第64号 - 京機会

京 機 短 信
No.63 2007.05.20
京都大学機械系工学会(京機会) tel.& Fax. 075-753-5183
E-Mail: [email protected]
URL:
http://www.keikikai.jp
編修責任者 久保愛三
時評
人、
忘れ易く、
歴史は繰り返す
人、忘れ易く、
忘れ易く、歴史は繰り返す
先日、 NHK で working poor の問題を取り上げていた。 製造コストの安さを求
めてのグローバリゼーションの中、アメリカの製造業がアメリカを離れ、その結果
として、かってアメリカを支えていた製造業従事者がまともな仕事にありつけず、
white も colored もそのマジョリティーが、働いても働いても生きてゆけないよ
うな所得水準に落ちている、そして、人口の 10% が富の 70% を占め(この数値は
正確には覚えていないが感覚的にこのような印象)、日本もその後を追っている、
と言ったものであった。
かって、産業革命により発生した少数の大資本家が、「人あまり、物不足」の社
会状態を背景として、安い労働力を使って資本を増大させてゆく中で、儲けを高め
るための劣悪な労働条件と環境悪化を伴っても、労働者を搾取しても、利潤を追求
することが、資本を提供した人に対する当然の義務とされた。 資本の論理であ
る。 これに対する労働者の動きとして、共産主義や社会主義が生まれた。
この状況を放置しては、長期的には資本主義が
自分で自分の首を絞めることに人は気づき、初期
初期
資本主義
資本主義の欠点が次第に改められた。 また、ケ
この記事中の写真は、本文と関係ありません。
インズによる経済理論が実践され、いわゆる修正
修正
資本主義が経済を支配するようになり、資本主義
資本主義
世界の人々を、昔からは考えられなかったような
豊かな状況、すなわち底辺に近い人たちでさえま
あまあの生活ができる状況が実現された。 こう
なると、多くの人々の生活を修正資本主義世界ほ
どに改善できなかった共産主義等は、その存在理
由を失い、また、全体主義、官僚主義的色彩を
持って一部の特権階級のみが甘い汁を吸っていた
状況とも相まって、壊滅した。
Max Schreck starring as Count Orlok in
一方、豊かな生活が当たり前のこととなると、
- 1 -
movie "Nosferatu"
産業革命
資本の論理
初期資本主義
搾取、労働条件、環境の悪化
修正資本主義
努力をしても
変える事の出
来ない(神が
定めたとしか
思えないよう
な)人間の
Nature
限界1.欲望充足への希求
限界2.慣れによる不感
限界3.経験枠を越えられない
限界4.情報のあり方と理解基準の混乱
限界5.意図は伝わらない言語限界
限界6.人の認識できる周波数特性
共産主義、社会主義
まあまあ豊かな生活
労働意欲の喪失
官僚主義、全体主義の害毒
共産主義、社会主義の存在理由の消滅
バーチャルによる実体経済の支配
資本の論理
原始化資本主義
会社は株主のもので従業員のものではない
従業員は株主に奉仕するための単なる 道具
かって資本主義が欠点を克服
し、豊かな社会を築けてきた原
点が忘れられ、
資本主義の最悪の点が復活し
てきた
隠蔽する理論としてのコムプライアンス
搾取、労働条件、環境の悪化
残念ながら貧しくならざるを得ない
どうしようもない人間の本性として、人は働かなくなって、且つ、利益だけを得よ
うとするようになる。 ここに時期を合わせるように、人は電脳を進歩させた。 これが電子計算機であったときには誰も気づかなかったことであるが、 Information Technology として地球上の情報について、時間と地域の差、距離をなくすよ
うになったことで、大きな問題の芽が生まれた。 すなわち、優秀な技術者が新し
い技術を作り、頭の良い資本家がそれを利用して産業革命を起こしたのと全く同じ
事を、今度は IT を道具として、頭の良い利に聡い人々が、修正資本主義の security holes をついて実行可能なことに気づいた。 少量の毒は薬であり、多量の
薬は毒であると言う昔から分かっている真実には気づくこともなく、人々に、それ
は進歩であり、善であると信じ込ませる状況が進展した。そして、実体の裏付けの
ない信用通貨と契約で実体を牛耳る、バーチャルエコノミーによる実体経済の支配
が蔓延しだした。
景気変動の高周波成分着目した投機で資産を増やそうとする博打打ちが世界を席
巻しだした。 長期的な景気動向とその中における人の生活を豊かにするための企
業の発展という、景気変動の低周波成分に着目した修正資本主義が本来持つべき投
資の意味など誰も考えなくなった。 株主がそのように変質していっても、会社は
株主のもので従業員のものではないという資本主義のある一面のみが宣伝された。
高校生がうまく博打を当てると、何十秒で何億円と儲かる世界であり、地道な努力
- 2 -
や勤勉なんぞ、糞食らえの世界である。
Bela Lugosi in
かって息の根を止められたはずの吸血鬼、
資本の論理の復活である。 そして、従業
員は、株主が吸血鬼であっても、それに奉
仕する義務を負わされた単なる道具に再び
成り下がった。 そして、搾取、労働条件・
環境の悪化のいう初期資本主義が認識した
はずの問題点が、再び、前と同じように起
こってきている。 体の細胞がガン細胞に
変身するように、修正資本主義の中から生
まれてきた原始化資本主義
原始化資本主義の繁茂である。
原始化資本主義
教育においても、ガキの時から、まっとう
に働くことより博打の打ち方を教えること
がもてはやされている。 この結果がどう
なるかは、「歴史は繰り返す」であろう。 しかし、再び豊かな安定した状況になるま
では、かってそうであったように、残念な
がら、マジョリティーの人々の生活は貧し
くならざるを得ない。
幸いなことに現在の資本家は、まだ全てが景気変動の高周波成分のみに着目する
投機家ではない。 ここに大きな救いがあるのかも知れない。 彼ら、すなわち、
景気変動の低周波成分に着目した本来の投資家が、投機家を打ち負かせるよう知恵
を使わねばならない。 (文責 久保愛三)
京機短信への寄稿、 宜しくお願い申し上げます
【要領】
宛先は京機会の e-mail: [email protected]
です。
原稿は、割付を考えることなく、適当に書いてください。 MS ワードで書いて頂い
ても結構ですし、テキストファイルと図や写真を別のファイルとして送って頂いても
結構です。 割付等、掲載用の後処理は編集者が勝手に行います。
宜しくお願い致します。
- 3 -
シリ−ズ 博物館めぐり
レオナルド
・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館
レオナルド・
(つづき)
Museo Nazionale della Scienza e della Tecnica Leonardo da Vinci
吉田 英生(航空宇宙工学専攻)
[email protected]
3. Leonardo Gallery
Firenze 近郊の Vinci 村で生まれた Leonardo は 14 歳で Firenze の Verrocchio 工
房に入った後,30 歳で Milano に移る.そして 60 歳で Milano を去るまで Leonardo
の活動拠点はまさしく Milano であった.そのような縁で,この博物館の圧巻は,
なんといっても "Leonardo Gallery" である.入り口の左側には図 4 のように,ウィ
トルウィウス的人体図(De mens van Vitrivius)があり,壁の向こう側には最後の
晩餐の大きな複製図が掲示されている."Leonardo Gallery" の詳細については博物
館 HP から引用しよう.
One of the main attractions of this great Museum is its display of over
one hundred models illustrating the work of Leonardo, foremost engineer
and technologist of his era. The models depicting Leonardo's designs are
of educational value first and foremost, since they allow the non-specialist public, particularly schoolchildren, to appreciate an interpretation
図 4 Leonardo Gallery
- 4 -
図 5 水蒸気の圧力を測定する装置
Device for measuring water turning to steam
The instrument devised by Leonardo was used for carrying out experiments
and measuring the expansion and pressure of steam. The device consists of
a container filled with cold water. The container has a lid with a weight
attached to it. When the fire is lighted, the water is heated and it
gradually increases in volume. The weight outside tends to fall, thus measuring the pressure exerted by steam against the lid of the container. The
whole experiment could be watched through a membrane stretched tightly
over the lid of the container.
(展示説明文をそのまま引用)
- 5 -
of drawings which in themselves are not always easy to comprehend. Most of
the models were constructed for the exhibition of 1952 organised by the
National Committee honouring Leonardo in the fifth centenary of his birth
(1452). Every Sunday starting from June 18 till Sept. 10 an english speaking guide will be available at the entrance of the Science Museum for free
guided tours of the Museum, particularly of the Leonardo section.
いうまでもなく Leonardo は,画家 (ただし完成品は数えるほど),建築・土木・
機械工学,さらに解剖学などのあらゆる分野に第 1 級の仕事をした天才である.工
学の中でも,とりわけ飛翔に関する研究は先駆的で,また渦の図などもよく描いて
流体力学に深い関心を寄せていた.その Leonardo と熱の接点はあるのかどうかと
いうのが,筆者の素朴な疑問であった.
Leonardo Gallery には,Leonardo が設計・考案した機械や装置の模型が 20 点ほ
どゆったりと展示されている.博物館の所蔵品は膨大であるので,この展示はおそ
らくときどき入れ替えられるのであろうと思われるが,筆者が訪問した際には,幸
図 6 蒸留器
Continuous cooling distiller
The characteristic feature of this
alembic was a very broad condensing
surface. The section in which the
fire was produced was separated from
the one containing the cooling water
by a central section exposed to air.
This system was designed to reduce
the sudden change in temperature,
which would damage the glass and
ceramic containers.
The folio comprises the drawing of
an alembic and the inscription referring to it: How to obtain a
clearly distilled liquid. Make sure
that the water flows throughout the
alembic. (展示説明文をイタリックを
含めてそのまま引用)
- 6 -
い熱に関する展示を二つみつけることができた.
一つは図 5 に示す水蒸気の圧力測定装置,もう一つは図 6 に示す蒸留器である.さ
らに,燃焼にまで対象を拡張すると Conducted-flame furnace という模型も展示さ
れていた.やはり万能の天才 Leonardo は熱にも関心を寄せ,独創的な発明をして
いたのだ! 今さらながら Leonardo の多才ぶりに感嘆させられた瞬間であった.
4. おわりに
イタリアではローマ帝国以来の遺産があらゆるところに分布しており,2000 年以
上の歴史の重みが人々の心の底にしっかりと宿っているように思われる.図 7 もそ
の一例であろう.
図 7 イタリアでは,何でもローマ風に
上図:蒸気機関(1850 年ころ)の柱に注目
下図:鉄道の父 Stephenson の像
- 7 -
ローマの遺跡では卓越した土木・建築技術,また中世の石造りの大聖堂や鐘楼な
どでは巨大さと途方もない労力のすごさと技術の高さとに圧倒される.このような
建築に関する展示説明だけは当博物館には少ない (ほとんどない?) ように思われ
る.あえて博物館内に模型を展示しなくても現物がイタリア国内にいくらでも存在
しているのだから必要ないのかもしれないが,イタリア国内を旅して大聖堂などの
威容に圧倒された筆者は,時間を見つけて別途調査したいと思っている.
なお,Leonardo に関するイタリア語・英語の資料 (さらに解剖図については厳密
な日本語訳も入手可)は,当博物館よりもスフォルツァ城 (Castello Sforzesco
http://www.milanocastello.it/intro.html) の正面左側にある Book Shop に比較的
多数揃えられており,旅行者には便利であることを付記する.
(おわり)
吉田神社境内
- 8 -
執行部交代
年度も新しくなったことで,京機学生会執行部 SMILE (以下,SMILE )も代替わ
りしました.毎年私達が活動を続けていくことができるのも,京機会の皆様のおか
げであり大変感謝しております. さて今回の SMILE-LETTER は私達の一年間の活
動報告として,前年度の SMILE 会長からの一年間の総括と,新会長から今年一年の
抱負をお送りいたします.
昨年度の活動を振り返って
SMILE 前会長 田中 翔
[email protected]
2003 年の夏に発足した SMILE も早いもので,今年で発足
して 5 周年となる.その節目に向けて弾みをつける四年目
の昨年度,我々はこれまでに培ってきたノウハウを活か
し,さらなる京機会の発展のため,『挑戦と創造』を掲げて積極的に新しいことに
取り組み,メンバー各自がモチベーションを高く維持し主体的に活動することで,
SMILE は多くの成功を収めた.
例えば SMILE は昨年度,初の京機会学生支部総会の開催を京機会学生支部の代表と
して実現することができた.まだまだ支部として若く,手探りで作り上げた感は否
めないが,それでも組織拡大・京機会発展のための第一歩を踏み出せたと思ってい
る.しかし,このことにより SMILE は学生支部の代表という責任ある立場になり,
組織としてさらなる進化を遂げる義務があると実感している.現在は,学生支部総
会の規約作りや会計制度の見直し等,よりしっかりとした組織にするための準備を
進めており,このような SMILE を取り巻く環境の大きな変化が今後の活動において
も重要な契機になるものと考えている.
次に,昨年度の SMILE が取り組んできた挑戦と創造について報告する.
新たな試みとして,京機会関西支部と手を組み,異業種交流会をサントリーで行っ
- 9 -
た.いままで異業種交流会は関西支部が独自で行ってきたが,そこに学生の意見を
取り入れてもらい学生が参加しやすくすることで,以前より交流の幅が広がる企画
となった.今年もシャープ亀山工場と凸版印刷の見学が予定されており,引き続き
支部間の交流を深めていく.
同じく支部間の交流として,京機会中部支部と SMILE の交流会を行った.中部支部
とは中部工場見学などでお世話になり,非常に交流が盛んである.そこでさらに企
画の質を上げるためにも,意見交換会として昨年度の企画の反省や今後の方針を検
討するなどした.
以上の活動はどれも初の試みであり,今後も継続して行っていくことで支部間の交
流が盛んになることを期待している.
このような支部間の交流以外にも我々は挑戦し続け,KART との連携企画・博士課程
のススメ企画・修士課程を有意義に過ごすための企画・フットサル大会など,過去
最多の企画を立案・実行し,そして成功を収めることができた.このような我々が
昨年度掲げた『挑戦と創造』の精神は,次のメンバーに受け継ぐことにする.
最後に,SMILE メンバーの中心は修士一回生の学生であるために,毎年運営委員が
入れ替わっていかざるを得ず,運営の方法が上手く継承できずにいる.まだまだノ
ウハウとまとめるほど成熟したものではないが,京機会の先輩方,先生方をはじ
め,SMILE を取り巻いてくださる多くの皆さんからご指導ご鞭撻いただきながら,
今後とも継続してレベル UP していきたいと考えている.
今年度の抱負
SMILE 新会長 北川 優太
[email protected]
media.kyoto-u.ac.jp
SMILE は,京機会のみなさまならびに先生方のご理解・ご
協力もあり,おかげさまで今年で5年目という節目の年を
迎えることができました.メンバー一同,組織の更なる成長を実現しようと意気込
んでいます.
SMILE は,京機会あるいは学内において広く認知されるようになりました.また,
その活動範囲も年々広くなっています.このような状況の中で,今年は SMILE をさ
らに多くの人々に認知していただくと共に,先生方や OB,学生といった SMILE を取
り巻く環境・人々との関係をより良いものにしていきたいと考えています.これま
での過去4年間で積み重ねてきたことの単なる繰り返しではなく,常にブラッシュ
- 10 -
アップを心がけ貪欲に頑張っていきたいと思っています.また,SMILE 以外の学生
同士のつながりを強め,そこで出来た人間関係を継続させる手助けもしていきたい
と考えています.
SMILE を運営することは非常に責任あることですが,このような貴重な活動をしっ
かりとやりとげることは,自分たちの成長,ひいては京機会・京機学生会の発展に
繋がると確信しています.
今後の SMILE の活動に期待していただきたいと思います.よろしくお願いいたしま
す.
京都大学フォーミュラプロジェクト KART
KART 2007
プロジェクトリーダー 堀内 亮
E-Mail: [email protected]
新学期も始まり、大学の講義や新
人獲得、車両製作と 4 月は非常に
忙しい月となりましたが、メン
バーは車両完成を最優先に掲げ、
全力で製作を進めています。 4月
の会計状況は下表の通りです。
- 11 -