close

Enter

Log in using OpenID

医療制度改革がもたらした現状と課題 - 青森県立保健大学リポジトリ

embedDownload
青 森 保 健 大 雑 誌 8(1),129-130,2007
〔論 説 〕
医療 制度改革 が もた らした現状 と課題
渡部
一 郎1)
キ ー ワ ー ド:医 療 制 度 改 革 、 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 、 コ ス ト
I.は
じめ に
病 院 で の あ ら ゆ る疾 患 の 診 察 を避 け る よ う に な っ た。
わが 国 で は 国 民 皆 保 険 制 度 の恩 恵 に よ り誰 もが最 高 の
数 年 前 か ら行 わ れ た 卒 後 研 修 制 度 変 革 で は 、 医 師 の専
先 端 医 療 を享 受 で き、65歳 以 上 の 老 年 人 口 は2006年 に
門 性 ・局 在 を改 善 す る た め 大 学 医 局 で の卒 後 研 修 を抑 制
21%を
康 達成度
し、 大 学 外 の 地 域 医療 を義 務 付 け したが 、 逆 に専 門性 の
ら高 齢 社 会
高 い 都 市 型 医 療 を め ざす 医 師 が 増 え、 現 時 点 で は、 医療
要 した 年 数 は 、 ス ウ ェ ー デ ンが84年 、 ドイ ッ
の 混 乱 、特 に地 域 医療 で は一 部 崩壊 に近 い状 況 と な っ て
超 え 、 世 界 第1位
の 平 均 寿 命 、WHO健
指 数 を 示 し て い る。 高 齢 化 社 会(7%)か
(14%)に
が42年 で 達 した の に比 べ 、 わが 国 は僅 か24年 で 達 成 して
い る。
い る。 ま た わ が 国 は 、 これ ら の優 れ た 医 療 を少 な い 医療
ス タ ッ フ と、 低 コス ト(GNP比
で は世 界21位/30先
進
図2.急性期 医療提供体 制の各国比較
OECD 国)で 提 供 して お り、世 界 の 範 と して 注 目 を集 め て い る
(図1,2)。
Health Data 2005
一 方 将 来 の 少 子 化 ・高 齢 社 会 に対 応 し、2000
平 均在 院 日数
年 か らの介 護 保 険 制 度 、 回復 期 病 棟 、 国立 大 学 ・国 立 病
院 の法 人化 、DPCに
(日)
よ る包 括 医療 、 地 域 連 携 な ど矢 継
看護 職 員数
ぎ早 の 医療 制 度 改 正 が 進 め られ て お り、 医療 の 現 状 に 問
(/病床100)
題 点 や課 題 は多 い。
ア メリカ
イギ リス
フラン ス
ドイツ
日本
医師 数
(/病床100)
図1.わ が 国 の 高
病 床数
(/病床100)
主要先進国の高齢者人口の割合
齢化率の推移
日本
イタリ
ア
ドイツ
高齢化率
(65歳 以 上 の 高 齢 者
人 口 の 割 合)
・21%(2006)世
界1
0
50
100 150 200 250
図2 急 性期医療提 供体制 の各 国比較
フランス英国
Ⅲ
.現 状 と課 題:医
療費の抑 制
カナダ
医療 費 抑 制 政 策 が 次 々 と導 入 さ れ て い る。2000年 か ら
米国
高 齢化 社 会7%か ら高齢
社 会14%に 要 した年 数
始 ま った 介 護 保 険 は、 福 祉(措
・日本24年!
置)と
医 療 費 の 削 減 に大
き く貢 献 す る 。 同 じ く2000年 に始 ま っ た 回 復 期 リハ ビ リ
・ ドイ ツ42年
テ ー シ ョ ン病 床 で は、 発 症 日か らの 入 院 適 応 制 限 と在 院
・ ス ウ ェー デ ン84年
日数 制 限 を示 し、 薬 物 ・検 査 を包 括 払 い(リ ハ ビ リテ ー
シ ョ ン を 除 く)と して これ ま で の 出 来 高 払 い を抑 制 した 。
図1 わ が 國 の 高 齢 化 率 の 推 移
2003年6月
Ⅱ
.現 状 と 課 題:医
療 の 細 分 化 ・専 門 科
病 院(そ
に は 、DPCに
よ る包 括 医 療 を 国公 私 立 大 学
の 後 一 般 病 院 に も)に 導 入 し、 入 院 日数 に よ る
医療 の 細 分 化 ・専 門化 は 、 難 病 の原 因 解 明 や 高 度 医 療
1日 当 た り医療 費 削 減 に よ り在 院 日数 を制 限 し、 医 療 報
の 発 展 に貢 献 した が 医 師不 足 の 原 因 とな っ た。 た と え ば
酬 改 訂 も継 続 的 に行 わ れ て お り、現 在 治 療 を受 け て い る
現 在 内 科 は、循 環 器 、呼 吸 器 、神 経 、消 化 器 、糖 尿 病 、内 分
利 用 者 に混 乱 を生 じて い る。
泌 、腎 、血 液 、 リ ウマ チ 科 な ど専 門 科 に分 割 され て い る 。
医 学 情 報 も簡 単 に入 手 で き る よ う に な り、 患 者 は複 数 の
専 門 医 を受 診 し む しろ不 便 を こ う む り、 ま た 医 師 も地 方
Ⅳ.展 望=リ
八 ビ リテ ー シ ョ ン
従 来 の 医 学 が 、 疾 病 の 診 断(検 査 や 放 射 線 機 器 な ど)
1)青 森県立保 健大学理 学療法学科
Department
of Physical
Therapy,
Faculty
of Health
Sciences,
一129一
Aomori
University
of Health
and Welfare
と治 療(薬
物 ・手術)に
よ り病 理 の 除去 をめ ざす の に対
し、 リハ ビ リ テ ー シ ョン は 、 障 害(機
な健 康 増 進 活 動 ・
行 動 変 容 な ど 、臨 床 の 中 心 は 、医 師 か ら 、
コ メ デ ィ カ ル ス タ ッ フ や 地 域 活 動 へ 移 りつ つ あ る 。
能 障 害 や 日常 生 活
活 動 や社 会 参 加 の 制 約)の 評 価 と ア プ ロ ー チ(訓 練 や代
2003年
償)に
科 学 ・福 祉 工 学 」 が 設 定 さ れ 、 当 大 学 を 含 め 、 療 法 士 養
よ りQOLの
向 上 、 人権 の 回 復 を 目指 す 広 い概 念
で あ る。 厚 生 労 働 省(当
時 厚 生 省)令
で 、1996年8月
か
か ら文 部 省 科 学 研 究 費 に 「リハ ビ リ テ ー シ ョ ン
成 ・研 究 が 盛 ん に な り 、 薬 物 ・検 査 ・手 術 な ど の 高 度 医
ら標 榜 科 と な っ て ち ょ う ど10年 と な る。 急 性 期 リハ(病
療 か ら 医 学 研 究 も シ フ ト し た 。 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン研 究
院)、 回 復 期 リハ(回 復 期 病 床)、 維 持 期 リハ(在 宅 ・施
で は 、 医 師 ・医 学 者 に そ れ ほ ど 多 い 研 究 実 績 は な く、
設:介 護 保 険)と
Evidenced based medicine(EBM,EBR(rehabilitation))
、 病 院 か ら地 域 社 会 、 医 師 か ら看 護 師 ・
療 法 士 ・社 会 福 祉 士 ・介 護 士 へ と リハ ビ リテ ー シ ョ ンの
に 示 さ れ る 新 し い 臨 床 研 究 手 法 も 、randomized 場 も シ フ ト して い る 。
studyを
control
用 い れ ば 、 介 入 ・効 果 の 機 序 に 関 す る 実 験 や 基
礎 的 研 究 が 多 少 乏 し く て も評 価 は 極 め て 高 い(図5.ヒ
Ⅴ
.コ メ デ ィ カ ル 医 療 の 時 代 へ
ッ
プ プ ロ テ ク タ ー の 例)。
2003年 の健 康 増 進 法 に よ り、健 康 と医 療 の考 え 方 もシ
フ トさせ た 。 ハ ーバ ー ド大 学 の 報 告 で は、 発 癌 要 因 と し
て 生 活 習 慣 で あ る、 喫煙30%、
従 来 の 発 癌 要 因 、遺 伝5%、
とが 示 さ れ た(図3)。
食 事30%、
運 動5%が
環 境 化 学 物 質3%を
図5.転
、
倒 ・骨 折 予 防
ヒッププロテクタの有 用 性
凌 ぐこ
大 腿 骨 頚 部 骨 折(/1000cases/year)
転倒 骨折8例 は、すべて非装着時!
胃が ん は 、わ が 国 で最 も高 率 な癌
で あ った が 、減 塩 や 検 診 な どで 減 少 した(図4)。
僅 か10
protector群(247人)
対 照 群(418人)
図3.が ん の 原 因
1.タバ コ
≧20才
2.食 事
Lauritzen et al, Lancet 1993,341,11-1
蟹
医学的基礎 研究 より、実践 的な研
3.運 動 不 足
4.ア ル コ ー ル
図5 転 倒 ・骨 折 予 防 ヒ ップ プ ロテ ク タ の 有 用 性
5.遺 伝
6.環 境 汚 染
健 康 医 学 領 域 にお い て は、 看 護 師 ・療 法 士 ・工 学 士 ・
そ の他
栄 養 士 な どの コ メ デ ィ カル ス タ ッ フが そ れ ぞ れ の 立 場 で
細 か な評 価 や ア プ ロ ー チ(訓 練 ・シ ス テ ム の構築 な ど)
遺 伝(5%)や 環 境 性 発 癌 物 質(2%)よ り、喫 煙(30%)・ 食 事
(30%)・ 運 動(5%)の 生 活 習 慣(68%)が 発 癌 に影 響 す る
で 各 専 門分 野 の 職 能 を発 揮 で き、 これ まで どの 国 もど の
図3 が ん の 原 因
研 究 者 も試 み て い な い研 究 が 残 され て い る。
青 森 県 は わ が 国 で 最 低 の 平 均 寿 命 で あ るが 、喫 煙 ・
肥満
・
飲 酒 が 全 国1位 と報 告 さ れ て お り、我 々 に とっ て 最 も研
図4.男 女別悪性新 生物発生頻 度
究 活 動 しや す い 地 域 で あ る。 医 療 改 革 に よ る混 乱 と課 題
は多 い が 、逆 に 力 を発 揮 で き る と きで もあ る。 課 題 を ひ
とつ ひ とつ 克服 して い こ う。
Ⅵ. 文 献
1)財
団 法 人 厚 生 統 計 協 会:国
の 指 標(臨
2)渡
・胃がんは減少(が抗がん剤、手 術の進歩より検診、減塩の効果が示され る)
男性は肺がん、女性は結腸癌
・
民 衛=生 の 動 向2006,厚
生
時 増 刊)53(9),2006
部 一 郎:リ
ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 医 療 の10年
、 第10日
バ イ オ フ ィ リ ア リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 学 会 予 稿 集(青
図4 男女別悪性新 生物発生頻 度
森)、p5-6,2006
3)渡
年 前 、 癌 や糖 尿 病 な どの 医 学 研 究 は 、 原 因 の 除 去(遺 伝
RAの
子)、 病 理 の 除 去(血 糖 低 下)が
4)渡
主で あ ったが、早 期発
見 、 さ らに は 生 活 習 慣 病 と して 食事 ・運 動 に よ る積 極 的
部 一 郎:RAの
リハ ビ リ テ ー シ ョ ン の20年
リ ハ ビ リ研 究 会 誌20、 p1-5,2006
部 一 郎:日
本 のRAリ
ナ ル40(6)、503-508,2006
130
、 日本
ハ の10年
、作 業 療 法 ジ ャー
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
728 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content