close

Enter

Log in using OpenID

ヒーターで快適空間!

embedDownload
プロが教える!
寒 く な る 前 に
ヒー タ ー で 快 適 空 間 !
お魚にとって水温はとっても大事!
!
急に寒くなったり、暑くなったり…魚はヘトヘトです。
急激な水温の変化は病気の原因にもなってしまうので、年間を通して一定の水温を保ちましょう!
その前に・
・
・生き物の種類によって棲みやすい水温は異なります。ここでは簡単に生き物別の適合水温をご紹介します。
一般的な熱帯魚
26℃
30℃以上は要注意!
水温が高すぎると体力の消耗が激しくなり死に至
ることも。また水温が一定でないことも体調が崩れる原因となります。
エ ビ 類
26℃
エビは高温に弱いので、温度対策は必須!
!
水 草
25℃
比較的低水温が好ましいです。
高いと成長が悪くなり、枯れてしまうことがあります。
金 魚
23℃
対応できる水温の幅は広いですが、一定にならなかったり
高水温の場合は体調を崩し、病気の原因になってしまいます。
海 水 魚
23℃
海水魚飼育の重要なポイントは水温を一定に保つこと!
!
深いところに棲む種は温度対策が必須です!
サ ン ゴ
23℃
海水魚と比べて高水温に弱いです。
28℃を越えると死に至る場合が多いです。
川 魚
23℃
産地によって様々ですが、比較的低水温を好みます。
渓流に棲む種は年間を通して水温が低いので温度対策が必要です。
※上記の水温はおよその目安となっています。大事なのは温度変化がないように飼育しましょう。
ヒーターの種類
ヒーターには大きく3つの種類に分けられます。「26℃固定型」、「ヒーター&サーモスタット 一体型」、「ヒーター
&サーモスタット セパレート型」になります。
26℃固定型
ヒーター&サーモスタット ヒーター&サーモスタット
一体型
あらかじめ水温設定がされているから
コンセントに差すだけのお手軽ヒーター。
配線も少なく、
すっきりコンパクト!
!
セパレート型
ヒーターとサーモスタットが
別々に買い替えができます。
センサーとヒーター部分を
離して設置出来るので水温の
ムラを防げます。
ヒーターとサーモスタットが一体に
なって任意の水温に設定ができます!!
水槽内にヒーター部のみが入る為、
配線が少なく、すっきりコンパクト!!
水槽
設置方法
ヒーターを使用する場合はエアレーションやフィルター等で
水槽内の水を循環させてください。(
水温が一定になります)
ヒーター
エアレーションタイプ
ヒーターの電源を入れる際は、必ず、ヒーター本体が水中に
ある状態でコンセントを入れましょう。(故障の原因になります)。
水槽
ヒーター
フィルタータイプ
ヒーターの使用上の注意
ヒータは水中で使用し、絶えずON/OFFを繰り返すので、ゴム類、
夏でも朝晩や天候によって、
水温は一時的に急激に下がる
電熱線などの消耗が進み、断線などの故障が起こりやすくなります。 ことがあります。
そのためヒータは特殊な場合を除いて
淡水は約1年(1シーズン)、海水は約半年での交換が理想的です。
一年通して水槽内に設置することをお勧めします。
一度使用し、
保管してあったヒーターも誤作動や故障の危険が
高いので再使用はオススメできません。
ヒーターを水中から取り出す際は、
ヒーターの熱が冷めるまで
待ちましょう(
故障の原因になります)
。
ヒーターは必ず、
水槽水量にあったサイズをご使用ください。
水量に対して、
W数が合っていないと、
飼育水を温めきれな
かったり、
一気に温めてしまうことがあり、
魚に悪影響を及ぼ
す場合があります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
110 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content