close

Enter

Log in using OpenID

5.写生行雑感

embedDownload
5
5
随筆
{庸されている口
春夏秋冬と季節に順じて服装は変化す
写生行雑感
るが利便と実用を旨として、ポケットの
多い釣り用チョッキを着用したりするの
で、各シーズンとも、私の装身は個性を
失わないようである。
高い山への写生行には、キャンパスも
収容可能なリュックサックを用いるが、
通常はキャンパスを袋に入れて手に持ち、
車輪によって引くことができ、道がなけ
れば背負うこともできるキャリーバッグ
を用いている。
キャリーバッグには、画材、画架、食
糧 、 衣 類 等 々 約 30
種類の物が納められ、
8
0
c
r
r
Hまどの大きさで、 1
0
k
gを 越 す 重 さ で
ある。世間ではあまり使われていないの
東京都水道局浄水部長
平岡忠夫
で、奥さんの混乱をさらに増幅させたよ
うである。
数年前に、写生行で犬に噛まれたこと
があった。朝起きてから好天に惹かれて
近所の奥さんに「お宅の旦那は休日に
急に思いついたので家を出るのは遅くな
なると大きな荷物を背負って出かけるが
り、裏丹沢の焼山ヘ辿りついたのは午前
なにかご商売でもやっているの」といわ
1
0時 頃 で あ っ た D 焼 山 か ら 黍 殻 山 、 八 丁
れたと、家内が笑いこけたことがあった。
坂を経て、
!;ぴがら
5時 間 後 に よ う や く 姫 次 と い
スキーでもない、釣りでもない、登山
うすばらしいポイントに到達した。南方
でもない。行商でもやっているのか、コ
には、蛭ケ岳を背景に唐松の古木の群生
ートやズボンに絵の具がついていること
西方の山波の先には富士も見えていた。
から、ペンキ屋の手伝いか・・…・と、思い
しかし、冬至の数日後のこと、日照時間
悩んだようよ口というのが家内の笑いで
はもっとも短い季節である。写生の時間
あった。
はない。まさに、後髪を惹かれる思いで
折り返しのついた古風なスキー帽、大
下山をせざるを得なかった。
きな襟のついた半コート、裏に毛のつい
明るいうちに里まで降りようと、直滑
た釣り用のズボン、それに登山靴という
降のように山道を馳けくだり、上青根と
いでたちは、見る;人を混乱させるかもし
いう集落に辿り着いた時には、すでに日
れない口これは長年の経験が生んだ私の
は落ちていた。道を尋ねようと集落への
写生行の装身である。
橋を渡る頃から、毛深い中型犬が胡散臭
高い山や酷寒地へ出かける時は、ロシ
げに吠えかかり、まとわりついてきた。
アの兵隊のようなぷ厚い外套を、雪渓の
ようやく豆腐屋さんといき交い、道を聞
ある山へはアイゼンやスパツツなども準
いた瞬間に右足のふくらはぎに電気の走る
5
6
昭和 6
0
. 5 第3
8
号
ダクタイル鉄管
ような痛みを感むた。一瞬事情がわから
なりを発した D 暗い時間であり、普段と
なかったが、だが逃げていくのを見て噛
違う私の風態から、お年寄りが私を認識
まれたことを自覚した。
し得なかったのはやむを得ないとして、
私のいでたちは人様のみでなく、動物
知り合いの仲と思っていた犬奴の態度は
にもめずらしく映るのか、それまでも犬
許せないと、写生行への弾んだ気持は少
に吠えられる機会は多かった。しかし裏
しばかりしぼんでしまった。
丹沢ともなれば、私の風態に似た登山姿
この日のポイントは、里子猿返しという
も多く、犬も馴れ親しんでいるであろう
地名の所で、ブッシュと雪をかき分け這
とたかをくくっていたのが油断のもとだ
い上った所である口釜無川と甲斐駒ヶ岳
った。傷の治療に近くの病院にいったが、
が一望できる好点、だけに、風当たりも厳
この日は犬族の気嫌の悪い日で、 3人も
しい場所であった。
噛まれた患者がきたということであった。
当日は赤のリュックサックだったが、
風は太陽の上昇に従って強まる感ピで、
正午頃には、体がよろけるほどとなった。
牛は赤布に昂奮するということから発想
雪 原 を 渡 っ て く る た め に 、 そ のJ
令たさは
し、以降は赤色などの目立つ色は、なる
肌を刺すようである。しかし、風態はか
べく使用しないこととした O
んばしくなくとも、折り返しを垂らした
2月 の 写 生 行 は 日 野 春 で あ っ た 口 山 は
早い時間ほど鮮明に見えるので、日の出
前 の 午 前 5時半には家を出た。
スキー帽、襟を立てた半コート、暖かい
釣 り 用 ズ ボ ン の 効 用 はj
両点、である。
カメラマン風の男が崖下から声をかけ
たまたま、犬を連れ散歩中の台年寄り
てくる。「寒いですか J rそこへはどうや
に遇った。知り合いなので、早速朝の挨
っていくのですか」私はコートに手をや
拶をしたが返事がない。聞がもてないの
り、足をあげて登山靴を示しながら、「中
で二度、三度と繰り返したが、まったく
途半端な恰好はケガのもと、カジュアル
反応がなく、むしろ避けるように足早に
シューズで、は無理です.よ J と答を返す。
家に入ってしまった。犬も一瞬立ち止ま
朝のしぼんだ気持は、いつか昂揚し、
り、けげんそうに私を凝視しながら、う
気分ルンルンの写生行の一日であった。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
161 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content