close

Enter

Log in using OpenID

第 3 回 北信越高等学校選抜放送大会 長野大会・実施要項

embedDownload
北信越越高等学校選抜放送大会 ・長野
2006.1.Oct.
第3回
北信越高等学校選抜放送大会
長野大会・実施要項
1
目的
現代に生きる高校生の豊かな人間性の育成と、未来への展望を持つ人間としての成長をめざし、あわせて北信
越地区における校内放送活動の健全な育成と放送教育の育成をはかる。
2
3
ねらい
ア.美しく豊かな日本語を大切にする心情を育て、あわせて話す力、表現する力を高める。
イ.校内マスコミの送り手としての自覚と創造性を育てる。
ウ.学園生活の中におけるうるおいをもたらし、心のふれあいの場をつくる。
エ.北信越地区における校内放送活動の向上をはかる場をつくる。
主 催
共 催
後
4
5
6
援
北信越高等学校文化連盟
長野県高等学校文化連盟
長野県 長野市 長野県教育委員会 長野市教育委員会
長野県高等学校視聴覚教育研究会
(財)ながの観光コンベンションビューロー
NHK長野放送局 SBC 信越放送 NBS 長野放送 (株)テレビ信州
長野朝日放送(株) 長野エフエム放送(株) 他
大会会場
長野県長野市若里市民ホール・会議室
長野県長野市若里 3 丁目 22 番 2 号
大会宿舎
ホテル国際21
長野市大字南長野県町576
大会運営委員会
大会運営委員長
大会運営事務局長
大会運営事務局
7
FAX.026-223-5551
TEL 026-234-1111
北信越高等学校文化連盟放送専門部部会長
長野県赤穂高等学校長
米山 明廣
長野県小諸商業高等学校教諭
寺島 彰
長野県上田高等学校
長野県上田市大手1-4-32
TEL 026-217-0080 FAX 026-217-0081
EMAIL [email protected]
(担当:宮崎 潤)
大会日程
平成19年2月10日(土)~11日(日)
日
10
日
(土)
時
間
14:00 ~
14:30 ~
15:00 ~
17:15 ~
14:50
17:00
18:00
19:00 ~
~
~
11
~
日
~
(日)
~
14:30 ~
15:00
9:00
10:40
11:40
12:50
8
TEL.026-223-2223
10:20
11:40
12:40
14:00
14:30
15:00
内
容
総合受付
開会式
ビデオメッセージ
交流会
北信越放送専門部各県代表者会議
北信越放送専門部総会
顧問情報交換会
朗読
アナウンス部門
昼食・休憩・交流会
ラジオ・AP部門
講評
成績発表・閉会式
終了予定
会 場
ホールホワイエ
ホール
ホール
ホール
会議室1~3
ホテル国際21
ホール
ホール
ホール
ホール
ホール
コンテスト実施各部門ならびにエントリー数
部 門
アナウンス
朗
読
ラジオ・AP
ビデオメッセージ
エントリー数
各県6名
各県6名
各県2作品
各県4作品
開催県(長野県)
8名
但し開催県は通常エント
8名
リー数の 1.5 倍までの数の
3作品
推薦を可とする。
5作品
-1-
北信越越高等学校選抜放送大会 ・長野
2006.1.Oct.
10
参加資格
①
平成19年2月現在、北信越各県の高等学校と各種学校の高等部に在学する生徒(ただし最終学年を
除く)およびその作品であること。
② 各部門への参加は、各県高等学校文化連盟放送専門部の推薦による。
③ アナウンス・朗読部門への参加は、「1名1部門」とする。
④ 番組制作の各部門への参加は、原則として、ラジオAP部門・VM部門それぞれにつき「1校1作品」
とするが、各県の実情に合わせて出品数を複数出してもよい。また統廃合が予定されている学校にあって
は、対象校どうしの合同参加も認める。
11
審査員
「読み」の部門、および「番組」の部門とも、各県から1名ずつ推薦してもらい、さらに開催県から専門
職1名と、特別審査員1名を加える。
(特別審査員1名+専門職審査員1名+各県推薦審査員計5名)
12 表
彰
・アナウンス、朗読のエントリー生徒全員、番組にエントリーした学校全てを奨励賞として表彰する。
アナウンス・朗読の各部門で成績優秀な生徒に
最優秀賞(1名) 優秀賞(2名) 優良賞(3名)として表彰する。
・番組各部門で優秀な作品に
最優秀校(1校) 優秀校(2校) 優良校(3校)として表彰する。
・なお、全部門に若干数の「審査員特別賞」を出すことがある。
13 各部門の課題・参加規定および規格
※以下の「番号」とは、発表順序を兼ねたエントリー番号をいう。
(1)アナウンス部門
ア 原則として、郷土の話題を全国の高校生に伝える内容の原稿を作り発表する。
イ 発表時間は、「番号、学校名、氏名」を含めて 1 分 10 秒以上 1 分 30 秒以内とする。
ウ JPEG 形式の静止画像(5 枚以内)を併用することもできる。
エ 静止画像は,パソコンからビデオプロジェクター 1 台で投影する。
オ 静止画像のデータは,CD - R により提出する。その際には、CD-R のレーベル面側に、
「番号、県名、学校名、生徒名、題名」を油性ペイントで記しておく。
カ 静止画を記録した CD-R の中のファイル名は、半角で「番号-2ケタ番号」として、画像送出順に
昇順となるように設定しておく。また最初に 00、最後に 99 として「黒のみ画面」を入れること。
(例) ファイル名:A01-00 ……黒画面
A01-01 ……画像1
↓
A01-05 ……画像5
A01-99 ……黒画面
キ
ク
静止画像の再生はフリーソフト「susie」によって行う。
静止画像の投影は、原稿に従って「開催県」が担当する。発表校での担当を希望する場合は、申
込時にその旨を記入すること。
ケ BGM の使用はできない。
(2)朗読部門
ア 原則として、それぞれの郷土ゆかりのある作家または作品の中から原文のままを一部選んで原
稿とする。
イ 発表時間は,
「番号、学校名、氏名、作者名および作品名」を含めて 1 分 30 秒以上 2 分以内とする。
ウ MD による効果音や BGM を併用することができる。
a.1作品分を再生順に録音したものとする。
b.ラベル貼付部分に、「番号、県名、学校名、生徒名、題名」を記しておく。
c.ケースにも「番号、県名、学校名、生徒名、題名」を記したシールを貼ること。
d.標準モードで録音し,LPモードは不可。
e.ディスクエラーの場合に備え,同じ内容のカセットテープも提出する。
エ MD 再生と音量調節は、原稿に従って「開催県」が担当する。発表校での担当を希望する場合は、
申込時にその旨を記入すること。
オ 静止画像の使用はできない。
-2-
北信越越高等学校選抜放送大会 ・長野
2006.1.Oct.
(3)ラジオ・オーディオピクチャー(AP)部門
ア 原則として、郷土に関する話題を取り上げた作品とする。
イ MD によるステレオ音声と JPEG 形式の静止画像(50 画像以内、総容量は 50MB 以内)を併用す
る作品か、もしくは音声(ステレオ)のみの作品とし、ドキュメンタリー形式,ドラマ形式など
手法は問わない。
ウ 発表時間は 5 分以内とする。
エ MD には再生トラックを1トラックにまとめる。
a.ラベル貼付部分に、「番号、県名、学校名、代表生徒名、題名」を記しておく。
b.ケースにも「番号、県名、学校名、代表生徒名、題名」を記したシールを貼ること。
c.標準モードで録音し,LPモードは不可。
d.ディスクエラーの場合に備え,同じ内容のカセットテープも提出する。
オ 静止画を記録した CD-R の中のファイル名は、半角で「番号-2ケタ番号」として、画像送出順に
昇順となるように設定しておく。また最初に 00、最後に 99 として「黒のみ画面」を入れること。
(例)ファイル名:P01-00 ……黒画面
P01-01 ……画像1
↓
P01-50 ……画像 50
P01-99 ……黒画面
カ
静止画の再生はフリーソフト「susie」によって行い、画像ファイルはの昇順化ファイル順に再
生する。
キ 静止画像の投影は,台本に従って「発表校」が担当すること。
(なお、操作リハーサルは設定しておりません。)
ク MD 再生は、音出しだけなら「開催県」が担当するが、希望により発表校で行ってもよい。
(4)ビデオメッセージ(VM)部門
ア 原則として、郷土に関する話題を取り上げた作品とする。
イ 自校オリジナルのビデオ作品とする。
ウ 発表時間は 5 分以内とする。
エ miniDV(DV 規格は民生用)のテープに録画する。
・カセット、およびケースには「番号、県名、学校名、代表生徒名、題名」を記したシールを貼
付する。
オ テープスピードは,「標準モード」とする。「LP モード」は使用できない。
カ 作品本編の前後に 10 秒間の静止画によるテストパターン(形式は自由)を録画する。
キ 作品の再生は「開催県」が行う。
(5)各部門における共通事項
ア 著作物の権利等に関する処理は各校が責任を持って処理し、各県事務局で確認をしておくこと。
(内容証明等は、大会運営事務局では特には求めない。)
イ 各部門とも原稿・作品は、他団体主催のコンクール等に参加していないこと。
14
様式規定
第53回NHK杯全国高校放送コンテスト要項の「校内放送研究」(赤本№139)の様式に準ずる。
(コンテスト事務局からは使用承認済みです。)
(アナウンス・朗読部門原稿規定)
①
②
③
様式1-1(表紙)、様式1-2(原稿)のA4版原稿用紙(400字詰め)を使用する。
縦書きとする。
和綴じ(右開き)とし、できあがりがA5となるようにする。
④
⑤
各県事務局を通じて、大会運営事務局に
提出のこと。
プログラム用に、「原稿」を、MS-TXT 形式のデータで記録したものを各県事務局に提出すること。
その際のファイル名は、「半角のエントリー番号」とする。(例)A08 R12
提出方法は、各県事務局の指示に従うこと。
7部
(AP・VM番組台本規定)
①
②
③
様式4-1(表紙)様式4-2(制作意図)のA4版台本用紙を使用する。
台本部分については特に書式は定めないが、文章の部分は縦書きとする。
和綴じ(右開き)とし、できあがりはA5となるようにする。
-3-
北信越越高等学校選抜放送大会 ・長野
2006.1.Oct.
3部
④ 各県事務局を通じて、大会運営事務局に
提出のこと。
⑤ プログラム用に「制作意図」を MS-TXT 形式のデータで記録したものを各県事務局に提出すること。
その際のファイル名は、「半角のエントリー番号」とする。(例)P08 V12
提出方法は、各県事務局の指示に従うこと。
15
各県からの推薦および、作品などの提出について(未定)
①
各県からの推薦は、各県放送専門部事務局を通じて行うものとし、学校あるいは個人の直接申し込み、
作品・台本等の直送は受け付けない。
② 各県からの推薦は、エントリーの「番号」を使用する。このエントリー番号は、そのまま大会の発表
番号(発表順)になるように、あらかじめ開催県で割り付けをしてお知らせする。
③ 大会事務局への各種締め切りについては以下の通りとする。、
・県内での締め切りは、各県放送専門部事務局の指示に従うこと。
・大会事務局へのエントリー推薦の締め切り ……平成18年12月21日(木)必着
・大会事務局へのデータ「原稿」「制作意図」……平成18年12月21日(木)必着
・大会事務局への台本、番組テープ、MD、CD-R
各県放送専門部事務局が点検後、一括して ……平成19年 1月19日(金)必着
④
16
推薦エントリー受付後、部門毎に少なくとも次の人数が参加できるよう該当校に「参加要請派遣文書」を送
付いたします。
アナウンス、朗読 --- エントリーする生徒1名
番組
--- 1作品に付き生徒3名
大会エントリー料
全部門とも1名もしくは1作品につき3,500円を大会参加費とする。
なお、納入は各県の事務局を通して県単位で一括納入する。
以
-4-
上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
172 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content