close

Enter

Log in using OpenID

ZE婆

embedDownload
ふ O A品寺開基舶来坊は・近江闘部生郡武佐腐制陀落山氏済
東汲良宗道場也。世人武佐の民組問寺と呼べり。明細艇に云
るは .文組元年なる事明了たりと 。 又三州芯腿礎飴考 K云
忍は今の出大工町上古寺の阻也 o然れども鮎乗の訪問 に下
寺の秘也 o 叉之に加州押野の法制品坊を加ふる設もあり。即位
5
毎i
日
陀婆げ
品人
々もて
与て
、
付 宰の
主
汰方
話
目
々録 話 傍 附
持 吉 は 仰 は 持 を る 方 以 > : ~J.
りのに
て婆子 1
.
) 、
陀々
小
、
の 此 ら た
‘の τ 友家
図 書 を る 妻 き 乞 る 津 小 申るに利常卿
F
女
べ 〈持
者候問共屋問
也
Z
j
。
E世
召
は 付
K 持 市
ち春玄上
間 御 と
、と
や
仰
b
出
吉松
え爪さ存
へ l
品 小 、 に
占、か宇し共上の1
仰
1
¥ し
人か於
る遊
、
御
都
‘
F
問
I
t E て
事さ党と爾かに
式協札三
ひ御
也
れ・ 長
0
子元主
官
とと也
陀り
たを女霊
E
一
e
は
。け知
党 E
人
るれ。
告を'一玄ま尺
イ
申
11と
E
i
E
2fq
Gt
R
、妻 申 さ z
を己"ふ此人人殺す
T
金
路
定子上候す=
や佐付々回 k よ
めをげ
てう
六付随しの
て持たへ問、六人共ひ問侍
此悦 t自前奥言~ ~官正官/t也。被決
のに
扱
外御、と村知にいら
合 て ら て
検
所 詩
問r1
人
1
.f 悲
議
O
依
者
忍
のる
を叉 磁
邑
・3
且
t
l
人智園
の
の
俗
術兵革広i
1
大
慨
波 耶義
を
り
由が 稜
金津 古 蹴 志 巻 三 十
寺の佐伶安休坊の弟なbo文総元年一一一月+五目 、議 如 質 如
ム。天正八年庇反間三月、柴閉勝家及び柴間三友術門・佐
東本願奇末寺川昨紀には・延徳三年 の宥幼 K江州武佐 の耐染
の命令陀依りて・加賀聞に下向 、本山別院御山本源寺主将
久間玄審篠山五兵街・奔郷五左街門等・問五千の鋭甲を牢
下々 の都を附召さん儒陀命ぜられたるものなるべし 。
建して看坊を動む。北ハ頃郭内に一告訴を創立して・臨出精寺と
ゐて加州へ討入り 、御山披を攻め 、守将松武丹波E4
悶め、
坊 大 和 小 山 の 法 心 坊 二 人 主 戦 す o 民心は今の小立到底思
放す。車AK居住する事八↓八年。弟三世耐盛の代、天 E七
防削暗部闘す とい へども守るに堪へ宇悉く椴死す 。 依りて本
O武佐鹿済寺
年級悶信長柴閉勝家をして.御山本源寺を山崎村に迫婦
源寺既済寺市品林坊・葺口岡山幼等 ・城 主 佐 久 間 玄 帯 広 興 へ て
披州山科より下る耐梁赴なり o卸ち今の金融仲間井口武佐の
はせ、同時康裕寺は安江郷 K移帥押せしが、第四世前玄代、究
守地を賜はり再建 ・方今の地円記なり。とあり o 州芯世常国
腕桝寺の先副主り。といへり。今按宇るに 、前 期可制艇に 、
去る o註に云ム o 成済寺は‘文砲元年尾山御設坊主として
概斑附此却に一苫ふ o 長享二年常闇主官樫次郎政相割、部賊の箆
天正七年信長柴岡勝家をして御山本源寺を山崎村花道掃は
永 十 二 年 千 三 年 間 度 の 火 災 K限り.十四年に問弁口にて
に駐稜理法せられ、賊徒加賀郡若松庄 K在所の一道場を小
て・尾山被陀飽り居たる本願寺一授の賦魁共悉︿討死し・尾
山市叶被せし放に、本源寺成務寺与の御堂坊主共、死を逝れ
立野陀引越し‘本都寺と放し、之を御山と 傘mTo 而して
せ、同時政梢寺は安江郷 K移制すと服せたるもの、天疋七年
兵革守防の矯め盤障を設け、江州 山科より下問筑前抑制誌は口︾
とあるは八年の訣り友り。此の時佐久間盛政の武功に依り
呼ぴ下して鐙主となし、叉文組元年今の股油開寺の組武佐川町
乗を山科より 下して、 御堂坊主と呼べり。是貸如の代たり。
金滞古川叫志傘三十
J
t
ちりど定此人容付共候世召安共主 妙
徴 O かもてたぜ
た。もめ塑再任!の
斌
宵
し
御
小
。ののるら
り一、て
内指
哉
、 金
は事にれ
。 雨此御判 休 1
1:上り
・沙ば
人
・ 左平。
、
さ
る せ
よ 荊l し 酎
闘
け
j
l
j
z
し 7
Kは・
を村、四
口に越後柴
郎
次
手
て 図井
の
義
STE
l
主紋仮
q
村
l
島 と
なせ
衆
名
り
らた
んるに
し明附日 めの り 出 〈 克
な 山
く の
、仰出 。 れ
さ べ の
1
民
1。倒:はき子年
1
'
J
f
;
島
之
き り 前l
'
震 い さ 人 た
ど
る
L 候
。 る
ざ 護
は 信
長
に し
に 持
た れ
も 分
の
別 。
り
姿
を が
も
型組由者総何 Z
E
出
を
j
H
E 拘l 公 ‘ へ ざ
緒、持政
の
の の る に 人外た
孟皆+同時様家
利
御 目 者 ょ 百 及 承 り に ざ主を
立
も
身
御げ
始
代 f
古
は1
ば
かる 主
主
置、をじ%(ょし
め
陀
しざ・ ζ もし
かまも里'なり
、はは被
窓
遊 て以かる存ひの
れ
車附
問
。り
f
付
q
J
、 f
て
た
。あ
れ霊 智 ー 被
土そ 俄 と 寄 知 也 〈 は
,内
1
1
:
る方にと 徳と
、
ら
感らはいは
よ御股命あり山れ者 f
イ
主古議官是
桜
主
りじぎ逃か翼
z
ど
z2
乾大感
ιw 也とか
z
Z
義Z
Z2
t
し
ぜ。五 t
E
i
品
目
奉りる路
袋
だ
左 干
也。 れ
ら習鼎』
ぎ 去
とも
とあ
と華
思
うき
て
け 召
K
ゆ
御皆同
、
.氾し あ
・ もふいり執り
、
も主
小衆究 の護
?ひ
‘ 司E へ
0
ち。史る誌 に
人
;
i
]
く
代
1
叩
:
;
ゐ
E
H
1
4
J
主
b
乙
E
り
按
も
悲
U〈
Z
1に き
む
目な凶
J~J ~也きて
o オド闘女
なな
付ど年広部せひ あ無
村る
とるり抱た
は竪日の
、 寺凶ば 1
句5
pるH1郡引 K をか t
1
北主と世
える
士大
・、者にあ長、.tI:: <t
:
I
:1
f
J
[
俄
/
¥
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
14
File Size
265 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content