行
わ
採受
択託
状研
況究
・
研
究
助
成
等
け
た
取
組
み
を
計
画
し
て
い
く
。
て
い
く
た
め
の
具
体
的
な
場
づ
く
り
に
向
う
き
び
畑
栽
培
農
家
の
現
状
と
課
題
を
踏
め
、
沖
縄
県
に
お
け
る
製
糖
工
場
や
さ
と
テ
ー
マ
の
と
お
り
、
さ
ら
に
議
論
を
深
め
方
を
検
討
し
て
い
く
。
次
年
度
に
は
研
究
殖
や
す
へ
∼
正
し
く
理
解
し
よ
う
、
株
式
安
田
於
菟
彦
先
生
に
よ
る
﹁
貯
め
る
か
ら
テ
リ
ジ
ェ
ン
ス
株
式
会
社
特
別
研
究
員
今
回
は
、
日
興
フ
ィ
ナ
ン
シ
ャ
ル
・
イ
ン
学
生
、
一
般
の
方
々
を
対
象
と
し
て
い
る
。
延
べ
約
1
0
0
人
の
方
が
受
講
さ
れ
た
。
く
は
大
分
県
か
ら
の
受
講
者
も
お
ら
れ
、
与
さ
れ
る
。
福
岡
県
内
だ
け
で
な
く
、
遠
れ
た
方
に
単
位
︵
1
教
科
1
単
位
︶
が
授
況 間 全 本 す
0年 る
と に1
試 講 教 度 免
験 義 科 も 許
5を 昨 法
の1
成 回 開 年 認
績 と 講 7 定
に 試 。 月 講
よ 験 1 か 習
り を 教 ら を
0開
合 行 科1
格 い 当 月 催
と 、 た ま し
判 出 り で て
定 席 3 に い
さ 状 日 、 る
。
が
融
合
で
き
る
よ
う
な
実
習
指
導
の
あ
り
と
各
養
成
校
の
ス
ク
ー
ル
ス
タ
ン
ダ
ー
ド
保
育
所
実
習
の
ロ
ー
カ
ル
ス
タ
ン
ダ
ー
ド
や
課
題
に
つ
い
て
、
九
州
管
内
に
お
け
る
で
は
、
調
査
か
ら
明
ら
か
に
さ
れ
る
問
題
田所耕哉 助手
調
査
を
は
じ
の
店
頭
で
の
品
ス
ー
パ
ー
施
す
る
。
食
調
査
﹂
を
実
企
業
関
係
者
を
は
じ
め
、
官
公
庁
、
大
学
、
実
態
を
調
査
し
て
い
く
。
今
年
度
の
研
究
学 こ 号 の
院 の 館 流
0通
流 セ1
通 ミ 階 科
科 ナ 大 学
学 ー 講 研
研 は 義 究
究 、 室 科
科 平 に セ
開 成 て ミ
6開 ナ
設1
を 年 催 ー
機 4 さ が
に 月 れ 、
開 の た 西
催 大 。 1
。
お
け
る
養
成
校
の
保
育
所
実
習
に
か
か
る
ン
ダ
ー
ド
︱
﹂
を
も
と
に
、
九
州
管
内
に
究
!
︱
保
育
実
習
指
導
の
ミ
ニ
マ
ム
ス
タ
養
職
員
の
方
を
対
象
に
、
栄
養
教
諭
に
関
ブ
ラ
ン
ド
選
糖
に
関
す
る
と
し
て
、
﹁
砂
査
﹂
の
一
環
す
る
学
術
調
足
に
伴
い
、
昨
年
度
か
ら
現
職
の
学
校
栄
12/7
研流
究通
科科
セ学
ミ
ナ
ー
本
学
で
は
、
栄
養
教
諭
免
許
制
度
の
発
認栄
定養
講教
習諭
免
許
法
那須信樹 助教授
に
関
す
る
研
習
の
あ
り
方
的
な
保
育
実
7に
研1
究 年 よ
﹁ 度 る
効 課 平
果 題 成
西岡弘晃 教授
片山富弘 助教授
択
に
関
す
る
本
学
の
大
学
院
流
通
科
学
研
究
科
主
催
﹁
砂
糖
に
関
調
査
と
し
て
、
よ
り
の
受
託
業
振
興
機
構
法
人
農
畜
産
独
立
行
政
セロリ
62
編集◎中村学園大学・中村学園大学短期大学部 学事課
〒8
1
4
‐0
1
9
8 福岡市城南区別府5‐
7‐
1 TEL.
0
9
2‐
8
5
1‐2
5
3
1 ホームページ◎http://www.nakamura-u.ac.jp/
2
0
0
6年日中薬膳・機能性食材博覧会・展示会
(平成1
8年1
2月1
2日∼1
4日、福岡国際センター)
発行日◎平成1
9年1月3
1日
広報誌セロリの定期購読について
個人で定期購読をご希望の場合は、購読料(2年分)として郵便小為替1,
2
00円分と、
郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号を書いた紙片を同封の上、学事課宛にお送りくだ
さい。なお、広報誌の発行は、年4回(4・7・1
0・1月)となります。
[申込み先]
〒8
1
4−0
1
9
8福岡市城南区別府5−7−1
中村学園大学 学事課「広報誌定期購読申込」係
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
51
File Size
3 457 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content