close

Enter

Log in using OpenID

参考資料 - KDDI研究所

embedDownload
報道資料
平 成 21 年 4 月 13 日
沖 電 気 工 業 株 式 会 社
株 式 会 社 K D D I 研 究 所
独立行政法人情報通信研究機構
セッションボーダーコントローラーを用いた
日中韓 NGN テストベッドでの国際共同実証実験の開始
~ スケーラブルなコーデック変換および品質制御管理を実現 ~
沖電気工業株式会社(以下「OKI」という。社長:篠塚 勝正)と 株式会社 KDDI 研究所(以下「KDDI
研究所」という。所長:秋葉 重幸)は、日中韓情報通信大臣会合の枠組みの下、次世代ネットワー
ク(NGN*1)の国際間コーデック変換及び品質制御管理について国際共同実証実験を開始しました。
今回の実証実験は、独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」という。理事長:宮原 秀夫)
からの委託研究「次世代ネットワーク(NGN)基盤技術の研究開発」の一環として行われるもので、
これまでの委託研究成果を活用します。具体的には、新たに開発したスケーラブルなコーデック*2
変換機能や国際標準化に成功した MPM 機能*3 をセッションボーダーコントローラー(以下「SBC*4」
という。
)に実装し、これを日中韓次世代ネットワークテストベッド(以下「CJK-NGN テストベッド」
という。)に設置して行うものです。この実証実験の進展により、NGN の国際標準化のリーダーシッ
プの発揮と NGN 本格運用に向けた成果の活用が期待できます。
平成 21 年 4 月 8 日(水)から 10 日(金)まで、中国で開催された CJK 標準化会議*5 においても同
実験の重要性が確認されました。
【背景】
次世代ネットワーク(NGN)に関するアジア地域の国際標準化活動を強化する観点から、総務省は平成
20 年 3 月より、日中韓での NGN 検証用ネットワーク(CJK-NGN テストベッド)による国際共同実験を推進
しています。CJK-NGN テストベッドでは、NGN 基盤技術の研究開発の一環として、KDDI 研究所、日本電信
電話株式会社(以下「NTT」という。)
、OKI を中心に、日中韓の各実験網を国際 IP 回線で接続して技術検
証機器を設置し、実証実験データの収集を進めています。
これまで、OKI は、移動体網の次世代の 3 種類の広帯域コーデック*6 に対応する機能を業界で初めて SBC
に搭載し、KDDI 研究所は、NGN サービス提供に重要な端末エンドトゥエンドのサービス品質とそのサービ
スセッション制御管理に関わる MPM(Management of Performance Measurement for NGN)機能仕様を、
中韓と協力して ITU-T Y.2173 として国際標準化しました。
【今回の実証実験の内容】
検証実験は、OKI の検証用ラボと CJK-NGN テストベッドとを接続して SBC を使って行います。サービス
端末に応じた動的なコーデック変換を実現するとともに、独自の機能配置により、極めて短い変換処理遅
延を実現する SBC を活用した、コーデック変換機能の性能検証を実施します。
また、MPM 機能の一部を SBC へ実装することにより、端末エンドトゥエンドのサービス品質に基づく、
メディアのセッション制御やサービスの受付制御に関わる検証を、KDDI 研究所とともに実施します。
【今後の展望】
今後とも、OKI と KDDI 研究所は、NTT や他の研究機関とともに、本研究を通じて、NGN の相互接続に必
要なキャリアグレード機能の研究開発を推進し、国際標準化活動に積極的に取り組むとともに、NGN の本
格的運用を展開していきます。
※
本研究の成果を含むセッションボーダーコントロラーは、
「CenterStage®(センターステージ)
NX3200」という名称で OKI から製品化されています。
※
NICT 委託研究「次世代ネットワーク(NGN)基盤技術の研究開発」は、NTT、KDDI 研究所、OKI、
日本電気株式会社、株式会社日立製作所、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社の
6 社により研究を実施しています。
<用語 解説>
*1
: NGN(Next Generation Network、次世代ネットワーク)
IP 技術をベースにした通信事業者の次世代ネットワーク。ITU-T(国際電気通信連合・電気通信
標準化セクタ)において技術仕様が国際標準化され、日本でも NGN の構築が進められています。従
来の電話サービスに加え、インターネットでは提供が困難であった高品質かつ大規模な、映像配信
サービスや携帯と固定端末が連携した各種マルチメディアサービス、企業向けの高信頼性通信サー
ビスなどが提供できます。これにより、通信事業者はネットワーク構築・運用コストを削減できる
上、トリプルプレー(音声、データ、映像の統合)や FMC(固定・無線通信融合)などの新サービ
スの提供が容易になることが期待されています。さらに、NGN ではアプリケーション構築の API
(Application Program Interface)を公開することにより、第三者が NGN の機能を利用した独自の
サービスを提供することが容易になります。
*2
: コーデック
音声や映像データを伝送するため、データを圧縮する符号化(エンコード)処理やその逆の復号
化(デコード)処理を行う装置およびソフトウェア。スケーラブルなコーデックとは、帯域や規格
の違う圧縮条件に対応していて柔軟性の高いコーデックのこと。
*3
: 国際標準化に成功した MPM 機能
NGN において高品質サービスを提供するための性能測定の管理に関する要求条件及び管理アーキ
テクチャを MPM(Management of Performance Measurement for NGN)と言い、MPM 機能仕様の標準
は、平成 20 年に、日中韓(KDDI、Huawei、ETRI)により、ITU-T Y.2173 として国際標準化されま
した。
*4
: セッションボーダーコントローラー(SBC:Session Border Controller)
後述する NGN を相互に接続する装置。多くの NGN サービスの制御に適用される SIP(Session
Initiation Protocol)実装の差分吸収や、音声や映像メディアのコンバージョンなどを行うことで、
異なる事業者が提供する端末間の通信を可能とします。一例として、NGN 事業者を問わず、携帯端
末と PC 端末間でのシームレスな TV 電話サービスを実現します。
*5
: CJK 標準化会議
日本、中国、韓国、それぞれの民間標準化機関である、社団法人情報通信技術委員会(TTC)
、社
団法人電波産業会(ARIB)、中国通信標準化協会(CCA)、韓国情報通信技術協会(TTA)の 4 者による
国際会合。CJK-NGN テストベッドによる国際共同実験プログラム全体を企画、運営する。
*6
: 3 種類の広帯域コーデック
(即ち、3 種類の標準規格に対応したコーデック)
ITU-T G.711.1
ITU-T における音声コーデック標準。臨場感のある広い帯域の音声を再生することができ、固定
電話サービスにおいて、従来の非 IP 電話および IP 電話を問わず、広く使用されている音声コーデッ
ク標準の ITU-T G.711 と互換性があります。2008 年に、NTT が中心となり、ETRI
(韓国)、
France Telecom
(フランス)、Huawei(中国)、VoiceAGE(カナダ)の 5 社により、国際標準化されました。
AMR-WB(Adaptive Multi Rate Wideband)
移動網の標準化団体である 3GPP(Third Generation Partnership Project)において標準化され
た音声コーデック標準。広帯域サービスへの利用が期待されています。
EVRC(Enhanced Variable Rate Codec)Rev.B
移動網の標準化団体である 3GPP2(Third Generation Partnership Project2)において標準化さ
れた音声コーデック標準。広帯域ネットワークへの利用が期待されています。
<SBC の概要>
NGN 網及び他事業者網との間に位置し、信号処理及びメディアの差分吸収をつかさどる。
<コーデック変換実現方式概要>
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
290 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content