close

Enter

Log in using OpenID

Symantec Endpoint Protection 11.x

embedDownload
Symantec Endpoint Protection 11.x: Network Threat Protection
コース概要
コース内容
このコースでは、Symantec Endpoint Protection (SEP)
11.x のクライアントファイアウォール、侵入防止、ビ
ヘイビア防止の機能について学習します。内容には、ネ
ットワーク脅威防止の基本から、設定、管理、カスタマ
イズ方法、および監視方法が含まれます。
レッスン 11: ネットワーク脅威防止の紹介
•
ネットワーク脅威防止の基本
•
ファイアウォールの機能概要
•
侵入防止の機能概要
•
アプリケーションとデバイスコントロールの機能概要
コースタイプ
レッスン 12: ファイアウォールポリシーの設定
•
ファイアウォールポリシーの概要
•
デフォルトのファイアウォールポリシーの設定
•
スマートトラフィックルールの管理方法
•
トラフィック設定とステルス設定
インストラクター主導
コースコード
TCJP-IL-TRNG-DAY
期間
2日間 (10:00-17:30)
価格
147,000円(税込)
コース目的
このコースを終了すると、次の内容を習得できます。
・
プロアクティブ脅威防止の設定
・
ファイアウォール、侵入検知のポリシー設定と管理
・
SEP クライアントのファイアウォールコンポーネン
トについて
・
ホスト型の侵入防止システム(HIPS)の設定方法
・
アプリケーションとデバイスコントロールポリシー
の設定方法
・
ネットワーク脅威防止の監視方法
受講対象者
SEP11.x の基本機能が理解できている方、または
SEP11.x :Antivirus, Antispyware, and Proactive
Threat Protection のコースを受講済みの方。SEP11.x
のネットワーク脅威防止の機能を設定、および管理され
る方。
レッスン 13: 侵入防止システムポリシーの設定
•
侵入防止システムの設定方法
•
カスタムシグネチャの作成方法
レッスン 14: アプリケーションとデバイスコントロール
ポリシーの設定
•
アプリケーションとデバイスコントロールの
ポリシー作成方法
•
アプリケーションコントロールの定義
•
アプリケーションとデバイスコントロールの
ポリシー変更方法
•
デバイスコントロールの定義
レッスン 15: ネットワーク脅威防止のカスタマイズ
•
場所の管理方法
•
ポリシーコンポーネントの管理方法
•
クライアントアプリケーションの検索方法
レッスン 16: ネットワーク脅威防止の監視
•
サマリーデータの参照方方
•
ログファイルの参照方法と管理方法
•
レポートの作成と参照方法
(注意)
テキストは、英語版を使用します。
前提知識
基本的なコンピュータ用語、セキュリティ知識、ネット
ワーク(TCP/IPなど)とWindows環境の管理者レベルの
知識
実習環境
Windows
仮想コンピュータ(VMWare)を使用したネットワーク環境
■ お問い合わせ先
株式会社シマンテックトレーニングセンター
〒107-0052 東京都港区赤坂 1-11-44 赤坂インターシティ 9F
TEL:03-5114-4300(平日 9:30-18:00)
FAX:03-5114-4011(24 時間)
E-mail:[email protected]
URL:www.symantec.com/jp/training/
1
Copyright © 2007 Symantec Corporation. All rights reserved. Symantec と Symantec ロゴ、Veritas は米国における Symantec 社およびその関連会社の登録商標です。
その他の会社名、製品名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。製品の仕様、性能等は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。
2007 年 10 月 5 日現在
VERSION3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
118 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content