close

Enter

Log in using OpenID

風 は 懐 - TIDA BRAIN

embedDownload
楽
師
・
東
儀
秀
樹
が
見
聞
の
旅
に
出
た
烈
な
色
彩
あ
ふ
れ
る
南
フ
ラ
ン
ス
へ
雅
く
る
。
セ
ザ
ン
ヌ
や
ゴ
ッ
ホ
が
描
い
た
強
は
懐
か
し
い
草
と
土
の
香
り
を
運
ん
で
畑
に
ふ
り
注
ぐ
太
陽
は
ま
ぶ
し
く
、
風
鮮
や
か
な
青
い
空
と
白
い
雲
、
ブ
ド
ウ
パリ
ローヌ・
アルプ
プロヴァンスとラングドック・
ルシヨン地方にまたがるカマ
ルグの湿原地帯で
撮影 安達征哉
プロヴァンス
ラングドック・ルシヨン
協力:フランス政府観光局 エールフランス航空
フルヴィエールの丘から眺めるリヨン市街。手前を
流れるソーヌ川と、向こうを流れるローヌ川に挟ま
れたプレスキル地区は最も活気がある一帯
ロ
ー
ヌ
川
を
中
心
に
し
て
栄
え
た
歴
史
と
文
化
の
街
ラ
ン
ス
の
第
二
の
都
市
と
し
て
知
ら
れ
、
ソ
ー
ヌ
川
と
二
時
間
で
世
界
遺
産
の
街
リ
ヨ
ン
に
到
着
す
る
。
フ
ル け 先 ﹁ ■
シ だ ﹂ を 旅 緩
ャ 。 こ 決 は や
れ
ル
ル
が め ふ か
な
ド
雅 た ら
ゴ
ら り 時
楽
ー
と 間
師 、
ル
・ あ 出 の
空
東 と か 中
港
儀 は け に
か
秀 成 る 息
ら
樹 り の づ
T
の 行 が く
G
旅 き い リ
V
の で ち ヨ
に
基 楽 ば ン
乗
本 し ん
っ
。
て
ス
、
タ む 行
約
イ だ き
トラブールのある古い建物から中庭を見下ろす
心
に
迫
っ
て
い
る
の
か
も
し
れ
な
い
。
民族楽器も揃えた楽器店に立ち寄る東
儀氏。おもしろそうなものを物色中
氏
の
言
葉
は
、
あ
る
意
味
で
キ
リ
ス
ト
教
文
化
の
核
が ﹁
洗 人
わ 々
れ の
る 祈
よ り
う が
な 重
静せい な
謐ひつ っ
を た
感 教
じ 会
る の
﹂ 空
と 間
い に
う は
東 、
儀 心
よ
う
と
観
光
客
が
絶
え
な
い
。
す
ぐ
近
く
の
駅
か
ら
十
四
世
紀
に
作
ら
れ
た
か
ら
く
り
天
文
時
計
を
見
ン
・
ジ
ャ
ン
大
司
教
教
会
へ
向
か
う
。
教
会
内
に
は
て
い
る
。
迷
路
の
よ
う
な
ト
ラ
ブ
ー
ル
を
抜
け
、
サ
︵
ト
ラ
ブ
ー
ル
︶
が
い
ま
も
生
活
路
と
し
て
活
用
さ
れ
物
の
回
廊
や
中
庭
を
抜
け
て
別
の
道
に
出
る
抜
け
道
時
間
の
流
れ
が
緩
や
か
に
な
っ
て
く
る
。
ら
差
し
込
む
光
の
変
化
を
し
ば
ら
く
眺
め
て
い
る
と
、
寄
り
、
美
し
い
モ
ザ
イ
ク
壁
画
と
ス
テ
ン
ド
グ
ラ
ス
か
せ
る
。
丘
の
上
に
建
つ
フ
ル
ヴ
ィ
エ
ー
ル
教
会
に
立
ち
ン
ガ
色
の
屋
根
が
並
ん
だ
リ
ヨ
ン
の
街
並
み
を
見
渡
ケ
ー
ブ
ル
カ
ー
で
フ
ル
ヴ
ィ
エ
ー
ル
の
丘
に
上
る
と
、
レ
だ
。
ロ
ー
マ
時
代
の
遺
跡
が
あ
る
か
と
思
え
ば
、
建
ライトアップされた丘の上のフルヴ
ィエール教会がひときわ目立つ
織物を通じて文化を知る織物歴史博物館
十二世紀に建てられたサン・ジャン大司教教会。
美しいステンドグラスを見上げる
円形闘技場の上から眺めたアルルの街。レンガ
色の屋根と青い空のコントラストは印象的だ
マルシェでは、花屋のディスプレ
イにもセンスを感じられる。思わ
ず買って帰りたい気分になる
い
っ
ぽ
う
、
ア
ル
さ
れ
た
二
階
の
ア
ト
リ
エ
は
、
一
九
〇
六
年
に
セ
ザ
リ
エ
を
訪
ね
て
み
る
。
﹁
水
浴
﹂
の
連
作
な
ど
が
制
作
山
が
印
象
的
な
街
だ
。
さ
っ
そ
く
セ
ザ
ン
ヌ
の
ア
ト
ー
フ
に
よ
く
取
り
上
げ
た
サ
ン
ト
・
ヴ
ィ
ク
ト
ワ
ー
ル
ス
は
セ
ザ
ン
ヌ
の
生
ま
れ
故
郷
で
あ
り
、
絵
の
モ
チ
ば
エ
ク
ス
・
ア
ン
・
プ
ロ
ヴ
ァ
ン
ス
に
4
り
着
く
。
エ
ク
へ
進
む
と
ア
ル
ル
、
そ
し
て
そ
こ
か
ら
東
に
向
か
え
ア
ヴ
ィ
ニ
ョ
ン
か
ら
さ
ら
に
地
中
海
へ
向
か
っ
て
南
が
っ
て
い
た
。
色
が
目
の
前
に
広
を
象
徴
す
る
光
と
空
、
プ
ロ
ヴ
ァ
ン
ス
山
、
そ
し
て
青
い
土
に
白
っ
ぽ
い
岩
と
い
わ
れ
る
赤
い
い
る
。
オ
ー
ク
ル
街のあちらこちらで見かけるカラフルで、華やか
なデザインの生地がプロヴァンスプリント
■
セ
ザ
ン
ヌ
と
ゴ
ッ
ホ
の
色
彩
あ
ふ
れ
る
街
に
、
セ
ザ
ン
ヌ
が
実
際
に
描
い
た
空
間
が
残
さ
れ
て
然
な
プ
ロ
ヴ
ァ
ン
ス
の
ひ
と
コ
マ
な
の
で
あ
る
。
ら
は
山
が
見
え
な
い
が
、
そ
の
新
興
住
宅
地
の
一
角
と
に
し
た
。
と
こ
ろ
狭
し
と
立
ち
並
ぶ
露
店
で
は
、
野
ア
ヴ
ィ
ニ
ョ
ン
に
立
ち
寄
り
、
露
店
市
を
散
策
す
る
こ
こ
は
プ
ロ
ヴ
ァ
ン
ス
地
方
だ
。
骨
董
市
で
も
知
ら
れ
る
た
空
の
青
さ
が
し
だ
い
に
深
ま
っ
て
く
る
と
、
も
う
そ
リ
ヨ
ン
か
ら
ロ
ー
ヌ
川
に
沿
っ
て
南
下
し
、
広
々
と
し
露
店
が
ひ
し
め
く
広
場
が
に
ぎ
わ
う
の
も
、
ご
く
自
る
。
周
辺
地
域
か
ら
も
大
勢
の
人
た
ち
が
集
ま
り
、
が
飽
き
も
せ
ず
に
通
り
を
行
っ
た
り
来
た
り
し
て
い
物
が
あ
り
そ
う
な
気
配
が
漂
っ
て
く
る
か
ら
、
誰
も
何
か
掘
り
出
し
リ
ー
ズ
ナ
ブ
ル
だ
。
丘
の
上
ま
で
新
興
住
宅
地
が
広
が
り
、
ア
ト
リ
エ
か
■
心
を
開
放
さ
せ
る
マ
ル
シ
ェ
に
立
ち
寄
る
し
か
も
値
段
も
だ
け
で
楽
し
い
。
て
、
見
て
歩
く
物
が
売
ら
れ
て
い
ど
、
実
に
様
々
な
服
か
ら
小
物
な
形
石
5
、
花
、
洋
色
鮮
や
か
な
固
© GO FUKUSAKI
ン
ヌ
が
亡
く
な
っ
た
当
時
の
ま
ま
だ
。
今
は
小
高
い
菜
や
果
物
か
ら
チ
ー
ズ
、
香
辛
料
、
オ
リ
ー
ブ
オ
イ
ル
、
カシの港からカランク
(切り立った斜面をもつ沿岸の入
り江)巡りへ。旅の途中で、初めて海上に出る
アルルの円形闘技場。現在は闘牛場としても利用されている
マルシェでチーズを物色。豊富な種類の中か
ら好きなだけ切り売りしてくれるから、無駄が
ない
南仏をバイクで走り抜けるのは爽快。異
国情緒漂う街でひと休み
あ る 生 広
る 。 の が
。 こ ピ る
こ ン カ
も ク マ
プ フ ル
ロ ラ グ
ヴ ミ の
ァ ン 湿
ン ゴ 地
ス が 帯
の 優 は
も 雅
う な 自
ひ 姿 然
と を 保
護
つ
の 見 公
顔 せ 園
な て で
の く 、
で れ 野
ザ
ン
ヌ
が
表
現
し
た
色
づ
か
い
が
自
然
だ
と
感
じ
ら
れ
る
明
る
い
絵
は
描
け
な
い
。
こ
こ
に
来
て
、
ゴ
ッ
ホ
や
セ
ピ
ュ
ア
な
魂
の
持
主
じ
ゃ
な
い
と
、
あ
れ
ほ
ど
の
夢
の
あ
﹁
ゴ
ッ
ホ
は
も
の
す
ご
く
純
粋
だ
っ
た
ん
だ
と
思
う
。
は
様
相
が
一
変
す
る
。
ロ
ー
ヌ
川
の
三
角
洲
と
し
て
の
ラ
ン
グ
ド
ッ
ク
・
ル
シ
ヨ
ン
寄
り
の
カ
マ
ル
グ
あ
た
り
で
は
コ
ー
ト
・
ダ
・
ジ
ュ
ー
ル
に
近
い
雰
囲
気
を
も
つ
が
、
西
ず
い
ぶ
ん
と
印
象
が
違
う
。
例
え
ば
東
側
の
カ
シ
の
街
は
ま
た
少
し
違
っ
た
趣
を
見
せ
る
。
同
じ
プ
ロ
ヴ
ァ
ン
ス
地
方
で
も
地
中
海
沿
い
の
街
は
の
円
形
闘
技
場
を
目
の
当
た
り
に
し
た
。
エ
ク
ス
と
カ
フ
ェ
、
サ
ン
・
ト
ロ
フ
ィ
ー
ム
教
会
や
ロ
ー
マ
時
代
ル
の
街
で
は
ゴ
ッ
ホ
が
描
い
た
﹁
夜
の
カ
フ
ェ
テ
ラ
ス
﹂
の
■
フ
ラ
ミ
ン
ゴ
が
棲
息
す
る
カ
マ
ル
グ
の
湿
地
帯
す
色
と
光
が
身
近
に
あ
ふ
れ
て
い
る
と
静
か
に
語
っ
た
。
た
の
は
発
見
だ
っ
た
﹂
。
東
儀
氏
は
プ
ロ
ヴ
ァ
ン
ス
を
表
パステルカラーのお菓子かと思いきや、石6 だというから驚き
路
の
左
右
に
ブ
ド
ウ
畑
が
広
が
る
景
観
が
続
く
。
こ
る
。
モ
ン
ペ
リ
エ
を
後
に
し
て
西
に
進
む
と
、
高
速
道
ど
、
カ
タ
ロ
ニ
ア
文
化
の
影
響
が
色
濃
く
感
じ
ら
れ
え
て
ス
ペ
イ
ン
へ
入
っ
た
の
だ
ろ
う
か
と
錯
覚
す
る
ほ
モ
ン
ペ
リ
エ
の
街
に
入
る
と
、
い
つ
の
間
に
国
境
を
越
の
目
的
地
、
古
都
カ
ル
カ
ッ
ソ
と
っ
て
、
地
図
を
広
げ
る
。
次
示
す
東
儀
氏
。
軽
く
昼
食
を
ね
﹂
と
街
の
様
子
に
興
味
を
融
合
し
た
雰
囲
気
が
強
い
■
フ
ラ
ン
ス
ワ
イ
ン
の
一
大
生
産
地
運河の街セートは、明るくて開放的な南国の香りがする
ス
ペ
イ
ン
や
モ
ロ
ッ
コ
の
文
化
が
こ
こ
も
フ
ラ
ン
ス
と
い
う
よ
り
﹁
モ
ン
ペ
リ
エ
も
そ
う
だ
け
ど
、
活
気
に
あ
ふ
れ
て
い
る
。
隻
も
停
泊
し
、
街
は
異
様
な
向
こ
う
に
ク
ル
ー
ザ
ー
が
何
到
着
し
た
。
大
型
貨
物
船
の
や
が
て
運
河
の
街
セ
ー
ト
に
に
誘
わ
れ
る
よ
う
に
車
は
、
を
知
ら
せ
て
く
れ
る
。
潮
風
る
と
、
風
が
海
に
近
い
こ
と
て
塩
田
が
左
手
に
見
え
て
く
あ
る
。
ブ
ド
ウ
畑
が
途
切
れ
占
め
る
一
大
ワ
イ
ン
産
地
で
総
生
産
量
の
約
三
分
の
一
を
方
は
、
フ
ラ
ン
ス
で
の
ワ
イ
ン
こ
ラ
ン
グ
ド
ッ
ク
・
ル
シ
ヨ
ン
地
水上槍試合の勝敗は槍
を突く一瞬の力加減で
決まる。
「いざ、勝負!」
る
た
び
に
拍
手
し
ぶ
き
が
上
が
物
人
か
ら
は
水
が
決
ま
る
。
見
ち
る
と
、
勝
敗
し
て
運
河
に
落
バ
ラ
ン
ス
を
崩
合
い
、
片
方
が
槍
で
楯
を
押
し
勝
負
を
す
る
。
日本の食卓にもなじみ深いワイナリー「スカリ」。出
荷を待つばかりのワイン2 が運河沿いの倉庫に貯蔵さ
れている
子
ど
も
た
ち
は
船
上
で
槍
と
楯
を
持
っ
て
一
対
一
の
中
だ
っ
た
。
赤
と
青
の
ふ
た
つ
の
チ
ー
ム
に
分
か
れ
た
る
と
、
ジ
ュ
ッ
ト
と
呼
ば
れ
る
水
上
槍
試
合
の
真
っ
最
ふ
と
運
河
に
目
を
や
城壁内への東の入り口、ナルボンヌ門は赤い尖った屋根の塔が目印
南
フ
ラ
ン
ス
に
限
る
の
か
も
し
れ
な
い
。
白インゲン豆と鴨肉、ソーセージなどを煮込ん
だ郷土料理のカスレ。豊潤な味わいだ
企画・制作 Harmonized Design & TIDA BRAIN
文
化
融
合
の
歴
史
と
贅
沢
な
旅
を
味
わ
う
な
ら
は
意
外
と
楽
し
い
。
士
が
ひ
ょ
っ
こ
り
現
れ
そ
う
な
城
内
を
散
策
す
る
の
ま
り
の
人
々
が
い
ま
も
暮
ら
し
て
い
る
。
中
世
の
騎
グ
ド
に
迷
い
込
む
。
い
、
セ
ー
ト
の
隣
町
ア
ト
を
は
ず
れ
て
し
ま
あ
ま
り
途
中
で
ル
ー
ッ
ソ
ン
ヌ
は
も
う
す
ぐ
だ
。
か
つ
て
は
宗
教
争
い
や
領
の
旅
も
終
わ
り
が
近
づ
い
て
き
た
。
目
指
す
カ
ル
カ
は
す
っ
か
り
曇
っ
て
し
ま
っ
た
。
い
よ
い
よ
南
フ
ラ
ン
ス
か
び
上
が
る
城
壁
の
街
が
見
え
て
く
る
頃
に
は
、
空
ら
し
た
城
内
は
﹁
シ
テ
﹂
と
呼
ば
れ
、
一
〇
〇
〇
人
あ
パ
最
大
の
城
塞
都
市
で
も
あ
る
。
二
重
の
城
壁
を
巡
街
は
、
い
ま
で
は
多
く
の
観
光
客
が
訪
れ
る
ヨ
ー
ロ
ッ
土
争
い
の
戦
略
的
な
要
塞
と
し
て
利
用
さ
れ
た
こ
の
構成・文 福P 剛(アイン)
こ
ろ
が
、
先
を
急
ぐ
ブ
ド
ウ
畑
の
向
こ
う
に
浮
以
上
離
れ
て
い
る
。
と
こ
こ
か
ら
二
〇
〇
キ
ロ
ル
カ
ッ
ソ
ン
ヌ
の
街
は
、
に
位
置
す
る
古
都
カ
め
だ
。
セ
ー
ト
の
北
西
ン
ヌ
を
確
認
す
る
た
ル
カ
ッ
ソ
ン
ヌ
■
中
世
が
甦
る
城
塞
都
市
カ
思
わ
ず
顔
を
ほ
こ
ろ
ば
せ
る
。
旅
の
醍
醐
味
だ
﹂
。
東
儀
氏
は
﹁
予
想
外
の
出
会
い
、
こ
れ
が
と
歓
声
が
わ
く
。
ブドウ畑で笙を吹く。霞んで見える
カルカッソンヌの城壁は幻想的
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
803 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content