close

Enter

Log in using OpenID

OPACと検索エンジンの違い 1. OPACとは何か? 2

embedDownload
明治大学図書館OPACの話
図書情報の探し方Ⅰ
序論
1. OPACとは何か
2. OPACの特徴 OPACでできること、できないこと
3. OPACを活用するための図書館用語の説明
2006年度生田図書館版
OPACと検索エンジンの違い
OPAC
検索エンジン
コ ン テン ツ
書 誌規 則 によ る組 織 化
デ ー タ登 録
更新
検 索 方式
人 間の 判 断に よ る
HTM L に よる 記 述
(非 組織 化)
半自 動登 録 ・自 動 更新
検 索 精度
イ ンデ ッ クス 方 式
( 正規 化 処理 )
高
全文 検索
(非 正規 化)
低
検 索 特徴
適 合率 ( 近似 値ヒ ッ ト)
呼出 率( 広 範囲 ヒ ット )
1. OPACとは何か?
Online Public Access Catalog
(図書館蔵書検索システム)
OPAC
オパック
同じ検索システムでも,検索対象が違うと,その特色も異なる
蔵書とは?
図書館が持っている資料
の集まり
2. OPACの特徴
„
OPACとは?
図書館の膨大な蔵書の中から目的の
資料を探し出すことができる仕組み
検索システム
表示される内容
コンピュータ処理の特性
わかっている事項(書名、著者、探したい
言葉など)から検索できる。
複数の事項をかけあわせることもできる。
資料の所在場所や状況がわかる。
1
OPACでできること
OPACでできないこと
資料の検索(明治大学図書館、博物館資料
の一部)
„ 絞込検索、検索条件履歴、ブックマーク、ダウ
ンロード機能(ダウンロードは図書館内の
OPAC検索用パソコンからは不可)
„ ポータルサービス(Portal service)
貸出延長、予約、配送
„
新聞記事検索
○ 「朝日新聞」があるかどうかは検索できる
× 個別の記事を検索できない
„
雑誌論文検索
○ 「化学」という雑誌があるかどうかは検索できる
× 「化学」に掲載されている論文を検索できない
OPACを活用するためには
3. 図書館用語 目録とは?
„
図書館の蔵書目録(目録情報の集合)
資料の検索範囲、方法を理解する。
書誌情報
所蔵情報
検索結果(目録情報)を理解する。
目録情報
書誌情報
„ ある1冊の資料に関する情報
書名、著者、出版者、出版年など
⇒他の資料と区別できる情報
所蔵情報
どこにあるか(所在)、どんな状態かなどを
示した情報
„
生田開架 524.9/178//S 12005081280
配置場所
請求記号
資料ID
„ 一定のルールがある
日本目録規則 NCR
英米目録規則 AACRII
貸出中20050804
状態 期限日
2
請求記号とは?
„
請求記号とラベル
データの請求記号は、資料に貼付されて
いるラベルと同じ
主題⇒分類
524.9/178//S ⇒
524.9
配架の順番
178
„
524.9
178
524.9
179
S
S
S
S
分類 日本十進分類法(NDC)
左から
右へ
配置場所、状態とは?
中央、和泉、生田
どのコーナーか?
⇒同類の図書がまとまっている
利用条件の違い
„ 状態 空欄 ⇒ 利用できる
貸出中 ⇒ 予約を入れることができる
„
524.9
177
配置場所
所蔵情報のまとめ
生田雑誌
生田図書館
生田参考開架
生田開架
請求記号
生田保存書庫
生田
B2書庫
請求記号
生田研究室
生田
新書文庫
生田シ
ラバ
ス本
請求記号
Logo
配置場所
OPAC請求記号 主な注意点
生田開架
519.8/462//S
生田B2書庫
762/16//S
入庫自由
生田シラバス本
農/ク//S
貸出不可
生田雑誌
P405/1//S
貸出不可
生田参考開架
R813/1/H/S
貸出不可
生田研究室
501/183//K,
貸出カウンター
491.3/669//S
に申し込む
930.28/275//HZ 入庫不可、係に
よる出納
生田保存書庫
図書情報の探し方Ⅰ
図書情報の探し方Ⅰ
本論
2006年度生田図書館版
3
OPAC検索の実際と画面展開
4.1 明大OPAC 検索画面
http://www.lib.meiji.ac.jp/
4.明治大学図書館ホームページ
WWW-OPAC(図書館蔵書検索)
WWW-OPACを
選択
書誌検索(標準)
4.2 図書を探す --検索の流れ--
書誌検索(詳細)
タイトル欄に
書名を入力
「声に出して読みたい日本語」
齋藤孝著
„ 書名から検索をする。
„ 多巻物は番号を選択して請求記号を確認
する。
„
4
該当のタイトルが1件で
あれば書誌詳細画面になる
配置場所の合計数
4巻ある
[1]巻を選択
生田の配置
場所と請求記号
4.3 著者名リンク
„
„
齋藤 孝 の著者標目リンクを選択
同じ著者の著作を表示
著者標目リンクを選択する
同じ著者の他の著作物が64件ある
4.4 著者名から検索をする
著者名 「サイトウ タカシ」 と入力
„ 同姓同名の著者が複数いる
„
5
同姓同名の著者が
複数いる
姓名を区切って
入力
検索値でヒットした数
ページを切り替える
4.5 書誌検索結果一覧
検索値でヒットした書名、著者、出版者などが
一覧で表示される
„ たくさんあるときは複数ページになる⇒該当
件数の確認をする。
„
4.6 絞込検索を使う
„
„
タイトルの項目に 「声 日本語」と入力
書名の中の単語だけをいれても検索が
できる
検索値を追加
最初に入力した
検索値が自動的に入る
6
実習課題 1-1
4.7 検索の仕組み ①
書誌検索(標準)画面を開く
„ 1.タイトル
„ 2.著者名
„ 3.出版者
„ 4.ISBN
„ アクセスポイント
„
検索できる項目
書名(タイトル)、著者名、出版者、
ISBN、分類 など
出版年、出版国コードなどは、他の項目と
掛け合わせることにより検索できる。
*ページ数や大きさは記述されているが、検索できな
い。⇒ アクセスポイントではない
4.7 検索の仕組み ②
4.8 入力の方法と検索結果
„ 「正規化」処理
„
例: ひらがな→カタカナ
英数字の全角→半角
アルファベットの小文字→大文字
長音(ー)の除去
前置詞、冠詞、接続詞などの除去(a, an,
the, and, between, to etc…)
漢字で検索をする
ヨミ(ひらがな、カタカナ)で検索をする
⇒検索結果は異なる!
(ひらがな、カタカナはどちらで検索しても可。
単語で区切ることが重要)
例)○星の王子さま
×星の王子様
○ほし の おうじさま ×ほしのおうじさま
4.9 外国人の著作を探す
„
シェークスピアの著作を探す
シェークスピア 275件
シェイクスピア 312件
Shakespeare, William 808件
*著者標目リンクをたどるだけでは不十分なときがあ
る
⇒著者名の原綴りを入力すると良い
著者標目リンク
Shakespeare, William, 1564-1616
7
4.10 分類検索とは
„ 分類検索の利点
⇒主題から検索できる
⇒書名や著者に主題となるキーワードが
なくても検索できる
例)「クローン」と分類467.2の比較
主題にそったものを選ぶ
4.11 分類検索のまとめ
一覧画面
1.書名中の主題にそったものを選ぶ。
2.請求記号の第一区分から分類を特定する。
3.分類標目(画面の下)から分類を特定する。
„ 書誌検索(詳細)画面で分類を入力する。
*NDC(日本十進分類法)から選択する方法が
ベター。
詳細検索 分類に
467.2を入れる
実習課題 1-2
4.12 雑誌を探す
書誌検索(詳細)画面を開く
1.著者名検索→表記のバリエーション
„ 2.分類検索
„
„
„
「生化学 」 日本生化学会 発行の26巻1号を
探す
*雑誌は雑誌のタイトルからのみ検索可能
検索のポイント
資料種別を「雑誌」にする。
単語のみの書名は、「#」をつける。#生化学
8
生田にある年と巻号
#生化学⇒
生化学だけをヒット
26巻1号の詳細画面コピー
利用したい巻号を探す
„
資料IDがないものは、カウンターで依頼する。
雑誌の配送は
所蔵一覧から
選択する
実習課題1-3
„
雑誌の検索
資料IDのないものは
カウンターで配送を申込む
製本中などに
注意
4.13 記号を使った検索方法①
キーワード検索が基本
„
完全一致 #
例 「#生化学」 ⇒ これのみをヒット
巻次・年月次と所蔵巻号の関係を理解
„
前方一致 *
例 「economi*」⇒品詞の違い、語尾変化のあるものに有効
„
後方一致 *
例 「*economist」
9
4.14 記号を使った検索方法②
リテラル検索 ⇒ 文字列検索
検索値に意味をもたせない
検索スピードが遅くサーバに負担がかかる
リテラルはキーワードを包括する
明治大学 ⇒ “ 明” “ 治” “大” “ 学”
検索例 #明治大学*
#*治大*
次週の予告
1.山手線コンソーシアムOPAC(協定大学
図書館間相互利用)
2.NACSIS Webcat(全国大学図書館ネッ
トワーク相互協力)
3.NDL-OPAC(国立国会図書館OPAC)
4.携帯OPAC(図書館外検索)
5.ポータルサービス(予約・配送)
6.新規購入申込(購入希望)
10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
778 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content