close

Enter

Log in using OpenID

53rd 結果報告 - FISMA TOKYO

embedDownload
併催行事
特 別 企 画
日時
タイトル
聴講者数
123
11:00∼12:30
10/15(木)
15:00∼16:30
11:00∼12:30
10/16(金)
『メンズ&レディースジャケットの比較』実技による解析
ニッケグループ 佐藤産業(株) 商品事業部
技術顧問 岡安 茂男 氏
104
102
15:00∼16:30
主催者セミナー
10/15(木)
14:00∼15:00
10/16(金)
14:00∼15:00
Made in Japanを世界へ
日本アパレル工業技術研究会 会長 近藤 繁樹 氏
57
58
出展者セミナー
10/15(木)
12:30∼13:30
10/15(木)
15:30∼16:30
10/16(金)
10:30∼11:30
結果報告書
99
ジャパンクオリティに必要な工場管理情報とは (株)アベイル
X線異物検査装置の最新(技術)動向 (株)ハシマ
開催概要
名 称:53rd FISMA TOKYO
(東京ファッション産業機器展)
テ ー マ:システム化による
「MADE IN JAPAN」=日本の技術が未来を紡ぐ
∼安心、安全、そして信頼へ∼
会 期:2015年10月15日(木)∼16日(金) 開催時間10:00∼17:00
会 場:東京ビッグサイト 西3ホール
主 催:東京都ミシン商工業協同組合
共 催:東京都
後 援:関東経済産業局、全国ミシン商工業協同組合連合会
( 順 不 同 ) 一般社団法人 日本縫製機械工業会、
全日本特殊ミシン工業会
公益財団法人 日本手芸普及協会、アパレル業界新聞各社
展示規模:97社・団体 247小間 ※共同出展含む
企画・運営:アテックス株式会社
来場者状況
●来場者の業種別構成比
●来場者数
日付
天気
10/15(木) 晴れ
10/16(金) 雨のち
曇り
主催者企画
【
“家庭用モノづくり体験コーナー”
】 【
“レザークラフト体験コーナー”
】
来場者数
4,221名
4,292名
前回実績
100
(2014年)
プレス
1%
2,661名
5,419名
繊維・素材
メーカー
5%
合計
8,513名
8,080名
※入場料:1,000円(2日間通用 税込・公式ガイドブック付)
来場者が家庭用ミシンを使い、
最新のミシンの性能やモノづくりの
楽しさを体験。
リバティーポーチやハート型ミトン、
スマホケース、刺繍イヤリングを製作
した。
今年初めての企画として、
来場者がレザー用ミシン、機械を
使い、
コースターやパスケースの
製作を体験した。
日本手芸普及協会による
手芸作品の展示と、
来場者向けにたてながポーチの
製作体験を行った。
次回 54th FISMA TOKYO 2017年『秋』開催予定!
問い合わせ先
【展示会についての問合せ】
FISMA TOKYO
(東京ファッション産業機器展)事務局
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル4階 アテックス(株)内
TEL:03-3503-7611 FAX:03-3503-7620
80
一般/その他
21%
学生7%
【
“キルト体験コーナー”
】
(公財)日本手芸普及協会
【主催者連絡先】
東京都ミシン商工業協同組合
〒110-0016 東京都台東区台東1-21-4 東京ミシン会館
TEL:03-3831-6961 FAX:03-3835-1025
●縫製業の内訳
流通・小売業
(アパレル関係)
8%
縫製業
32%
皮革・厚物関係
16%
アパレル
メーカー
18%
40
20
機器販売業
8%
紳士服関係
15%
ニット関係
13%
インテリア・
刺繍関係 12%
0
出展者一覧
あ
アサヒ繊維機械(株)
アサヒ繊維機販(株)
アサヒテクニクス(有)
(株)アパレル工業新聞社
(株)アベイル
アルテック(株)
イメージテック(株)
上野山機工(株)
AGMS(株)
(株)エース
(株)エヌシーエー
恵美須薬品化工(株)
大阪電機工業(株)
大貫繊維(株)
※帝人(株)
※帝人フロンティア(株)
オザワ工業(株)
オルガン針(株)
か
(有)海鴻社
(株)川上製作所
婦人服・
子供服関係
38%
ワイシャツ
・布帛関係
6%
(50音順、※は共同出展)
(株)近代縫製新聞社
(有)クボタ特殊ミシン商会
(株)ケーアイ
(有)小山ミシン商会
※大屋ミシン商会
(株)コンピュコンジャパン
さ
(株)サーボテック
佐々木精工(株)
サプリナ(株)
(株)佐文工業所
(株)サン京都
(株)サンコウ電子研究所
三登商事(株)
(株)ザンビ機工
※(有)アント
三和化成(株)
J∞QUALITY
(株)システムグラフィ
(株)島精機製作所
蛇の目ミシン工業(株)
JUKI(株)
※エプソン販売(株)
東京日暮里繊維卸協同組合
※クインライト電子精工(株) 東レACS(株)
な
※JUKI販売(株)
直本工業(株)
※(株)ハシマ (株)ナムックス
(株)ジューキ
(株)ニッセン
※NOVO(株)
(株)ニッピ機械
スズキマシン
リエンジニアリング(株) 日邦ミシン(株)
(一社)日本縫製機械工業会
※ビーエムオー(株)
(株)日本ミシンタイムス社
セイコーミシン(株)
は
全国ミシン商工業
パイオテック(株)
協同組合連合会
ソーイングマスターグループ (株)ハシマ
ハセガワマシンサプライ(株)
※ミシンショップ タケダ
※(株)ミシンランドMOGGY 羽生ミシン製造(株)
(株)バルダン
※時田ミシン(株)
(株)フジックス
※(株)藤沢ミシン
※(株)FTC
た
(株)フタバ
ダイセン(株)
太陽精機(株)ホリゾン事業部 ブラザー工業(株)
(株)タケダ
(工業部)WORKS" ブラザー販売(株)
ペガサスミシン製造(株)
※(有)幸田ミシン商会
北海電設(株)
アパレル機器事業部
ま
(株)マークシティー
(株)ミズホケミカル
三菱電機(株)
※菱電商事(株)
(株)ミマキエンジニアリング
(株)森本製作所
や
(株)ヤマト
ヤマトミシン製造(株)
ユーロポート(株)
(株)ユカアンドアルファ
横山特殊ミシン(株)
※タジマ工業(株)
ら
(株)リベラ
あなたの職種は?
あなたの職務権限は?
(総務・人事・経理)
2%
研究・開発
機器/システム購入予定に関して
既に新規購入に関して
商談を進めている
5%
購入の最終決定をする
権限を持っている
17%
管理
その他
14%
特に
役割はない
29%
(技術職)
9%
生産(技術職)
35%
ほぼ自分の決定に
従って購入が決まる
10%
企画・調査
10%
新規購入
を検討中
20%
しばらく
予定がない
50%
∼
来場者アンケート集計結果 [収集日:2015年10月15日∼16日 回答数:148件]
ご来場の目的は?
(複数回答)
技術・製品の情報収集
84%
セミナー・主催者企画に
参加するため
経営者
営業・販売 (役員・支配人)
13%
17%
購入のアドバイスを
する立場である
22%
数年後には購入する
予定である
25%
0
10
20
30
70
できれば
来場したい
61%
達成できた
98%
3%
その他(研修、情報収集、
2%
機械を見るため)
機器/システムを
利用する立場から
意見を言う
22%
わからない
必ず来場する
18%
21%
9%
∼
特定出展者との交流
来場しない
0%
25%
製品の購入検討
次回のFISMAへの来場予定は?
ご来場の目的は達成できましたか?
達成できなかった
2%
80
出展者アンケート集計結果 [収集日:2015年10月16日 回答数:69件]
今回出展された成果について、それぞれの項目ごとに最も近いものを1つお選びください
1.商談の場として
2.新規顧客獲得の
場として
期待以上であった
9%
期待以下
であった
18%
期待以上であった 期待以下であった
12%
10%
期待以上であった
11%
来場者と商談しましたか?
期待以上であった
10%
期待以下であった
12%
商談の内容は?
(複数回答)
期待どおりであった
81%
次回の出展について
商談しなかった
9%
17%
成約した
出展しない
1%
未定である
19%
46%
見積りを依頼された
資料を請求された/
カタログを渡した
商談した
91%
63%
59%
名刺交換をした
0
出展者の生の声
◆出展者の声◆
・厚物関係が集まった点やレザークラフト体験ができる点が良かった。
・問屋先のユーザーから直接意見交換ができた。
・遠方の得意先と意見交換ができた。
・ミシンを見に来た方が全く違う製品を出す弊社ブースで驚かれた。
まだまだ知らない方が多いようで、
新規開拓が出来た。
・改善するべき事が見つかり良かった。
・入場者数も多い感じがしたし、中味が濃かった。皆さん例年より真剣な感じがした。
・本気で設備を導入したい人が来場していた。
・来場者数も必要だが、人数ではなく設備を導入したり、又は検討する人が大切だ。
・来場者が多く活気があった。
出展の方向
で検討する
26%
10
20
30
40
50
60
70
期待以上であった
12%
期待以下
であった
18%
期待どおりであった
72%
期待どおりであった
79%
期待どおりであった
63%
6.製品に対する意見
収集の場として
期待以上であった
7%
期待以下
であった
18%
期待以下
であった
25%
期待どおりであった
73%
5.販売促進/PRの
場として
4.新製品発表の
場として
3.既存顧客へのアピールの
場として
出展する
54%
80
来場誘致・プロモーション
●記者発表会とパブリシティ
3月と9月にアパレル関係の媒体各社を招き、FISMAの開催概要や併催行
事など見所を紹介。各媒体の記事掲載やFISMA特集号を組むなどFISMAの
情報発信を行った。
招待はがきと招待券の配布
●招待はがきと
今年から展示内容や主催者セミナー、特別企画など来場者の興味を引く内
容を掲載した招待はがきを作成。
さらに、より詳細な情報を掲載した招待券を作成し、主催者と事務局から
約10万部を業界関係者をはじめ、縫製業を中心にアパレルメーカーやユー
ザーに対し配布した。今年はJ∞QUALITY認証企業にも積極的に配布をし、
来場誘致を行った。
期待どおりであった
70%
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
779 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content