close

Enter

Log in using OpenID

9 月 28 日(日)…〔Mont-Saint Michel ツアー〕 佐藤 裕未

embedDownload
9 月 28 日(日)…〔Mont-Saint Michel ツアー〕
佐藤
裕未
この日は Day Trip で世界遺産モンサンミッシェルツアーに行った。出発地パリからモン
サンミッシェルのあるノルマンディー地方までバスで片道4時間ほど。長距離の移動だっ
たものの、連日のハードなスケジュールの中、バスの中は良い休養の場となったのではな
いだろうか。パリなどの華やかな町並みとは違い、バスの車窓から見えるのはひたすら牧
草地帯だった。また、朝方だったせいか、もやが張っており視界が非常に悪く、一時は景
色が真っ白になったこともあった。ノルマンディー地方に近付
くに連れて、家の造りも、また違った雰囲気だった。パリと比
べてノルマンディーの石造りの家々は質素で村は閑散としてい
るように見え、まさにヨーロッパの哀愁漂う田舎という感じが
して良かった。また、Calvados や Cidre のようなリンゴからつ
くられるお酒が有名なせいか、リンゴの木もよく見かけた。
モンサンミシェルは、遠く離れた場所からでも確認すること
ができるほど大きかった。私達が訪れたのはちょうど干潮の時期だったので、周りはひた
すら湿地帯のような広大な草原と砂浜だけだった。
パーキングまでかなり多くの車やバスが駐車されており、景
観的にも環境にも問題があると聞いたが、それ以上にモンサン
ミッシェルの存在が大きすぎて、膨大な数の車は気にならない
ほどの迫力だった。城の内部に行くまでに普通の住宅のような
建物が何件か見られたが、あそこには人が住んでいるのかがかなり気になった。もともと
修道院として建てられたものだったが、重厚感のある壁や塔を見ると外見はどちらかと言
うと要塞の言うイメージが強い。しかし、内部には多くの礼拝堂が所々に置かれていた。
また、一時は監獄としても使用されていたためか、そう思わせるような暗く閉鎖的な場所
もいくつか見られた。宗教心でこん
なに巨大な建築物を造ったこの国の
文化や歴史は本当に素晴らしいと感
じ、日本ではできないとても貴重な
体験をしたと思う。また、干潮の時
期はモンサンミッシェルの島からま
た少し離れた小さい島まで歩いて渡れるらしい。
バスの出発時間まで、下部にあったカフェやお土産屋などを
周ることができ、ストラスブールとはまた違ったお土産を買う
こともでき、ここではかなり充実した時を過ごせた。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
29 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content