close

Enter

Log in using OpenID

JPM中東アフリカ株式ファンド - JPモルガン・アセット・マネジメント

embedDownload
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
追加型投信/海外/株式
基準日: 2014年10月31日
ファンド情報
設定来の基準価額(税引前分配金再投資)の推移
◆ファンド概況
12,000
11,000
基
10,000
9,000
準
純
資
価
産
総
額
10,852円
額
7.3億円
8,000
◆騰落率
7,000
6,000
1ヵ月
5,000
1.24
4,000
3,000
07/12/17
09/09/04
11/05/24
13/02/09
14/10/29
(%)
3ヵ月
0.91
6ヵ月
9.55
1年
3年
19.50
87.30
設定来
8.52
・騰落率については、基準価額に税引前分配金を再投資して計算しております。
・騰落率は実際の投資家利回りとは異なります。
(設定日)
・上記グラフの単位は円です。
・上記グラフは過去の実績であり、将来の運用成果をお約束するものではありません。◆マザーファンドにおける主要投資対象の組入状況
・基準価額は、設定日から2010年12月7日までは年率1.88%+消費税で計算した信託
組入比率
外国投資証券名
報酬、2010年12月8日以降は年率1.03%+消費税で計算した信託報酬および外国ファ
(マザーファンド)
ンドの運用管理費用(本資料の8ページをご覧ください)を控除した後の数値です。
JPMエマージング・ミドルイースト・エクイティ
54.1%
(アイ・クラス)
◆分配金実績(1万口あたり、税引前)
(円)
第1期
第2期
第3期
第4期
第5期
第6期
2008年12月
2009年12月
2010年12月
2011年12月
2012年12月
2013年12月
0
0
0
0
0
JPMアフリカ・エクイティ(アイ・クラス)
合計
0
・分配金は過去の実績であり将来の成果を保証するものではありません。
・受益者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には
元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分
配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
44.4%
98.5%
・組入比率は、対純資産総額で計算しています。
商品の特徴
◆ファンドの目的 : 中東・アフリカ諸国の株式等を実質的な主要投資対象として運用を行い、信託財産の中長期的な成長を目指すことを目的と
します。
◆主な投資対象 : マザーファンドを通じて以下の外国ファンドに投資して、その外国ファンドが実際に有価証券に投資することにより実質的な運
用を行います。
<外国ファンド>
中東ファンド
アフリカ・ファンド
◆商品概要 :
外国投資法人
外国投資証券
JPモルガン・ファンズ-エマージング・ミドルイースト・エクイティ・ファンド
JPMorgan Funds – Emerging Middle East Equity Fund
JPモルガン・ファンズ-アフリカ・エクイティ・ファンド
JPMorgan Funds – Africa Equity Fund
JPMエマージング・ミドルイースト・エクイティ(アイ・クラス)
JPM Emerging Middle East Equity I
JPMアフリカ・エクイティ(アイ・クラス)
JPM Africa Equity I
当初信託設定日:2007年12月17日
信託期間:無期限
決算日:毎年12月16日(休業日の場合は翌営業日)
お客様の投資判断における重要な情報となりますので、必ずお読みくださいますようお願いいたします。
ファンドは、外国の株式を主な投資対象とし、また、その他の外貨建資産を保有することがありますので、株式市場、為替相場、その他の市場にお
ける価格の変動により、保有している株式等の円換算した価格が下落した場合、損失を被る恐れがあります。
委託会社が別途指定する日(以下「特定日」といいます。)には、購入・換金の申込みの受付は行いません。1週間のうち、購入・換金の申込みがで
きる日が3日以下となることがあります。特定日は、委託会社が前年の末日までに販売会社に通知するものとします。販売会社にお問い合わせくだ
さい。
換金代金のお支払いは、原則として換金申込日から起算して7営業日目からとなります。
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
1/9
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
基準日: 2014年10月31日
マザーファンドが投資する外国投資証券の運用状況
(2014年9月30日現在)
国別構成比率
業種別構成比率
25.70%
南アフリカ
19.85%
トルコ
10.60%
サウジアラビア
8.46%
ナイジェリア
生活必需品
12.77%
一般消費財・サービス
12.45%
27.05%
10%
7.35%
電気通信サービス
その他
0%
9.69%
資本財・サービス
8.34%
UAE
40.85%
金融
20%
30%
40%
16.89%
その他
0%
50%
10%
20%
30%
40%
50%
通貨別構成比率
25.07%
南アフリカ・ランド
19.85%
トルコ・リラ
・比率はいずれも外国投資証券の組入有価証券(キャッシュ代替として短
期運用を目的とするものを除く)を100% として計算しています。
・国、業種については、MSCI分類に基づき分類していますが、当社グルー
プの判断に基づき分類したものが一部含まれます。
・外国投資証券は、大部分の経済活動が中東アフリカ諸国に関わってい
る企業が発行する銘柄も投資対象とするため、 MSCI分類で中東アフリカ
諸国に分類される銘柄以外にも投資される場合があります。
14.59%
米ドル
ナイジェリア・ナイラ
8.46%
UAEディルハム
8.34%
23.69%
その他
0%
10%
20%
30%
40%
50%
組入銘柄情報
組入銘柄数
121
上位10銘柄
国
業種
比率
1
NASPERS
南アフリカ
一般消費財・サービス
4.14%
2
MTN GROUP
南アフリカ
電気通信サービス
3.92%
3
TURKIYE GARANTI BANKASI
トルコ
金融
3.45%
4
SASOL
南アフリカ
エネルギー
3.35%
5
COMMERCIAL INTERNATIONAL BANK
エジプト
金融
2.80%
6
NATIONAL BANK OF KUWAIT
クウェート
金融
2.80%
7
EMAAR PROPERTIES
UAE
金融
2.54%
8
QATAR NATIONAL BANK
カタール
金融
2.22%
9
FIRSTRAND
南アフリカ
金融
2.22%
トルコ
金融
2.09%
10 TURKIYE HALK BANKASI
・比率は、マザーファンドが保有する外国投資証券の純資産総額の合計を100%として計算しています。
・国、業種については、MSCI分類に基づき分類していますが、当社グループの判断に基づき分類したものが一部含まれます。
投資対象である外国投資証券のデータ取得に時間を要する関係上、本ページに記載の外国投資証券の運用状況につきまして
は、当該月報の基準日の前月末を開示基準日としています。
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
2/9
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
基準日: 2014年10月31日
市場の動き
◆各国株式の動向
国名
1ヶ月
7.5%
3.9%
-7.0%
-10.8%
トルコ
南アフリカ
エジプト
アラブ首長国連邦(UAE)
6ヶ月
8.9%
8.3%
13.7%
-8.2%
1年
4.9%
14.1%
45.0%
46.7%
◆為替の動向
1ヶ月
2.2%
5.0%
4.5%
2.2%
2.2%
米ドル
トルコ・新トルコリラ
南アフリカ・ランド
エジプト・ポンド
UAE・ディルハム
6ヶ月
9.7%
4.7%
4.6%
7.6%
9.7%
1年
14.3%
2.5%
3.5%
10.1%
14.3%
・株価指数
トルコ:MSCIトルコ・インデックス
エジプト:MSCIエジプト・インデックス
南アフリカ:MSCI南アフリカ・インデックス
アラブ首長国連邦(UAE):MSCI UAEインデックス
(いずれも価格指数、現地通貨ベース)
※本資料のMSCIの各インデックスは、MSCI Inc.が発表してお
ります。各インデックスに関する情報の確実性および完結性を
MSCI Inc.は何ら保証するものではありません。著作権は
MSCI Inc.に帰属しております。
・為替はWMロイターの為替レートを使用しています。
・為替は円に対する騰落率。 +は円安、-は円高を示します。
出所:データストリーム
ご参考:過去約 1年間の市場の動向
円安
トルコ
エジプト・ポンド
トルコ・新トルコリラ
150
150
100
100
円高
14/1/30
14/5/1
14/7/31
14/10/30
南アフリカ
200
円安
MSCIエジプト指数(現地通貨ベース)
MSCIトルコ指数(現地通貨ベース)
50
13/10/31
エジプト
200
200
50
13/10/31
円安
200
14/1/30
14/5/1
14/7/31
14/10/30
アラブ首長国連邦(UAE)
円高
円安
MSCI南アフリカ指数(現地通貨ベース)
150
150
南アフリカ・ランド
100
100
MSCI UAE指数(現地通貨ベース)
UAE・ディルハム
50
13/10/31
14/1/30
14/5/1
14/7/31
14/10/30
円高
50
13/10/31
14/1/30
14/5/1
14/7/31
14/10/30
各指標は、2013年10月31日を100として指数化しております。
出所:データストリームのデータを基にJPモルガン・アセット・マネジメントにて加工
※上記は過去の実績であり、将来の成果を保証するものではありません。
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
3/9
円高
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
基準日: 2014年10月31日
市場概況と国別の動き
当月の新興国株式市場は上昇しました。月前半は世界的な景気減速懸念が強まったことを背景に軟調な展開とな
りましたが、月末にかけては、米国企業の好調な決算発表や日本銀行の予想外の追加金融緩和の発表などが新
興国株式をはじめとしたリスク資産市場に好感され、株価は反発する展開となりました。中東アフリカ株式市場の中
では、トルコ市場が堅調となった一方、UAE(アラブ首長国連邦)市場やエジプト市場は振るいませんでした。
【南アフリカ株式市場】
南アフリカ株式市場は、月間で上昇しました。上旬から中旬にかけては、ドイツや米国の経済指標の下振れを背景
とした世界的な景気後退懸念から、上値の重い展開となりました。月末にかけては、FRB(米連邦準備制度理事会)
が長期にわたり低金利を維持するとの期待が高まり、投資家のリスク回避姿勢が弱まったことなどを背景に株価は
上昇しました。
【エジプト株式市場】
エジプト株式市場は、月間で下落しました。上旬から中旬にかけては、世界的な景気後退懸念から、軟調な展開と
なりました。その後月末にかけては、株価が低迷していた大手投資持株会社が最高経営責任者の交代を発表した
ことが市場関係者に好感されたことや投資家のリスク回避姿勢が弱まったことなどを背景に株価は反発したもの
の、月間では下落となりました。
【トルコ株式市場】
トルコ株式市場は、月間で上昇しました。前半は、トルコ南東部でクルド人と治安当局が衝突したことなどが悪材料
となった一方、9月のCPI (消費者物価指数)が市場予想を下回り、インフレ率に落ち着きが見られたことから、一進
一退の展開となりました。後半には、原油価格の低下や中央銀行が主要政策金利を据え置き、金融引き締め姿勢
を維持したことなどが好感され、株価は上昇しました。
【アラブ首長国連邦株式市場】
UAE株式市場は、月間で下落しました。上旬から中旬にかけては、世界的な景気後退懸念から、大手建設会社や
不動産開発会社の株価が大きく調整するなど、軟調な展開となりました。その後は、市場予想を上回る米国の経済
指標の発表を受けて、投資家のリスク回避姿勢が弱まったことから株価は反発したものの、月間では下落となりまし
た。
株式市場のパフォーマンスは、 南アフリカ:MSCI南アフリカ・インデックス、 エジプト:MSCIエジプト・インデックス、 トルコ:MSCIトルコ・インデックス、 アラ
ブ首長国連邦(UAE):MSCI UAEインデックスを基にしています (いずれも価格指数、現地通貨ベース、現地月末基準)
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
4/9
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
基準日: 2014年10月31日
運用状況
●当ファンドの月末基準価額は10,852円、騰落率は+1.24%となりました。
●マザーファンドで保有する外国投資証券において、当月のパフォーマンスに影響を与えた主な要因は以下の通りです。
・JPMエマージング・ミドルイースト・エクイティ(アイ・クラス)
国別では、トルコへの投資が主なプラスとなりました。一方、UAEへの投資は主なマイナスとなりました。
セクター別では、生活必需品セクターへの投資が主なプラスとなった一方、公益事業セクターへの投資はマイナスとなりました。
・JPMアフリカ・エクイティ(アイ・クラス)
国別では、南アフリカへの投資が主なプラスとなりました。一方、ナイジェリアへの投資は主なマイナスとなりました。
セクター別では、一般消費財・サービスセクターへの投資が主なプラスとなった一方、エネルギーセクターへの投資はマイナスと
なりました。
市場見通しと今後の運用方針
足元では、原油をはじめとした商品価格に対する下げ圧力、政権交代を期待していた市場参加者にとっては失望的な結果となっ
たブラジルの大統領選挙、ウクライナ問題をめぐるロシアの地政学リスクなど、一時的に株式市場の変動性を高める材料が散見
されます。しかし、10月の新興国株式市場が前半の下落からその後急反発となったことを考慮すると、先進国株式市場に比べて
株価の割安感が強いと思われる現在、市場参加者の押し目買い意欲は強いと見られます。
南アフリカについては、伸び悩む経済成長率や軟調な通貨ランドなど、同国を取り巻くマクロ経済環境は厳しい状況にあるもの
の、個別企業では堅調な業績をあげる企業も見られます。当社グループでは、このような投資環境においては、特に銘柄選択が
重要と考えることから、引き続き成長が期待できると思われる銘柄の投資機会を探っていく方針です。
トルコについては、原油価格が低下基調にあることやFRBによる低金利政策の継続は市場の支援材料と考えます。為替市場で
は、トルコ・リラが相対的に安定する環境が整っていけば、インフレ率の低下につながると見ています。
湾岸諸国では、原油安が市場の重石となっているものの、政府が資金面で経済を支える余裕があることから、調整局面は押し目
買いの好機ととらえています。
ナイジェリアでは、原油安が同国の通貨および株価の重石となっている一方、ケニアは商品市況の下落の恩恵を受けると考えま
す。
当ファンドは、マザーファンドを通じてJPMアフリカ・エクイティ(アイ・クラス)およびJPMエマージング・ミドルイースト・エクイティ(ア
イ・クラス)の2つの外国投資証券に投資することにより、実質的に中東アフリカの株式等への投資を行っています。マザーファンド
における外国投資証券の投資配分については、JPMエマージング・ミドルイースト・エクイティ(アイ・クラス)の投資比率をやや引き
上げています。ファンドの運用においては、今後も、株式市場の動向を慎重に見極めつつ、資産の中長期的な成長を目指していく
方針です。
上記の運用状況、および市場見通しと今後の運用方針については、マザーファンドで保有する外国投資証券に係る説明を含みます。
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
5/9
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
基準日: 2014年10月31日
組入銘柄のご紹介(主要5カ国)
(2014年9月30日現在)
【南アフリカ】
- 一般消費財・サービス
NASPERS
南アフリカのメディア関連持株会社。電子・印刷分野のメディア・ グループを保有する。テレビの加入者サービス、イン
ターネット・サービスを提供するほか、新聞・雑誌・書籍の出版も手掛ける。
【トルコ】
- 金融
TURKIYE GARANTI BANKASI
トルコの大手商業銀行。一般および商業銀行サービスを手掛ける。リース・ファイナンス、保険、資産管理、証券仲介
業、自動車とモーゲージ・ローン、クレジットカード、その他金融サービスを提供する。トルコをはじめ、オランダ、ド
イツ、ルーマニア、ロシア、ルクセンブルグ、マルタ、バーレーン等で事業を展開する。
【サウジアラビア】
AL TAYYAR TRAVEL GROUP(ワラント) - 一般消費財・サービス
サウジアラビアの旅行サービス会社。パッケージツアーの企画、航空券・ホテルの予約を手掛けるほか、レンタカー会社
も保有する。中東、アジア、北米に事業拠点を持つ。
- 金融
【ナイジェリア】
GUARANTY TRUST BANK
1990年に設立されたナイジェリアの大手商業銀行で、1996年に国内証券取引所に上場、2007年にはアフリカの銀行として
初めてロンドン証券取引所にGDR(国際預託証券)の上場を果たした。ナイジェリア国内で事業展開するほか、ガンビ
ア、ガーナ、リベリア、シエラレオネ等のアフリカ諸国やイギリスに拠点を有する。また、子会社を通じて、資産運用業
務や保険業務等も展開している。
- 金融
【UAE】
EMAAR PROPERTIES
アラブ首長国連邦の不動産会社。商業および住宅の不動産開発・買収・管理サービスを手掛ける。中東地域はもとより全
世界の国々で開発を進めており、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、シリア、ヨルダン、レバノン、エジプト、モロッ
コ、インド、パキスタン、トルコ、中国、アメリカ、カナダ、イギリスに拠点を設けている。
・組入銘柄のご紹介については、当該月報の基準日の前月末を開示基準日としています。
・企業動向等により前回の銘柄紹介の内容と一部異なる場合がございます。
・企業のご紹介を目的としており、個別銘柄の推奨を目的とするものではございません。また、当該銘柄の株価上昇下落を示唆するものではございません。
・外国投資証券は、大部分の経済活動が中東アフリカ諸国に関わっている企業が発行する銘柄も投資対象とするため、 MSCI分類で中東アフリカ諸国に分類される銘
柄以外にも投資される場合があります。
出所:ブルームバーグ、各社ホームページ等のデータを基にJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社が作成
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
6/9
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
◆投資リスク
■ 基準価額の変動要因
ファンドは、主に外国の有価証券に投資しますので、以下のような要因の影響により基準
価額が変動し、下落した場合は、損失を被ることがあります。
株価変動リスク
株式の価格は、政治・経済情勢、発行会社の業績・財務状況の変化、市場における需
給・流動性による影響を受け、変動することがあります。
為替変動リスク
ファンドは、為替ヘッジを行わないため、為替相場の変動により投資資産の価値が変動し
ます。
カントリーリスク
新興国には以下のようなリスクがあり、その影響を受け投資資産の価値が変動する可能
性があります。
●先進国と比較して一般的に政治、経済、社会情勢等が不安定・脆弱な面があり、株式
や通貨の価格に大きく影響する可能性があります。
●株式・通貨市場の規模が小さく流動性が低いため、株式・通貨の価格変動が大きくな
る場合があります。
●先進国と比較して法規制の制度や社会基盤が未整備で、情報開示の基準や証券決済
の仕組みが異なること、政府当局による一方的な規制導入もあることから、予期しない運
用上の制約を受けることがあります。
●税制が先進国と異なる面がある場合や、一方的な税制の変更や新税制の適用がある
場合があります。
上記は、ファンドにおける基準価額の変動要因のすべてではなく、他の要因も影響するこ
とがあります。
ファンドの運用による損益はすべて投資者に帰属します。
投資信託は元本保証のない金融商品です。投資信託は預貯金と異なります。
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
7/9
JPM中東アフリカ株式ファンド
月報
◆ファンドの費用について 〔以下の費用を投資者にご負担いただきます。〕
ファンドの費用の合計額は、ファンドの保有期間等により変動し、表示することができないことから、記載していません。
●投資者が直接的に負担する費用
【購入時手数料】 手数料率は3.78%(税抜3.50%)を上限とします。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
(購入時手数料=購入価額×購入口数×手数料率(税込))
自動けいぞく投資コースにおいて収益分配金を再投資する場合は、無手数料とします。
【信託財産留保額】 かかりません。
●投資者が信託財産で間接的に負担する費用
【運用管理費用 純資産総額に対して年率1.1124%(税抜1.03%)がかかります。
(信託報酬)】 信託財産に日々費用計上し、決算日の6ヵ月後、決算日および償還日の翌営業日に信託財産中から支払います。
【外国ファンドの 純資産総額に対して以下の費用がかかります。
運用管理費用】 ・中東ファンド:年率0.85%
・アフリカ・ファンド:年率0.75%+成功報酬(当該ファンドのベンチマーク*に対する日々の超過リターンに対して10%)
*MSCI エマージング・アンド・フロンティア・マーケッツ・アフリカ・インデックス(税引き後配当込み 米ドルベース)。MSCI エマージング・アンド・
フロンティア・マーケッツ・アフリカ・インデックスは、MSCI Inc.が発表しています。同指数に関する情報の確実性および完結性をMSCI Inc.は
何ら保証するものではありません。著作権はMSCI Inc.に帰属しています。
(注)消費税等はかかりません。また、成功報酬の詳細は、請求目論見書で確認することができます。
【実質的な負担
純資産総額に対して年率1.8974%~1.9274%(税抜1.815%~1.845%)+アフリカ・ファンドの成功報酬がかかります。
(概算)】 投資信託説明書(交付目論見書)に記載の基本組入比率(平成25年12月現在)から±15%の割合で月中投資割合を
定め外国ファンドに投資したと仮定した場合のものになりますので実際の負担と異なる場合があります。
【その他費用・手数料】
1.以下の費用等が認識された時点で、ファンドの計理基準に従い、信託財産に計上されます。ただし、間接的にファンドが負担するものもありま
す。
・有価証券の取引等にかかる費用(その相当額が取引価格に含まれている場合があります。)
・外貨建資産の保管費用
・信託財産に関する租税
・信託事務の処理に関する諸費用、その他ファンドの運用上必要な費用
(注1)上記1の費用等は、ファンドおよび外国ファンドの運用状況、保有銘柄、投資比率等により変動し、また銘柄ごとに種類、金額および計算方法
が異なっておりその概要を適切に記載することが困難なことから、具体的に記載していません。さらに、その合計額は、受益者がファンドの受益権を
保有する期間その他の要因により変動し、表示することができないことから、記載していません。
(注2)外国ファンドにおいては、事務管理費用が実費でかかり、以下を上限とします。
・中東ファンド:純資産総額に対して年率0.21%
・アフリカ・ファンド:純資産総額に対して年率0.16%
2.純資産総額に対して年率0.0216%(税抜0.02%)をファンド監査費用とみなし、そのみなし額を信託財産に日々計上します。ただし、年間324万円
(税抜300万円)を上限とします。
なお、上記1・2の費用等の詳細は、請求目論見書で確認することができます。
(注)本資料における「消費税」および「税」は、消費税および地方消費税を指します。
◆本資料をご覧いただく上での留意事項
・本資料はJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下、「当社」という。)が作成したものです。当社は信頼性が高いとみなす情報等に基づい
て本資料を作成しておりますが、当該情報が正確であることを保証するものではなく、当社は、本資料に記載された情報を使用することによりお客
様が投資運用を行った結果被った損害を補償いたしません。
・本資料に記載された意見・見通しは表記時点での当社および当社グループの判断を反映したものであり、将来の市場環境の変動や、当該意見・
見通しの実現を保証するものではございません。また、当該意見・見通しは将来予告なしに変更されることがあります。
・本資料は、当社が設定・運用する投資信託について説明するものであり、その他の有価証券の勧誘を目的とするものではございません。また、当
社が販売会社として直接説明するために作成したものではありません。
・投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客様が負います。過去の運用成績は将来の運用成果を保証するものではあ
りません。
・投資信託は預金および保険ではありません。投資信託は、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。投資信託を
証券会社(第一種金融商品取引業者を指します。)以外でご購入いただいた場合、投資者保護基金の保護の対象ではありません。投資信託は、金
融機関の預金と異なり、元本および利息の保証はありません。
・取得のお申し込みの際は投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめまたは同時にお渡ししますので必ずお受け取りの上、内容をご確認下さ
い。最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
◆投資信託委託会社
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第330号
加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会
本資料に記載されている、リスク、費用、留意事項等を必ずご覧ください。
8/9
◆取り扱い販売会社について
2014/11/04現在
9
※投資信託説明書(交付目論見書)は下記の販売会社で入手することができます。
※登録番号に「金商」が含まれているものは金融商品取引業者、「登金」が含まれているものは登録金融機関です。
※株式会社を除いた正式名称を昇順にして表示しています。
※下記には募集の取扱いを行っていない販売会社が含まれていることがあります。また、下記以外の販売会社が募集の取扱いを行っている場合があります。
※下記登録金融機関(登金)は、日本証券業協会の特別会員です。
金融商品取引業者等の名称
登録番号
日本証券業協会
一般社団法人第二種金融
商品取引業協会
一般社団法人
日本投資顧問業協会
一般社団法人
金融先物取引業協会
株式会社 SBI証券
関東財務局長(金商)第44号
○
○
株式会社 荘内銀行
東北財務局長(登金)第6号
○
スルガ銀行株式会社
東海財務局長(登金)第8号
○
フィデリティ証券株式会社
関東財務局長(金商)第152号
○
株式会社 みずほ銀行
関東財務局長(登金)第6号
○
○
○
楽天証券株式会社
関東財務局長(金商)第195号
○
○
66103
その他
985000
JPM中東アフリカ株式ファンド
9/9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
477 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content