close

Enter

Log in using OpenID

米子市の歌制定のお知らせ

embedDownload
米子市の歌制定のお知らせ
新米子市誕生10周年を記念し、平成27年3月31日に「米子市の歌」を制定しました。制定
の目的は、米子市の歌が市民に親しまれ歌い継がれていくよう普及に取り組むことにより、歌を通
じて市民の米子市を愛する意識の醸成を図り、米子市の地域や人の更なる一体化を推進しようとす
るものです。
平成26年6月から全国に公募し、歌詞63作品・曲52作品の応募がありました。その多数の
応募の中から、8名の米子市の歌選考委員会委員の方々に歌詞と曲それぞれ最優秀作品を選考して
いただき、その最優秀作品をもって「米子市の歌」を制定しました。
完成した「米子市の歌」CDには、米子市出身テノール歌手の山本耕平さんにご協力いただき、
すばらしい歌声を吹き込んでいただきました。この「米子市の歌」は、米子市の美しい自然や象徴
的な風景、歴史や文化の薫りが表現されていて、幅広い世代の皆さんに歌っていただけるようにテ
ンポもゆっくりとした歌となっています。
今後、「米子市の歌」を少しでも多くの市民の皆さんに聴いていただけるように、そして末永く
歌い継がれていくように普及に取り組んでまいります。「米子市の歌」をどうぞよろしくお願いし
ます。
米子市の歌制定にご協力いただきました皆さんからのコメントをご紹介します
♪
米子市の歌選考委員会委員長
木下晶夫
氏(鳥取県西部合唱連合理事長)
今、弥生晦日日に向けて合唱団員は懸命に、新しい米子市の歌の練習に励んでいる。
「なんと歌いやすい良いメロディーだ!」「米子の情景が見えるような、いい歌詞だ!」と団員か
ら漏れ聴こえてくる。日本全国から公募された63の歌詞、52の作曲作品から、最優秀の一つを
選ぶという大変な作業を行った者として、この現場の声は本当に嬉しい。4回の会議での選考委員
8名の方々の御苦労を思うとき、その慧眼に、改めて心より感謝申し上げたいと思います。全ての
老若男女に、常日頃から口ずさんで頂ける歌を念頭に選考委員を務めて参りました。将来にわたっ
て、長く親しまれる歌であることを祈って、お祝いの言葉といたします。
♪
米子市の歌
作詞者
保岡直樹
氏
(東京都世田谷区在住・44歳)
はるか大山から始まり、日本海まで流れる歌詞に、雄大な自然の恵み、躍動する若い息吹、世界
へ、そして未来へ飛翔する米子市を謳い上げました。曲ができあがってから、毎日 CD を聴かせて
頂いています。やさしく力強いメロディーに、何度も目頭が熱くなりました。歌詞の中で、私がい
ちばん好きな言葉は、『感謝』。誰よりも今、「だんだん」の気持ち、米子市の皆さんに伝えたい。
この歌が市の発展と共に、大きく羽ばたくことを願っています。
【受賞歴等】
『心の真んなか母がいる』という作品で、2006年・第39回日本作詩大賞・最優秀新人賞を受
賞。歌謡曲から校歌・市歌・音頭・イメージソングまで幅広く活動。
♪
米子市の歌
作曲者
松田恭雄
氏
(京都府京都市在住・54歳)
「米子市の歌」最優秀作曲賞の栄誉を頂戴しましたこと、大変光栄に思っております。会社員生
活の傍ら作曲・歌唱活動を行う私と米子市の最初の出会いは、「童謡の里」として音楽文化の振興
を推進されている鳥取県主催の「創作童謡コンクール」への応募でした。計5回を数える入賞の中
で2回米子をお訪ねし、ステージ出場と共に米子の街並み・自然・文化の香り・地元の方々の温か
さを存分に味わうことが出来ました。
今回の「米子市の歌」は、10 数年前の受賞以来抱き続ける「我が音楽のふるさと・米子」への
愛着、思いを込めて作曲したものでしたので、喜びもひとしおです。この歌が市民の皆様に末永く
愛され、歌い継がれて行くことを心より願っております。
この度は本当にありがとうございました。
【受賞歴等】
●「歌の手帖」K リーグ課題曲部門
最優秀作品賞(1998 年)
●財団法人たんぽぽの里「第 2 回親守唄」グランプリ(2004 年)
●日本作曲家協会「オリジナルソングコンテスト」優秀賞(2011 年、2013 年)
●鹿児島県「南九州市民音頭」作曲最優秀賞(2013 年)
●鳥取県主催
「ふるさと音楽賞∼創作童謡コンクール」
・第 4 回
入賞(1993 年)境港市
・第
・第 7 回
審査員特別賞(1996 年)倉吉市
・第 10 回 入賞(1998 年)米子市
・第 11 回
♪
5 回 入賞(1995 年)米子市
優秀賞(1999 年)東伯町
米子市の歌
歌唱者
山本耕平
氏
この度の歌唱をさせていただけましたことは大変嬉しく光栄の至りです。故郷に歌で恩返しが出
来たような、同時にまたこうして故郷に育ててもらっているような心持ちが致しました。収録にあ
たっては歌詞と曲をよく読み込み、学生時代米川沿いから遠く仰いだ伯耆富士の姿や、反対に大山
から眺めた裾野の風景の広がりを思い浮かべながら歌いました。この詞とメロディーが、皆様の故
郷への愛を一層深める一助となりますように。
【プロフィール】
米子市出身テノール歌手。1984年生まれ。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程オペラ専
攻修了。ミラノ・ヴェルディ音楽院ビエンニオコース修了。第 39 回イタリア声楽コンコルソ・ミ
ラノ大賞部門第 1 位(08')
、第 45 回日伊声楽コンコルソ第 1 位及び歌曲賞(09')
、第 15 回エ
ネルギア音楽賞(10')、五島記念文化賞・オペラ新人賞(14')ほか受賞多数。
♪
米子市の歌
ピアノ伴奏編曲・演奏者
平川加恵
氏
このたび、米子市の歌の制定に伴い、編曲と演奏に携わらせていただきましたことを大変嬉しく
思っております。この歌が市民の皆様に親しまれ、この歌によって米子市の魅力が歌い継がれ、国
内中から、さらには世界から多くの人々が米子市を訪れることを祈念致します。
【プロフィール】
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校教諭。1986年千葉県生まれ。東京藝術大学音楽学部
作曲科卒業。同大学大学院修士課程作曲専攻修了。第81回日本音楽コンクール作曲部門第1位ほ
か受賞多数。
♪米子市ホームページにおいて、米子市の歌の歌詞・メロディ楽譜・ピアノ伴奏譜・米子市の歌(音
源:独唱・ピアノ伴奏・オルゴール演奏)がダウンロードできます。ぜひ皆さん聴いてください。
また、ご希望の方には、米子市役所総務管財課(本庁舎3階)でお渡しします。
【問合せ】米子市総務管財課(電話0859−23−5331)
新米子市誕生10周年記念式(米子市公会堂)において、米子市の歌の初披露にご協力いただい
た鳥取県西部合唱連合の皆さん(順不同・敬称略)
木下晶夫(指揮)
・
笠井桃子(ピアノ伴奏)
伊木順一
池沢秀夫
大田道夫
大原啓道
岡本進次
隠樹邦明
内藤
菱谷哲郎
森田恵吾
青木彰子
青木幸子
朝田紀美代 浅中英子
池田百合子 岩崎ミ子
上原登子
大櫃三津子
笠木千恵子
勝部英子
川内恵子
川上美恵子
河瀬喜美子
木下あい
高野淑子
立川安子
田中寛子
土屋和子
中田淑子
中ノ森知子
西山恵美子 林
恵
原千鶴子
東田瑠璃子
藤原瑠美子
松井瑠璃
松原優子
三上国子
宮倉裕恵
宮本浩子
結城淳子
吉田珠代
昭
友松知宏
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
169 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content