close

Enter

Log in using OpenID

学 校 名 専門学校 埼玉自動車大学校 学校の概要 学生募集要項

embedDownload
ふ り が な
せんもんがっこう さいたまじどうしゃだいがっこう
学 校 名 専門学校 埼玉自動車大学校
学校所在地
創 立
専修学校
法 人
設置者名 学校法人佐藤栄学園
理事長名 森山 憲一
校 長 名 菊地 孝司
学校の概要
本校の歩みと
特色
教 育 目 標
教
員
施 設
ジニアをめざす教育体制により、高い資格取
得率と就職率を誇っている。
専門職として理論・実技一体の総合的な幅広い知識を
持った技術者の育成を主眼として、学生個々の能力、
適性を十分に活かし、ステップ方式による教師と共に
考える教育を展開。授業はメーカーにこだわらない幅
広い教育を実践し、就職においても、学生の第一希望 主な実習
にそえるよう幅広い斡旋を行っている。
設備
建物構造 鉄筋
全館冷暖房完備
ハイブリッド車 トヨタ・ホンダ
電気自動車(日産)
四輪トータルホイールアライ
メントテスタ
コンピュータ検査ライン
車体修正機9基、塗装ブース2室
コンピュータ診断機等
コモンレールエンジンベンチ
CVTシュミレータ
EPSシュミレータ
数
在籍学生数
進 路 状 況
昨年度の主な就職先、業種・職種
県内を中心とした各自動車メーカー系列ディーラー(トヨタ、日産、マツダ、三菱、いすゞ、ス
バル、ダイハツ、スズキ、日野、ホンダ、外車他)、自動車整備専業工場、板金・塗装工場等
就職あっ旋の 就職は学校斡旋とし、就職担当と各担任の指導により、会社説明会、
会社訪問を実施することによってUターン就職を含め、学生の第一
希望にそえるよう幅広い斡旋を行っている。
方法
課 外 活 動 の モーターショー見学、体育祭、学校祭、自動車会社工場見学、海外
研修旅行・短期留学、カスタムカー東京オートサロン出展・見学、
ホンダエコラン全国大会出場、他各運動部活・サークル等
種類
利用できる奨 ・日本学生支援機構 ・日本政策金融公庫
学金の種類
・中央労働金庫 ・交通遺児育英金 ・新聞奨学生制度 他
車両通学可
交 通 の 便
学生募集要項
願書受付期間
推 薦 基 準
選 考 方 法
試
験
日
合 格 発 表
選
考
料
そ
の
他
推 薦 入 学
土
高等学校推薦基準による
書類・面接試験
家族特待・内部進学特待制度有。学生寮完備。
資料請求送料共無料。団体見学歓迎(バス送迎可)
。
金
至熊谷
上
尾
運
動
公
園
丸山
県 道
至上尾駅
至川越
当校
市役所
上 至蓮田駅
越
新
幹
線
総合福祉センター
国
道
県立ガンセンター
号
線
水
上
公
園
県 道
丸山駅
信号
(ガンセンターの入口)
丸
山
ニ
東
北
新
幹
線
シ
至
東
京
ト
ル
至大宮駅
一 般 入 学
面接・学科試験(基本計算)、自己推薦制度有(学科試験免除)
・公開授業・保護者説明会 ←
詳しくは 埼玉自動車大学校 検 索
学科の概要
募 集 学 科 名
分
野
昼
夜
の
募
集
定
修
年
度
学
費
業
入
年
学
別
別
限
員
一級自動車整備科
二級自動車整備科
自動車車体整備科
カスタムボディ科
昼
昼
昼
昼
工業
工業
工業
工業
4年
2年
1年
1年
取得。その後、よりハイレ
ベルな整備技術を学び、整
備士の最高峰一級自動車整
備士の取得を目指す。
経済学・会社法・マーケティング
自動車工学
自動車整備
機器の構造・取扱
自動車検査
自動車整備実習
自動車法規
体験実習 インターンシップ
評価実習
一級自動車整備士
受験資格 実技試験免除
大学院入学資格
自動車整備の基本から
応用までの技術と知識
を学び、二級自動車整
備士を常に全員受験・
全員合格を目指す。
自動車工学
自動車整備
機器の構造・取扱
自動車検査
自動車法規
自動車整備実習
二輪自動車整備実
習
溶接実習
二級自動車・二級二輪
整備士受験資格
実技試験免除
車体整備士の資格取得は
もちろんのこと、特に板
金塗装の技術を身につ
け、事故車の修復・古い
車のレストアを学ぶ。
車わく及び車体の
講造
車わく及び車体の
整備
車わく及び車体の
整備実習
車体整備士の資格取
得と共に、カスタム
カー製作を専門に学
び、各オートサロン
等に出展する。
車わく及び車体の
講造
車わく及び車体の
整備
車わく及び車体の
整備実習
カスタムデザイン
実習
車体整備士受験資格
実技試験免除
車体整備士受験資格
実技試験免除
金
年間授業料
その他の学費
初年度年間学費
(入学時納付金)
年間教材費等の経費
週授業時数
授 (1単位時間)
業 年間授業時間
数(週数)
指 導 目 標
主な履修科目
資
格
在学中の取得
目標資格及び
受験資格
昨年度の資格
取得実績
クラス担任制により、学年・学生指導担当が
在籍移動
及び指導
また、カウンセラー担当をおくことでさまざ
状況
まなケースに対応。
生活指導
の方針と
状況
「徳操を身につけ、技術をみがき、知識を豊か
にする」の校訓のもと、技術革新が進む中で時
代の変化に対応できる、高度な技術や知識をも
つ人材を育成している。同時に、人として、社
会人としてのマナー、常識を身につけるため徳
操教育を行っている。
入学関係連絡先
資 料 請 求 先
成 績 評 価 5段階評価
の 方 法 と すべての教科の試験に合格し、規定の
卒 業 ・ 進 履修時間数を満たした者
級の条件
補足事項
(特記事項)
今、人気の一級自動車整備科では、一級自動車整
備士受験資格取得だけでなく、大卒同等の「高度
専門士」の称号が付与され、大学院入学資格も得
られる。また、一級および二級自動車整備科では、
卒業と同時に国家公務員採用Ⅱ種試験等の受験資
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
650 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content