close

Enter

Log in using OpenID

Arcserve UDP v5 ご紹介プレゼンテーション

embedDownload
Arcserve Unified Data Protection
ご紹介
Arcserve Japan
1
v2.50
ユニファイド
データ
プロテクション
Arcserve Unified Data Protection (UDP)
これまでご好評いただいていたARCserve D2D ベースに
ARCserve シリーズ の3製品を統合した
バックアップ/リカバリ ソリューション
Arcserve
Replication/HA
Arcserve
Backup
データ保護の大黒柱
頼れるバックアップ
Unified Data
Protection
Arcserve D2D
超簡単
イメージバックアップ
2
レプリケーションの
デファクト
スタンダード
Arcserve UDPのフォーカスエリア
Unified Data
Protection
3
Arcserve UDPのフォーカスエリア
簡単!でも 柔軟に バックアップ
簡単なだけでなく、バックアップやリストアの自由度も強化。小規模・
大規模、物理・仮想を問わずArcserve UDPで実現
仮想化統合基盤に関わる要件をまとめて対応
仮想化統合基盤だけでなく、仮想基盤に統合できない物理サーバの保護
や、テープへのバックアップなどもまとめてArcserve UDPで解決!
災害対策を適切なコストで実現
ストレージやネットワークを効率的に利用し、全体コストを抑えてシス
テムの災害対策を実現
4
簡単イメージバックアップ Arcserve UDP
イメージバックアップとは
イメージバックアップとはファイル単位ではなく、ハードディスク全体
を丸ごとバックアップし、ファイルに保存するデータ保護手段。OSを含
め一気にリカバリできるのでシステム全体を簡単に復旧できます
バックアップ
5
復旧
ARCserve D2Dから継承した基本機能
ブロックレベルのバックアップ
ファイルに更新があっても、ファイル全体
ではなく、ディスク上の変更ブロックだけ
をバックアップするので、バックアップ容
量が小さい!
継続的な増分バックアップ
初回のフル バックアップ以降は
増分バックアップだけを繰り返す
運用※によって、バックアップ先
のディスク使用量を節約!
ベアメタル復旧
エクスプローラを使った
簡単ファイルリストア
システム全体を復旧。異なる機種への復旧
やP2Vも標準サポート!
管理画面やエクスプローラを使ってファイ
ル単位で簡単にリストアできる
復旧
元のサーバ
復旧
異なるサーバ
※Windows OSでサポート
6
簡単!でも 柔軟に バックアップ
国内で利用中のお客様からご要望の多かった機能を 多数 実装しました
iSCSIボリュームのサポート
バックアップ先にiSCSIボリュームを利用
する構成をサポート!
詳細なスケジュール設定
指定した曜日や日次/週次/月次のバック
アップスケジュールなどを設定できる
バックアップ NAS
MON
MON
iSCSI接続
ジョブ・監視ツールとの連携
Web Service APIを提供。運用監視製品
やクラウドサービスとの連携を支援
API
7
77
Windows / Linuxを同じ画面で管理
WindowsおよびLinuxのバックアップを
1つの管理画面で操作・運用できる
詳細なスケジュール設定 ① 曜日の指定
こんな時に
便利!
 指定した曜日に指定したバックアップを実行したい
 サーバに更新がないので週末はバックアップしない
ARCserve D2D r16.5 以前
Arcserve UDP
例)
1日に1回: 増分バックアップ
日 月 火 水 木 金 土
日 月 火 水 木 金 土
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
毎日増分バックアップを継続して行う
シンプルな設定
8
例)
月~金: 増分バックアップ
土日: バックアップしない
バックアップする曜日を選択して必要
な復旧ポイントを保持できる
詳細なスケジュール設定 ② 日次/週次/月次 設定
こんな時に
便利!
 少ない世代で長期間バックアップデータを保持したい
 月末の最後の週末にバックアップを実行したい
ARCserve D2D r16.5 以前
3ヶ月毎日増分を取り続けると・・・
増 増 増 増 増 増 増 増 増 増
増 増 増 増 増 増 増 増 増 増
増 増 増 増 増 増 増 増 増 増
増 増 増 増 増 増 増 増 増 増
増 増 増 増 増 増 増 増 増 増
90
増 増 増 増 増 増 増 増 以上の
増 増
世代数
リストア時に表示される世代数が多く
目的のリストア対象が探しにくい
9
Arcserve UDP
日次、週次、月次を設定できると・・・
月次:2か月分
増 先々月末
増 先月末
日次:7日分
週次:3週間分
増 増 増 増
増 増 増
増 3週間前
増 2週間前
増 1週間前
全部
増分でも
OK
それぞれ設定した世代数を残せるので
リストア時も対象が探しやすい!
バックアップのスケジュール設定画面(例)
曜日を指定したバックアップスケジュール例
日次・週次・月次のバックアップスケジュール例
曜日指定した日次・週次・月次のバックアップスケジュール例
10
Arcserve UDPの構成例
単体サーバのバックアップ
複数サーバのバックアップ
サーバ
NAS
エージェント
ARCserve D2Dと同様の使い方で
バックアップできる
クライ
アント
仮想
サーバ
複数の対象をまとめてバックアップ
し、一元管理できる
システム規模に合わせて選択できる
11
Arcserve UDP コンポーネント
Arcserve Unified Data Protection
エージェント
統合管理サーバ
+ コンソール
物理・仮想マシン
のバックアップを
実行
スケジュール管理
および操作画面を
提供
復旧ポイント
サーバ NEW
バックアップデー
タの格納庫を提供
環境に合わせて柔軟に配置することができます
12
統合管理サーバ + コンソール
こんな時に
便利!
 Windows / Linuxのバックアップをまとめて管理したい
 物理および仮想サーバをまとめてバックアップしたい
物理サーバ(Windows)
物理サーバ(Linux)
仮想マシン(エージェントレス)
インターネットブラウザを使ってどこからでも
アクセスできる
13
Arcserve RHA
復旧ポイントサーバ(Recovery Point Server:RPS)
復旧ポイントの保管
(データストア)
重複排除の管理
※復旧ポイント=バックアップデータ
マージ・カタログ
作成処理の代行
RPS間で
復旧ポイントの
転送
RPSの導入で大規模環境のバックアップを効率化
14
その他の改善点
バックアップデータ形式の変更およびマージ処理の改善
1バックアップにつき1ファイルが生成される保存形式を、複数のファイルに分散してバックアップする
ように変更しました。これによりマージの実行速度が大幅に改善され、リストアの速度も向上しました。
マージおよびカタログ作成の代行(オフロード)
マージはバックアップ完了後にARCserve D2Dを導入したサーバで行われていましたが、Arcserve UDP
ではマージおよびカタログ作成処理を別サーバで代替して行うことができるようになりました。その結果、
バックアップ対象サーバに対する負荷を軽減し、処理時間を短縮することができるようになりました。
マージ処理の曜日指定
これまでバックアップした同じ日にマージを実行する必要がありましたが、Arcserve UDPではマージを
実行する曜日を指定することができるようになりました。たとえば平日はバックアップのみ行い、週末に
マージ処理を実行するといったスケジュールができるようになりました。
バックアップスロットルの時間帯および曜日指定
これまでもバックアップ時のデータ書き込み速度を指定することができましたが、Arcserve UDPではさ
らに書き込み速度を制限する時間帯および曜日を指定することができるようになりました。
15
マージとは
バックアップデータの自動メンテナンス機能
指定した保存数を超えると最も古い増分データを合成するので、
フルバックアップの取り直しが不要。
バックアップデータを
3世代保存する場合
合成(マージ)
初回
2回目
3回目
4回目
※初期設定では7個を保持(最大1344個まで設定可)
16
マージおよびカタログ作成の代行
こんな時に
便利!
 バックアップ対象サーバの負荷を減らしたい
 バックアップ後すぐにスクリプトを実行したい
ARCserve D2D r16.5 以前
Arcserve UDP
全体の処理時間
全体の処理時間
バックアップ カタログ作成
マージ
マージまでの処理を対象サーバ内です
べて行うので完了までに時間がかかる
17
バックアップ カタログ作成
マージ
対象サーバではバックアップ処理のみ
実行されるので処理時間が短くなる
Arcserve UDPのフォーカスエリア
Unified Data
Protection
18
仮想化統合基盤に関わる要件をまとめて対応
仮想環境に統合するシステムに求められる多くの機能を盛り込みました
物理・仮想マシンの統合管理
エージェントレス バックアップ
物理、仮想マシンのバックアップを同じ画
面でまとめてイメージバックアップ!
VMware vSphereやMicrosoft Hyper-Vの
仮想マシンにエージェントを入れずに丸ご
とバックアップ!ファイル単位でリストア
vSphere
イメージバックアップのテープ保管
イメージバックアップデータをテープへ
バックアップ!データの長期保管や監査
要件に対応
イメージ
19
テープ
Hyper-V
バックアップ設定のメニュー化
あらかじめ用意したバックアップ方法を選
択し、設計・設定を効率化
竹
メニュー
統合基盤に求められるバックアップの考え方
個別システムのバックアップ
部門Aの
システム
部門Bの
システム
各システムそれぞれで要件を決め、
バックアップツールを導入・管理
統合基盤のバックアップ
部門Aの
システム
部門Bの
システム
統合基盤の管理者が集約されたシス
テム全体のバックアップを管理
1) 仮想マシンに手を加えずにバックアップする方法
2) バックアップ方法をメニュー化しユーザ部門に提示する方法
20
仮想環境のエージェントレス バックアップ
VMware vSphere や Microsoft Hyper-V の
仮想マシンを エージェント レス でバックアップ
仮想保護の3大要件を同時に実現
 エージェント レス
 仮想マシン単位・ファイル単位での復旧
 増分バックアップ運用
バックアップ
VMware vSphere
または Microsoft Hyper-V
21
Arcserve UDP
Agent
リストア
メニュー化を支援する「プラン」
システム保護方法を あらかじめ 定義して提示できる
サービスレベルに応じたプランの作成例
梅 プラン
竹 プラン
松 プラン
●バックアップ
・平日のみ
・22時開始
・1週間分保持
●バックアップ
・平日のみ
・22時開始
・1週間分保持
●遠隔転送オプション
●バックアップ
・平日のみ
・22時開始
・1週間分保持
●遠隔転送オプション
●復旧短縮オプション
一般
重要
この仮想マシンの
重要度は?
22
ユーザ部門
プランによるメニュー化のメリット
選択
1
竹
割り当て 2
ユーザ部門
メニュー
ユーザ部門:
システムの重要度に合わせ
プランを選択する
管理者
竹
プラン
統合基盤管理者:
システムをプランに割り当てるだけで
バックアップが開始する
バックアップが 簡単 になる!
23
バックアップ
開始!
仮想環境対応:その他の新機能
認証情報不要のバックアップおよびファイル単位のリストア
これまでファイル単位のリストアを行うためには必ず必要だったゲストOSへの認証情報が必要なくなり
ました。認証情報を入れなくてもバックアップおよびファイル単位のリストアができます。VMware
vSphere および Microsoft Hyper-V 環境でご利用いただけます。
停止中の仮想マシンのバックアップおよびファイル単位のリストア
これまで停止(シャットダウン)中の仮想マシンをバックアップした場合、仮想マシン全体を復旧するこ
としかできませんでしたが、Arcserve UDPでは、ゲストOSがWindowsであれば停止中に取得したバッ
クアップデータからファイル単位のリストアができます。 VMware vSphere および Microsoft Hyper-V
環境でご利用いただけます。
VMware VIXに依存しないバックアップ・リストアの実行
これまでVMware vSphereの仮想マシンをバックアップする場合、VMware VIXをプロキシサーバにイ
ンストールする必要がありましたが、Arcserve UDPではVMware VIXをインストールしないでもバック
アップおよびファイル単位のリストアができます。
※ 仮想マシン内でのバックアップ前後にスクリプトを実行する場合などは必要
VMware vNetwork Distributed Switch (vDS) 利用環境のサポート
VMware 仮想環境にvNetwork Distributed Switch (vDS)が利用されている場合も、バックアップおよ
びリストアがサポートされるようになりました。
24
仮想化統合基盤に更なる追加機能を
Premium /
Premium Plus
Arcserve Backup の機能を利用し、仮想化統合基盤の細かな要件にも対応
アプリケーション バックアップ
Oracle データベースやNotes/Dominoな
どのアプリケーションのオンライン バッ
クアップを専用エージェントで実行
Unix サーバのバックアップ
仮想環境に統合できないUnixサーバも
まとめてバックアップ
Unixサーバ
テープ ライブラリのサポート
Arcserve Backupのその他機能
複数のドライブが搭載されたテープライブ
ラリの利用をサポート
Arcserve Backupのエージェント/オプ
ション機能をすべて利用可能※
Enterprise
Module
SAN
Option
Agent for
SharePoint
etc
ライブラリ
※日本でサポートされているエージェント・機能のみ
25
Arcserve UDPのフォーカスエリア
Unified Data
Protection
26
災害対策を適切なコストで実現
仮想環境に統合するシステムに求められる多くの機能を盛り込みました
バックアップデータの重複排除
バックアップデータの転送
エージェントで重複排除を実行!複数サー
バ間の重複排除も行い、少ない容量で多く
の世代を残せる
標準機能でバックアップデータの転送機能
を搭載!遠隔地への保管に最適
仮想スタンバイサーバの自動作成
マルチ テナント ストレージ機能
バックアップ後すぐに仮想マシ
ンに復旧。障害時には仮想マシ
ンで代替運用!遠隔地で構成す
れば災害時の継続運用にも
27
認証情報を設定し、適切な情報が提供され
た場合のみデータを受け入れるバックアッ
プデータの二次保管先を提供
バックアップデータの重複排除
こんな時に
便利!
 バックアップデータ容量を少なく保存したい
 ネットワークに流れるデータ量を少なくしたい
物理サーバ
仮想サーバ
ノード間でも
重複排除
対象サーバで
重複排除
ブロック増分バックアップ+重複排除を利用して
更に少ない容量で多くの世代を保管できる
28
バックアップデータの転送
こんな時に
便利!
 バックアップ データを遠隔地に保管しておきたい
 WANに流れるデータは更に少なくしたい
本番サーバ稼動サイト
30
世代
バックアップ
重複排除で回線
使用量を更に削減
29
災害時稼動サイト(支店など)
転送元で
重複排除
5
世代
合成
(マージ)
転送
特定の曜日・時間を
指定して転送できる
転送先での世代数を
個別に設定できる
仮想スタンバイサーバの自動作成
こんな時に
便利!
 障害時にリカバリするよりも早く環境を利用したい
 災害時には遠隔地でサーバを復旧して継続利用したい
同一サイト内での利用
遠隔地での利用
ON
ON
転送
バックアップ
復旧済みの仮想マシン
で素早く業務を再開
30
リカバリ
ローカル / 遠隔地でも
構成できる
複数のスナップショット
から適切な時点に戻せる
マルチ テナント ストレージ機能
こんな時に
便利!
 二次バックアップ先を共有し、コストを削減したい
 遠隔バックアップ サービスの原価を更に圧縮したい
二次バックアップ先を共有する上で必要なセキュリティ機能を提供
A社
認証情報が正しければ
データを受け入れる
アカウント A /
パスワード
プラン
A
プラン
B
B社
アカウントB /
パスワード
31
サービスプロバイダ
Premium /
Premium Plus
災害対策に更なる追加機能を
Arcserve Replication/HA の機能を利用し、より細かな災害対策要件にも対応
ファイル単位のレプリケーション
ファイルサーバのリアルタイム レプリ
ケーションにより、鮮度の高いデータを
遠隔保護
Hyper-V仮想マシンの災害対策
Hyper-Vシナリオによる仮想マシンのレプ
リケーションおよびスイッチオーバーを
サポート
P
P+
アプリケーションの可用性向上
Arcserve RHA その他機能
Microsoft SQL ServerやOracleデータ
ベースなどアプリケーションのデータを複
製、スイッチオーバーまでサポート
Arcserve Replication/HAのシナリオおよ
び機能をすべて利用可能※
アシュアード
リカバリ
サービス
監視
Exchange
SQL Server
Oracle
IIS
P+
P+
※日本でサポートされているシナリオ・機能のみ
32
etc
Arcserve UDP ライセンスについて
ライセンスの課金対象
課金対象
バックアップ対象
特定のオプション
管理コンポーネント
インストール
※ Arcserve UDP Premium/Premium Plusに含まれるArcserve Replication/HAを利用
する場合には複製元と複製先にライセンスが必要です
34
拡張してもライセンスの対象はバックアップ対象のみ
テープ
データセンタ
35
Arcserve UDP ライセンス一覧 (課金方法一覧)
Arcserve UDPライセンスはこの5種類のみ!
CPU ソケット数
課金
(per Socket)
データ容量 課金
(per Terabyte)
サーバ(PC)
台数 課金
(per Server)
Arcserve UDP
Arcserve UDP
Standard
Advanced
Premium
80,000円
100,000円
200,000円
物理環境のみ
物理環境のみ
物理環境のみ
80,000円
100,000円
40,000円(5 Pack)
Premium
Plus
Arcserve UDP
Workstation
New!
300,000円
New!
RPSのバック
アップ用として、
Arcserve
Backupのテープ
バックアップ機能
のみを含む
36
Arcserve UDP
Arcserve UDP
RPSのバック
アップ用として、
Arcserve
Backupのテープ
バックアップ機能
のみを含む
Arcserve
Backupのテープ
バックアップの全
ての機能と
Arcserve
Replicationファ
イルサーバ版の機
能を含む
※上記の価格は全て、1年メンテナンス付き価格となります。
※上記の価格は全て、税抜価格となります。
Arcserve
Backupのテープ
バックアップと
Arcserve
Replication/HA
の全ての機能を含
む
RPSのバック
アップ用として、
Arcserve
Backupのテープ
バックアップ機能
のみを含む
Arcserve UDP ライセンス一覧 (含まれる機能一覧)
エディション
クライアントPC用
エディション
サーバ用エディション
Standard
Advanced
Premium
Premium
Plus
Workstation
データおよびシステムの
バックアップ
●
●
●
●
●
統合管理
●
●
●
●
●
データストアの
テープ バックアップ
●
●
●
●
●
遠隔地へのバックアップデータの転
送
●
●
●
●
●
仮想マシンの保護
●
●
●
●
アプリケーションのオンライン
バックアップ (SQL Server,
Exchange Server)
※2
●
●
●
Arcserve Backup 全機能 ※1
●
●
Arcserve Replication
ファイル サーバ シナリオ
●
●
バックアップ要件
Arcserve Replication/HA
全機能 ※1
●
※1 : 本ライセンス ガイドで記載されている「全機能」とは、日本でサポートされている機能・動作要件が対象です。
※2 : SQL Server Express Editionのみオンライン バックアップをサポート
37
Arcserve UDP ライセンス
エディション
サーバ単位 (Server)
1年 メンテナンス
Standard Edition
Advanced Edition
※1
3年 メンテナンス
ソケット単位 (Socket)
1年 メンテナンス
※2
3年 メンテナンス
¥80,000
¥102,000
¥80,000
¥102,000
¥100,000
¥128,000
¥100,000
¥128,000
Premium Edition
ー
ー
¥200,000
¥256,000
Premium Plus Edition
ー
ー
¥300,000
¥385,000
※1 サーバ単位のライセンスは物理サーバのみに適用できます
※2 ソケット単位のライセンスは仮想サーバおよび物理サーバに適用できます
容量単位(キャパシティ)※3 ※4 ※5
エディション
1TB未満
1年 メンテナンス
1TB以上5TB未満
3年 メンテナンス
1年 メンテナンス
3年 メンテナンス
Standard Edition
¥492,000
¥632,000
¥468,000
¥601,000
Advanced Edition
¥615,000
¥789,000
¥585,000
¥750,000
Premium Edition
¥1,024,000
¥1,314,000
¥973,000
¥1,249,000
Premium Plus Edition
¥1,797,000
¥2,306,000
¥1,708,000
¥2,191,000
※3 キャパシティライセンスは、バックアップ(または複製)対象の総データ量に対して課金されるライセンスです。
※4 本価格は、1TB(テラバイト)に対するライセンス金額です。
※5 5TB以上ご利用のお客様は別途お問い合わせください。
38
<参考>
CPU ソケット数 (per Socket)の考え方
•
Arcserve UDP ライセンスの ソケット単位 (per Socket)とは、保護対象の
物理プロセッサ (CPU) ソケット数です。
•
ソケットあたりの「コア」(物理マイクロプロセッサ内の論理マイクロプ
ロセッサー)数に制限はありません。
•
プロセッサのない空のソケットに対しては、ソケット単位のライセンスは
必要ありません。
•
例えば、単一の物理CPUソケットに取り付けられたクアッドコア (Quad
Core) CPU(下図サーバ B )を実行しているサーバーにのみ1ソケットの
ライセンスが必要です。
サーバ A
39
サーバ B
ソケット
• サーバ A のライセンスは、2 ソケットです。
デュアル コア プロセッサで 2 つのソケットが
あります。
コア
(プロセッサ)
• サーバ B のライセンスは、1 ソケットです。
クアッドコアプロセッサで 1 つのソケットをが
あります。
Arcserve Backup r16.5 SP1
新機能: ダブル テープ コピー
バックアップデータをディスクからテープ2本に同時にコピーする
こんな時に
便利!
 障害に備えてテープにバックアップして社内に保管したい
 ただ、災害時に備えて遠隔地にもテープを保管したい
1
2
その他: ・Microsoft Exchange Server 2013 SP1 対応
・Microsoft SharePoint Server 2013 SP1 対応
・VMware vSphere 5.5 Update1 対応
・r16.5 Update1 ~ Update3 に追加された拡張機能
40
Arcserve Replication/High Availability r16.5 SP3
新機能: Arcserve UDP 管理コンソールとの統合
Arcserve UDP
ブラウザでアクセスできる
Arcserve RHA r16.5 SP3
今までと同じ画面で管理
できる
どちらの方法でも運用・管理できるので、
利用しやすい方法を選択いただけます
41
[ 参考 ]
旧バージョンからUDPへのアップグレード
42
旧バージョンからのアップグレード
~基本的な考え方~
• メンテナンスが有効な旧バージョンのArcserve D2Dをお持ちのユーザ
様に対し、Arcserve UDPの該当エディションへの無償アップグレード
を提供いたします。
※また、有償となりますが、Arcserve UDPの該当エディションよりも上位のエディショ
ンにもアップグレードが可能です。
• r16.5以前の下記のライセンスをお持ちのお客様は、Arcserve UDPの該
当エディションへのアップグレード(有償)が可能です。
• Arcserve Backup
• Arcserve Replication/HA
• メンテナンスが有効でないライセンスをお持ちのお客様は、メンテナ
ンス契約を有効にしていただいた上、 Arcserve UDPに無償アップグ
レードが可能です。
43
旧バージョンからのアップグレード・マトリックス
旧:Arcserve D2D
新:Arcserve UDP
物理用ライセンス
Arcserve D2D for Windows
Workstation Edition
Per Workstation(1)
Arcserve UDP Workstation
※D2Dに加え、Arcserve
Replication 各ライセンスをあわ
せてお持ちの場合は下記のエディ
ションにアップグレード可能です
Arcserve Replication
Arcserve D2D for Windows
Server Standard Edition
Arcserve D2D for Windows
Server Advanced Edition
Per Server (1) または
Per Socket(必要数)
Per Server (1) または
Per Socket(必要数)
Arcserve UDP Standard
Arcserve UDP Advanced
Arcserve UDP
Premium
仮想用ライセンス
Arcserve D2D for Windows
and Linux Server Advanced
Virtual Edition per Host
License
Arcserve Central Host-Based
VM Backup with D2D
Windows Server Advanced
Edition
Per Socket(必要数)
Arcserve High
Availability
Arcserve UDP Advanced
Per Socket(必要数)
Arcserve UDP
Premium Plus
容量課金ライセンス
Arcserve r16.5 RPO
Managed Capacity
Arcserve r16.5 RPO RTO
Managed Capacity
44
Per TB(容量課金)
Per TB (容量課金)
Arcserve UDP Premium
Arcserve UDP Premium
Plus
※UDP Premium、Premium
Plus へのアップグレードには、
Arcserve Backupの有効なライ
センスが必要です。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
20
File Size
1 740 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content