close

Enter

Log in using OpenID

カーボン・オフセット ビジネス事例(国内)

embedDownload
急速に拡大するカーボン・オフセットビジネス
• 2008年4月末現在、国内におけるカーボン・オフセットビジネ
スは76件であり、商品・サービス型が大半を占める。2008年
4月だけで約20件の商品・サービスが発表され、カーボン・オ
フセットビジネスは急拡大している(J-COF調べ)。
カーボン・オフセット
分 類
-市民・企業等による新たな取組-
カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)
チーフディレクター
竹田 雅浩
1
本日ご紹介するカーボン・オフセット(ビジネス)
説
40件
会議・イベント
国際会議やコンサート、スポーツ大会等の主催者がその
開催に伴って排出される温室効果ガス排出量をオフセッ
トするもの
12件
自己活動
市民や企業等が、クレジットを購入することで、自らの活
動に伴って排出される温室効果ガス排出量をオフセット
するもの
13件
特定者間
地域の森林保全への出資・寄付行為など、 市場を通さ
ずに特定者間のみで実施されるようなカーボン・オフセッ
トの取組。
11件
2
カーボン・オフセット・プロバイダーの事例
①購入者が自身の活動(航空機利用区間や電気代等)の数
値を入力
– カーボン・オフセットのインターネット販売
• カーボン・オフセットの類型
– 商品使用・サービス利用におけるカーボン・オフセット
←選択、入力
日本カーボンオフセット
カーボンオフセット年賀状
カーボンオフセット付エコバッグ
CO2ゼロ旅行
オフセット付きオートリース
オフセット付き住宅ローン
https://www.co-j.jp/
②オフセットしたい量又は割合を選択
羽田-大阪(片道)
CO2排出量=98.10kg
運賃+「オフセット料金」¥515
– 自己活動におけるカーボン・オフセット
• 事業活動を対象にしたカーボン・オフセット
東京駅-新大阪駅(片道)
CO2排出量= 30.19kg
運賃+「オフセット料金」¥158
③カード決済等での支払い
④オフセット証書や商品等を郵送で受取る
– 会議・イベント等の開催におけるカーボン・オフセット
• イベント開催時におけるカーボン・オフセット
– 特定者間カーボン・オフセット
件 数
インターネット販売
• カーボン・オフセットプロバイダー
•
•
•
•
•
明
商品・サービス 市民、企業等が商品を使用したり、サービスを利用した
りする際に排出されるGHGについて、当該商品・サービ
スと併せてクレジットを購入することでオフセットするもの
商品郵送
出典:TerraPass、The Carbon Neutral Companyウェブサイト
3
4
商品使用・サービス利用におけるカーボン・オフセット②
商品使用・サービス利用におけるカーボン・オフセット①
ビジネス事例(国内)
ビジネス事例(国内)
カーボンオフセット年賀状
セブン・アンド・アイ・ホールディングス
• 販売額55円のうち5円をCDMのクレジット購入に充
てる
• 2007年年賀状の売り上げ目標は1億枚
(2万8,000世帯分CO2に相当)
• 実際の販売は、目標の15%程度
•1枚当たり5円をクレジット取得に用い、日本政府に寄附
•初年度100万枚を販売する目標
•よく売れる店では、一日20枚以上売れている
2タイプ
Mサイズ 300円
Lサイズ350円
カーボンオフセット年賀
出典:セブンアンドアイホールディングスプレスリリース
出典:カーボンオフセット年賀ウェブサイト
5
6
商品使用・サービス利用におけるカーボン・オフセット③
商品使用・サービス利用におけるカーボン・オフセット④
ビジネス事例(国内)
ビジネス事例(国内)
西友
JTB CO2ゼロ旅行
•カーボンオフセットつきエコバック「ハチドリくん」を販売
•2007年末までに約22万7,600枚を販売
•販売額の2.5円分をオフセットに用いる
•オフセット金額は60万円弱(約130トンCO2)
•販売状況は、ウェブサイト上で公開
•通常料金に500円多く支払う
•バス、電車などの利用分、一人当たり20kgをオフセット
•2008年度の利用者は2万人と見込まれている
エコバックはNGOハチ
ドリ計画と協同で開発
販売価格:20円
出典:西友ウェブサイト
http://www.seiyu.co.jp/hachidori/index.shtml
7
商品使用・サービス利用におけるカーボン・オフセット⑤
商品使用・サービス利用におけるカーボン・オフセット⑥
ビジネス事例(国内)
ビジネス事例(国内)
三菱オートリース
スルガ銀行
• リース車両から排出されるCO2をオフセットする
• クレジットは三菱商事が韓国で代替フロン事業から
調達した排出権を三菱UFJ信託銀行に信託した信
託受益権を活用する。
出典:三菱オートリースウェブサイト
• 2008年4月カーボンオフセット付き住宅ローン開始
• 融資額は500万円以上1億円以内で、融資期間は1年以上
40年以内
• 融資利用者は二酸化炭素排出量の少ない環境配慮型住宅
を購入することで、2012年度末まで、1世帯につき毎年2トン
の排出権をスルガ銀行を介して国に移転し、地球温暖化防
止に貢献する
• オフセットに使用するクレジットは、日本カーボンオフセットよ
り調達する
出典:http://www.surugabank.co.jp/
9
自己活動のカーボン・オフセット
会議・イベント等の開催におけるカーボン・オフセット
ビジネス事例(国内)
10
国内事例
東京三菱UFJ銀行の本社ビル排出量オフセット
TOHOシネマズ
①オフセットする範囲(バウンダリ)と期間を決定
→東京三菱UFJ銀行本社ビル5年分
②CO2排出量を算定
→東京三菱UFJ銀行本社ビル5年分=5.5万トン
 映画「不都合な真実」の上映映
画館14店舗でオフセットを実施
 グリーン電力証書(秋田県風力
発電、長野県太陽光発電)を購
入し、電力使用量をオフセットす
る
出典:http://www.energygreen.co.jp/press/press070115.pdf
8
出典:JTB提供資料
③オフセットするクレジットを、プロバイダー等から
購入
→三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券を通じてマ
レーシアのバイオマス発電事業のクレジットを購
入
11
12
特定者間オフセット
国内における取組事例
高知県
1. 企業のCSR活動の一環等で、高
知県内の森林組合に森林整備用
に協賛金を拠出する。
2. 森林組合は、県内の森林整備(間
伐等)を行いうことで、森林吸収源
が増大される。
3. 協賛企業には、高知県知事から、
CO2吸収証書が発行される。
CO2吸収証書
13
高知県(http://www.pref.kochi.jp/~junkan/kyoudouno_mori/gaiyo/kyoudounomori_gaiyo.htm)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
975 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content