close

Enter

Log in using OpenID

新車長期保有ユーザーの買替えやメンテナンス

embedDownload
Press Release
2009年8月6日
株式会社現代文化研究所
新車長期保有ユーザーの買替えやメンテナンスに関する意識調査
~自販連「自動車ディーラー・ビジョン」掲載のユーザー調査の詳細データとユーザー特性別分析~
自動車業界の専門シンクタンクである株式会社 現代文化研究所(本社:東京都千代田区、代表取締
役社長:後藤伸一)は、2008年度下期以降の急激な自動車市場環境の悪化を踏まえ、主に新車ディーラ
ーを支援する立場から、新車を購入後満5年以上経過した長期保有ユーザーに焦点を当て、車の買替え
やメンテナンスに関する意識調査(インターネット・モニター調査)を行いました。
この調査結果の要点は、社団法人 日本自動車販売協会連合会から公表される「自動車ディーラー・ビ
ジョン」の中で掲載しておりますが、今回(株)現代文化研究所から発表する冊子は、調査結果の詳細デー
タを確認できるようにすると共に、「自動車ディーラー・ビジョン」では詳しく触れられなかったユーザー特性
別の特徴を記述しています。またサマリーとして、「性年代別」の特徴にスポットを当てた課題と対策の方向
性について、ここでご紹介します。
新車市場の活性化やストックビジネス強化のための資料として当調査の分析内容を掲載した「自動車
ディーラー・ビジョン」と併せてご覧いただければ、一層参考になると考えます。
<調査概要>
◇実施時期:2009年2月上旬 ◇実施方法:インターネット・モニター調査(全国) ◇有効回答数:1,011
<調査結果のポイント>
需要意欲が減退している若年層や女性に対し、メーカーにはニーズとのミスマッチを解消する商品
供給が求められ、ディーラーはカーライフ全般で集客力を高め、流出を防ぐ方策が求められる。
◆以下、データ分析から、7つのポイントを挙げる。
① 2008年度下期以降の世界同時不況により、国内新車市場は需要低迷が続いてきたが、その最大の要
因は、消費者の先行き不安による買い控えであり、30代の世帯形成期世代で最も顕著となっている。
図表1.次回買い替え予定時期に関してあてはまるもの(MA)
、
1
そ
の
他
、
22
20
24
20
21
25
26
15
ュー
23
25
21
22
29
21
21
22
、
32
30
35
27
29
28
34
42
、
36
37
36
37
42
38
37
27
は ど 生 て め魅 う で暗 は問収 も 車資 買 な 景
低 活 い 力 気 い な 題入 影の産 い く 気
く 車が る 保的 分買 ニ い で の 響買価 替 の
検大 すい格 え 定変
有な にい
な 関厳
討幅 る 替の る 期動
期車 は替
る連し
え 低 方的 と
す減
間が な え ス
のく
時下 針に は
るや
が な れ時の
優な
期が
余雇
延い な と 影
先る
車関
に
裕用
びた いい響
度ほ
を係
、
期く生
も な活
影り費
響 の
を 買余
受い裕
け替が
る え少
時な
、
で金買
き 面い
なの替
い問え
題た
でい
実が
行
が資
、
1011
609
402
98
235
248
234
196
性で車
を の
感買耐
じ い久
な 替性
いえが
の高
必い
要の
、
全 体
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代以上
し り将
に 来
く 買の
いい不
状替安
況え感
をが
検あ
討
、
回
答
数
19
19
19
15
17
19
23
19
15
17
11
18
20
16
13
8
14
12
17
8
12
16
17
13
12
11
13
10
13
13
15
7
9
10
7
2
4
7
12
16
9
9
9
9
5
12
8
11
3
4
3
4
2
2
3
7
② 代替意欲が高まるきっかけでは、「低価格・低燃費のエコカーの発売」への潜在ニーズは強く、50代以上
で顕著。今後そうした層を中心に、エコカーには安定した需要が期待できる。
但し、環境対応による追加コストへの許容度は低い点が特徴。
22
23
22
24
25
19
24
22
15
14
15
26
23
17
9
4
12
13
11
12
12
15
16
5
、
23
24
21
24
22
24
24
21
」
26
24
29
27
29
24
26
24
るH
万意 V の意
円欲 ・ 比向興
が E 率な味
湧V
しが
く車
な
限を
とい
界検
い
価討
う検
格す
人討
「
28
29
28
26
23
26
33
35
見景
え気
ての
き回
た復
時の
兆
し
が
)
34
35
32
46
41
35
33
19
がの家
変経族
わ過の
で成
た 車長
時の な
使ど
い
方時
)
50
45
56
51
48
50
50
51
減く車
さ のの
れ税保
た 金有
時のに
負関
担わ
がる
軽多
、
1011
609
402
98
235
248
234
196
減が新
さ 法車
れ改購
た 正入
時で時
大の
き税
く負
軽担
っ
、
、
じ の車 時実自 な の環 と え 低
際身 価車境 納 た 燃
た発の
に の 格が に 得方費
時生性
安世 で手優 で が の
で能
定帯 発の し き 車
低
し の 売届 く た 家に
不下
き 低 時計買
て収
便や
にい
そ燃
き入
を故
得替
う費
たが
感障
(
次
万期
円希
望
車
価
格
平
均
値
代替意欲が高まるきっかけ(MA)
回
答
数
全 体
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代以上
(
図表2
205
226
174
181
210
215
207
197
204
215
185
197
200
206
212
198
8
7
11
11
9
9
7
9
③ 20~30代の若年層の場合、代替意欲が高まるきっかけで「世帯収入が安定してきた時」という反応率が
高く、容易には動かない慎重な姿勢がうかがえる。本来望む代替時期より2年以上延ばす人は全年代
平均でも、半数にのぼっているが、20~30代の層では「乗りつぶす」意向の人も多い傾向があり、懸念材料。
4
5
2
2
5
5
3
2
19
20
17
15
13
24
19
20
16
17
14
12
18
10
18
20
び
る4
年
程
度
伸
る5
年
以
上
伸
び
4
4
2
2
5
6
3
2
6
7
4
1
5
7
6
8
りま乗
でれ
乗な
るく
つな
もる
可る保
能予有
性定を
が 中
高又止
いはす
、
25
24
26
36
24
24
22
25
び
る3
年
程
度
伸
~
8.7年
8.5年
8.9年
9.2年
8.6年
8.3年
8.8年
8.9年
び
る2
年
程
度
伸
~
1011
609
402
98
235
248
234
196
)
全 体
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代以上
本来望ましい期間よりも伸びそうな期間
び
る1
年
程
度
伸
~
響い特
は に
な景変
し気わ
のら
影な
(
)
気車本
影保来
響有望
除期 ま
く間し
い
景新
(
回
答
数
~
図表3
24
20
30
31
29
23
23 18
か有状
もを況
し中に
れ止よ
なすり
いる保
1
0
1
10
0
3
2
2
3
2
1
5
4
④ 「低価格で買える車種を増やしてほしい」と思う人は、若年層や女性をはじめとして非常に多い。「似通ったモデ
ルが多く、車種のバランスがよくない」「魅力ある車がない」と思う人も多く、商品供給面で消費者ニーズとのミス
マッチが課題であり、代替意欲が減退している若年層や女性も刺激するようなメーカーの対策が求められる。
⑤ 対策が必要な若年層には、「新車・中古車にこだわらない」人が多く、支払いをしやすい残価設定ローン車や
その期間満了車を同時併売する方式などで、魅力の向上や営業効率向上を目指すことも一つの道と思われる。
63
60
67
54
57
65
65
71
21
23
17
29
21
22
19
18
17
17
16
23
22
19
14
10
ー
48
50
43
63
53
42
43
46
自ク
体レ
のジ
利
用ト
率・
ロ
ッ
39
36
42
45
41
34
36
42
でク
のレ
購ジ
入
先ト
利・
用ロ
率
ン
ー
36
38
32
41
41
42
30
26
払い頭
いが金
プ割や
ラ安月
ンな々
分の
割支
支払
ッ
2
ー
*共感率は、MA質問での反応率
ー
64
62
67
66
66
63
63
63
い さ 魅 す売新 こ あ 質 買をメ
し れ力 い の車 だれの い絞
たたあ
方 と わば高 やりカ
が中 ら い す費
いら る
車
検古 な 新中 く用が
衝が
討車 い車古 すを車
動発
に車 る下種
しは
買売
はが
げ数
や併
、
72
73
71
65
70
69
79
73
あ買
るい
車替
がえ
なた
いい
魅
力
、
45
40
51
51
46
42
43
46
ス 多似
がく通
良車
く 種た
なのモ
いバデ
ラル
ンが
っ
88
84
92
90
90
85
86
88
うう
思ち
う
非
人常
のに
率そ
」
1011
609
402
98
235
248
234
196
い種低
を価
増格
やで
し買
てえ
欲る
し車
「
回
答
数
全 体
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代以上
共感率*
同意率(「非常にそう思う」+「ややそう思う」の率)
図表4
ン
23
24
22
32
28
26
21
12
⑥ 車のメンテナンスは、安全が関わるため、多くのユーザーは「標準的な支出」は想定し、節約一辺倒ではない。
しかし20~30代の層は、購入先ディーラーからの流出が多く、課題となる。
ディーラーからの流出の最大の要因は「価格の割高イメージ」で、比較経験よりイメージが先行。流出が多い
若年層は、それが顕著で、さらに純正部品などメーカーブランドへのこだわりも弱いため、認知強化策が必要。
31
31
31
35
30
29
31
33
4
5
2
6
4
4
3
3
54
52
56
50
56
56
53
52
を な メ のがい
続入 ン 同高程価
け 庫 テ 意い度格
て 先ナ 率所 な が
いと ン をら少
るしス 優 し
人 て の 先技だ
の利主
術け
率用要 へ力高
購入先ディーラーへの入庫率
車
検
58
59
56
49
48
63
61
63
51
52
49
45
45
55
52
54
故
障
・
事
故
修
理
タ
イ
ヤ
交
換
オ
イ
ル
交
換
定
期
点
検
45
46
43
32
37
52
46
50
26
25
28
24
23
28
22
34
、
ン い費
テ 用
ナ又 を
ンはか
ス 自け
し 分た
たで く
いメな
」
12
12
10
9
11
11
14
12
1011
609
402
98
235
248
234
196
備用最
でに低
十よ限
分るの
点頻
検度
・ と
整費
、
用標
で準
的
点な
検頻
・度
整と
備費
、
全 体
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代以上
検を安
・ 重全
整視性
備 や
十品
分質
な維
点持
、
回
答
数
「
メンテナンスに関する考え方 図表5
60
61
59
52
49
66
65
62
57
58
55
43
51
63
59
61
79
79
77
74
75
79
80
83
「
30
23
41
38
32
32
27
24
36
35
37
23
26
38
37
49
19
16
24
34
20
16
17
16
ー
、
ー
ッ
ー
、
てのメ
メ
あリカ
ま
りトの
知に純
らつ正
ない部
い 品
、
)
20
20
20
18
18
24
17
21
こカ交
と 換
を純部
重正品
視部は
し品
てでメ
いあ
るる
同意率
ー
ー
26
27
23
17
24
25
27
30
1011
609
402
98
235
248
234
196
思価
う格
に
違
い
は
な
い
と
知
ら車
な検
いの
基
人本
の価
比格
率を
全
く
」
ィー
18
22
13
6
12
26
25
17
、
22
17
30
18
17
21
30
25
49
46
53
60
53
45
50
44
)
23
22
25
29
29
16
20
23
価デ
格 経
が 験
高ラか
い ら
の
方新
が車
ー
っ
41
38
44
44
35
45
41
40
269
158
111
34
65
58
64
48
価デ
格 イ
が メ
高ラ
い ジ
との
思方新
うが車
ー
回
答
数
、
、
全 体
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代以上
(
専業者との価格比較
ィー
、
っ
回
答
数
購入先ディーラーの利用減少理由
(MA)
でがメ や他 だを実 感り担
比際 が 当
割ン 職の
高テ 場店 た較に 薄店者
だナ かの のし他 れのが
とン ら方 でての た人変
店 のとわ
感ス 近が
割と での
じの い
親た
高価
た価 の自
近
格
の格 で宅
(
図表6
⑦ 今後集客力を高める必要がある若年層や女性は、ディーラーには敷居の高さを強く感じ、販促目的のイベント
への興味も低い。一方、地域コミュニティに有益な要素を持ったイベントや活動には、特に女性や若年層の関心
が高い。集客を図る上でも、今後は自由な視点からの工夫が求められる。
ッ
、
ー
、
、
、
68
64
72
70
65
63
70
71
63
72
れ無 ド
ば料 ラ
利で イ
用新ブ
し 曲中
たのに
いダ
ウ店
ン舗
ロに
立
ドち
が寄
でり
き
、
ー
54
52
56
58
53
52
54
54
54
55
す援地
れを域
ば の
有行高
意政齢
義等者
とな
協ど
力交
し通
な弱
が者
らへ
参の
画支
、
っ
ー
53
52
55
68
59
51
47
49
61
64
協の地
力情域
で報で
目が困
指融
せ合て
ばすい
るる
実拠人
現点 と
可を手
能 伝
性住 え
あ民る
り の人
、
子支 キ
供援
預団ズ
か体 コ
り と
サ連ナ
携
ビしを
ス 利
は機用
有動 し
意的
義な子
一育
時て
ー
57
56
58
61
59
55
59
53
60
58
、
50
49
51
54
53
47
47
50
53
55
体サ高
と 齢
連ビ者
携ス等
し との
た御た
サ用め
聞
ビき車
ス のの
は生巡
有活回
意支点
義援検
団
ー
移農
ー
(
」
56
52
62
61
59
54
53
54
59
61
動業都
を や市
伴宿部
う泊と
イ の農
ベ体村
ン 験部
ト 等の
は 交
有す流
意るを
義 促
車進
「
74
70
79
78
69
71
78
78
67
77
に地
す元
るの
店生
舗産
イ者
ベ支
ン援
ト な
はど
有地
意域
義を
元
気
)
、
3
りテ
魅 車
力マや
を に用
感し品
じた
なイの
いベ販
ン売
ト促
に進
はだ
け
あを
ま
」
ャー
56
51
65
63
61
54
56
50
57
67
「
ー
ッ
70
69
71
68
69
65
75
73
67
70
何
と ラ
な
くの
プイ
レベ
ン
シ ト
に
行
を く
感際
じ
ー
1011
609
402
98
235
248
234
196
189
144
ー
合 計
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代以上
男性20~30代
女性20~30代
る はデ
ィー
、
48
42
56
63
55
48
43
35
50
67
ー
(%)
、
74
69
82
72
79
71
77
71
72
84
ィー
回
答
数
ィー
+「ややそう思う」の比率)
ー
同意率(「非常にそう思う」
興デ
味
を
抱ラ
く
この
と週
は末
少イ
なベ
いン
ト
に
は
ィー
え購
入
気し
軽た
にデ
は
立
ちラ
寄
りの
に店
く舗
いで
さ
、
舗よ
はく
知
敷ら
居な
がい
高新
く車
入デ
り
に
く ラ
い
の
店
、
図表7
36
36
36
50
42
40
35
17
45
44
*「自由意見一覧」の一部抜粋 (第1ページ)
■車のデザインや機能・品質(環境対応など含む)、価格のバランスなどを踏まえ、こういう車が
発売されたら魅力を感じ購入する意欲が高まるという商品のイメージや、メーカーの商品開発 性年代
への具体的な不満点などあれば、ご自由にご意見・ご提案をお寄せ下さい。
1 乗りたいと思う軽四輪がない
男性20代
2 安い(普通の車と価格の差が無い)ハイブリッド車
男性20代
3 自動運転
男性20代
独自性がない気もする。他者が丸みを帯びた形を出すと、みんな丸みをつける。角ばった車は
4
男性20代
角ばったままでいいと思う
5 レースに出場するのは良かったのに、外国メーカーを見習ってほしい。
男性20代
居住空間を削っていいから、もう少しサイズの小さい、値段をおさえた、走行性能にこだわりの
6
男性20代
ある車が欲しい。4ドアで。
7 燃料電池車の開発促進。
男性20代
エクストレイルのディーゼルエンジンのCVTは出たのかな。各社の良い所どりのクロスライセン
8
男性20代
スのエンジンを作ってみたらどうだろう。
9 電気自動車
男性20代
10 デザインが似通っているのが多い。
男性20代
夜中に車を動かすことが多いので、近所の人に迷惑にならないように、静かに車を動かせられ
11
男性20代
るような機能がある車が欲しい。
次回車を買い替える際にはハイエースを検討しているが、グレード等ラインナップに不満があ
12
男性20代
る。ユーザーのニーズに応えられる様幅広い設定を設けて欲しい。
車中のデザインや機能を一部オーダーでき、外観やデザインの一部などを排除して本来の価
13
男性20代
格のままで、プラスマイナス0で注文できる車が出ればいい
見た目は昭和初期~中期の個性(復刻版?)で、中身は最新の技術を利用し、高い安全性を
14
男性20代
確保。丸い車よりも、角ばった車の復刻を希望します。
15 どのメーカーも無難なデザインに落ち着いてしまい、面白みが無い
男性20代
16 形デザインが気に入らない
男性20代
17 とにかく価格の安い車が良い
男性20代
18 低価格ハイブリッド
男性20代
環境に優しい車程価格が高く、手に入れがたい。環境を訴えるくらいなら、手頃な設定にすべき
男性20代
19
ではないか。
20 維持費が安くなるような工夫をしてほしい
男性20代
21 1BOXに買い換えたいが、選択肢が少なく、ミニバン並みに車種が増えればいいと思う。
男性20代
22 ダイハツのネイキッドが発売中止になったのは残念。(次回もネイキッドに乗りたかった)
男性20代
これでもかという位に安全性に特化した車が出たら、購入意欲を刺激される。例えば、小石が
23 ぶつかった位では傷はつかないのに、勢いよく人にぶつかった時はクッションになるような外装 男性20代
とか。自分が事故に遭った経験が何度かあるので、そういった点を重視したい。
オデッセイクラスのミニバンで中位グレードを200万前半に抑えることができると、購買意欲がそ
24
男性20代
そられる。
25 軽で頑丈な車を作って
男性20代
26 コンパクトで燃費が良く、環境に配慮された車がいいです。
男性20代
ホンダのフリードで7人乗りや8人乗りをやめて5人乗りだけにして排気量を2リットル~2.5リッ
男性20代
27
トルで同じくらいの価格ならいいと思う
28 軽自動車のハイブリッドカーが安く実現できれば面白いと思う。
男性30代
29 顔がみんな似ていて個性がない
男性30代
30 ハイエースとか、快適に車中泊ができる車で、安い車。
男性30代
個性のある車が少なくなってきた、生活の足となるだけの存在になりつつあるので、環境度外
31
男性30代
視位の車が1台くらいあっても良いのではないか。
同クラスの車のデザインがどれも同じようなのが納得いかない。80年代~90年代の様な個性
32
男性30代
の強い車があったほうが楽しい。
33 水素自動車の早期開発
男性30代
スバルインプレッサWRX-stiや、車格は違うが、ダイハツコペンなどに興味は覚えるが、昨今の
34
男性30代
経済状況を見るに、存続に不安を覚える。作り続けて欲しいもの。
最近はエンジンの排気量が大きくなってしまい維持費が高くなっているので、2500ccまででス
35
男性30代
ポーツ系の車を出してほしい。
36 そもそも高すぎると思う。
男性30代
37 一回の充電で500km走れる電気自動車や燃料電池車が安く購入できればいい。
男性30代
アコードの大型化が進み新型には2000以下がなくなってしまった。時代になぜ逆行するのか理
38
男性30代
解できない。
39 余計な機能はいらない
男性30代
40 軽自動車のハイブリッドなら少々高くても買うと思う。
男性30代
41 家庭電源で充電できるハイブリット車
男性30代
42 スポーツモデルが少なくなった
男性30代
43 昔の型の車を、新車で乗りたい。
男性30代
1500クラスの車(カローラランクス・インプレッサなど)が軒並み3ナンバー枠になったことは全
44 く理解ができない。1500クラスのハッチバック車が欲しい。80年代のサニー・カローラ・ファミリ 男性30代
ア・レオーネ・パルサーなどのクラスが実用的だと思う。
45 ハイブリッドの価格が一般車なみになればよい。
男性30代
46 燃費の良いワンボックスカーがもっとたくさん開発されれば良いと思う。
男性30代
47 やっぱり電気自動車がいい!
男性30代
48 良い車はどんどん製造中止になり、どこも同じような車ばかりになってしまった
男性30代
49 ステーションワゴンのハイブリッド車で、ベース車両から価格が20万円増くらいまであれば購入 男性30代
50 似たような車は、一緒にしたらいいと思う。
男性30代
51 低価格のハイブリット車があれば良いと思う
男性30代
52 車両価格を下げて欲しい
男性30代
4
保有車名
家族 子供
人数 人数
ムーヴ
トッポBJ
3
1
3
0
0
0
スイフト
3
0
フィット
6
0
インプレッサ
6
0
ランサー
1
0
ランサーセディア
4
0
グランディス
cube
1
3
0
0
カローラスパシ
オ
4
0
MPV
5
0
MOVE
3
0
レガシィB4
3
0
ラウム
マーク2
トゥディ
ミラージュ
1
4
4
2
0
2
0
0
Lupo
2
0
トルネオ
ストリーム
ネイキッド
3
4
3
0
2
1
イプサム
1
0
オデッセイ
3
0
フィット
MAX
4
3
2
1
オデッセイアブ
ソルート
5
0
モビリオ
マツダ
4
2
1
2
0
0
レガシー
3
1
ヴィータスイング
1
0
パジェロイオ
1
0
ヴィッツ
4
0
エアトレック
4
0
ハリアー
フィット
1
3
0
0
アコード
3
0
MPV
ワゴンR
エアトレック
ワゴンR
ステージア
3
1
1
2
5
1
0
0
0
0
シャリオグラン
ディス
4
2
ガイア
リバティ
エルグランド
ライフ
フィールダー
エルグランド
ウィングロード
レガシィ
5
4
6
3
5
3
4
2
3
0
3
1
0
1
2
0
モビリオスパイク
ハイラックスサーフ
<報告書の内容>
1)報告書の構成
〇 サマリー
◎ 詳細分析軸による質問項目毎の集計一覧表と、ユーザー特性別の要点コメント
◎ 自由意見一覧
(メーカーの商品開発への不満・要望/ディーラー店舗機能のあり方への意見)
2)主な質問項目
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
買い替え予定時期
前保有車の保有期間
買い替え時期への影響要因
本来望ましい保有期間
保有期間延長度合いの見込み
代替時の見込み総走行距離
代替意欲が高まるきっかけ
この車の気に入っている点と
次期希望車重視点
次期希望車の排気量・価格
HV車・EV車への許容価格
08年のガソリン高騰時の車利用度
への影響と、その後の状況
保有中止、レンタカー、カーシェア
への意向の可能性
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
車のメンテナンスへの考え方
入庫費目別の入庫先
購入先利用度の経年による変化
購入先を主要に利用する理由
購入先の利用が減った理由
工賃・部品代、純正部品、中古部品等への見方
この車のいたみ具合、対処方針、いたみの部位
ボディのキズの状況と対処方針
車検費用の詳細
車検時の引き取り納車の状況と潜在ニーズ、
来店しても良い特典内容
・ ローン、保険、下取りなどの利用先と購入店での
利用検討の可能性
・ 関心があるサービス商品(20品目)
・ 車購入やメンテナンスの場所の許容所要時間(車)
・ 車の商品/車購入の仕方/店舗機能等についての
31項目の考え方への賛否
3)集計軸
・ 新車購入後の年式別
・ 性別・年代別
(男性20~30代といった区分もあり)
・
・
・
・
家族形態別(人数や子供有無)
地域ブロック4分類別
都市規模別(7区分)
月間走行距離別
・
・
・
・
・
・
・
主用途別
車の必需性別
車への関心度別
排気量別
車種・ボディタイプ別
メーカー別
定期点検入庫先・有無別
<報告書のお申し込み>
□ 価格: 9,800円(送料込、消費税込み)
□ お申し込み方法: 弊社ホームページからダウンロードしたFAX用紙にて
□ お問い合わせ先:TEL:03-3264-6021(代表) お申し込みに関しては、堀本又は吉田まで
報告書の内容に関しては、白木まで
□ お支払い方法: 報告書にご請求書を同封させていただきます。 5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
391 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content