close

Enter

Log in using OpenID

日程第4、町長挨拶、並びに行政報告を行います。 町長(堀見和道君

embedDownload
日 程 第 4 、 町 長挨 拶 、 並 び に 行 政 報告 を 行 い ま す 。
町 長 ( 堀 見 和 道君 )
皆 様 、 おは よ う ご ざ い ま す 。
先 ほ ど は、永 田 前 議 長 に 感 謝状 の 贈 呈 が 行 わ れ まし た が 、6 年 間
に わ た り 議 会 運営 並 び に 議 会 の 代 表と し て 、対 外 的 な分 野 で 御 活 躍
を さ れ 、佐 川町 の た め に 大 変 御 活 躍さ れ た こ と を 、心よ り あ り が た
く 感 謝 申 し 上 げま す 。
本 日 は 、議 会 の 皆 様 方 に お 集ま り い た だ き ま し て 、平 成 25 年 12
月 佐 川 町 議 会 定例 会 が 開 催 で き ま すこ と を 、厚 く 御 礼申 し 上 げ ま す。
さ て 、 本年 10 月 に 行 われ ま し た 佐 川 町 長 選 挙 にお き ま し て 、 佐
川 町 民 の 負 託 を受 け 、 10 月 28 日よ り 佐 川 町 長 と し て 仕事 を さ せ て
い た だ く こ と にな り ま し た 。町 民の 皆 様 か ら「 し っ かり と 町 の 舵 取
り を 頼 む よ 」と 温 か い 激 励 と 期 待 の声 を い た だ き 、大変 身 の 引 き 締
ま る 思 い で 仕 事 に 臨 ま せ て い た だ いて お り ま す 。
まだ 45 歳 と 若 輩 者 で 人 生 にお け る 経 験 も 浅 く 、議 員 の 皆 様 や 町
の 多 く の 方 に 御指 導 、御 協 力 を いた だ き 、佐 川 町 の 経営 を し っ か り
と 行 っ て い か なけ れ ば な ら な い と 考え て お り ま す 。
私は、佐川町が町として目指す姿を、町の人が生き生きと輝き、
みんなでまちづくりを楽しんでいる町、をイメージしております。
笑 顔 が あ ふ れ、気 持 ち の い い 挨 拶 が町 中 に 交 わ さ れ、自 立 で き て い
る 人 が 助 け を 必要 と し て い る 人 を 助け 、地 域 に 課 題 が あれ ば み ん な
で 知 恵 を 出 し 合い 、解 決 方 法 を 考 え実 行 で き る 町。人 と 人 の つ な が
り が、い ろ い ろ な 場 面 で 感 じ ら れ る町 を 、皆 さ ん の 力 を 結 集 し て つ
く っ て い き た いと 考 え て お り ま す 。
そ の た め に ま ず 、ま ち の つ な が り をつ く り 出 す き っ か けづ く り を
す る 組 織 と し ての 役 場 が 、生 き 生 き と働 け る 職 場 に な らな け れ ば い
け ま せ ん。町 の 皆 さ ん に 気 持 ち の いい 挨 拶 が で き、み ず か ら 率 先 し
て 地 域 で の つ なが り を つ く り 出 せ る 、そ う い う 職 員 に なっ て も ら い
た い 、 そ う 考 えて お り ま す 。
ま だ 1 カ 月 で はあ り ま す が 、挨 拶 を 徹 底 す る よ う に 幹 部職 員 に 指
示 す る と と も に、私 み ず か ら 率 先 して 挨 拶 に 取 り 組 ん でい ま す。ま
9
た、自 発 的 な 提 案 が 職 員 か ら 出 て くる よ う な 投 げ か け や 、問 い か け
を し て 、や り が いを 持 っ て 仕 事 に 臨む こ と が で き る 環 境を 少 し ず つ 、
つ く っ て い き たい と 取 り 組 ん で お り ま す 。
役 場 が、真 に 町 の た め に 働 け る 組 織と な る よ う 、継 続 し て 、時 間
を か け て 取 り 組ん で い き ま す 。
具 体 的 な 施 策 とし て 、ま ず 、文 教 の ま ち 佐 川 と し て の 人づ く り に
取 り 組 ん で い きま す 。学 校 教 育 に お い て は、こ れ ま で の 取 り 組 み に
加 え 、佐 川 町 の 歴 史 、文 化 、産 業 な ど 、ふ る さ と の こ とを よ り 深 く
学 ん で い た だ き、子 供 た ち に、ふ る さ と 佐 川 町 の こ と をよ り 好 き に
な っ て、関 心 を も っ て も ら え る よ う、取 り 組 み を し て いき た い と 考
え て お り ま す。生 涯 学 習 と し て は、来 年 の 3 月 に 完 成 予定 の 名 教 館
を 活 用 し、地 域 の 大 学 と も 連 携 を 図る な ど、い ろ い ろ な 分 野 に お い
て学ぶ機会をつくることにチャレンジしていきたいと考えており
ます。
産 業 振 興 と し まし て は、第 一 に 、農 業 を 核 と し た 取 り 組み を 進 め
て い き た い と 考え て お り ま す。新 規 就 農 者 の 獲 得 を は じめ 、農 業 に
従 事 す る 人 を 掘り 起 こ す た め の 取 り組 み を 継 続 し て い きま す 。ま た 、
ニ ラ や 生 姜、新 高 梨 、イ チゴ 、お 茶 な ど の 佐 川 町 の 特 産物 に つ い て 、
ト ッ プ セ ー ル ス を す る だ け で は な く、い ろ い ろ な 媒 体、手 段 を 活 用
す る こ と で 町 外、 県 外 に P R を し てい き た い と 考 え て おり ま す 。
新 し い チ ャ レ ンジ と し て は 、佐 川 町 の 特 産 物 を 生 か し た加 工 品 の
製造、販売に関する取り組みを進めていきたいと考えており ます。
総 務 省 が 推 進 して お り ま す 、地 域 経 済イ ノ ベ ー シ ョ ン サイ ク ル の 中
で 、各 自 治 体 が 取 り 組 ん で い る 先 進的 な 事 例 を 研 究 し、佐 川 町 で 雇
用 を 生 み 出 す 新し い 事 業 を 開 発 し てい き た い と 考 え て おり ま す 。
ま た、新 た な 取 り 組 み と し ま し て、間 伐 を 主 と し た 小 規模 な 林 業
「 自 伐 林 業」の 取 り 組 み に 関 し て も進 め て い き ま す。今 年 度 は 、講
師をお迎えして、自伐林業に関する勉強と来年度に向けての調査、
計 画 策 定 を 進 めて い き ま す。来 年 度 以 降 、間 伐 し た 木 が 少 し で も 流
通 す る こ と が でき 、雇 用 の 創 出、佐 川 町 の 所 得 の 向 上 につ な げ ら れ
る よ う 取 り 組 んで い き た い と 考 え て お り ま す 。
福 祉 の 分 野 に つき ま し て は 、こ れ ま で の 取 り 組 み を 継 続し て 進 め
る と と も に、地 域 ご と に、自 立 と 助 け 合 い の バ ラ ン ス が取 れ た ま ち
づ く り に 取 り 組ん で い き た い と 考 えて お り ま す 。高 齢 者 や障 害 者 な
ど の 支 援 に つ きま し て は 、地 域 ご と に抱 え て い る 課 題 を解 決 す る 方
10
法 に つ い て、そ れ ぞ れ の 地 域 の 皆 さん と 知 恵 を 出 し 合 い、合 意 形 成
を図りながら具体的な方法を導き出していきたいと考えておりま
す。子 育 て 支 援 に つ き ま し て は 、公 約 に も 掲 げ て き ま した 中 学 3 年
生 ま で の 医 療 費無 料 化 の 早 期 実 現 を目 指 し て い き ま す 。
安 心 、安 全 な ま ち づ く り に 関 し て は、防 災・減災 の 観 点 か ら 優 先
順 位 を つ け て、道 路 の 補 修 及 び 整 備、橋 の 改 修 や 耐 震 補強 に 取 り 組
ん で い き ま す。ま た 、柳 瀬 川 下 流 域 の 河 川 改 修 工 事 が スム ー ズ に 進
ん で い く よ う 、県や 越 知 町 と の 協 議を 丁 寧 に 重 ね て い きた い と 考 え
ております。
ま た 、今 年 度 中 に 役 場 と し て の 災 害時 の 業 務 継 続 計 画 を策 定 す る
よ う 取 り 組 ん で お り ま す が 、こ の 計 画を 役 場 内 で し っ かり と 共 有 し 、
関 係 各 所 と の 連携 を と れ る よ う 体 制づ く り を 進 め て い き ま す 。こ の
計 画 と あ わ せ て、各 地 区 の 自 主 防 災組 織 と 役 場 と の 連 携を 深 め、災
害 時 の 初 動 対 応に つ い て 双 方 が 把 握し 、連 動 し て 対 応 でき る 体 制 を
つ く っ て い き たい と 考 え て お り ま す。
最 後 に 、総 合 計 画 の 策 定 に 関 す る 取り 組 み に つ い て 御 説明 さ せ て
い た だ き ま す 。平 成 28 年 度 か ら 平 成 37 年 度 ま で の 10 カ 年 を 計 画
期間とする第5次総合計画を多くの町の方々に参加をしていただ
き、みんなの総合計画としてつくっていきたいと考えております。
策 定 期 間 と し まし て は 、 来 年 度 、 平 成 26 年 度 、27 年 度 の 2 年 間 で
考 え て お り ま す。
総 合 計 画 は 、計 画 を つ く り 上 げ る こと で 終 了 す る の で はな く 、つ
く っ た 計 画 を もと に 実 行 に 移 し、計 画 の 進 捗 状 況 を 確 認 を し 、必 要
が あ れ ば 改 善 し、改 善 計 画 を も と に ま た 実 行 し て、み ん な で つ く っ
た 計 画 に 基 づ くま ち づ く り を 、み ん なで 実 践 し て い く こと が 大 切 に
な り ま す。未 来 に 向 け て、夢 と 希 望 を 持 て る ま ち づ く りを 推 進 し て
い く た め に も 、つく っ た 計 画 の 実 行に み ず か ら が 進 ん で参 加 し た く
なる総合計画をつくっていくことが大切であると考えております。
そ の た め に も、総 合 計 画 策 定 の プ ロセ ス を 大 切 に し、多 く の 方 に 関
心 を 持 っ て い ただ き 、 参 加 を し て いた だ く 必 要 が あ り ます 。
み ん な の 総 合 計画 の 策 定 手 法 と し て 、合 意 形 成 型 の 会 議 の 手 法 と
ソーシャルデザインとしての地域課題解決方法を取り入れること
を 考 え て お り ま す 。「 ソ ー シ ャ ル デ ザ イ ン と は 、 人 間 の 持 つ 創 造 の
力 で 、 地 域 が 抱 え る 複 雑 な 課 題 の 解 決 に 挑 む 活 動 で す 。」 と の 定 義
も ご ざ い ま す。社 会 課 題 の 全 容 を 把握 し 、住 民 や事 業 者 の 声 を 聞 き、
11
課 題 を 構 造 的 に整 理 し て い き ま す。そ の 上 で 、取り 組 む 課 題 を 絞 り、
ア イ デ ア を 発 想し 、実 現 に 向 け て 計画 を つ く り、仲 間 と 一 緒 に 取 り
組 ん で い く こ とに な り ま す 。
佐 川 町 の 抱 え てい る 課 題 に つ い て 、こ の 課 題 解 決 方 法 を取 り 入 れ 、
丁 寧 に 取 り 組 んで い き た い と 考 え て お り ま す。ま た 、行 政と 町 民 の
協 働 の 方 法、合 意 形 成 会 議 の 手 法 に関 し て 勉 強 を し て いた だ き、ワ
ー ク シ ョ ッ プ を重 ね る 中 で、計 画 を 練 り 上 げ て い き ま す。町 民 だ け
で は な く、で き れ ば 県 内 の 大 学 生 など に も か か わ っ て いた だ き、町
の 外 か ら の 新 鮮な 視 点 を 加 え な が ら、一 緒 に な っ て 佐 川町 の 、み ん
な の 総 合 計 画 をつ く っ て い き た い と考 え て お り ま す 。
教 育 、福 祉 、産 業 振 興 な ど 全 て の 取り 組 み が 、こ の 、 み ん な の 総
合 計 画 に 基 づ いて 行 わ れ て い く こ とに な り ま す。基 本 は 、地 域 の 課
題 を 自 分 の こ とと し て 捉 え、解 決 方 法 を み ん な で 必 至 に考 え 、合 意
を 図 り、実 践 を し て い く こ と に な りま す 。課 題 は 解 決 す る た め に あ
る も の だ と 考 えて お り ま す。い ろ い ろ な 分 野 で、創 造 的 な 活 動 を す
る 組 織 と し て の「 チ ー ム 佐 川」が 活 躍 し 、楽し み な が ら 課 題 を 解 決
し て い け る、そ う い う 佐 川 町 を つ くる た め に 4 年 間 し っか り と 、こ
の 佐 川 町 の 舵 取り を さ せ て い た だ き ま す 。
議員の皆様には、今後4年間、執行部を厳しく御指導いただき、
ま た 御 理 解 、御 協 力 い た だ き、す ば ら し い 佐 川 町 の ま ちづ く り を 一
緒 に な っ て 進 めて い た だ き ま す よ うお 願 い を 申 し 上 げ ます 。
町 民 の 皆 様 に は、こ の 町 の い ろ い ろな 課 題 を、自 分 の こ と と し て
考 え て い た だ き 、ま ち づ く り に 積 極的 に 参 加 を し て い ただ け ま す よ
う お 願 い を 申 し上 げ ま す 。
続きまして、行政報告を行います。今回の報告につきましては、
行 政 の 継 続 性 の観 点 か ら 、9 月 定 例 会後 の 重 立 っ た も のに つ い て 報
告 さ せ て い た だき ま す 。先 ほ ど の 議 長の 諸 般 の 報 告 と 多少 重 複 す る
部 分 も あ り ま すが 、 お 許 し 願 い た いと 思 い ま す 。
ま ず 初 め に 、 9 月 20 日 、 高 吾 北 広 域 町 村 事 務 組 合 第 3回 定 例 会
が 招 集 さ れ、前 町 長 が 出 席 を い た しま し た 。提 出さ れ ま し た 議 案 は、
平 成 24 年 度 の 決算 の 認 定 、 工 事 請負 契 約 の 締 結 及 び 一般 会 計 補 正
予 算 に つ い て の3 件 で あ り 、い ず れ も原 案 ど お り 決 定 され て お り ま
す。
一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 に つ き ま し て は 、 歳 入 額 13 億 2,750 万
8,781 円 、歳 出額 12 億 7,905 万 9,683 円 と な っ て お り、歳 入 歳 出 差
12
引 残 額は 4,844 万 9,098 円 で 認 定 さ れ て お り ま す 。
工 事 請 負 契 約 につ き ま し て は 、高 吾 北 衛 生 セ ン タ ー 基 幹的 施 設 整
備 工 事 を 大 阪 府高 槻 市 の 株 式 会 社 クリ タ ス 西 日 本 支 社 と5 億 400 万
円 で 請 負 契 約 する も の で し た 。
同 日、日 高 村 佐 川 町 学 校 組 合 議 会 が招 集 さ れ、前 町 長 が 出 席 い た
し ま し た 。 提 出さ れ ま し た 議 案 は 、平 成 24 年 度 一 般 会計 歳 入 歳 出
決 算 の 認 定 及 び一 般 会 計 補 正 予 算 につ い て の 2 件 で あ りま し た 。
平 成 24 年 度 の 決 算 に つ き ま し て は、 歳 入 額 3億 3,836 万 4,840
円 、歳 出 額3 億 3,315 万 6,365 円 と な っ て お り 、実質 収 支 額 520 万
8,475 円 で 認 定 さ れ て お り ま す 。
補 正 予 算 に つ きま し て は 、歳 入 歳 出 それ ぞ れ 534 万 2,000 円 を 増
額 し、予 算 の 総 額 は 、1 億 4,074 万 5,000 円 と な りま し た 。主 な 補
正 は、プ ー ル の 修 繕 及 び A E D、図 書 室 書 架 の 購 入 等 によ る も の で
した。
9 月 19 日 、 尾 﨑 知 事 に 御 臨 席 を 賜り 、 尾 川 地 区 の 集 落活 動 セ ン
タ ー た い こ 岩 で 、集 落 活 動 セ ン タ ー 活 動 開 始 式 典 並 び に祝 賀 会 が 盛
大 に 開 催 さ れ まし た 。
町 と し ま し て は 、本 年 度 末 の 完 成 を目 指 し て 集 落 活 動 セン タ ー た
い こ 岩 の 改 修 を行 い ま す。来 年 度 か ら は 、当 施 設 を 拠 点 に 尾 川 地 区
活 性 化 協 議 会 が中 心 と な り 、地 域 住 民の 交 流 や 地 域 の 一層 の 振 興 が
図 ら れ る よ う 、町と し て も 連 携 し なが ら 支 援 も し て い きた い と 考 え
ております。
10 月 26 日 か ら 29 日 ま で の 4 日 間、 ね ん り ん ピ ッ ク よさ こ い 高
知 2013 が 開 催 さ れ 、 本 町 に お き まし て も 、 10 月 27 日 、 全 国 各 地
か ら 高 齢 の部 36 チ ー ム 、一 般 の 部 14 チ ー ム の 参 加 をい た だ き 、ウ
ォ ー ク ラ リ ー 交流 大 会 を 実 施 い た しま し た 。 台 風 27 号 の影 響 が 心
配 さ れ ま し た が、当 日 は す ば ら し い秋 晴 れ に 恵 ま れ、文 教 の 地・さ
か わ の 魅 力 を 県内 外 に 発 信 す る こ とが で き ま し た 。大 会 の運 営 に 御
協 力 い た だ き まし た 全 て の 方 々 に 改め て 感 謝 を 申 し 上 げま す 。
10 月 28 日 、町 長 と し て 着 任 い た しま し た 。着 任 早 々 、職 員 へ の
訓 示 と し て 次 の3 つ の こ と を 伝 え まし た 。仕 事 を す る 上 での 判 断 は 、
町 の た め に な るこ と な の か 、町 民 の 幸せ に な る こ と な のか を 基 準 に
考 え る こ と。気 持 ち の い い、心 の こ も っ た 挨 拶 を す る こと 。町 の た
め に な る と 思 う提 案 を 積 極 的 に し ても ら う こ と。ま た 、役場 が 一 つ
に な り、進 む べ き 方 向 性 を 共 有 し て、町 の た め に 町 民 のた め に 一 緒
13
に 働 き ま し ょ うと 伝 え ま し た。着 任 後 数 日 間 は、知 事 へ の 挨 拶 を は
じ め 、 近 隣 町 村、 各 関 係 機 関 へ の 挨拶 回 り を 行 い ま し た。
11 月 3 日 、高 知 県 功 労 者 表 彰 式 に 出席 い た し ま し た。今 年 は 、12
名の方々が、さまざまな分野で受賞されましたが、佐川町からは、
佐 川 町 商 工 会 顧問 の 柳 瀬 良 輔 様 が 、商工 業 の 発 展 の 功 労者 と し て 表
彰 さ れ ま し た。柳 瀬 氏 は 、長 ら く 商 工 会 の 役 員 と し て、特 に 昭 和 56
年 か ら 平成 10 年 ま で の 17 年 間 は 、会 長 と し て 商 工 業の 経 営 改 善 や
地 域 振 興 に 御 尽力 さ れ ま し た 。
11 月 6 日か ら 7 日 に か け て 、 国 道 33 号 整 備 促 進 期 成同 盟 会 高 知
県 協 議 会 並 び に市 町 村 道 整 備 促 進 協議 会 の 要 望 活 動 が 、国土 交 通 省
及 び 地 元 選 出 国会 議 員 に 対 し て 行 われ 、 参 加 い た し ま した 。
要 望 で は、当 町 の 実 情 を 訴 え る と とも に 、地 域 が 真 に 必 要 と す る
道 路 の 計 画 的 かつ 着 実 な 推 進、防 災・減 災 対 策 や 適 切 な維 持 管 理 が
行 え る よ う 必 要な 予 算 の 確 保 を 強 く訴 え て ま い り ま し た。
11 月 11 日 、 国 土 交 通 省 の 災 害 査 定が 実 施 さ れ ま し た 。こ と し の
9 月 3 日 か ら 4日 に か け て の 台 風 17 号 に よ り ま す 公 共土 木 施 設 の
被 害 に つ き ま して は 、査定 の 結 果 、河 川 2 件、金 額 に い た し ま し て
802 万 4,000 円 と な り ま し た 。
11 月 19 日 、 東 京 都 の 砂 防 会 館 別 館に お き ま し て 、 全 国 治 水 砂 防
促 進 大 会 が 開 催さ れ 、出席 い た し ま し た 。会議 で は 、土 砂 災 害 の 防
止、軽 減 の 基 本 で あ る 砂 防 施 設 等 のハ ー ド 対 策 の 推 進、南 海 ト ラ フ
巨大地震等大規模土砂災害対策の推進など6項目の提言が満場一
致 で 採 択 さ れ、閉 会 後 、関 係 各 方 面 へ 要 望 活 動 を 行 っ てま い り ま し
た。
11 月 20 日 、 東 京 の N H K ホ ー ル で全 国 町 村 長 大 会 が 開催 さ れ 、
出 席 い た し ま した 。大 会 に は、全 国 の 町 村 長 と 都 道 府 県町 村 会 関 係
者 、 安 倍 内 閣 総理 大 臣 な ど約 1,300 名 の 出 席 が あ り ま した 。
議 事 で は 、地 方 分 権 改 革 の 推 進 な ど町 村 行 財 政 を め ぐ る諸 問 題 解
決に向けた7項目の決議案が提案され、原案どおり決定しました。
ま た、道 州 制 の 導 入 に 反 対 す る 特 別決 議 案 も 提 出 さ れ、満 場 一 致 で
決 議 さ れ ま し た。
翌 日 、 11 月 21 日 に は 全 国 山 村 振 興連 盟 通 常 総 会 及 び 全国 浄 化 槽
推 進 市 町 村 協 議会 通 常 総 会 が 開 催 され 出 席 し て ま い り まし た 。
11 月 24 日 、 職 員 採 用 第 2 次 試 験 を実 施 し ま し た 。 採 用予 定 人 員
は、一 般 行 政 職 の 事 務 職 が 4 名 程 度、調 理 員 が 1 名 程 度と な っ て お
14
り 、12 月 下 旬 には 合 格 発 表 を 行 う予 定 と し て お り ま す。
11 月 27 日 、 高 吾 北 広 域 町 村 事 務 組合 議 会 第 4 回 定 例 会が 招 集 さ
れ 、出 席 い た し ま し た 。提 出 さ れ ま し た 議 案 は 、条 例 案 が 1 件 、補
正 予 算 関 係 の 議案 が 5 件 、監 査 委 員 の選 任 に 関 す る 議 案が 1 件 で あ
り 、 い ず れ の 議案 も 原 案 ど お り 決 定さ れ ま し た 。
監 査 委 員 に は 、越 知 町 の 岡 林 学 氏 が選 任 さ れ ま し た 。
11 月 28 日 、 本 年 3 月 に 土 地 賃 貸 契約 を 結 ん で お り ま した 旧 鷹 ノ
巣 養 豚 団 地 跡 地の メ ガ ソ ー ラ ー 施 設が 完 成 し た こ と に 伴い 、開 所 式
へ の 御 案 内 を 受け 出 席 い た し ま し た。
メ ガ ソ ー ラ ー では 、佐 川 町 に お い て最 初 に 完 成 を し、発 電 を 開 始
し た 施 設 と な りま す 。 発 電 所 の 敷 地面 積 は 20,770 平 米 で、 設 置 し
て い る パ ネ ルは 6,300 枚 、発 電 能 力は 1,500 キ ロ ワ ッ ト 、年 間 発 電
電 力 量 は 、一 般 家 庭 の 約 500 戸分 に 相 当 す る と 聞 い て おり 、深 刻 化
する環境問題への取り組みとして、小さな一歩かもしれませんが、
未来の地球環境保全のための一助となることを期待しております。
続 き ま し て 、今 回 提 案 い た し ま す 議案 等 に つ い て 御 説 明い た し ま
す。
議 案 は 、報 告 が 3 件 、予 算 案 が 2 件 、条 例 案 が 6 件 、そ の 他 の 議
案 が 5 件 、 諮 問が 1 件 と な っ て お りま す 。
こ の う ち、一 般 会 計 補 正 予 算 案 に つき ま し て、主 な 内 容 を 御 説 明
いたします。
ま ず 、補 正 予 算 関 係 で ご ざ い ま す が 、平 成 25 年 度 補 正 予 算 案 は 、
一 般 会 計 に お いて 合 計 1 億 9,436 万 7,000 円 の 追 加 計 上 をし て お り 、
補 正 後 の 予 算 総額 は 、 67 億 5,581 万 5,000 円 と な り ま す。
主 な 補 正 内 容 は 、高 吾 北 広 域 消 防 本部 消 防 救 急 無 線 の デジ タ ル 化
に 要 す る 経 費 、4億 7,943 万 8,000 円 の う ち 、佐 川 町 の 負 担 金 と し
て 1 億 6,714 万 6,000 円。J A コ ス モ ス 永 野 出 張 所 の ニラ 小 袋 包 装
機 2 台 の 入 れ かえ に 要 す る 費 用 と して 2,073 万 2,000 円。生 活 保 護
を受給されている方が更生医療の該当となったための医療費とし
て 、1,000 万 円 、 な ど と な っ て お りま す 。
特 別 会 計 に お きま し て は 、国 民 健康 保 険 特 別 会 計が 3,030 万 円 の
増 額 と な っ て おり ま す 。
以 上 を も ち ま して 、行 政 報 告 並 び に議 案 に つ き ま し て の概 要 説 明
と い た し ま す が、何 と ぞ、慎 重 な る 御 審 議 の 上、適 切 な る 御 決 定 を
賜 り ま す よ う 、お 願 い 申 し 上 げ ま す。
15
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
416 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content