close

Enter

Log in using OpenID

ホームページ版 - 独立行政法人 労働者健康安全機構 神戸労災病院

embedDownload
神
戸
労
災
病
院
年
報
第9巻
2010年
Annals of Kobe Rosai Hospital
Volume
9
ホームページ版
(神戸労災病院年報・第9巻の一部を掲載)
独立行政法人労働者健康福祉機構
神戸労災病院
(2011年 3 月発刊)
1
神戸労災病院理念
1.勤労者医療を推進する.
(勤労者医療の推進)
2.地域に愛され,信頼される,患者さん中心の医療を提供する.
(患者さん中心の医療提供)
3.やさしく,和を大切にする.
(やさしさと和)
4.専門職としての社会的責任を遂行する.
(専門職としての社会的責任の遂行)
神戸労災病院基本目標(運営方針)
1.生き生きとして元気な病院でありたい.
2.高度医療の中核的な病院でありたい.
(元気な病院)
(高度医療の中核病院)
3.医療に経済的に安定した病院でありたい.
(2011 年 4 月 1 日から)
神戸労災病院の新たなる躍進
1)
(安定した病院)
看護体系が 7 対1となります
これにより,益々,地域に貢献する,急性期病院として貢献します.
多くの新人を採用し,明るく,元気な,地域に根差した病院を目指します.
2)内科系が専門診療科に細分化されます
従来は,内科(総合内科),消化器科が診療に当たっていましたが,この度,
内科(総合内科),循環器内科,呼吸器内科,糖尿内科,消化器内科の 5 診療科体制
になります.
(詳細はホームページを参照ください)
新規機種の紹介
最先端 冠動脈イメージング Optical Coherence Tomography (OCT)を導入しました
OCT は、近赤外線を用いた冠動脈のイメージング法で、これまで冠動脈血管内超音波法
(IVUS)で用いられる超音波を、近赤外線に置き換えたものです。特徴は解像度が約 10~15
μm と IVUS の約 10 倍の高度分解能を有している点です。
OCT はこの高い分解能により、
IVUS では描出不可能な微細な血管構造、例えば急性冠症候群における薄い繊維性皮膜の
破綻像や薬剤溶出性ステントを覆う薄い新生内膜等を詳細に描出できます。
2
目
次
業績集
神戸労災病院年報(第9巻) 巻頭言‥‥‥‥‥‥ 院長
石川
齊 ( 4)
1. 表彰および研究など‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ( 5)
2. 論文など‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ( 7)
3. 学会,研究会など発表‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ (11)
4. 院内研究会,勉強会など‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ (25)
5. 診療統計(患者数・手術数など) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ (32)
6. 剖検症例のまとめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ (**)
7. 各診療科および主なスタッフ紹介‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ (41)
論文集
(1) 当院で施行している超音波ガイド下神経ブロックについて
臨床研修医, 麻酔科 野田奈穂子,他(**)
(2) パルボウイルス B19 感染を先行感染とし発症した劇症型 1 型糖尿病の 1 例
臨床研修医, 内科 岡本光平,他(**)
(3) 診断・治療に苦慮した Vogt-小柳-原田病の一例
臨床研修医, 眼科 髙田絵美,他(**)
(4) 出生後より持続的に血尿を呈し新生児の腎静脈血栓症と考えられた一例
臨床研修医, 和歌山ろうさい病院小児科 松尾圭朗,他(**)
(5) 手足口病に合併した急性小脳失調症の 1 例
臨床研修医, 和歌山ろうさい病院小児科 湯地大輔,他(**)
(6) 当院で経験したアルコール性ケトアシドーシスの 5 例の臨床的検討
臨床研修医, 内科 田中聡一,他(**)
(7) 穿孔性腹膜炎を合併した小腸悪性リンパ腫の一例 臨床研修医, 消化器科, 有吉隆佑,他()**
(8) 非閉塞性腸管虚血症に対し広範囲小腸切除を施行した1例
臨床研修医, 外科 青木丈明,他(**)
(9) 急性呼吸不全を呈した Prader-Willi 症候群の一症例
臨床研修医, 内科 宮本千文,他(**)
(10) 高度な肺高血圧を呈した慢性閉塞性肺疾患の一例
臨床研修医, 内科 須藤洋崇,他(**)
(11) DIC を伴った巨大腹部大動脈瘤の一例
臨床研修医, 循環器科 山本 舞,他(**)
(12) LMT-LAD-Cx 分岐部に留置した DES の回旋枝起始部に再狭窄を来した透析症例
臨床研修医, 循環器科 中田一弥,他(**)
(13) 腹直筋内血腫を発症した C 型肝硬変の1例
臨床研修医, 消化器科 丹家元祥,他(**)
(14) VCM 漸減長期投与が有効であった再発性偽膜性腸炎の1例
臨床研修医, 消化器科 眞弓周子,他(**)
剖検のまとめと・論文集はホームページ版には掲載していません
3
神戸労災病院年報 2010 年(第9巻)
巻頭言
院長
石川
斉
若手医師の流動化
臨床研修制度のマッチングの導入によって医師国家試験に
合格した若い医師達は全国の研修病院を希望できるようにな
り、若手医師の流動化が進んでいる。このことによって高魅力
の病院へ研修医の移動を加速し、一方ではややもすると低魅力
と言われる大学病院への研修医が減っている。
その結果多くの大学の若手医師の数が減り大学「医局」に医師派遣をたよっ
ていた地域病院への医師供給が滞っているのが現状である。大学にとって医師
研修制度の発足以来もう一つ重要な変化に困惑している事実がある。それは基
礎医学研究志望者が激減していることである。日本の医療レベルを底支えして
きた基礎系医学者が激減し基礎医学研究が崩壊の危機に瀕しているのである。
従来の医師養成は「医局」システムの中で臨床修練と並行して基礎研究を進め
るものであった。しかし臨床医を目指す若手医師が基礎研究の必要性を感じな
いものが多くなってきた。地域医療崩壊の原因が医師の遍在か不足かという議
論が盛んであるがどちらも関与しているように思う。幸いに神戸労災病院にあ
っては研修医の応募者も多く神戸大学と密接に連絡をとりながら研修制度の充
実につとめており、問題はないと信じている。さらに神戸労災で研修をすませ
た人が多く大学院へ進学もしており、この点でも当病院での研修制度のレベル
の高さを誇りに思うとともに研修制度に責任をもってその任に当たっておられ
る岩越副院長に敬意を表したい。
さて、今年も神戸労災病院年報が発刊される季節になった。第九巻の内容を
みてみると年々その内容も充実したものになっていることに気付く。各診療科
の診療実績も増え病院としてその活動範囲が広まり活発になっていることにな
っている事に対し職員関係者に敬意を表したい。各診療科の学術活動報告も増
え学会発表や論文発表でその成果を公表していることは高く評価したい。この
年報が今後さらに充実したものになっていくことを切に希望するものである。
4
1.研究,表彰など
叙勲
(看護部)
(部長) 浪辺博子
瑞宝双光章
(研究)
(内科)
医学研究 :労働者健康福祉機構 「病院機能向上のための研究」
労災病院間共同研究
共同研究者:大西一男
研究テーマ:高血圧性臓器障害を適切に予防する降圧治療の確立に向けた全国労災病院多
施設合同研究(J−TOPP研究)
研究期間 :2009年4月∼2011年3月
研究費用 :10万円
(外科)
医学研究:労働者健康福祉機構「病院機能向上のための研究」
共同研究者:山本 正博
研究テーマ:鏡視下手術の更なる普及・発展のために−腹部鏡視下手術修練カリキュラム
と成果に関する共同研究−
研究期間:2010 年 4 月∼2011 年 3 月 31 日
研究費用:12 万円
(心臓血管外科)
医学研究:労働者健康福祉機構「病院機能向上のための研究」
主任研究者:脇田 昇
研究テーマ:下腿静脈における下肢深部静脈血栓症(DVT)の発症とその推移
研究期間:2010 年 4 月∼2011 年 3 月 31 日
研究費用:70 万円
(心臓血管外科)
医学研究 :労働者健康福祉機構 「病院機能向上のための研究」
主任研究者:尾崎喜就
研究テーマ:僧帽弁置換術における前後尖温存術式の違いによる術後左室機能の変化の検
討
5
研究期間 :2009年4月∼2011年3月
研究費用 :50万円
(NST)
医学研究 :労働者健康福祉機構 「病院機能向上のための研究」
主任研究者:久永 文
研究テーマ:癌化学療法時の乳酸菌製剤(Synbiotics)投与が消化管におよぼす影響
研究期間 :2009年4月∼2011年3月
研究費用 :70万円
6
2.論文など
(循環器科)
著書
(1)井上信孝(総編集)
循環器ストレス学 南山堂
(内科)
(2)大西一男
職業性疾患としての循環器疾患
循環器ストレス学 南山堂 p330-338
(呼吸器科)
(3)橋本由香子
喫煙とストレス応答
循環器ストレス学 南山堂 p307-311
論文
(内科1),循環器科2),心臓血管外科3))
(1)近藤健介1),井上信孝2),小澤 徹,坂本浩一,伊阪大二,堂本康治,小田明彦,
稲本真也,大西一男1),山口眞弘,大加戸彰彦,脇田 昇3)
右心不全症状を契機に診断に至った高齢者の右室二腔症の1例
呼吸と循環 58(5): 533-537 2010
1)
(内科 ,循環器科2))
(2)小澤 徹1),井上信孝2),田中伸明,森 健茂,近藤健介,伊阪大二,堂本康治,
稲本真也,小田明彦,大西一男1)
PCI を施行した超高齢者冠動脈疾患の冠危険因子の検討
総合臨床 59(10): 2175-2179. 2010
(内科1),呼吸器科2))
(3)坂本浩一,橋本由香子2),大西一男1)
溶接工肺の一例
内科 106(1): 122-123, 2010
(神戸大学大学院保健学研究科健康科学分野1),循環器科2))
(4)塩谷英之1),井上信孝12),他
高血圧治療に求めるもの∼JSH2009改訂をふまえて∼
血圧 17: 76-81, 2010
(国立循環器病研究センター1),循環器科2))
(5)Matsumoto S1), Kamide K1), Inoue N2),他.
Impact of RGS2 deficiency on the therapeutic effect of telmisartan in angiotensin
II-induced aortic aneurysm.
Hypertens Res. 33(12): 1244-1249. 2010
(福島県立医科大学医学部循環器血液内科学講座1),循環器科2))
(6)Ohkawara H, Ishibashi1) ,T Inoue N2), 他
Preventive effects of pravastatin on thrombin-triggered vascular responses via
Akt/eNOS and RhoA/Rac1 pathways in vivo.
Cardiovasc Res. 88(3): 492-501. 2010
(国立循環器病研究センター1),循環器科2))
(7)Nakano A1), Inoue N2), Sawamura T1),他
LOX-1 mediates vascular lipid retention under hypertensive state.
7
J Hypertens. 28(6):1273-1280, 2010
(国立循環器病研究センター1),循環器科2))
(8)Inoue N2), Sawamura T1)他
LOX index, a novel predictive biochemical marker for coronary heart disease and
stroke.
Clin Chem. 56(4): 550-8. 2010
(外科1),病理診断科2))
(1) 森 至弘1),金丸太一,高瀬功三,小塚雅也,阪田和哉,山本正博,出射由香2)
腹腔鏡下虫垂切除後に虫垂カルチノイドと判明し,再度腹腔鏡補助下右結腸切除を施
行した 1 例
日本内視鏡外科学会雑誌 15:243−247,2010
(外科)
(2) 阪田和哉,高瀬功三,佐溝政広,山本正博,小島芳夫
膵頭十二指腸切除術を施行した肝動脈走行異常のある高齢者胆管癌の 1 例
日本臨床外科学会雑誌 71(4)1013-1016, 2010
(3) 岡本光平,山本正博
転移性肝がん
消化器外科 NURSING 15(10) : 12-16,2010
(整形外科)
著書
(1)鷲見正敏
X 線造影検査でみる関節造影,脊髄・神経根・椎間板造影
整形外科臨床パサージュ3 運動器画像診断マスターガイド
編集
吉川秀樹. 中山書店. 58 - 71, 2010
(2)鷲見正敏
胸肋鎖骨肥厚症
今日の整形外科治療指針 第 6 版
編集
国分正一,岩谷
力,落合直之,佛淵孝夫. 医学書院.639 -640, 2010
(3) 鷲見正敏
頚椎リウマチ病変
今日の整形外科治療指針 第 6 版
編集
国分正一,岩谷 力,落合直之,佛淵孝夫. 医学書院.617 -620, 2010
(4)鷲見正敏
変形性脊椎症(頚椎・腰椎)
整形外科専門医テキスト
8
編集
長野昭,松下隆,戸山芳昭,安田和則,石黒直樹. 南江堂.440 −443, 2010
論文
(1) Takako Kanatani, Kyoko Yamasaki, et al.
Carpal tunnel syndrome associated with a fracture of a silicone implant for
Kienböck
s disease: Two case reports.
Hand Surgery 15(3): 225 - 227, 2010
(2) Shuichi Kaneyama, Masatoshi Sumi, Takako Kanatani, Koichi Kasahara, Aritetsu
Kanemura, Masato Takabatake, Tetsuya Nakatani, Tomonori Yano
Prospective study and multivariate analysis of the incidence of c5 palsy after
cervical laminoplasty.
Spine 35(26): E1553 - E1558, 2010
(3) 鷲見正敏
手術室ナースが知っておきたい脊椎手術の基礎知識.
脊椎手術一般の特殊性とその考え方.
メディア視覚教材+実践手術看護 3(6): 60 - 68, 2010
(4) 鷲見正敏
手術室ナースが知っておきたい脊椎手術の基礎知識.
頚・胸椎に対する手術とその考え方.
メディア視覚教材+実践手術看護
4(1): 89 - 100, 2010
(5) 鷲見正敏
手術室ナースが知っておきたい脊椎手術の基礎知識.
腰椎に対する手術とその考え方.
メディア視覚教材+実践手術看護
4(2): 105 - 114, 2010
(6) 鷲見正敏
リウマチ性頚椎病変に対する治療方針の変遷.
Pharma Medica 28(suppl. 1 ): 29 - 33, 2010
(7) 金谷貴子,山崎京子,他
手根管症候群重症例に対する手掌刺激による複合筋活動電位の検討
日本手の外科学会誌 26: 152 - 154, 2010
(心臓血管外科)
(論文)
(1) Nobuchika Ozaki, Noboru Wakita, Kyozo Inoue, Akitoshi Yamada
Brown-Sequard syndrome after thoracic endovascular aortic repairInteractive
CardioVascular and Thoracic Surgery 10: 148 – 149, 2010
(2)Nobuchika Ozaki, Noboru Wakita, Akitoshi Yamada, Yosuke Tanaka
9
Spontaneous dissection of the splanchnic arteries
Interactive CardioVascular and Thoracic Surgery 10(4): 656 – 658 , 2010
(皮膚科)
(1) 皿山泰子,清水秀樹,他
Ig-A 型単クローン性免疫グロブリン血症に伴った血管浮腫の1例
皮膚科の臨床:52(3):393-397,2010
(耳鼻咽喉科)
(1) 細見慶和
顔面神経高度麻痺後不全治癒症例における病的共同運動に対してリハビリ並びに QOL
改善のためのボツリヌス毒素製剤を複数回使用した経験
Multiple use of Botulinum Toxin for Patients Showing Incomplete Healing with
Pathological Synkinesis after Facial Nerve Palsy in order to Achieve Good Imaging
for Rehabilitation and to Improve Q.O.L.
Facial nerve research 29: 130- 133, 2010
10
3. 学会,研究会など発表
RCRC Rosai Case Report Conference あの症例どうなったカンファレンス
(地域医療推進室)
第一回 RCRC
2010 年1月
症例1:南 尚希
(消化器科)
さば生寿司摂取後に生じたイレウスの一例
症例2:松尾圭朗
(内科,呼吸器科)
喀血を主訴に紹介して頂いた一例
症例3:田中伸明 (内科,循環器科)
検診にて陳旧性心筋梗塞を指摘された一例
症例4:瀧口純司 (内科,呼吸器科)
呼吸困難,胸水にて紹介して頂いた一例
症例5:粟田梨愛 (内科,循環器科)
労作時呼吸困難を主訴に紹介して頂いた一例
第二回 RCRC
2010 年 9 月
症例1:河相優 (内科,循環器科)
高齢者心不全の二症例
症例2:粟田梨愛 (内科,循環器科)
Wide QRS tachycardia の一例
症例3:脇田 昇 (心臓血管外科)
発症時期が不明であった解離性胸部大動脈瘤
症例4:瀧口純司 (内科,呼吸器科)
両肺に多発浸潤影を認めた一例
症例 5:玉川杏奈 (内科,呼吸器科)
喀血と慢性咳嗽を認めた一例
症例6:白岩 浩 (外科)
血糖コントロール不良を契機に発見された高齢者膵癌の手術症例
症例 7:吉見健太郎 (消化器科)
黄疸を主訴に紹介して頂いた一例
KHC Kobe Heart Conference
(1)河相優
2010 年 2 月
脳膿瘍,脾梗塞を合併した感染性心内膜炎の一例
(2)田中聡一
2010 年 3 月
高度房室ブロックの一例
(3)河相 優
2010 年 4 月
救急搬送にて緊急入院し,救命し得た高齢者心不全の一例
(4)眞弓周子
2010 年 5 月
心室細動により心肺停止により発症した急性下壁心筋梗塞の一例
(5)中田一弥
2010 年 6 月
LMT-LAD-Cx 分岐部病変に対して PCI を施行した慢性腎不全の一例
(6)山崎晴菜
2010 年 6 月
非典型的心電図経過をきたした超高齢者虚血性心疾患の一例
(7)須藤洋崇
2010 年 7 月
高度な肺高血圧を呈した慢性閉塞性肺疾患の一例
11
神戸赤十字病院
三菱神戸病院
神戸労災病院
神鋼病院
武田製薬会議室
武田製薬会議室
三菱神戸病院
(8)粟田梨愛
2010 年 9 月 神戸労災病院
治療に難渋した心房粗動の一例
(9)山本舞
2010 年10 月神戸赤十字病院
DIC を伴った巨大腹部大動脈瘤の一例
(10)山崎晴菜
2010 年 11 月 神戸労災病院
肺炎の治療中に発見された無症候性肺動脈血栓塞栓症を伴う下大静脈血栓症の一例
(内科1),循環器科2))
(1)Ozawa T1), Inoue N2), Mori T, Tanaka N, Kondo K, Isaka D, Domoto K1), Oda A2),
Inamoto S, Kazuo Onishi K1)
Examination of Superiority of Drug-Eluting Stent over Bare-Metal Stent on
Angiographic Outcomes and Survival in Hemodialysis Patients
第 74 回 日本循環器学会 学術集会
2010 年3月 京都
1)
2)
(内科 ,循環器科 )
(2)河相 優,粟田梨愛,瀧口純司,森健茂,則定加津子,伊阪大二,小澤 徹,
堂本康治,小田明彦,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
超高齢者心不全症例の臨床像の検討
第 58 回 日本心臓病学会
2010 年 9 月 東京
(内科 1),呼吸器科 2))
(3)岡村佳代子,瀧口純司 1),坂本浩一,橋本由香子 2),大西一男 1)
間質性肺疾患における抗ロイコトルエン薬の有効性の検討
第 50 回 日本呼吸器学会 学術講演会
2010 年 4 月 京都
(内科)
(4)粟田梨愛,稲本真也,河相優,玉川杏奈,山崎晴菜,瀧口純司,森 健茂,西海智子,
岡村佳代子,坂本浩一,小澤徹,伊阪大二,堂本康治,小田明彦,橋本由香子,井上
信孝,大西一男
粘液水腫性昏睡をきたした慢性腎不全の一例
第 55 回 日本透析医学会 学術集会・総会
2010 年6月 神戸
(内科)
(5)森 健茂,稲本真也,瀧口純司,坂本浩一,小澤 徹,伊阪大二,堂本康治,
小田明彦,橋本由香子,井上信孝,大西一男,和田秀樹,新藤通子,古沢光恵,
張莉恵
透析患者に発症し,保存的治療で治癒し得た気腫性腎盂腎炎の一例
第 55 回 日本透析医学会 学術集会・総会
2010 年6月 神戸
(内科 1),循環器科 2))
(6)中田一弥,小澤 徹,伊阪大二,堂本康治,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
LMT‐LAD‐Cx 分岐部に留置した DES の回旋枝起始部に再狭窄を来した透析症例
第 192 回 日本内科学会 近畿地方会
2010 年 9 月 大阪
(内科)
(7)宮本千文,河相 優,瀧口純司,森 健茂,坂本浩一,稲本真也,井上信孝,
大西一男
急性呼吸不全を呈した Prader-Willi 症候群の一例
第 193 回 日本内科学会 近畿地方会
2010 年 12 月 神戸
1)
1)
(内科 ,病理診断科 )
(8)全身性単純ヘルペスウイルス感染症の 1 剖検例
河相 優,瀧口純司,粟田梨愛,森 健茂,堂本康治,稲本真也 1),出射由香 2) ,
12
井上信孝,大西一男 1)
第 193 回 日本内科学会 近畿地方会
2010 年 12 月 神戸
(内科 1),循環器科 2))
(9)粟田梨愛,瀧口純司,田中伸明,森 健茂,近藤健介,小澤 徹,伊阪大二,
堂本康治,小田明彦,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
大伏在静脈グラフトを責任冠動脈とする急性冠症候群の一例
第 109 回 日本循環器学会 近畿地方会
2010 年 6 月 大阪
1)
2)
(内科 ,循環器科 )
(10)瀧口純司,伊阪大二,稲本真也,粟田梨愛,田中伸明,森 健茂,近藤健介,
小澤 徹,堂本康治,小田明彦,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
LAD-Cx 分離開口の診断に MDCT 及び IVUS が有用であった労作性狭心症の一例
第 109 回 日本循環器学会 近畿地方会 2010 年 6 月 大阪
(内科 1),循環器科 2),神戸大学循環器内科 3))
(11)森 健茂 ,小澤 徹,伊阪大二,堂本康治,小田明彦,稲本真也,井上信孝 2),
大西一男 1),福沢公二,吉田明弘 3)
フレームシフト変異が同定された先天性QT延長症候群の1例
第 109 回 日本循環器学会 近畿地方会
2010 年 6 月 大阪
1)
2)
(内科 ,循環器科 )
(12)森 健茂 1),乙井一典 2),河相 優,山崎晴菜,粟田梨愛,瀧口純司,伊阪大二,
小澤 徹,堂本康治,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
冠動脈病変とラクナ梗塞の臨床的検討
第 110 回 日本循環器学会 近畿地方会
2010 年 11 月 京都
(内科 1),循環器科 1))
(13)玉川杏奈 1),乙井一典 2),河相優,山崎晴菜,瀧口純司,粟田梨愛,森 健茂,
伊阪大二,小澤 徹,堂本康治,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
拘束型拡張障害を呈したミトコンドリア心筋症の一例
第 110 回 日本循環器学会 近畿地方会
2010 年 11 月 京都
1)
2)
(内科 ,呼吸器科 )
(14)瀧口純司,坂本浩一,岡村佳代子 1),橋本由香子 2),大西一男 1)
健康食品による薬剤性肺障害の一例
第75回日本呼吸器学会/第105回日本結核病学会・近畿地方会
2010年12月 大阪
1)
2)
(内科 ,呼吸器科 )
(15)岡村佳代子,瀧口純司 1),坂本浩一,橋本由香子 2),大西一男 1)
ゲフィチニブ投与中に肝障害をきたし,エルロチニブに変更後,治療を継続し得た一
例
第76回日本呼吸器学会/第106回日本結核病学会近畿地方会
2010年12月 大阪
(内科 1),循環器科 2))
(16)小澤 徹,森 健茂,伊阪大二,堂本康治,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
回旋枝-対角枝の Sequential 吻合の SVG を用いた Retrograde Approach via Graft
法により救命しえたグラフト不全症例
2010 TOPIC
2010 年 7 月 東京
1)
2)
3)
(内科 ,呼吸器科 ,看護部 )
(17)稲本真也 1),橋本由香子 2),鈴木千史,富満由里子 3),大西一男 1)
神戸労災病院における新型インフルエンサ A/H1N1 の診療に対する取り組み;一般
病院の立場から
第58回日本職業・災害医学会学術集会
2010 年 11 月 千葉
13
(内科 1),病理診断科 2))
(18)田中聡一,森 健茂,稲本真也,井上信孝 1),出射由香 2),大西一男 1)
腸腰筋膿瘍,化膿性脊椎炎及び硬膜外内膿瘍を呈した MRSA 敗血症の一剖検例
第58回日本職業・災害医学会学術集会
2010 年 11 月 千葉
(内科 1),病理診断科 2))
(19)瀧口純司,坂本浩一,岡村佳代子,稲本真也,井上信孝 1),出射由香 2),
橋本由香子,大西一男 1)
線維形成型中皮腫の一剖検例
第58回日本職業・災害医学会学術集会
2010 年 11 月 千葉
(内科)
(20)粟田梨愛,稲本真也,井上信孝,大西一男
中枢性尿崩症患者に炭酸リチウム中毒を合併した一症例
第58回日本職業・災害医学会学術集会
2010 年 11 月 千葉
1)
2)
3)
(内科 ,循環器科 ,心臓血管外科 )
(21)森 健茂 ,小澤徹,伊阪大二,堂本康治,小田明彦,稲本真也 1),井上信孝 2),
大西一男 1),尾崎喜就,脇田 昇 3)
術中肺静脈隔離術を施行した僧帽弁狭窄症の一例
神戸心疾患セミナー
2010 年 2 月 神戸
(内科)
(22)宮本千文,瀧口純司,坂本浩一,稲本真也,井上信孝,大西一男
急性呼吸不全を呈した Prader-Willi 症候群の一例
第 4 回 神戸内科学セミナー
2010 年 11 月 神戸
(内科 1),循環器科 2))
(23)河相 優,粟田梨愛,瀧口純司,田中伸明,森 健茂,近藤健介,伊阪大二,
小澤 徹,堂本康治,小田明彦,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
本院における高齢者心不全症例
第 12 回 神戸大学循環器・呼吸器研修医勉強会
2010 年 6 月 神戸
1)
2)
(内科 ,循環器科 )
(24)河相 優,粟田梨愛,瀧口純司,田中伸明,森 健茂,近藤健介,伊阪大二,
小澤 徹,堂本康治,小田明彦,稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
救急搬送にて緊急入院し,救命し得た超高齢者心不全の症例の検討
第 13 回二次救急輪番制専門部会循環器疾患の会
2010 年 3 月 神戸
(内科 1),循環器科 1))
(25)田中伸明,粟田梨愛,河相優,瀧口純司,森健茂,近藤健介,伊阪大二,小澤 徹,
堂本康治,小田明彦 2),稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
大伏在静脈グラフトを責任病変とする急性冠症候群の一例
第 30 回 Kobe CVC 2010 年 2 月 神戸
(内科 1),循環器科 2))
(26)井上信孝 1),河相優,大西一男 1)
本院における超高齢者心不全の臨床的検討
中央区医師会学術講演会
2010 年 9 月 神戸
(循環器科)
(27)井上信孝
脂質管理と動脈硬化性心血管病
第 1 回 East Kobe Circulation Club
2010 年 6 月 神戸
(循環器科)
14
(28)井上信孝
Stress Cardiology と血管内皮
第 9 回広島内皮機能研究会
2010 年 5 月 広島
(循環器科)
(29)井上信孝
ストレスと ARB
中央区医師会 ARB フォーラム
2010 年 9 月 神戸
(循環器科)
(30)井上信孝
座長:酸化ストレス (臨床)
第 33 回 日本高血圧学会 2010 年 10 月 福岡
(国立循環器病研究センター研究所 1),循環器科 2))
(31)Okamura T1), Inoue N2), 他
The effect of LOX-1 and LOX-1 ligands containing ApoB on the incidence of coronary
heart disease and stroke in an 11-year population-based cohort study: The Suita
study
第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会
2010年2月 愛知
1)
2)
(福島県立医科大学医学部循環器血液内科学講座 ,循環器科 )
(32)杉本浩一,石橋敏幸1),井上信孝2),他
RhoA・Rac1活性化を介する酸化LDLによる血管内皮細胞機能不全の新しい分子機序:
MT1-MMPの関与
第39回日本心脈管作動物質学会
2010年2月 愛知
(消化器科)
(1) 藤原 薫,南 尚希,的場是篤,山東功佳, 久保公了,岩越一彦
保存的に治療しえた肝膿瘍および腹腔内膿瘍の1例
第 96 回日本消化器病学会総会
2010 年 4 月 新潟
(2) 南 尚希,久保公了, 藤原 薫,的場是篤,山東功佳,岩越一彦
腸重積を契機に発見された回盲部脂肪過形成の一例
第 96 回日本消化器病学会総会
2010 年 4 月 新潟
(3) 久保公了, 南 尚希,藤原 薫,的場是篤,山東功佳,岩越一彦
一般市中病院におけるESDの導入成績と現状
第 96 回日本消化器病学会総会
2010 年 4 月 新潟
(4)山東功佳,松尾圭朗,南 尚希,藤原 薫,的場是篤, 久保公了,岩越一彦
繰り返す胃出血性病変に対しEVL(内視鏡的静脈瘤結紮術)を施行した Osler-WeberRendu 病の一例
第 79 回日本消化器内視鏡学会総会
2010 年 5 月 東京
(外科)
(1)
阪田和哉,山本正博,小塚雅也,金丸太一,佐溝政広,高瀬功三,森 至弘
当院における急性虫垂炎クリニカルパスの現状と DPC
15
平成21年度全国労災病院外科研究会
(2)
2010 年1月 川崎
森 至弘,高瀬功三,佐溝政広,金丸太一,山本正博
穿孔性腹膜炎をきたした空腸憩室の 1 例
日本消化器病学会近畿支部第 92 回例会
(3)
2010 年 2 月 大阪
高瀬功三
単孔式内視鏡下胆嚢摘出術∼当院での工夫∼
第 11 回 Kobe Endscopic High Technology Conference
(4)
2010 年 3 月 神戸
高瀬功三
「SILS 臨床の実際」∼安全な導入のために∼
第 3 回兵庫 SILS セミナー
1)
2010 年 6 月 神戸
2)
(外科 ,病理診断科 )
(5)
小塚雅也1),阪田和哉,山本正博,金丸太一,佐溝政広,高瀬功三,森 至弘,
出射由香2)
腹部膨満感を主訴とした後腹膜 paraganglioma の1切除例
第 185 回近畿外科学会
2010 年 6 月,神戸
(外科1),放射線科2))
(6)
岡本光平1),高瀬功三,小塚雅也,森 至弘,阪田和哉,佐溝政広,金丸太一,
山本正博,小島芳夫2)
診断に thin slice CT が有用であった横行結腸憩室炎の 1 例
第 65 回日本消化器外科学会総会
(7)
2010 年 7 月 下関
高瀬功三,小塚雅也,椋棒英世,佐溝政広,山本正博,金丸太一
当院での単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術(TANKO-LC)の工夫
第 2 回単孔式内視鏡外科手術研究会
(8)
2010 年 8 月
東京
2010 年 9 月
神戸
高瀬功三,小塚雅也,椋棒英世,山本正博
当院での単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術
第 20 回阪神内視鏡手術勉強会
(9)
湯地大輔,高瀬功三,小塚雅也,佐溝政広,山本正博,出射由香
胃癌原発の播種性骨髄癌症の 3 例
第 8 回日本消化器外科学会大会(JDDW2010)
2010 年 10 月 横浜
(10) 高瀬功三,金丸太一,小塚雅也,佐溝政広,山本正博
腹腔鏡下胃全摘後の再建における経口アンビル(OrVil)使用の工夫
第 23 回日本内視鏡外科学会総会
2010 年 10 月 横浜
(11) 高瀬功三,小塚雅也,椋棒英世,佐溝政広,山本正博,金丸太一
当院での単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術-安全な導入と手技の定型化を目指して第 23 回日本内視鏡外科学会総会
2010 年 10 月 横浜
16
(12) 小塚雅也,高瀬功三,椋棒英世,佐溝政広,山本正博
緊急にて腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しえた気腫性胆嚢炎の1例
第 23 回日本内視鏡外科学会総会
2010 年 10 月 横浜
(13) 中田一弥,椋棒英世,高瀬功三,小塚雅也,中村吉貴,佐溝政広,白岩 浩,山本正
博,吉見健太郎,久保公了
腹腔鏡補助下に切除し得た魚骨による急性腹症の 1 例
中央区医師会学術集談会
1)
2010 年 10 月
神戸
2)
(外科 ,病理診断科 )
(14) 小塚雅也1),高瀬功三,椋棒英世,中村吉貴,佐溝政広,白岩 浩,山本正博,
出射由香 2)
盲腸原発内分泌細胞癌の 1 例
第 188 回近畿外科学会
2010 年 11 月
大阪
(15) 小塚雅也,高瀬功三,椋棒英世,佐溝政広,山本正博
緊急にて腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しえた気腫性胆嚢炎の1例
第 18 回神戸胆道疾患研究会
2010 年 11 月
神戸
(整形外科)
(1) 鷲見正敏
RA 頚椎病変に対する後頭脊椎固定術の適応とその問題点
第 5 回 Authentic Spinal Surgeon Summit
2010 年 3 月 東京
(2) 金谷貴子,山崎京子
重症手根管の手根管開放術後 2 年経過例における電気生理学的回復についての検討
第 53 回日本手の外科学会
2010 年 4 月 新潟
(3) 松崎時夫,金村在哲,鷲見正敏,笠原孝一,高畑正人,矢野智則,金山修一,平田裕
亮
腰椎手術術後における腰痛の解析 −棘突起縦割式後方除圧術術後の腰痛
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
(4) 金山修一,鷲見正敏,笠原孝一,金村在哲,高畑正人,矢野智則,平田裕亮,松崎時
夫
頚椎術後分節性上肢麻痺の臨床経過とその病態
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
(5) 由留部崇,鷲見正敏,他
RA 頚椎不安定性の発生とその重症化 ―不安定性を認めない症例に対する前向き追跡
調査―
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
17
(6) 高畑正人,鷲見正敏,笠原孝一,金村在哲,矢野智則,金山修一,平田裕亮,松崎時
夫
頚椎後方広範囲固定術における中・下位頚椎 tri-cortical transzarticular screw の
有用性
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
(7) 乾 義弘,鷲見正敏,他
頚椎症性筋萎縮症に対する手術的治療の臨床成績(特に,術後筋力回復に要する期間
についての検討)
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
(8) 平田裕亮,深瀬直政,鷲見正敏,笠原孝一,金村在哲,高畑正人,矢野智則,金山修
一,松崎時夫,他
遠位型頚椎症性筋萎縮症の病態
―保存的治療成績からの分析―(シンポジウム)
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
(9) 宮本裕史,鷲見正敏,他
局所後弯を伴う頚椎症性脊髄症に対して施行した後方単独除圧矯正固定術のピットフ
ォールと合併症
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
(10) 金村在哲,松崎時夫,鷲見正敏,笠原孝一,高畑正人,矢野智則,金山修一,平田裕
亮
腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式後方除圧術の治療成績
第 39 回日本脊椎脊髄病学会
2010 年 4 月 高知
(11) Masatoshi Sumi, Shuichi Kaneyama, Teppei Suzuki, Takako Kanatani
Clinical course and prognosis of mild-extent cervical spondylotic myelopathy (CSM)
without surgical treatment.(Symposium; Cervical myelopathy-pathology, natural
course, and treatment)
1st Annual Meeting of CSRS Asia Pacific Section
April,2010 Kobe, Japan
(12) Hiroshi Miyamoto, Masatoshi Sumi, et al
Complications of posterior reconstruction surgery for the cervical spine using
modern screw-rod system.
1st Annual Meeting of CSRS Asia Pacific Section
April,2010 Kobe, Japan
(13) Shuichi Kaneyama, Masatoshi Sumi, Takako Kanatani, Koichi Kasahara, Aritetsu
Kanemura, Masato Takabatake, Tomonori Yano
Clinical prognosis of postoperative segmental motor palsy as a complication of
cervical spine surgery.
1st Annual Meeting of CSRS Asia Pacific Section
(14) Yoshihiro Inui, Masatoshi Sumi, et al
18
April,2010 Kobe, Japan
Clinical outcomes of surgical treatment for cervical spondylotic amyotrophy and
factors relating to the prognosis.
26th Annual Meeting of the CSRS-European Section
May,2010
Corfu,
Greece
(15) Shingo Miyazaki, Masatoshi Sumi, et al
Outcome of palliative surgery using posterior screw-rod system for metastatic spinal
tumor with special reference to cervical lesion. Is posterior reconstruction surgery
alone good enough for disease?
26th Annual Meeting of the CSRS-European Section
May,2010
Corfu,
Greece
(16) Hiroshi Miyamoto, Masatoshi Sumi, et al
Complications of posterior reconstruction surgery for the cervical spine using modern
screw-rod system.
26th Annual Meeting of the CSRS-European Section
May,2010 Corfu, Greece
(17) Shuichi Kaneyama, Masatoshi Sumi, Takako Kanatani, Koichi Kasahara, Aritetsu
Kanemura, Masato Takabatake, Tomonori Yano
Prospective study and multivariate analysis of the incident of C5 palsy after cervical
laminoplasty.
26th Annual Meeting of the CSRS-European Section
May,2010 Corfu, Greece
(18) Shuichi Kaneyama, Masatoshi Sumi, Takako Kanatani, Koichi Kasahara, Aritetsu
Kanemura, Masato Takabatake, Tomonori Yano
Clinical prognosis of postoperative segmental motor palsy as a complication of
cervical spine surgery.
26th Annual Meeting of the CSRS-European Section
May,2010 Corfu, Greece
(19) 高畑正人,鷲見正敏
頚胸椎後縦靭帯骨化症術後に両下肢麻痺をきたした1例
第 43 回脊椎外科同好会
2020 年 8 月 新潟
(20) 金村在哲,松崎時夫,鷲見正敏,笠原孝一,高畑正人,矢野智則,金山修一
腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式後方除圧術の治療成績
第17回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
2010 年 9 月 横浜
(21) 鷲見正敏
RA 頸椎病変に対する治療方針 −歴史的変遷と最近の考え方ー
第 18 回西部脊椎・脊髄疾患カンファレンス
2010 年 10 月 姫路
(22) Takako Kanatani, Kyoko Yamasaki, et al
The usefulness of distal motor latency measurement after palmar stimulation for
advanced carpal tunnel syndrome.
19
11Th IFSSH
Nov.2010, Seoul,Korea
(23) Takako Kanatani, Kyoko Yamasaki, et al
Electrophysiogical recovery in advanced carpal tunnel syndrome after carpal
tunnel release: 2 years follow up.
11Th IFSSH
Nov.2010, Seoul,Korea
(24) 鷲見正敏
(シンポジウム)RA 頚椎病変に対する考え方とその対処法
−整形外科医の立場からー
第 25 回日本臨床リウマチ学会
2020 年 11 月 東京
(25) Takashi Yurube, Masatoshi Sumi, et al
The Occurrence and Aggravation of Cervical Spine Instabilities in Rheumatoid
Arthritis (RA) -A Prospective Five-Year Follow-Up Study in Patients without
Initial Instability38th Annual Meeting of CSRS
Des.2020, Charlotte,
USA
(26) Hiroshi Miyamoto, MasatoshiSumi, et al
Complications of Posterior Reconstruction Surgery for the Cervical Spine Using
Modern Screw-Rod System.
38th Annual Meeting of CSRS
Des.2020, Charlotte,
USA
(心臓血管外科)
(1) 井上享三
PAD の治療̶血管外科の立場からー
第2回神戸PADフォーラム
2010年3月
神戸
(2) 山田章貴,田中陽介,井上享三,尾崎就喜,脇田 昇
重症虚血肢の治療方針̶血管内治療と外科治療
第110回日本外科学会総会
2010年4月
名古屋
(3) 脇田 昇
下肢閉塞性動脈硬化症のガイドラインによる治療戦略ー血管診療医としての挑戦ー
神戸PADプライマリケア勉強会
2010年4月
神戸
(4) 石川浩之,田中陽介,井上享三,尾崎喜就,脇田 昇
胸腺原発 large cell neuroendocrine carcinoma の一切除例
第 27 回日本呼吸器外科学会総会
2010 年 5 月 仙台
(5) 井上享三
Excluder 使用について(症例提示,手術指導)
Gore Excluder Workshop
2010 年 6 月 神戸
20
(6) 井上享三
PAD の診断と治療̶インターベンションと外科治療についてー
神崎郡医師会学術講演会
2010 年 7 月 姫路
(7) 井上享三
当院における閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療の現状
第 16 回日本血管内治療学会
2010 年 7 月 名古屋
(8) 井上享三
大動脈瘤ステントグラフト術
東海メディカル(株)社内カンファレンス
2010 年 8 月 大阪
(9) 脇田 昇,西岡成知,石川浩之,田中陽介,井上享三,尾崎喜就
発症時期のはっきりしない解離性胸部大動脈瘤
第2回 RCRC
2010 年 9 月 名古屋
(10) 脇田 昇,西岡成知,石川浩之,田中陽介,井上享三,尾崎喜就
下肢虚血に対する Hybrid 治療 本院における distal bypass の手技について
第5回末梢血管外科の治療戦略を考える会
2010 年 9 月
大阪
(11) 西岡成知,井上享三,石川浩之,田中陽介,尾崎喜就,脇田 昇
当科における Gore TAG を用いた TEVAR の初期成績
第51回日本脈管学会総会
2010年10月
旭川
(12) 石川浩之,田中陽介,井上享三,尾崎喜就,脇田 昇
QFT 陽性を示し,診断に苦慮した術後 13 年目発症の甲状腺癌多発肺転移の一例
第 51 回日本肺癌学会
2010 年 11 月
広島
2010 年 11 月
神戸
(13) 脇田 昇,石川浩之,田中陽介,井上享三,尾崎喜就
外来で診る深部静脈血栓症
第 63 回兵庫県医師会設立記念医学会
(14) 田中陽介,西岡成知,石川浩之,井上享三,尾崎喜就,脇田 昇
乳頭筋断裂に対し僧帽弁形成術を施行した 1 手術例
第 50 回神戸心臓外科研究会
2010 年 11 月
神戸
(15) 田中陽介,西岡成知,石川浩之,井上享三,尾崎喜就,脇田 昇
全大動脈置換を行った 1 例
第 56 回兵庫県心臓外科懇話会
2010 年 11 月
神戸
2010 年 11 月
神戸
2010 年 11 月
神戸
(16) 脇田 昇
下肢の創傷,皮膚病変をもたらす末梢血管疾患
第 91 回兵庫県皮膚科医会総会
(17) 井上享三
Zenith 使用について(症例提示,手術指導)
Cook Zenith Workshop
21
(18) 井上享三
Excluder 使用について(症例提示,手術指導)
Gore Excluder Workshop
2010 年 12 月
神戸
(麻酔科)
(1)狐塚久美子,裏辻悠子,末原知美,入江 潤,伊福弥生,森川 修,河野泰大
後頭ー頚椎後方固定術直後に上気道閉塞をきたした 3 症例
第 30 回日本臨床麻酔学会総会
2010 年 11 月
徳島
(2)河野泰大,入江 潤,裏辻悠子,末原知美,伊福弥生,森川 修,狐塚久美子
人工心肺下冠動脈バイパスグラフト術中の血糖値へのレミフェンタニルの影響
第 30 回日本臨床麻酔学会総会
2010 年 11 月
徳島
(3)O. Morikawa, O. Kinosita, Y. Uratsuji, J. Irie, et al.
Dual lead spinal cord stimulator for unilateral pain- the distance between two
electrode arrays changes the electricl field.
IARS( International Anesthesia Research Society) 2010 annual meeting
2010. Mar Hawaii
(耳鼻咽喉科)
(1) 細見慶和
顔面痙攣をともなった中耳真珠腫の一症例
第 33 回日本顔面神経研究会
2010 年 5 月
福岡
(皮膚科)
(1) 皿山泰子
講演 皮膚科医による下肢静脈瘤硬化療法の実際
第 109 回日本皮膚科学会総会モーニングセミナー
2010 年 4 月 大阪
(2) 中野英司,山下純史,西川里香,松永亜紀子,皿山泰子,清水秀樹
重症壊疽を伴った重症虚血肢に対する集学的救肢の1例
第10回東灘区病診連携学術集談会
2010年2月 神戸
(3) 中野英司,山下純史,西川里香,松永亜紀子,皿山泰子,清水秀樹
重症壊疽を伴った重症虚血肢に対する集学的救肢の1例
第13回神戸Podiatryミーティング
2010年3月 神戸
(4) 中野英司,山下純史,西川里香,松永亜紀子,皿山泰子,清水秀樹
重症壊疽を伴った重症虚血肢に対する集学的救肢の1例
第109回日本皮膚科学会総会
2010年4月 大阪
(5) 中野英司,山下純史,西川里香,松永亜紀子,皿山泰子,清水秀樹
重症壊疽を伴った重症虚血肢に対する集学的救肢の1例
22
第2回日本下肢救済・足病学会
1)
2010年4月 東京
2)
(皮膚科 ・心臓血管外科 )
(6) 中野英司,西川里香,広本敦子,皿山泰子1),脇田 昇2),他
粒子線照射後の胸壁潰瘍に対し胸壁再建を行った1例
第25回日本皮膚外科学会
2010年9月 大分
(7) 廣本敦子,小川 聡,中野英司,皿山泰子,他
当院での難治性足潰瘍における MRI,骨病理組織所見の検討
第 61 回日本皮膚科学会中部支部学術大会
2010 年 9 月 大阪
(8) 小川 聡,田井志正,廣本敦子,皿山泰子
当院におけるV.A.C.ATS®治療システムの使用経験
第 422 回日本皮膚科学会大阪地方会
2010 年 12 月 大阪
(栄養管理部1),内科2),循環器科3),リハビリテーション科 4))
(1)久永 文1),堂本康治 2),福島幸子1),枝廣由季子 1),濱岡 健,安永雅年 4),
稲本真也 1),井上信孝 2),大西一男 1)
当院における外来心臓リハビリテーション導入による身体的変化及び食習慣改善効
果
第 16 回 日本心臓リハビリテーション学会
2010 年 7 月 鹿児島
(薬剤部)
(1)赤坂寛子、明谷早苗、但馬慶子、先崎健造、井原加代子、関 恭子、溝口貴幸、
長田知子、鹿間良弥、井上隆至、白石幸成
当院薬剤部における注射箋鑑査の取り組み
近畿・中・四国ブロック労災病院薬剤部会
2010 年 7 月
愛媛
(2)関 恭子、明谷早苗、赤坂寛子、但馬慶子、先崎健造、井原加代子、溝口貴幸、
長田知子、鹿間良弥、井上隆至、白石幸成
がん専門薬剤師の立場から∼Oxaliplatin のアレルギー症状に関する多施設共同研究
より∼
第 17 回薬と医療シンポジウム
2010 年 8 月
大阪
(3)赤坂寛子、明谷早苗、但馬慶子、先崎健造、井原加代子、関 恭子、溝口貴幸、
長田知子、鹿間良弥、井上隆至、白石幸成
当院薬剤部における注射箋鑑査の取り組み
第 20 回日本医療薬学会年会
2010 年 11 月 千葉
(リハビリテーション科)
(1)濱岡 健
当院における心臓リハビリテーション ∼現状と立ち上げ後、2 年間における取り組
23
みについて∼
第 4 回兵庫心臓リハビリテーション研究会
2010 年 3 月 神戸
(2)濱岡 健
当院における心臓リハビリテーションの紹介
第 40 回全国労災病院リハビリテーション技師会全国研修会
2010 年 10 月 大阪
(3)松村智宏
橈骨遠位端骨折について
神戸ハンドリハビリテーション研究会
2010 年 7 月 神戸
(看護部)
(1) 赤崎京子,植岡康恵子
看護師の職業継続に関する要因の実態調査
第 41 回日本看護管理会
1)
2)
2010 年 10 月 新潟
3)
4)
(看護部 ,内科 ,循環器科 ,リハビリテーション )
(1)片山裕子1),堂本康治2),森田康介1),前田典子,腹巻久乃,小林裕美,杉本初枝,
森本みどり,濱岡 健4),安永雅年,稲本真也2),井上信孝3),大西一男2)
入院心臓リハビリテーション導入による不安と抑うつ状態の変化に関する検討
第 16 回 日本心臓リハビリテーション学会
2010 年 7 月 鹿児島
24
4.院内研究会,勉強会など
第 15 回中央区・灘区医師会―神戸労災病院交流会
2010 年 7 月 大会議室
①西海智子(糖尿病内科)
糖尿病院指導と教育入院について
②笠原孝一(整形外科部長)
当院における人工関節手術について
③小島芳夫(放射線科部長)
このような症例がありました
勤労者予防セミナー
第1回
平成22年度(2010 年 4 月∼2011 年 3 月)
4/24(土)10:00∼
・血管をしなやかに 心臓病の予防法∼120 歳まで生きるすべ∼
講師;井上信孝(循環器科)
第2回
5/29(土)10:00∼(
・精神的ストレスと発散方法∼あなたはうつではありませんか?∼
講師;植村太郎(精神科・心療内科)
第3回
6/26(土)11:00∼
・メタボリックシンドロームとは?
講師;大西一男(勤労者予防医療部) 食事指導;久永文(栄養管理室)
第4回
7/24(土)
・糖尿病の基礎知識と治療法
講師;西海智子(糖尿病内科) 食事指導;久永文(栄養管理室)
第5回
9/25(土)
・悪玉コレステロールと動脈硬化
講師;大西一男(勤労者予防医療部) 食事指導;久永文(栄養管理室)
第6回
10/23(土)
・肥満,糖尿病と合併症について
講師;西海智子(糖尿病内科)
第7回
塚原祐子(眼科)
11/20(土)
・内視鏡によるがん検診のすすめ
講師;久保公了(消化器科)
第8回
1/29(土)
食事指導;久永文(栄養管理室)
・膝痛の知識と解消法
講師;山崎京子(リハビリテーション科) 運動指導;リハビリテーション科
第9回
2/19(土)
・高血圧について
講師;大西一男(勤労者予防医療部) 食事指導;久永文(栄養管理室)
25
第10回 3/12(土)
・肺の病気とタバコの害∼禁煙のすすめ∼
講師;坂本浩一(呼吸器内科)
第15回神戸労災病院院内学術大会
開会
2010 年6月 大会議室
(9:00∼9:05)
(副院長)岩越一彦
一般演題(1)
(9:05∼9:41)
座長(消化器科) 吉見健太郎
認定4分野からの患者アセスメントーマルファン症候群で 8 回目の緊急手術を行った
1
患者へのケアー
(看護部・集中ケア認定看護師)蔭山陽子
2
頸動脈エコー検査のスキルチェック結果報告
(検査科)三村啓子
3
当院における心臓リハビリテーションの紹介 (リハビリテーション科)濱岡 健
4
β2 受容体刺激薬内服において必要インスリン単位を増量させた一例
(薬剤部)鹿間良弥
一般演題(2)
(9:41∼10:08)
5
座長(内科)
山崎晴菜
診断・治療に苦慮した Vogt-小柳-原田病の一例
(臨床研修医1),眼科2))高田絵美1),他
6
当院で施行している超音波ガイド下神経ブロックについて
(臨床研修医,麻酔科2))野田奈穂子,他
当院で経験したアルコール性ケトアシドーシスの 5 例
7
(臨床研修医1),内科2))田中聡一1),他
教育講演(1)
(10:08∼10:30)
1
座長(糖尿病内科)
玉川杏奈
糖尿病患者教育と称して,医師は何をしようとしているのか?
(糖尿病内科)西海智子
閉会
(10:30∼)
(院長)石川 齊
第16回神戸労災病院院内学術大会
開会
2010 年 12 月 大会議室
(9:00∼9:05)
(副院長)岩越一彦
一般演題(1)
(9:05∼9:41)
1
座長(看護部) 河村寿子
当院における外来心臓リハビリテーション導入による身体的変化
(心臓リハビリテーションチーム)久永
2
文
3DCT画像の紹介と今後の応用 AquariusNET を使ってみて
(放射線部)山添良二,他
3
看護師の職業継続に関する要因の実態調査
(看護部)赤崎京子
4
薬剤部における注射箋監査の取り組み
(薬剤部)赤坂寛子,他
一般演題(2)
(9:41∼10:17)
5
座長(外科)
椋棒英世
手足口病に合併した急性小脳失調症の 1 例
(臨床研修医1),和歌山労ろうさい病院 小児科2))湯地大輔,他
26
6
出生後より持続的に血尿を呈し新生児の腎静脈血栓症と考えられた一例
(臨床研修医1),和歌山労ろうさい病院 小児科2))松尾圭朗,他
7
非閉塞性腸管虚血症に対し広範囲小腸切除を施行した1例
(臨床研修医1),外科2))青木丈明,他
8
腹腔鏡補助下に切除し得た魚骨による急性腹症の1例
(臨床研修医1),外科2),消化器科3))中田一弥,他
一般演題(1)
(10:17∼11:02)
9
座長(内科) 粟田梨愛
限局性の穿孔性腹膜炎を合併した小腸悪性リンパ腫の1例
(臨床研修医1),消化器科2),外科3),病理診断部4))有吉隆佑,他
10 腹直筋内血腫を発症した C 型肝硬変の1例
(臨床研修医1),消化器科2))丹家元祥,他
11
VCM 漸減長期投与が有効であった再発性偽膜性腸炎の1例
(臨床研修医1),消化器科2))眞弓周子,他
12
劇症 1 型糖尿病の 1 例
(臨床研修医1),内科2))岡本光平,他
13
DICを伴った巨大腹部大動脈瘤の一例
(臨床研修医1),内科2))山本
閉会
(10:53∼)
舞,他
(院長)石川 齊
CPC(臨床病理カンファレンス)
報告者
(病理診断科)
出射由香
アドバイザー (神戸大学分子病理准教授) 北澤荘平
(1)平成 21 年度第 4 回CPC
2010 年 3 月 4 日 大会議室
09-11 不明熱
内科
佐藤千鶴・粟田梨愛
09-17 肺塞栓症疑い
内科
松尾圭朗・岡村佳代子
09-19 胸膜中皮腫
内科
瀧口純司・坂本浩一
(2)平成 22 年度第 1 回CPC
2010 年 6 月 3 日 大会議室
10-01 両側肺炎,線維性胸膜肥厚
内科
瀧口純司
10-02 敗血症
内科
田中聡一・森
(3)平成 22 年度第 2 回CPC
健茂
2010 年 9 月 7 日 大会議室
10-05 腎不全
内科
須藤洋崇・小澤
10-03 ニューモシスチス肺炎
内科
中田一弥・河相 優
10-06 急性呼吸窮迫症候群
内科
真弓周子・河相 優
(4)平成 22 年度第 3 回CPC
10-10 十二指腸癌
2010 年 12 月 2 日
消化器科
10-11 敗血症性ショック
内科
TQM 活動発表会
27
徹
大会議室
吉見健太郎・藤原 薫
山本 舞・山崎晴菜・乙井一典
第 8-1 回神戸労災病院 TQM 活動発表会プログラム
2009 年 6 月 大会議室
大会説明
(17:25∼17:30)
(TQM 推進委員会委員長) 岩越一彦
セクション(1)(17:30∼18:10)
1,マルホ確認し隊(看護部・6階西)
数がそろえば,うれしいな♪
小山亜唯(村田香織,杉森弥生,大村智子,井上香代,小岡愛莉,長谷川香菜子)
2,楽で,安全であり隊(消化器内視鏡センター)
前処置は簡単に,安全に,
岩越一彦(腹巻久乃,村岡美菜子,小野本美幸,原 紀美江,窪田智瑞子,増田聡子)
3,コスト漏れ避け隊(看護部・外来)
救急外来におけるコスト意識への働きかけ
兵頭寿江(柏原溶子,和田京子,小倉しのぶ)
4,喀痰見極め隊(検査科,病理診断科)
喀痰はクオリティーが大切です!
釜田里江(平手ゆかり,水谷恵子,松本省司,石黒健司,高橋浩二,出射由香)
セクション(2)(18:10∼18:40)
5, Nantoka Shi Tai (なんとかし隊)
定期的なラウンドを目指して!
白岩 浩(福嶋幸子,NST委員)
6,スリムになり隊(看護部・手術室)
CABG パック導入による業務改善・コスト削減について
藤原里穂子
7,お知らせシタインジャー(総務課)
院内報を見直そう!
野中保徳(牧之瀬裕子,松本和訓,河原史絵)
講評,会場賞の発表
(院長)石川
齊
第 8-2 回神戸労災病院 TQM 活動発表会プログラム
2009 年 10 月 大会議室
大会説明
(17:25∼17:30)
(TQM 推進委員会委員長) 岩越一彦
セクション(1)(17:30∼18:10)
1,効果的な排液回収への取り組み (看護部・5 階西)
無駄な時間をなくして早く帰り隊 菅麻希(坂田泰代,神橋光佐子,藤原加代子,他)
2,パソコンなんて,へちゃらさ!(情報収集の短縮をめざして) (看護部・5 東病棟)
TEAM 杉本
西村裕美(山本雅子長江夕香,林 宏美,三宅ひと江)
3,誤薬をなくそう (看護部・6 階東)
6階東 薬対策チーム
上田有紀(足立佳世子,岸田瑠衣,中尾康樹)
4,注射なんでヤだ! (中央放射線部,看護部・外来)
薬の入力楽し隊
江籠秀一(赤松寛子,放射線部メンバー,放射線部看護師)
セクション(2)(18:10∼18:40)
5,当院の ICT 活動と今後の課題
(ICT)
ICT
稲本真也(鈴木千史,溝口貴幸,水谷恵子,森 久美子,冨満由里子)
6,オーダリングシステム 導入∼現在,そして電子カルテへ 問題点と改善策 (医事課)
医事課
村上雅彦(新川敏弘,高橋将樹,吉中裕治)
7,人工呼吸器装着患者の安全パトロール (医療安全管理委員会)
レスピレーターこれでいいんかい(委員会)
28
入江 潤(長尾勝美,蔭山陽子,西尾由記子)
(院長)石川 齊
講評,会場賞の発表
第 8-3 回神戸労災病院 TQM 活動発表会プログラム
2010 年 1 月 大会議室
大会説明
(17:25∼17:30)
(TQM 推進委員会委員長) 岩越一彦
セクション(1)(17:30∼18:10)
1,室料差額収入アップを目指して
(会計課)
室料差額収入確保し隊
大木 史(竹内彩乃,大木 史)
2,ケースカンファレンスに参加できなかったスタッフへの理解度のアップを図る (看
護部・3階)
神尾茉衣子(山本聖子,大島梨沙,原 麻由美)
(看護部・4 階西病棟)
堀江瑞希(魚野,竹田,大村,杉浦,鈴木)
(看護部・4 階東)
岡 真琴(作 , 西川, 川井 ,柴田, 廣田)
カンファレンス活性化隊
3,預かり物管理に対する取り組み
ARB48∼忘れ物なくし kids∼
4,Dr 指示を明確に!!
指示簿を見やすくし隊
セクション(2)(18:10∼18:50)
5,これでいいんかい?「きけんぶつ持ち込み」
(リスクマネジメント実行委員会)
リスクマネジメント実行委員会
西尾由記子(リスクマネジメント実行委員会委員)
6,オムツ交換を減らそう!
(褥瘡対策委員会)
良眠守り隊
尾坂(廣本,佐溝,高畑,富満,枝廣,高橋,川田,
桃川,高田,尾形,松田,前田,馬場,香川,笹川)
7,オーダリングシステム上の評価内容の共有への取り組み(リハビリテーション科)
情報共有こだわり隊
池本和子(松村智宏)
8,院外処方箋率アップを目指せ!Part.1 (薬剤部)
院外処方箋増やし隊
但馬慶子(長田知子,明谷早苗)
講評,会場賞の発表
(院長)石川 齊
(内科・循環器科・呼吸器内科)
入退院カンファレンス
毎水日
5 階中会議室
呼吸器カンファレンス
毎火曜日 4 階東カンファレンス室
内科カンファレンス
毎木曜日 5 階中会議室
循環器疾患カンファレンス
毎月曜日 4 階東カンファレンス室
(内科・循環器科・心臓血管外科)
1)RCVC Rosai Cardiovascular Conference
年に 6 回開催
(内科・循環器科・看護部)
2)CNC
Clinical Nurse Conference
月に 2 回(金曜日)開催
4階東病とで,ナースサイドと症例を提示し検討を行っている
3)MHC
Monday Heart Conference
毎週月曜日開催
(内科・循環器科・研修医)
内科スタッフ,研修医での症例検討
29
(糖尿病内科)
糖尿病教室
毎週月曜日 午後3時
糖尿病患者の会「くすのき会」の運営
4階東デイルーム
年2回 食事会など主催
(消化器疾患センター)
(消化器科・外科・病理診断科・放射線科)
消化器疾患カンファレンス
毎月曜日
5東病棟カンファレンス室
毎水曜日
内視鏡室
第1・3木曜日
腹部エコー室
(消化器科)
消化器内視鏡カンファレンス
(消化器科・検査科)
腹部エコー勉強会
(整形外科)
術前症例カンファレンス
毎火曜日 6 階西カンファレンス室
入院症例カンファレンス
毎火曜日 6 階西カンファレンス室
オルト会(病診連携カンファレンス)
隔月木曜日
大会議室
摩耶整形外科病診連携懇話会
隔月木曜日
神戸赤十字病院
神戸脊椎外科カンファレンス
隔月金曜日
神戸医療センター
Kobe Spine Conference for Young Clinicians
隔月木曜日
神戸医療センター
神戸地区症例検討会
隔月木曜日
国際会館
症例・カンファレンス
毎月曜日
小会議室
抄読会
毎火曜日
小会議室
(心臓血管外科)
フットケアカンファレンス
隔週火曜日 中会議室
(麻酔科)
麻酔科抄読会,カンファレンス
毎月曜日
手術室勉強会
適宜
手術室麻酔科医室
(病理診断科)
病理カンファレンス
毎週金曜日
30
病理検査室
(薬剤部)
(1)鹿間良弥
チーム医療を行うにあたり患者さんが教えてくれたこと
第 11 回和歌山糖尿病療養指導セミナー
2010 年 2 月 和歌山
(2)
「新しい経口血糖降下薬 DPP−4 阻害薬の位置づけ」について
薬剤部・中央区・灘区・東灘区調剤薬局勉強会
2010 年 6 月 大会議室
(3)白石幸成
ハイリスク薬について
医薬品安全研修会
2010 年 7 月 大会議室
(4)ヒト GLP-1 アナログ注射製剤について
薬剤部・中央区・灘区・東灘区調剤薬局勉強会
2010 年 8 月 大会議室
(5)鹿間良弥
麻薬・化学療法薬・循環作動薬について
当院看護師勉強会
2010 年 10 月 大会議室
(6)糖尿病治療と指導上のお願い
薬剤部・中央区・灘区・東灘区調剤薬局勉強会
2009 年 12 月大会議室
(リハビリテーション科)
(1)池本和子
実習指導の現状や問題点について
神戸ブロックオープン勉強会
2010 年 4 月 神戸
31
5.診療統計(患者数・手術数など)
(内科・循環器科・呼吸器内科)
(2010 年1月∼12 月)
検査
経胸壁心エコー図
3,466例
経食道心エコー図検査
10例
運動負荷心電図
440例
心筋シンチグラフィー 運動/薬物負荷
242例
安静時
225例
呼吸機能検査
2,092例
気管支鏡検査
73例
胸腔鏡(局所麻酔下)
10例
ポリソムノグラフィー検査
89例
冠動脈造影
407例
電気生理学的検査
6例
治療
冠動脈インターベンション
120例(緊急32例 待機的88例)
POBA
3例
Stent留置
112例
IVUS
48例
Optical Coherence Tomography
30例
心臓リハビリテーション
心肺運動負荷検査
のべ4600 単位
96例
ペースメーカー
新規19例
交換7例
(消化器疾患センター)
上部内視鏡検査数 4,418 件
(2010 年1月∼12 月)
疾患別症例数
食道癌
14 例
食道静脈瘤
127 例
逆流性食道炎
738 例
胃癌(早期)
46 例
胃癌(進行)
26 例
胃潰瘍
290 例
十二指腸潰瘍
十二指腸癌
88 例
1例
吻合部潰瘍
5例
処置別症例数
粘膜切除術(EMR)
5例
粘膜切除術(ESD)
30 例
内視鏡的食道静脈瘤結紮術 12 例
内視鏡的胃瘻造設術
32
40 例
下部内視鏡検査数
2,003 件
(2010 年1月∼12 月)
疾患別症例数
大腸ポリープ
646 例
潰瘍性大腸炎
44 例
大腸癌(早期)
19 例
虚血性腸炎
28 例
大腸癌(進行)
43 例
偽膜性大腸炎
17 例
大腸粘膜下腫瘍
10 例
腸結核
大腸憩室
506 例
大腸癌術後
394 例
粘膜切除術
5例
37 例
処置別症例数
ポリペクトミー
ERCP検査数
130 件
51 例
(2010 年1月∼12 月)
疾患別症例数
1) 腫瘍性疾患
総胆管癌
15 例
肝門部胆管癌
胆嚢癌
5例
Vater 乳頭癌
肝細胞癌
0例
IPMN
膵癌
3例
2例
2例
11 例
2) 良性疾患
総胆管結石
膵炎
傍乳頭憩室
39 例
胆嚢結石
2例
胆道ジスキネジア
16 例
2例
14 例
処置別症例数
乳頭括約筋切開術
36 例
金属ステント挿入
8例
EPBD
胆道ドレナージ(ENBD)
プラスチックステント 39 例
1例
(外科)
手術総件数
乳腺手術
(2010 年 1 月∼12 月)
358件
(7例)
胸筋温存乳房切除
2
乳房温存部分切除
2
乳腺腫瘍摘出
2例
3
33
食道手術
(2例)
食道亜全摘
1
食道切除
1
胃・十二指腸手術
幽門側胃切除
胃全摘
(43例)
17
15
腹腔鏡下胃切除
3
腹腔鏡下胃全摘
3
噴門側胃切除
1
胃空腸吻合
小腸手術
4
(11例)
小腸切除(良性)
6
小腸悪性腫瘍手術
(うち腹腔鏡補助下2)
2 (うち腹腔鏡補助下2)
イレウス解除術
3
(うち腹腔鏡補助下1)
虫垂手術
(29例)
虫垂切除
9
腹腔鏡下虫垂切除
9
急性腹膜炎手術
11
大腸・肛門手術
(92例)
結腸切除
29
直腸切除
13
腹腔鏡下結腸切除
9
腹腔鏡下直腸切除
7
直腸切断術
4
人工肛門造設
6
人工肛門閉鎖
3
経肛門的腫瘍切除
直腸脱
痔核
痔瘻
肝・胆・膵手術
5
1
12
3
(85例)
34
腹腔鏡下胆摘
45
胆嚢摘出
16
腹腔鏡下胆管切石
1
胆管切石
5
胆嚢癌根治
1
肝切除
4
ラジオ波焼灼
1
膵頭十二指腸切除
8
膵体尾部切除
4
その他
(89例)
鼡径ヘルニア
46
腹壁ヘルニア
13
中心静脈ポート留置
その他
12
18
(整形外科)
(2010 年1月∼12 月)
手術総件数:867 件
(1)脊椎手術:329 件
頚椎:154 件,胸椎:27 件,腰椎:148 件(脊髄モニタリング:20 件)
(2)関節手術:88 件
人工関節
48 件,人工骨頭
27 件,その他
13 件
(3)手の外科:347 件
(4)外傷(手の外科を除く):76 件
筋電図検査件数:465 件
(心臓血管外科)
心臓手術
(2010 年1月∼12月)
76 例
冠動脈バイパス術
単独
33 例
31 例
OPCAB
弁手術
大動脈弁置換術
2例
19 例
11 例
+冠動脈バイパス術
3例
35
+僧帽弁形成術
3例
僧帽弁形成術
2例
僧帽弁置換術
0例
大動脈瘤手術
21 例
胸部大動脈瘤置換術
8例
解離性大動脈瘤手術
11 例
胸腹部大動脈瘤手術
2例
その他の手術
3例
左房粘液腫切除術
2例
ペースメーカー手術
11 例
末梢血管手術
477 例
腹部大動脈瘤(人工血管置換術)
27 例
末梢動脈瘤
10 例
下肢閉塞性動脈硬化症
34 例
急性動脈閉塞症
9例
内シャント手術
52 例
静脈瘤手術
312 例
その他
1例
血管内治療
165 例
下肢閉塞性動脈硬化症
107 例
下大静脈フィルター
15 例
ステントグラフト
43 例
胸部大動脈瘤
14 例
腹部大動脈瘤
29 例
肺手術
肺腫瘍
26 例
13 例
縱隔腫瘍
気胸
胸部交感神経切除術
1例
4例
1例
36
その他
1例
(皮膚科)
(2010 年1月∼12 月)
手術件数
手術室にて:
良性腫瘍摘出術
13 例
悪性腫瘍摘出術
15 例
下肢静脈瘤手術
14 例
デブリドマン(熱傷含む)
28 例
ダイレーザー照射術
60 例
足趾・足・手指切断術
23 例
(うち有離植皮術
19 例,有茎皮弁作成術
11 例)
外来にて:多数
皮膚生検
多数
デブリドマン
多数
良性腫瘍摘出術
陥入爪甲手術(簡単なもの・複雑なもの)
402 例
下肢静脈瘤硬化療法
ケミカルピーリング
多数
77 例
20 例
(泌尿器科)
(2010 年1月∼12 月)
(総手術数)
116件
(開放手術)
10件
前立腺皮膜下摘除
0件
高位精巣摘除
0件
陰茎包皮環状切除
2件
単純精巣摘除
5件
陰のう水腫根治
3件
(内視鏡下手術)
66件
腎摘除(腹腔鏡下手術)
小切開腎摘除手術(腹腔鏡下手術
2件
)
1件
腎尿管摘除(腹腔鏡下手術 )
小切開腎尿管摘除(腹腔鏡下手術
0件
)
2件
小切開前立腺摘除術 (腹腔鏡下手術)
5件
小切開膀胱部分切除術(腹腔鏡下手術)
2件
経尿道的膀胱腫瘍切除術
35件
経尿道的前立腺切除術
14件
経尿道的内視鏡的砕石術
5件
(ESWL)
40件
(2010 年 1 月∼12 月)
(麻酔科)
37
麻酔科管理件数
1,281 件
麻酔科外来 神経ブロック数
星状神経ブロック
2,596 件
硬膜外ブロック
1,847 件
肩甲上神経ブロック
856 件
その他
968 件
特殊ブロック
交感神経節ブロック
14 件
腹腔神経叢ブロック
15 件
フェノールブロック
3件
三叉神経ブロック
22 件
脊髄神経内側枝熱凝固療法
142 件
椎間関節ブロック
108 件
神経根ブロック
96 件
(耳鼻咽喉科)
外来総受診者数
11,122 名
新規外来受診者数
1,621 名
新規入院者数
150 名
手術件数
先天性耳瘻管摘出術
1件
鼓室チューブ留置
2件
鼻中隔矯正術
11 件
下甲介手術
21 件
内視鏡下鼻副鼻腔手術
30 件
鼻副鼻腔良性腫瘍手術
2件
鼻骨骨折整復
8件
口蓋扁桃摘出(含むアデノイド手術) 46 件
口蓋垂・軟口蓋手術
8件
舌,口腔良性腫瘍手術
1件
ラリンゴマイクロサージャリー 4件
気管切開
5件
頚部良性腫瘍手術
顎下腺摘出手術
3件
3件
耳下腺良性腫瘍手術
2件
甲状腺悪性腫瘍手術
1件
外来手術数
38
鼓膜切開
56 件
鼻粘膜焼灼術
17 件
扁桃膿瘍切開
3件
咽頭異物
4件
(眼科)
手術総数 177 件
(2010 年1月∼12 月)
水晶体再建術
62 件
硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)
2件
マイボーム腺切開術
3件
マイホーム腺梗塞摘出術
4件
角膜潰瘍掻爬術
2件
角膜・強膜異物除去術
3件
結膜下異物除去術
0件
結膜結石除去術
1件
顕微鏡下角膜抜糸術
0件
後発白内障手術
20 件
網膜光凝固術(その他特殊なもの)
24 件
網膜光凝固術(通常のもの)
9件
翼状片手術(弁の移植を要するもの)
1件
霰粒腫摘出術
1件
結膜肉芽腫摘出術
1件
結膜嚢形成術(部分形成)
1件
(精神科)
(2010 年1月∼12 月)
「勤労者心の電話相談」受付件数
665 件
放射線部
(2010 年 1 月∼12 月)
心臓血管撮影
496 件
消化管撮影
593 件
CT
9,515 件
MRI
4,273 件
CR 撮影
多目的血管撮影
多目的 TV 撮影 1,712 件
(うち造影)
(うち造影)
37,686 件
マンモグラフィー
417 件
282 件
39
2,069 件
372 件
病室巡回撮影
6,313 件
手術室撮影
574 件
放射線科
(2010 年 1 月∼12 月)
血管造影
104 例
血管造影のみ
10 例
TAE/TAI
94 例
BAE 6 例,動脈出血 2 例,(うち緊急 8 例)
CT 下検査
8例
40
2009 年 12 月 1 日現在
7.各診療科および主なスタッフ紹介
院長
氏名・卒業年次
役職
専門医資格・専門分野等
[専門医資格]
・日本整形外科学会専門医
・日本整形外科学会認定スポーツ医
・日本整形外科学会認定リウマチ医
・日本リウマチ学会指導医
・日本リハビリテーション医学会指導医
・評議員:中部日本整形外科災害外科学・
・日本リウマチ学会・日本リウマチ関節外科学会
院長
[専門分野]
・関節疾患
石川 齊
昭和42年卒
内科
代表的な疾患及び研究
① 狭心症,心筋梗塞などの虚血性心疾患,心不全,不整脈
② 石綿関連疾患およびじん肺
③ 肺がん,中皮腫などの呼吸器悪性腫瘍
専門施設
日本循環器学会循環器研修施設
日本呼吸器学会専門施設
日本内科学会認定教育病院
認定専門医などの取得医師数
内科認定医
6人
内科専門医
7人
循環器専門医
6人
呼吸器専門医
1人
呼吸器指導医
1人
糖尿病専門医
1人
ICD
1人
産業医
脈管専門医
3人
1人
高血圧指導医
氏名・卒業年次・役職
大西 一男
昭和48年卒業
1人
専門医資格
・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・神戸大学臨床教授
41
専門分野
・一般内科
・循環器疾患
・職業性疾患
部長
(副院長・勤労者予防医
療部長・アスベスト疾患
ブロックセンター長)
・神戸薬科大学非常勤講師
・日本医師会認定産業医
井上 信孝
・日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・国立循環器病センター研究所客員研究員
・日本脈管学会認定脈管専門医
・日本高血圧学会認定高血圧指導医
・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・インフェクションコントロールドクター(ICD)
・ 医師会認定健康スポーツ医
・循環器疾患
一般内科
・日本内科学会総合認定内科専門医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・心臓リハビリテーション学会認定指導師
・医師会認定健康スポーツ医
・内科一般
・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・日本医師会認定産業医
・内科一般
・循環器疾患
・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本内科学会認定医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・日本心血管インターベンション治療学会認定医
・内科一般
・循環器疾患
・日本内科学会認定総合専門医
・日本内科学会認定医
・日本呼吸器学会専門医
・日本糖尿病学会専門医
・日本医師会認定産業医
・日本内科学会認定医
・内科一般
・呼吸器疾患
・職業性疾患
・日本内科学会認定医
・内科一般
・循環器疾患
・日本内科学会認定医
・内科一般
・糖尿病
昭和61年卒業
循環器科部長
稲本 真也
平成4年卒業
副部長
堂本 康治
平成6年卒業
副部長
伊阪 大二
平成8年卒業
・内科一般
副部長
小澤 徹
平成9年卒業
副部長
坂本 浩一
平成9年卒業
副部長
岡村 佳代子
・内科一般
・呼吸器疾患
平成11年卒業
乙井 一典
平成11年卒業
西海 智子
平成 15 年卒業
森 健茂
・日本内科学会認定医
平成18年卒
後期臨床研修医
瀧口 純司
・日本内科学会認定医
平成19年卒
後期臨床研修医
粟田 梨愛
・日本内科学会認定医
平成19年卒
後期臨床研修医
河相 優
平成 20 年卒
後期臨床研修医
42
山崎 晴菜
平成 20 年卒
後期臨床研修医
玉川 杏奈
平成 20 年卒
後期臨床研修医
心療内科・精神科
氏名・卒業年次・役職
植村 太郎
専門医資格
・精神科専門医
専門分野
・精神科一般
・心理療法士
・心理療法一般
平成6年卒
副部長
芦田 賀生里
※シニア産業カウンセラー
佐藤 友香
・心理療法一般
・心理療法一般
※シニア産業カウンセラー
中寺 香央里
消化器科
代表的な疾患及び研究;消化管内視鏡検査及び内視鏡的治療
専門施設:日本消化器病学会専門施設,日本消化器内視鏡学会専門施設
氏名・卒業年次・役職
岩越 一彦
昭和48年卒
専門医資格
・日本消化器病学会指導医
・日本消化器内視鏡学会指導医
・日本内科学会認定医
専門分野
・消化器疾患
・消化器内視鏡
・日本内科学会総合内科専門医
・日本消化器病学会専門医
・日本消化器内視鏡学会指導医
・日本肝臓病学会専門医
・日本がん治療認定医
・消化器疾患
・消化器内視鏡
・日本内科学会認定医
・日本消化器病学会専門医
・日本消化器内視鏡学会指導医
・消化器疾患
・消化器内視鏡
部長(副院長)
久保 公了
平成10年卒
副部長
森 健次
平成11年卒
・消化器疾患
・消化器内視鏡
山東 功佳
平成13年卒
的場 是篤
・日本内科学会認定医
・消化器疾患
・日本内科学会認定医
・消化器疾患
・日本内科学会認定医
・消化器疾患
平成17年卒
南 尚希
平成19年卒
後期臨床研修医
藤原 薫
平成19年卒
後期臨床研修医
43
・消化器疾患
吉見健太郎
平成20年卒
後期臨床研修医
小野本 美幸
・内視鏡技師
外科
代表的な疾患:胃癌、大腸癌、肝癌、胆道癌、膵癌、乳癌、胆石症、肛門疾患、ヘルニア、
内視鏡手術
専門施設:①外科専門医制度修練施設
②消化器外科専門医制度指定修練施設
氏名・卒業年次・役職
山本 正博
昭和48年卒
部長(副院長)
白岩 浩
昭和58年卒
専門医資格
・日本外科学会指導医
・日本消化器外科学会専門医・指導医
・日本消化器病学会専門医・指導医・評議員
・日本肝胆膵外科学会評議員
・消化器がん外科治療認定医
・神戸大学医学部臨床教授
専門分野
・消化器外科
・肝胆膵外科
・日本外科学会専門医
・日本消化器外科学会認定医
・日本消化器病学会専門医
・消化器外科
・日本外科学会指導医
・日本消化器外科学会指導医
・日本消化器病学会指導医
・消化器外科
・日本外科学会指導医
・日本消化器外科学会指導医
・日本消化器病学会専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・消化器外科
・肛門外科
・日本外科学会指導医・専門医
・日本消化器外科学会専門医
・日本内視鏡外科学会技術認定医
・消化器がん外科治療認定医
・日本消化器病学会指導医・専門医
・日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・日本外科学会専門医
・日本がん治療認定機構治療認定医
・検診マンモグラフィー読影認定医
・内視鏡外科
・消化器外科
・乳腺外科
部長
佐溝 政広
昭和62年卒
部長
中村 吉貴
平成元年卒
部長
高瀬 功三
平成4年卒
副部長
椋棒 英世
平成14年卒
小塚 雅也
平成18年卒
後期臨床研修医
整形外科・リハビリテーション科
日本整形外科学会
認定施設
44
肝胆膵外科
日本脊椎脊髄病学会認定 クリニカルフェロー施設、アドバンスコース施設
日本手の外科学会認定
手の外科専門医 基幹研修施設
日本整形外科学会専門医:9 名、日本整形外科学会脊椎脊髄病医:4 名
日本リウマチ学会専門医:2 名
、日本リウマチ学会登録医:2 名
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医:4 名
主な対象疾患
関節疾患:変形性関節症,関節リウマチ,痛風
脊椎(頚椎・胸椎・腰椎・仙椎)疾患:椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,腰痛症,靱帯
骨化症,脊髄症,神経根症,脊髄・脊椎腫瘍
手の外科疾患:手指切断,腱損傷など各種手の外傷,キーンベック氏病,手根管症候群,
遅発性尺骨神経麻痺
外傷:骨折・脱臼・靱帯損傷など
氏名・卒業年次・役職
石川 齊
昭和42年卒
院長
鷲見 正敏
昭和52年卒
副院長
(整形外科部長,勤労者
腰痛センター長)
山崎 京子
昭和54年卒
リハビリテーション科・部長
笠原 孝一
平成2年卒
専門医資格
・日本整形外科学会専門医
・日本整形外科学会認定スポーツ医
・日本整形外科学会認定リウマチ医
・日本リウマチ学会指導医
・日本リハビリテーション医学会指導医
・評議員:中部日本整形外科災害外科学・日
本リウマチ学会・日本リウマチ関節外科学会
・日本整形外科学会代議員・専門医
・日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
・日本リウマチ学会専門医,認定医
・日本脊椎脊髄病学会評議員
(用語委員会アドバイザー)
・中部日本整形外科災害外科学会評議員
・神戸大学臨床教授
・日本整形外科学会専門医
・日本手の外科学会専門医
・身体障害者申請医
・神戸大学臨床助教授
専門分野
・関節疾患
・日本整形外科学会専門医
・日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
・ 身体障害者申請医
・脊椎脊髄外科
・関節外科
・外傷疾患
・日本整形外科学会専門医
・日本手の外科学会専門医
・日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
・身体障害者申請医
・装具判定医師
・International Consultants
・日本整形外科学会専門医
・ 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
・ 身体障害者申請医
・手の外科
・マイクロ・サージャーリー
・電気生理学的診断
・日本整形外科学会専門医
・日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
・脊椎外科
・整形外科一般
・脊椎脊髄外科
・手の外科
・リウマチ
・リハビリテーション
部長
金谷 貴子
平成2年卒
部長
金村 在哲
平成6年卒
・脊椎外科
・関節外科
・リハビリテーション
副部長
高畑 正人
平成7年卒
45
副部長
矢野 智則
・日本整形外科学会専門医
・整形外科一般
・関節外科
・日本整形外科学会専門医
・整形外科一般
・脊椎外科
平成10年卒
金山 修一
平成12年卒
西澤 勇一郎
平成17年卒
後期研修医
中野 直樹
平成18年卒
後期研修医
氏名
安永 雅年
役職・資格
作業療法士 技師長
濱岡
野間
池本
木村
倉澤
高鍋
中釜
藤田
浅田
松村
理学療法士 主任
理学療法士 主任
作業療法士 主任
理学療法士
理学療法士
理学療法士
理学療法士
理学療法士
作業療法士
作業療法士
健
健
和子
剛
智子
素
瑞穂
なぎさ
雅樹
智宏
心臓血管外科
代表的な疾患及び研究
開心術,末梢血管病変(大動脈瘤,ASO,静脈瘤)
専門施設
外科専門医制度修練施設(認定施設)
心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)
氏名・卒業年次・役職
専門医資格
・日本外科学会指導医
・日本胸部外科学会指導医
・日本循環器学会専門医
・日本心臓血管外科専門医
・基幹施設指導医
専門分野
・心臓血管外科
・呼吸器外科
・日本外科学会指導医
・日本胸部外科学会指導医
・日本循環器学会専門医
・日本心臓血管外科専門医・習練指導医
・心臓血管外科
・心臓血管外科 (血管内治療)
部長
・日本胸部外科学会認定医
・日本外科学会専門医
・胸部ステントグラフト実施医
・腹部ステントグラフト指導医
田中 陽介
・日本外科学会専門医
・心臓血管外科
脇田 昇
昭和55年卒
心臓血管外科部長
(勤労者心臓センター長
兼務)
尾
喜就
平成元年卒
部長
井上 享三
平成2年卒
平成 年卒
・心臓血管外科
石川 浩之
平成 年卒
46
山口 眞弘
顧問
志田 力
顧問
・日本外科学会指導医
・日本胸部外科学会指導医
・日本循環器学会専門医
・日本心臓血管外科専門医
・日本小児外科学会名誉会員
・日本小児循環器学会
・日本外科学会指導医
・日本循環器学会指導医
・日本心臓血管外科専門医
・心臓血管外科 (先天性心疾患)
・心臓血管外科
皮膚科
専門施設
日本皮膚科学会認定専門医研修施設
氏名・卒業年次・役職
皿山 泰子
専門医資格
・日本皮膚科学会専門医
専門分野
・皮膚科全般
平成13年卒
・皮膚科全般
廣本 敦子
平成11年卒
・皮膚科全般
田井 志正
平成14年卒
・皮膚科全般
小川 聡
平成20年卒
後期臨床研修医
泌尿器科
専門施設;泌尿器科専門教育施設基幹教育施設
泌尿器科小切開施設基準施設
氏名・卒業年次・役職
山崎 浩
昭和55年卒
部長
大家 角義
昭和56年卒
専門医資格
・日本泌尿器科学会専門医
・日本泌尿器科学会指導医
・日本癌学会会員
・日本排尿機能学会会員
・神戸大学泌尿器科臨床教授
・医学博士
・日本泌尿器科学会専門医
・日本泌尿器学会指導医
・日本排尿機能学会会員
第2部長
蓮沼 行人
・日本泌尿器科学会専門医
昭和62年卒
非常勤医師
松本 修
・日本泌尿器学会専門医
・日本泌尿器学会指導医
顧問
眼科
47
専門分野
・尿路感染症
・悪性腫瘍
・内視鏡手術(特に小切開手術)
・神経因性膀胱
・悪性腫瘍
・前立腺肥大
・内視鏡手術(特に腹腔鏡下手術)
氏名・卒業年次・役職
塚原 祐子
専門医資格
・日本眼科学会専門医
専門分野
・白内障
・糖尿病網膜症
平成元年卒
部長
氏名
吉住 正人
役職・資格
・視能訓練士 主任
耳鼻咽喉科
氏名・卒業年次・役職
細見 慶和
専門医資格
・日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
専門分野(所属学会)
・日本耳鼻咽喉科学会
・日本顔面神経研究会
・日本喉頭科学会
・日本気管食道科学会
昭和63年卒
部長
放射線科
16 列 MDCT(Siemens 社 Somatom Sensation Cardiac )と 2 台の 1.5T MRI
(Siemens 社 Avanto, Vision)の体制で予約・緊急検査に対応しています。
血管造影装置 2 室、TV 室 2 室体制で各種検査を行っています。
氏名・卒業年次・役職
小島 芳夫
専門医資格
・日本放射線学会専門医
専門分野(所属学会)
・日本医学放射線学会
・日本放射線腫瘍学会
・日本IVR学会
・肺癌学会
・日本呼吸器内視鏡学会
・日本医学放射線学会
平成元年卒
部長
山脇 陽子
・日本放射学会科専門医
平成 14 年卒
氏名
信藤 邦男
役職・資格
放射線部 技師長
樫本
山添
山本
江籠
木村
興津
赤松
放射線技師 主任
放射線技師 主任
放射線技師 主任
放射線技師
放射線技師
放射線技師
放射線技師
茂樹
良二
敏志
秀一
盛宣
直人
寛子
尾崎 守
北島
大鳥
小柳
有友
寛士
武志
宜紀
伸
放射線技師
放射線技師
放射線技師
放射線技師
放射線技師
麻酔科
手術室;周術期の循環動態の変動に関する研究
ペインクリニック;各種癌疾患の疼痛管理
術後の疼痛管理
専門施設;日本麻酔科学会指導病院,日本ペインクリニック学会認定病院
48
氏名・卒業年次・役職
裏辻 悠子
昭和54年卒
専門医資格
・日本麻酔科学会指導医
・麻酔科標榜医
・日本ペインクリニック学会認定医
・専門分野
部長
入江 潤
昭和62年卒
・日本麻酔科学会指導医
・麻酔科標榜医
・日本ペインクリニック学会認定医
第2部長
森川 修
平成3年卒
・日本麻酔科学会指導医
・麻酔科標榜医
・日本ペインクリニック学会認定医
副部長
伊福 弥生
平成7年卒
・日本麻酔科学会指導医
・麻酔科標榜医
副部長
末原 知美
平成16年卒
・日本麻酔科学会認定医
・麻酔科標榜医
狐塚 久美子
平成
年卒
河野 泰丈
平成 年卒
氏名
長尾 勝美
和田 秀輝
藤本 宗助
役職・資格
臨床工学技士 主任
臨床工学技士
臨床工学技士
検査科
氏名・卒業年次・役職
専門医資格
大西 一男
・日本内科学会認定総合内科専門医
昭和48年卒業
・日本循環器学会認定循環器専門医
専門分野
・一般内科
・循環器疾患
・職業性疾患
部長
(副院長
勤労者予防医療部長
アスベスト疾患ブロック
センター長 兼務)
・神戸大学臨床教授
出射 由香
・日本病理学会専門医
・日本臨床細胞学会専門医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本消化器病学会専門医
・消化管病理
資格
高橋 浩二
役職
技師長
中村
三村
小田
平手
主任検査技師
主任検査技師
主任検査技師
主任検査技師
超音波検査士
超音波検査士
超音波検査士
細胞検査士・第1種放射線取扱主任者
NST専門療法士
昭和63年卒
第2部長
氏名
貴晴
啓子
二三雄
ゆかり
・神戸薬科大学非常勤講師
・日本医師会認定産業医
49
谷口 大輔
松本 省司
釜田 里江
水谷 恵子
南 香織
林 礼子
向井 春喜
井高 有定
主任検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
加藤 祐子
林 紀子
小南 留美
藤井 信重
丹羽 志津
高瀬 晶
石黒 健司
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
検査技師
病理診断科
代表的な疾患及び研究:肺内アスベスト小体計測検査など
施設認定:日本病理学会認定施設
氏名・卒業年次
出射 由香
昭和63年卒
部長
氏名
松本 省司
釜田 里江
石黒 健司
役職
・日本病理学会専門医
・日本臨床細胞学会専門医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本消化器病学会専門医
専門医資格・専門分野
・消化管病理
役職
臨床検査技師 (検査科所属)
臨床検査技師 (検査科所属)
臨床検査技師 (検査科所属)
資格
・アスベスト小体計測検査担当
・細胞検査士
臨床研修医
平成21年度
高田 絵美 (近畿大学)
岡本 光平 (滋賀医大)
野田 奈穂子 (神戸大学)
田中 聡一(神戸大学)
湯地 大輔 (神戸大学)
松尾 圭朗 (九州大学)
平成22年度
眞弓周子 (関西医大)
中田一弥 (兵庫医大)
有吉隆佑 (神戸大学)
丹家元祥 (関西医大)
青木丈明 (神戸大学)
山本 舞 (島根大学)
須藤洋崇 (奈良県立医科大学・協力)
宮本千文 (大阪医大・協力)
薬剤部
モットー
1.「顔の見える薬剤師」を目指しています
2.安全・安心な薬物療法をサポートしています
3.チーム医療に貢献します
氏名
白石 幸成
役職
部長
資格
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
50
井上 隆至
主任
鹿間 良弥
主任
長田 知子
主任
溝口 貴幸
薬剤師
関 恭子
薬剤師
大川 加代子
薬剤師
先崎 健造
薬剤師
但馬 慶子
薬剤師
赤坂 寛子
明谷 早苗
幾田 絢
薬剤師
薬剤師
薬剤師
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・認定実務実習指導薬剤師
・日本糖尿病療養指導士
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・日本糖尿病療養指導士
・認定実務実習指導薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・医療環境管理士
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・認定実務実習指導薬剤師
・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師
・がん薬物療法認定薬剤師
・日本医療薬学会がん専門薬剤師
・日本病院薬剤師会近畿ブロック癌化学療法専門薬剤師
・NST専門療法士
・日本糖尿病療養指導士
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・NST専門療法士
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
栄養管理部
病態別・個人別に適した状態で,食事提供をスタッフ一同一丸となって努力しています.
氏名
久永 文
役職
栄養管理室長
資格
・臨床栄養士
・病態栄養専門師
・NSTコーディネーター
・第 1 種衛生管理者
・栄養サポートチーム専門療法士
大橋 幸子
管理栄養士
・病態栄養専門師
・糖尿病療養指導士
・栄養サポートチーム専門療法士
枝廣 由季子
管理栄養士
・病態栄養専門師
・栄養サポートチーム専門療法士
看護部
看護部の理念;1.安全で安心な責任ある看護を提供する
51
2.勤労者医療を目指す
3.患者さまに礼節を尽くし,温かい看護に努めます
4.和を大切に活気ある職場にします
5.自律した役割遂行のできる看護師の成長を支援します
氏名
浪辺 博子
役職
部長
森 久美子
河村 寿子
西尾 由記子
野坂 直美
杉本 初枝
冨満 由里子
元山 厚子
張 莉恵
中 明子
松田 たえ子
森本 みどり
山室 照美
鈴木 千史
尾坂 ひかり
蔭山 陽子
坂井 美哉
副部長
副部長
師長
師長
師長
師長
師長
師長
師長
師長
師長
認定看護師
認定看護師
認定看護師
認定看護師
認定看護師
資格
医療安全管理者
手術室看護・師長補佐
感染管理・師長補佐
皮膚・排泄ケア・師長補佐
集中ケア
摂食・嚥下障害看護
事務職
氏名
森田 繁
役職
事務局長
松熊 哲
総務課長
長尾 久幹
会計課長
犬飼 司
医事課長
52
神戸労災病院年報
発行
発行所
発行責任者
学術・業績委員
第9巻
2011年3月
神戸労災病院 学術・業績委員会
岩越一彦
岩越一彦,鷲見正敏,稲本真也
杉本初枝,白石幸成,高橋浩二
信藤邦男,安永雅年,野中保徳
〒651-0053 神戸市中央区籠池通 4 丁目1−23
電話 078-231-5901
FAX 078-242-5316
Email address [email protected]
53
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
521
File Size
925 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content