close

Enter

Log in using OpenID

ゴルフ場巡り~第4回 - タイ チョンブリ・ラヨーン日本人会

embedDownload
タイ東南部ゴルフ場体験記 ~ 第 4 回: Treasure Hill Golf & Country Club
ゴルフ場体験記、第 4 回はチョンブリ県の穴場的存在、「Treasure Hill Golf & Country Club」です。日本人客が
増えだしたのは 2000 年頃からでその前は地元タイ人しか知らない(入口の看板もタイ語のみ)ゴルフ場でした。
今でも地元タイ人の社交場的存在でも有り、週末になるとかなり込み合います。ゴルフ場としてのコンディションは
この 10 年でかなり改善され、プレーし易くなっていますが、丘陵を利用したコースは意外に難易度高く、甘く見ると
大叩きしてしまう可能性有りのコースです。
(★プーケットの Blue Canyon を設計した加藤嘉一氏の設計だそうです。)
■名称: Treasure Hill Golf & Country Club
■電話番号:ゴルフ場/038-420-766、081-344-8002
■場所: チョンブリ県中央部山手に位置します。バンコクから行く場合はモーター・ウェイのパントン料金所を
過ぎて、最初の出口で降りて左折して 344 号線に入ります。この道をまっすぐバンブーン方面に進み、更に
グレーン方面に進んで 331 号線との交差点にぶつかったら、これを右折。右折してから 5 分程度行くと左手に
小高い山が現れます。その山の先にゴルフ場入口が有ります。このルートでバンコク市街から 1 時間 15 分程度
掛かります。344 号線に入らず、モーター・ウェイ経由で 36 号線に入り、ピントン工業団地横のバイパスを抜け
てから 331 号線に入るルートでもゴルフ場に辿り着きますが、こちらはバンコク市街から 1 時間半程度掛かり
ます。シラチャ市街からの場合は、ピントン工業団地の横のバイパスを 331 号線方面に抜け、331 号線を左折
して入り、そこから 10 分程度進むと右側に小高い山が見えます。その山の先にゴルフ場入口が有ります。
(道路の中央分離帯に高い樹木が有りますので、それが目印です)
バンコク周辺のゴルフ場と異なり、チョンブリ地方の丘陵を利用した UP-DOWN 有り。
■コースの特徴
チョンブリ県の丘陵を利用した UP-DOWN のあるコース設計となっていますが、それほど高低差をつけている
訳では有りません。コースの難しさはフェア・ウェイの細さです。落とし所が狭くなっているホールが多く、
ショットの正確性を求められます。グリーンは若干遅めですが、山の傾斜に因る「芝目」が有りますのでご注意。
※ゴルフ場の入口近くに大きな池が有り、水面に山が映ると非常に美しい景色となります。但しコース内の
WATER HAZARD は余り水が無く、ボールが見つかり易い、ゴルファーに優しい設計となっております。
■コースの設備
レストランではタイ料理中心、日本料理も若干有り。シャワー室には「湯船」も有りますが、お湯を張るのは
土日祝日だけのようです。ロッカーは小さめで、鍵もシンプルな「南京錠式」です。
Tee Ground No.1 (Par 5)
Tee Ground No.16 (Par 5)
Tee Ground No.2 (Par 3)
Crocodile (No.16)
Tee Ground No.12 (Par 5)
Green No.18
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
409 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content