close

Enter

Log in using OpenID

P2 decanter.indd - 株式会社オートマチックシステムリサーチ

embedDownload
P2 デカンタ
プロセスでの高性能デカンタ
用途
アルファ・ラバル P2 デカンタは、液体の清澄、固体の濃
縮や分離の他に、結晶性材料、繊維質や無定形物質の連続
脱液に使用します。
P2 シリーズは最小の動力消費と機械寿命にかかるコスト
低減を可能にし、経済性に優れた高性能のソリューション
を提供します。
設計
アルファ・ラバルは、P2 デカンタを性能、取扱性、信頼
性と低騒音に重点をおいて設計しました。回転部は、コン
パクトな溶接ボックスビームフレームに固定したメインベ
ヤリングで、支持しています。電動機は、フランジ取付け、
あるいは床置きしており、ベルト張力調節用のブラケット
が付いています。回転筒は V ベルト伝達の電動機で、円
錐部末端を駆動しています。
回転筒、コンベヤ、ケーシング、フィードチューブ、ケー
キ排出口、分離液出口などの接液部は AISI 316 や二相ス
テンレス合金で製作しています。
運転原理
分離は沈降物を掻き出すスクリューコンベヤを挿入した回
転筒の円筒部で行ないます。
処理物はフレームに固定したフィードチューブから回転筒
内部に供給し、フィードゾーンで円滑に加速します。固形
分は遠心力で、直ちに回転筒の内壁に沈降します。
コンベヤは回転筒と同方向に回転しますが、速度が異なる
ため固形分は回転筒の円錐部方向に搬送されます。固形分
は固形分排出口からケーシングに排出します。
分離は回転筒の円筒部で行ない、清澄液は回転筒末端の液
深が調節可能なプレートダムからケーシングに流出しま
す。
供給
フィードチューブ
排出部
加速部
スクリューコンベヤ
ギヤボックス
液体
Direct Drive(D.D.)
Direct Drive は、回転筒とコンベヤの差速を自動制御する
目的で、アルファラバルが開発した独自のシステムです。
このシステムは供給に変動が生じても、分離液の清澄度と
ケーキ乾燥度とのバランスを、最適に維持します。
Direct Drive は、新型ギヤボックスと差速用インバータモ
ータで構成しており、駆動電動機で差速電動機のブレーキ
動力を負担することはありません。
Direct Drive は、電気設備の簡便化と、動力消費の低減を
達成し、広範囲にわたる正確な差速制御が可能です。
Decanter Core Controller(DCC)
DCC を使用したデカンタは、グラフィックインタフェー
スを備えたセントラルプロセッサ付きの専用制御システム
で制御します。DCC は、回転筒中の固形分負荷を制御し
ます。デカンタに関連する変数の多くは、最大負荷運転時
でも、容易かつ安全で信頼性のある運転を確保するために
監視しています。
デカンタコアコントローラ(DCC)用スクリーン
円錐部
ボウル内壁
固形分
プロセスの最適化
P2 デカンタは、次の要素を変更することにより、お客様
個々の要求に適合させることができます。
・ 最適な分離のため、必要な遠心効果(G)を得るための
回転速度
・ 液体清澄度と固形分乾燥度の最適バランスを得るための
コンベヤ速度
・ 液体清澄度と固形分乾燥度の最適バランスを得るための
液面深さ
・ 通液量̶P2 デカンタは、広範囲の通液量に対応できる
ように設計しています。
オプション
アルファラバル P2 デカンタは、独自の設計オプションを
選択することができます。オプションには固形分排出スク
レーパー、リンス機能、CIP や、材質の異なるゴムやシー
ルが含まれています。
全ての P2 デカンタは、3 相分離仕様も可能で、ATEX に
適合しています。
防爆仕様や可燃性処理物用の気密デカンタもあります。
CIP 洗浄液ヘッダ
気密デカンタ用 Espey Seals
技術仕様
供給
個体
1330 mm
液体
最大寸法
P2-300
最大寸法
3955 mm
825 mm
液体
P2-400
P2-500
P2-500
最大寸法 1600 mm
供給
個体
4569 mm
4735 mm
6000 mm
1110 mm
1190 mm
1300 mm
液体
P2-800
特長
回転筒寸法
最大回転速度
最大遠心効果
質量
駆動電動機
音圧レベル1
最大寸法 1482 mm
供給
個体
7500 mm
P2-300
mm 353
rpm. 4000
3157
kg. 2200
kW 15 – 37
dB(A) re. 20µPa 82
2109 mm
P2-400
450
3250
2657
3800
18,5 – 45
78
P2-500
480
3650
3574
5000
45 – 110
85
水運転で、排出口を閉じたデカンタを最高回転速度で運転した時、1m離れた反射板の自由面における音圧レベル
1
P2-600
575
3075
3039
7000
75 – 160
86
P2-800
740
2800
3243
13000
132 – 250
89
東京都港区港南 2 丁目 12 番 23 号
明産高浜ビル 〒 108-0075
TEL. 03-5462-2249 FAX. 03-5462-2456
神奈川県高座郡寒川町一之宮 7 丁目 11 番 2 号
〒 253-0111
TEL. 0467-75-5051 FAX. 0467-75-4129
大阪市中央区常盤町 1 丁目 3 番 8 号
中央大通 FN ビル 〒 540-0028
TEL. 06-6940-2251 FAX. 06-6940-2261
代理店名
●記載された内容は発表時の情報です。仕様、表記方法等を予告なく変更する場合がございます。
PPI00120JA/200611KA
アルファ・ラバル株式会社
古紙配含率 100%再生紙を使用しています
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
497 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content