close

Enter

Log in using OpenID

News Release 世界 No.1 シェア住宅用火災警報器

embedDownload
News Release
2005年7月7日
高 島 株 式 会 社
BRK Brands, Inc.USA
高島株式会社
BRK Brands, Inc.(米)と住宅用火災警報器の日本独占販売契約を締結
世界 No.1 シェア住宅用火災警報器 FirstAlert® 国内新発売
高島株式会社(社長:高島幸一、本社:東京都中央区、以下「高島」)と、BRK Brands, Inc.(プレジデント:マー
ク コレロ、本社:米国イリノイ州、以下「BRK」)は、消防法の改正によって 2006 年 6 月から設置が義務付けられ
た戸建住宅向け火災警報器の日本市場における販売提携で合意しました。全国のホームビルダー、建材店、ホ
ームセンター向け販売チャネルを持つ東証一部上場の高島は、住宅用火災警報器世界シェア No.1 の
FirstAlert® の製造社である BRK と、国内における独占販売契約を本日正式に締結、販売活動を開始しま
す。
FirstAlert®は BRK が製造する住宅用火災警報器で、米国でのシェア 43%、消費者からの認知度 90%、ホ
ームセーフティー商品のベストブランドであるとの認知度 76%(2004 年 Resolution Research & Marketing,
Inc.調べ)と、世界シェア No.1 としての実績と信頼を確立しています。
BRK では革新的な製品開発や徹底した品質管理に向け、優秀なエンジニアチームを有しています。50 以
上の特許やその他多くの申請特許、12 名のシックスシグマブラックベルト保持者や多くのシックスシグマ資格
取得予定者は、FirstAlert®ブランドを支える信頼の証です。
住宅火災による死者数は、建物火災による死者数の約 9 割を占め、平成 15 年の死者数は、昭和 61 年以来
17 年ぶりに 1,000 人を超え、このうち約 6 割が逃げ遅れによるものとなっています。住宅火災による死者数の半
数以上が高齢者であり、今後高齢化が一層進展することと相まって、住宅火災による死者の急増が懸念されて
います。このような背景から 2004 年5 月27 日に可決・成立された改正消防法では、現行法で規制の無かった 500
平方メートル未満の住宅に対し、新築住宅は 2006 年 6 月 1 日より、既存住宅は一定の猶予期間(原則として 2
年、最長で 5 年)を経て、住宅用火災警報器を設置することが義務化されました。
1977 年に住宅用火災警報器の設置が義務化された火災予防先進国の米国では、2001 年には約 94%の設置
率にまで普及が進みました。設置率の上昇とともに、住宅火災の死者数は 1970 年代の 6,000 人程度から、3,000
人を下回り、死者数が半減するまでの効果が出ています。この米国での設置義務化による死者数半減に、最も
貢献したのが、FirstAlert®住宅用火災警報器です。
米国に続き、日本で可決・成立された改正消防法による、総務省の条例案では、戸建住宅 1 戸につき 5 個程度
の住宅用火災警報器を設置することを求めています。これによって国内の住宅用火災警報器は、2006 年度に年
間約 200 万個、2007 年度に約 400 万個、2008 年度に約 500 万個の設置が予想されます。(当社予想)
「事業を通じて社会に貢献する」ことを企業理念とする高島は、BRK との独占販売契約の締結によって、日本
の住宅における火災予防に向け「安全・安心ソリューション」の提供を推進して参ります。
FirstAlert®住宅用火災警報器 製品概要
FirstAlert®(ファーストアラート)住宅用火災警報器 商品ラインナップ
品番
感知方式
電源
保障期間
10 年
(業界最長)
10 年
(業界最長)
10 年
(業界最長)
特徴
SA710BY
煙感知式
9V アルカリ乾電池
SA710IBY
煙感知式
9V アルカリ乾電池
SA7010BY
煙感知式
AC100V
(9V アルカリ乾電池バックアップ)
FCD3NBY
一酸化炭素感知式
9V アルカリ乾電池
5年
一酸化炭素警報
SCO5BY
煙・一酸化炭素感知式
3V アルカリ乾電池×2 本
5年
電池入忘れ防止機能
SCO7BY
煙・一酸化炭素感知式
3V アルカリ乾電池×2 本
HD6135FBY
熱感知式
AC100V
(9V アルカリ電池バックアップ)
価
電池入忘れ防止機能
12 個まで連結可能
9V アルカリ電池バッ
クアップ
音声による警報
リモコンによる消音
10 年
定温・ 差動による 複
(業界最長) 合感知
5年
格:オープン価格
販売目標:2006 年度 15 億円、2007 年度 29 億円、2008 年度 41 億円の販売を見込みます。(小売ベース)
写真:SA710BY
【本件に関する問合せ先】
高島株式会社
企画ユニットマネージャー
新藤光司 電話:03-3567-0213
FAX:03-3564-6950
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
36 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content