close

Enter

Log in using OpenID

消毒方法について!(クリックすると pdf ファイルがダウンロードされます。)

embedDownload
消毒液の作り方
���ノロウイルスの失活には、加熱(熱湯85℃以上1分以上か、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で拭くようにします。
(汚物処理時)には次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm)で処理します。
いわき市サイト→→感染性胃腸炎を予防しましょう|いわき市
◉感染性腸炎
�����●ノロウイルス性腸炎(SRSウイルス):潜伏期間は24 48時間。吐気、嘔吐、下痢、腹痛、軽度の発�熱が1 3日持続します。
���������感染しても発症しない場合、軽い風邪症状で�おさまることもある。治癒後も1( 3)週間程度便にウイルスが排泄される。�
�����●ロタウイルス性腸炎:冬期に流行しやすい、乳幼児に好発する、潜伏期2 5日。����
��������症状:嘔吐ではじまり、しばしば発熱を伴う。続いて下痢が起こり、水樣の白色 淡黄色の、1日数回�から数十回に及ぶ。悪臭はない。�
�������下痢は6 7日間でとまるが、脱水症を起こしやすい。
����●アデノウイルス性腸炎..潜伏期7日、下痢は4 5日間
����●細菌性腸炎.. なまぐさい 臭い、粘液、膿、血液を混じることが多い
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
399 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content