close

Enter

Log in using OpenID

2月号 おかにし

embedDownload
・
学穫 校 長 室 だ よ り
f茨 茄高百帯立磯盲万て
「夢 中
!
自信
!!
平成
笑顔
28年
2月
22日
第 1
0号
!!!」
2月 は 「逃 げ る 」 と い い ま す が 、 本 当 に 月 日 の 過 ぎ る の が 早 く感 じ ま す 。
気 が 付 く と 、 2月 も 残 り 1週 間 に な り ま し た 。 陽 ざ し に 春 を 感 じ ま す が 、 ま
だ ま だ 寒 さ が 厳 し く 、 イ ン フ ル エ ン ザ や 風 邪 等 の 心 配 も続 い て い ま す 。 しか
し、 子 ど も た ち は 休 み 時 間 に な る と、 縄 跳 び や ボ ー ル 遊 び に 夢 中 に な っ て 元
気 い つ ぱ い 遊 ん で い ま す 。 ま た 、 26日 に 予 定 して い ま す 「 6年 生 を 送 る 会 」
に 向 け て 、 各 学 年 で 出 し物 の 練 習 に が ん ば ら て い ま す 。
1年 生
な かま 集 舎
こか
う な
全 校 児 童 が 体 育 館 に 集 ま り、 自 分 た ち の 身 の 回 り の
こ と か ら人 権 に つ い て 考 え る な か ま 集 会 。 1年 生 は 、
歌 と 台 詞 で 、「 き つ ね の お き ゃ く さ ま 」 (あ ま ん き み
こ 作 )を 演 じ て く れ ま し た 。 言 葉 を 大 事 に し て 、 友
達 へ の 思 い や りや 信 じ る こ と の 大 切 さ を 一 生 懸 命 訴
え た 1年 生 。 2年 生 か ら 6年 生 ま で の 子 ど も た ち は 、
物 音 も 立 て ず に じ つ と聴 き 入 つ て い ま した 。
こ の 集 会 で 、 1年 生 の 大 き な 成 長 を 感 じ る と共 に 、 大 き な 感 動 を も ら
と が で き 、 改 め て 子 ど も の も つ て い る 力 に 驚 か され ま した 。 そ して 、
ま 集 会 の よ さ を 感 じ る こ と が で き ま した 。
こ の お 話 に 出 て く る あ ひ るや う さ ぎ た ち と きつ ね の 行 動 か ら、 友 達 を信 じ
る こ と と本 当 の 優 し さ に つ い て み ん な で 考 え る こ とが で き た よ うに 思 い ま
す 。 あ ひ る た ち と き つ ね が ず っ と 一 緒 に い て ほ し い と い う願 い を も つ て 、
全 員 の 力 で そ の 情 景 を 表 現 し よ う と が ん ば っ て い る 1年 生 の 子 ど も た ち 。
語 り か け る よ う な 話 し方 や 気 持 ち の こ も つ た 歌 声 が 体 育 館 中 に 広 が り、 聴
い て い る 人 た ち に 大 切 な こ と を 伝 え よ う と して い る 姿 に 、 子 ど も の もつ 大
こ な_左 を感_整 ず二1ま い られませんでした。
・・
′
:
・・
…
… … …・・
― …
―・・
―・・
―
・・
―
¨
______一 一一一一―」
① OOO_O… …
…
……
…
…
…
…
…
……
……
……
、
… … … … … …
¨ ―・・
… … …・・ ―
―・・
―・・ … … … … … …
― … … …・
陵 西 駐 在 所 の お ま わ り さ ん は 、 毎 朝 子 ど も た ち の 登 校 を 見 守 っ て くだ さ つ て い ま
す 。 あ る 日 の 朝 、 少 し遅 れ て 登 校 す る 子 ど も た ち を 見 て に こ に こ し な が ら 、「 こ の
子 た ち は い つ も あ い さ つ を し て く れ る か ら と て も うれ し い で す 。」 と話 し て く だ さ
い ま し た 。 な る ほ ど 、 そ の 子 た ち は き ち ん と顔 を み て 「 お は よ う ご ざ い ま ― す 。」
と大 き な 声 で あ い さ つ を して い ま し た 。 最 近 は 、 お ま わ り さ ん に あ い さ つ を す る 子
が 少 しず つ 増 え て き た よ う に 感 じ ま す 。 や つ ば り 、 あ い さ つ は 仲 良 く な れ る し る し
な ん だ と思 い ま した 。
i
t..… … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … ノ
子 ど も た ち は 、 日々 の 学 習 で 様 々 な 体 験 を しま す 。 体 験 す る こ とで 感 動 し
ど う して ?Jと 考 え を 深 め 、 そ の こ と が 生 活 で の
た り驚 い た り し 、「 な ぜ ?
つ
い
っ
て
なが
き ま す 。 そ して 、 得 た 知 識 を も と に 自分 な りに 考 え 行 動
学びに
す る よ うに な りま す 。体 験 活 動 は 、子 ど も た ち に と つ て 大 事 な 学 習 で あ り、「生
き る 力 」 を 育 む 基 礎 と な り ま す 。 3学 期 に 実 施 した 体 験 学 習 を 紹 介 し ま す 。
6年 生 :細 め て 敵 り組 ん だ lb節 醸 窪 法 備 験
高 田消 防 署 の 方 に 来 て い た だ き 本 校 で 初 め て 行 い ま した 。 心 肺 蘇 生 法 を ど
の よ うな と き に 活 用 す る か や な ぜ 必 要 か な ど を 丁 寧 に 教 え て い た だ き ま し
た 。 説 明 を 聴 き な が ら一 生 懸 命 に 取 り組 む 子 ど も た ち 。 心 臓 の 位 置 を 確 認
す る子 、 心 臓 マ ッサ ー ジ の 力 の 入 れ 方 に 悩 み な が ら も何 回 も練 習 す る子 、
勇 気 を持 つ て 行 動 す る こ との 大 切 さを考 え た 子 な ど、 思 い や 考 え は 一 人 一
人 違 っ て い た と思 い ま す が 、 命 の 重 み を 改 め て 考 え た よ うに 思 い ま す 。 そ
し て 、 周 り に い る 人 と 協 力 し な が ら 取 り組 む 心 肺 蘇 生 術 の 練 習 に も 熱 心 に
取 り組 ん で い ま した 。
こ れ か ら様 々 な こ と に 出 会 い 成 長 し て い く 子 ど も た ち で す が 、 ど ん な こ
と に も 堂 々 と 立 ち 向 か い 、 自分 で 判 断 し 行 動 で き る 力 が 求 め られ て い ま す 。
卒 業 を 間 近 に 控 え た 6年 生 に と つ て 、「命 」 に つ い て 考 え る こ と が で き た 貴
重 な 時 間 で した 。
5年 生 :仕 事 鶴 餞 か ら 督 えた こと
ガ ソ リ ン ス タ ン ド、 コ ン ビ ニ 、 工 場 、 保 育 所 や 幼 稚 園 な ど 、 様 々 な 職 種 の
方 々 の ご 協 力 に よ り 5年 生 が 職 業 体 験 を 実 施 し ま した 。 事 前 学 習 を し っ か
り して 自 分 な り の 目標 を 明 確 に し て 取 り組 ん だ 2日 間 。 初 め て の 体 験 に 戸
惑 うこ と も あ つ た と思 い ま す が 、 体 験 後 の ま とめ を見 ま す と、 どの仕 事 体
験 も 充 実 して い た こ と が 伝 わ っ て き ま した 。 も ち ろ ん 、 受 け 入 れ て くだ さ
っ た 事 業 所 等 の 方 々 の ご 理 解 と ご 指 導 が あ っ て の こ と だ と思 い ま す 。
子 ど もた ち の 教 育 活 動 は 、 地 域 の 方 々 の ご協 力 な しで は で き な い こ と も
あ りま す 。 ま た 、 引 率 に も保 護 者 の 方 の ご 協 力 が あ つ た か ら こ そ 安 全 に 行
う こ と が で き ま し た 。 感 謝 の 気 持 ち で い つ ぱ い で す 。 本 当 に あ りが と う ご
ざ い ま した 。 子 ど も た ち が 学 ん だ こ と を 一 部 紹 介 しま す 。
小 さな 子 た ち の 面 倒 を 見 る の は
楽 しい しか わ い い け ど 、先 生 の 立
場 になるとや つぱり大変だ と思い
ま した 。(中 略 )自 分 も こ の よ う に
お 世 話 に な つた ん だ と 思 い ま した 。
仕 事 体 験 を して 、と て も 仕 事 が
大 変 だ と 言 う こ と が わ か りま した 。
ど の 仕 事 に も 、あ い さつ や 助 け 含 い
が と て も だ い じだ な あ と 思 い ま した 。
お客 さんが い るときだ けで な <、
私 た ち が 見 え な い ところで も朝 早 <き て 、
す み ず み まで そ うじをした りして い るのが
す ご い な と思 い ました 。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 814 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content