close

Enter

Log in using OpenID

チェコガラス 津倉家の洋間が増築された のは昭和 10 年(1935)。当時

embedDownload
●チェコガラス
津倉家の洋間が増築された
●津倉勘六
「河け塚 江戸屋勘六」「遠州長
のは昭和 10 年(1935)。当時、世界の最高水準
上郡掛塚港
津倉勘六」「遠陽掛塚港 津倉勘
と言われ、「ボヘミアガラス」とも呼ばれたチ
六」。津倉家歴代当主は「津倉勘六」を名乗り
ョコスロバキア製の板ガラスが嵌め込まれて
ました。
います。
●伊豆石
伊豆石が掛塚に多く見られるのは、
●菊と蟹
菊は「華」
、蟹は「甲羅」ですから、
江戸に木材を運んだ帰り船のバランスを保つ
合せて「華甲」。華甲の「華」を分解すると、6
ためのバラストとして伊豆の下田付近で積み
つの「十」と 1 つの「一」になり、合計すれば
込まれたため。津倉家の石蔵は、木造 2 階建て
数えで 61 歳を表す「61」になり、
「華甲」は還
で外側に伊豆石を張ってあります。
暦を祝う図柄です。
●茶室
●面取り障子
北西角に建てられた茶室は四畳半。天
格子の手前側が面取りされて
井板は、木目に味わいがある杉の板目。天井板
いる障子戸を「面取り障子」と呼びます。縦と
を抑える桟木は、細い丸太に山桜の樹皮を巻
横の桟を通しで作らず、1 ブロックごとに組子
き、枝のように見せてあります。
で作られた障子です。
●○に吉
●平井顕斎 平井顕斎(1802~56)は、渡辺崋
江戸屋を示す屋号紋は「○に吉」。
貴船神社の文書の中には、袖ヶ浦丸、盛慶丸、
山の門弟で「崋山十哲」と呼ばれる画家の 1
寿丸、津吉丸、宝生丸などの船名が津倉勘六の
人。現在の牧之原市に生まれた地元の画家で
船として登場しています。
す。
●網代天井 茶室の天井には、一部に杉のヘギ
●山水画
板を編んだ網代を使っています。矢羽根模様が
生ではなく、自らの人生観を山や川の風景に託
趣を感じさせます。
して表現することが多いようです。
大自然の風景を描いた絵ですが、写
●掛け落とし
床の間や書院窓の正面上の小
●縦格子
角材を縦方向に並べた南面の格子
壁の下端にある横木のこと。茶室では木肌が美
窓は、外からの視界を遮りながら光をたっぷり
しい山桜の枝をそのまま使っています。
と採り入れることができます。この縦格子窓の
商家が軒を連ねていた町並も、掛塚が「小江戸」
と呼ばれた理由の 1 つと思われます。
●津倉貞三
洋間のピアノの上には、「町長津
●塵落とし
障子の桟を斜め下向きに組んだ
倉貞三氏」と書かれた肖像写真が。「自昭和十
ものを「塵落とし」と呼びます。こうすれば、
三年十一月八日 至昭和十六年九月十八日」と
埃が溜まらないだろうという粋な仕掛けです。
ありましたので、磐田郡掛塚町の時代です。
●山住杉
山住神社が鎮座する山では、延享元
●紅白椿
寒い冬にも艶やかな葉と鮮やかな
年(1744)までの 48 年間に 36 万本もの、スギ
花をつける椿は、古来、生命力の象徴や魔除け
やヒノキ大造林が進められ、明治、大正期の東
として庭木として植えられることが多かった
京市場での「山住杉」のブランドは名声を得て
木。紅白 2 本を並べて植えることにより、さら
いました。
に縁起の良さを願って植えられたものと思わ
れます。
●大理石
レトロな蛇口が取り付けられた洗
●ステンドグラス
津倉家のステンドグラス
面台は、大理石で作られています。ハイカラな
は、改修時に取り付けられたものと思われま
舶来趣味は、当時の最先端の調度だったので
す。和風の座敷に、洋風のステンドグラスは似
す。
合いませんが、文明開化の象徴として和洋折衷
の花が咲きました。
●両替商
廻船問屋の津倉家は、両替商も営ん
●伊豆石の燈籠
伊豆石には安山岩系(硬質)
でいました。両替商とは、金・銀の貨幣交換を
と凝灰岩系(軟質)とがあり、燈籠には凝灰岩
する商売ですが、現在の銀行の前身でもありま
系の軟らかい石が使われていますので、風化は
した。
かなり進んでいます。
●ナギの木 ナギの木は、漢字では「梛」
「椥」
●福田半香 福田半香(1804~64)は渡辺崋山
「竹柏」などと書かれますが、「ナギ」の音が
の門弟で「崋山十哲」と呼ばれる画家。半香は
「凪」と同じことから、廻船問屋では海が凪ぐ
現在の磐田市見付出身、遠州画壇の重鎮の 1
ことを願って植えられました。津倉家の庭に
人でした。
は、2 本のナギの木が植えられています。
●座敷庭 南向きの家では、座敷は西側に造り
●ガス
横浜や銀座の夜を照らしたガス灯を
ます。その座敷から見えるように庭を配置した
点す燃料となるガスを、津倉家ではどうやって
のが津倉家の座敷庭です。
発生させていたのでしょう?石炭、あるいは重
油を加熱する装置し生したガスを、配管を通し
て各部屋に供給していたようです。
●大黒柱
家の中心に建てられた通し柱の太
●大黒天
大黒柱の節穴を逆手に取り、その穴
さは 1 尺 5 分(約 32 センチ)、ケヤキの大黒柱。
に象牙の大黒天像を納め、商売繁盛の縁起を担
多くの人の手で磨かれたものと思われ、黒光り
ぎました。2 階に上り、この大黒天像を眺める
しています。
のは、限られた人だけ。それでも、評判になっ
ていたとは思います。
●和釘
西洋式の鉄の丸釘は、明治初期には普
●庭木の松
冬でも青々とした葉を付ける松
及し始めたとのことですが、明治 22 年築と言
は長寿の不老象徴。縁起の良さから、庭木とし
われる津倉家には和釘が使われています。
て植えられることが多い木です。
●井戸
●曽布川藤次郎
天竜川の流れに沿って南北に広がる
地元、掛塚十郎島で生まれた
掛塚の町では、井戸を掘れば美味しい伏流水を
宮大工の曽布川藤次郎は、水窪の山住神社や春
飲むことができました。津倉家の井戸の底から
野の王子製紙気田工場などを建築しました。そ
は、今でもきれいな水が湧いているようです。
の藤次郎が建てた民家が津倉家。地元大工が腕
を振るった祭り屋台とともに、掛塚が誇る建築
遺産が津倉家住宅です。
●月に兎 茶室の丸窓には、ウサギを透明に残
●鬼瓦の家紋
鬼瓦には、その名の通り鬼の顔
した磨りガラスが嵌め込まれています。丸窓の
のほか、火災除けの「水」の字や家紋などを彫
ウサギは、まさに「月に兎」の意匠。秋に招か
刻したものがありますが、津倉家の「桔梗紋」
れた客人の話題になったことでしょう。
の入った鬼瓦は、もちろん特別注文したもので
す。
●模倣暖炉
ハイカラ趣味の洋間が造られた
のは昭和 10 年(1935)。暖炉のようなものを造
ったのですが、あくまでも形だけ。流行の先端
として部屋を飾りました。
●中村不折 中村不折は、夏目漱石作『吾輩は
●ガス灯
我が国に西洋式ガス灯の照明器具
猫である』の挿絵を描いたことでも知られる画
が導入されたのは明治以降。津倉家の階段上に
家であり、書家でもある人。「無我愛」とは、
は、ガス灯が点されていたと思われる真鍮製の
我欲のない真の愛情の意味です。
器具が残り、おそらくここにガラスの火屋(ほ
や)が付けられていたのだと思います。
●銅版画 明治期には、伝統の木版画に代わる
新しい印刷方法として、風景や建物を銅版画で
印刷することが流行りました。再現精度はかな
り高く、当時の津倉家の外観を知ることができ
ます。
●欅(けやき)板 ケヤキは木目が出やすい樹
●提灯箱
家紋入りの提灯箱の中には、やはり
種。1 枚 1 枚趣が違う美しい木目を楽しむのが、
家紋入りの提灯が折り畳まれて収納されてい
ケヤキ廊下の贅沢です。
たはず。蝋燭の火に浮かぶ家紋が、夜目にも津
倉家の者であることをはっきりと示しました。
●組子欄間 伝統的な組子欄間は、建具職人の
●津倉家住宅
廻船問屋を営んでいた津倉家
丁寧な手仕事により作られています。津倉家座
の住宅は、平成 26 年(2014)11 月、所有者の
敷の組子の模様は胡麻柄(ごまがら)。縁起の
津倉幹雄氏から磐田市へと寄付されました。繁
良い図柄です。
栄した掛塚湊の歴史を今に伝える貴重な建物
は、住民の誇りとして後世に伝えていかなくて
はなりません。
●龍泉寺 津倉家の菩提寺は、臨済宗方広寺派
の龍泉寺(りょうせんじ)
。墓石には、家紋の
「桔梗紋」が刻まれています。
●シノワズリ
当時のヨーロッパで流行った
中国趣向を「シノワズリ」と呼びます。津倉家
の洋間は「シノワズリ」をコンセプトとしたと
のことですから、調度には中国製の陶磁器が多
く飾られていたようです。
●ガラス障子
外気に触れる外障子には、障子
紙ではなく磨りガラスが嵌められています。磨
りガラスを通して見る陽射しは柔らかく、景色
にも一味違う趣を感じます。
●楢(なら)板
硬くて木目が美しい楢材は高
価な板ですが、薄く加工するのが大変難しく、
廊下や広縁に敷くのは最高の贅沢だったので
す。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
17
File Size
272 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content