close

Enter

Log in using OpenID

杜蘭朶「トゥーランドット」 構成台本

embedDownload
杜蘭朶「トゥーランドット」 構成台本
○創作コンセプト:
戯曲としてしか著されていない名作「トゥーランドット」を小説にする。
○主旨:千夜一夜物語の挿入譚、あるいは戯曲として名高い「トゥーランドット」は、何故かこれまで日本語の小説
になっていない。アジアの生んだこの名作中の名作を、フォークロアの書き写しではなく、人間に焦点をあてた
ドラマとして書き下ろし、昨今脚光を浴び始めているアジア文学の中に流通させる(公開はインターネット)。
○物語の主題:憎しみから解放される時、人は新たな生を更新する。
○主要登場人物:
杜蘭朶(トゥーランドット):中国公主
カラフ:韃靼王子
完顔突樹:政商・女真族皇帝の末裔
ユウ:完顔突樹に仕える。カラフの幼馴染
ポロ:イエズス会の司祭
韃靼王:韃靼国の王だが、今は北京で隠遁
中国皇帝:杜蘭朶の父。
など
○ストーリー(プロローグ~エピローグ・シーン 18 構成)
■プロローグ
中世中央アジアの哲学
砂漠と草原に於ける生と死の考え方を語り、これから語られるアジアの物語の気運を高める。
■シーン1
韃靼王と完顔突樹・別れ
草原を治める韃靼王と、異国から来た才人・完顔突樹のささやかな酒宴。
完顔突樹は中国に帰郷することを王に告白。
王は完顔突樹が女真族の末裔であることを見抜き、その荒ぶる野心をいさめる。
だが、王は完顔突樹を送り出す。
■シーン2
カラフとポロ・キャラバンで「残酷な謎掛け姫」の話を聞く
シーン1から 20 年後の事。
中央アジアの砂漠を行くキャラバンで、カラフとポロが出会う。
カラフは父探し、ポロは布教のために中国に行くことを語る。
夜、キャラバンは野営し、酒盛りになる。
そこでキャラバンの隊長が「残酷な謎掛け姫」の話をし、盛り上がる。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
91 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content