close

Enter

Log in using OpenID

2011 年度 事業報告書 - So-net

embedDownload
2011 年度
事業報告書
1.第 42 回高見順賞の贈呈
(1) 贈呈詩集
辺見 庸『眼の海』(毎日新聞社 11月刊)
(2) 賞および記念品
正賞(賞状)および副賞 50 万円ならびに記念品(地球儀)
(3) 選考委員
藤井貞和、瀬尾育生、吉増剛造、荒川洋治、井坂洋子
(4) 選考経過
選考会は 1 月9日午後 3 時からホテルメトロポリタンエドモントで、選考委員
全員が出席して行われました。選考の対象となった詩集は 2010 年 12 月 1
日から 2011 年 11 月末日までの 1 年間に刊行された詩集の中から選ばれ、
最終候補作品は次の6詩集でした。
・季村敏夫詩集『ノミトビヒヨシマルの独言』(書肆山田 1月)
・和合亮一詩集 『詩ノ黙礼』(新潮社 6 月 )
・國峰照子詩集『ドン・キホーテ異聞』(思潮社 7月)
・江夏名枝詩集『海は近い』(思潮社 8 月 )
・渡辺玄英詩集『破れた世界と啼くカナリア』(思潮社 10 月)
・辺見 庸詩集『眼の海』(毎日新聞社 11 月)
選考会は一次選 考に携わった荒川洋治氏 から候 補作品6詩集 を選んだ
経緯の説明の後、任期五年となる藤井貞和氏を座長に選び、候補詩集につ
いて順 番に意見 を述べあい、討 議しました。この時 点で選 考委 員5人ともが
『眼の海』の支持を表明しました。座長の藤井氏の提案で『詩ノ黙礼』につい
て、もう少し議論をしたい旨の意見があり、 再度白熱した意見交換と討議が
長 時 間にわたってなされ、その結 果全 員 一 致 で辺 見 庸 詩 集『眼の海 』が受
賞と決定しました。
1
なお、例年 どおり詩 人、文 芸評 論家 、編 集者 など大 勢の方々にご協力 いた
だきました。葉書アンケートに挙がった詩集は 48 詩集(既受賞者の詩集は除
く)でした。なお、一次選考は高橋睦郎、佐々木幹郎、荒川洋治、松浦寿輝の
四氏にお願いしています。
(5) 賞の贈呈式および記念パーティの開催。
昨年の東日本大震災の為中止になりました第41回の受賞式を第42回の
受賞式と併せ開催した。
日時:2012 年 3 月 16 日(金)午後6時
場所:ホテルメトロポリタン エドモントで開催。
式次第
司会・細見和之
1.開会のあいさつ
2.第 41 回
佐々木幹郎
選考経過報告
荒川洋治
3.賞の贈呈
入沢康夫
4.祝辞
鵜飼
5.受賞者挨拶
金
哲
時鐘
6.花束贈呈
7.第 42 回
選考経過報告
井坂洋子
8.賞の贈呈
入沢康夫
9.祝辞
高橋睦郎
10.受賞者挨拶
辺見
庸
.乾杯
辻井
喬
8.閉会のあいさつ
松浦寿輝
11.花束贈呈
2
(6) 広報関係
・2012 年1月 9 日の選考会終了後、受賞者に連絡、受諾を得て、結果を各
新聞社、通信社及び関係機関へ広報。新聞等には翌1月 10 日の朝刊に
報道 された。また、毎 日新 聞夕 刊文 化 欄(1/20)、読売 新聞 朝 刊詩 月評
(2/21)等で紹介された。
・賞の贈呈及び記念パーティの案内。
2.振興会会報の発行
「樹木」30 号を発行
~内容~
・ 選考経過
・ 受賞詩集
『眼の海』より
・ 受賞の言葉
声の奈落―ニッポン語という残響
辺見 庸
・ 選評
時制と「とき」
藤井貞和
二冊の詩集について
瀬尾育生
比類のない詩人の誕生
詩の日本の前に
ことばのうねり
吉増剛造
荒川洋治
井坂洋子
・ 高見賞の詩人たち
日本語訳と非日本語訳、または英訳
伊藤比呂美
受賞詩集『河原荒草』より
・ 荒磯忌によせて
高橋順子
・ 昨年度贈賞式の顛末について
三木 卓
・ 振興会より
A5 判 44 ページ、 2012 年 3 月 16 日発行、 発行部数 550 部
3
贈呈式、パーティの出席者及び受賞者関係者に配布。
アンケート協力者、詩集寄贈者、関係諸機関等へ配布。
3.著作権の管理
高見順の著作権の許諾および協力、著作権料の受領。
著作権使用料(収録・教材使用料など)
日本文教出版(17,535 円)
文藝春秋(221 円)
日本文芸家協会管理部(76,356 円)
学研教育出版(2,100 円)
学研エデュケーション(2,100 円)
正進社(2,240 円)
光文書院(7,593 円)
日本文芸家協会管理部(55,563 円)
文理(4,200 円)
童話屋(9,450 円)
日本コスモピア(2,100 円)
学研教育出版(793 円
日本文芸家協会管理部(81,145 円)
文藝春秋(662 円)
音楽之友社(11,408 円)
光村図書出版(354,000 円)
日本文教出版(17,535 円)
河合楽器(11,489 円)
光村図書教育(1,535 円)
日本文芸家協会管理部(60,227 円)
講談社文芸文庫『如何なる星の下に』(294,000 円)
愛媛県教育委員会(2,100 円)
鹿児島市評価問題研究所(6,476 円)
中央公論社敗戦日記 E(1,178 円)
4
音楽之友社(11,250 円)
日本文芸家協会著作権管理部(61,059 円)
合計 1,094,315
(24.3.10.現在)
☆光村図書出版の教科書『国語 六下 希望』掲載補償金の入金は
平成 23 年度で終了。
◆講談社文芸文庫から『如何なる星の下に』(解説坪内祐三)が
刊行されました。
4.荒磯忌
福井県坂井市三国町「高見順の会」と共催。
平成 23 年 7 月 17 日「荒磯忌」を開催。講師として高橋順子評議員にご足
労 をお願 いし、高 見 順 の碑 のある東 尋 坊 で碑 前 祭 を行 い、菩 提 寺 の円 蔵
寺に会場を移し法要・墓参の後、高橋順子氏『海と詩』についてのテーマで
講演が行われた。その後、「高見順の会」の会員との交流が行われた。
以上
訃報
新井豊美監事が平成24 年 1 月 21 日にお亡くなりになりました。
発足以来評議員、監事、賞の選考委員としてご尽力いただきました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
215 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content