close

Enter

Log in using OpenID

Porteus の紹介と日本語翻訳

embedDownload
Porteus の紹介と日本語翻訳
おかの
はじめに
小江戸らぐでは、イベント (コミケや OSC) で Slax-ja のライブ CD を配布してきました。Slax-ja
は、Slackware ベースのライブ CD ディストリビューションである Slax を、小江戸らぐ主宰のはと
ちゃんが日本語化したものです。
はとちゃんは Hiyoco というディストリビューションの自作を目指しており、その模索のために既
存のディストリビューションをいじったりしており、Slax の日本語化もその取り組みの一環のようで
す。
Slax は 2009 年リリースの 6.1.2 以来、新バージョンがリリースされておらず、Slax-ja も 6.1.2
ベースのままでした。これに業を煮やしたはとちゃんが別のオモチャを探した結果、2011 年の夏コミ
では Porteus-ja 1.0 という別のライブ CD を作成・配布することになりました。はとちゃんが別のオ
モチャに目覚めなければ、これからもしばらくは Porteus-ja を配布することになると思うので、思い
つくままに記してみます。
Porteus 概要
Slax からの派生ディストリビューション
まずは Slax について簡単に説明します。
1
Slax 公式 web サイトのドキュメンテーション によれば、Slax6 の特徴として、以下の 4 点が挙げ
られています。ひとことでいえば、小っちゃいってことは便利だねっ、ということです。
•
小容量: 改良された圧縮ファイルシステムにより、本体、モジュールとも極小サイズで、8cm
の CD に収まる。
•
可搬性: AUFS (UnionFS の後継) により、ライブ CD でもいじくりまくれる
•
多機能: デスクトップに KDE を採用し、便利なアプリケーションがいろいろ入っている
•
多言語対応: 公式リリースは 28 言語に対応している
多言語対応といいつつ日本語には対応していないので、オリジナルの方向性を維持しつつ日本語対
応させたのが Slax-ja です。ただし、8cm CD には収まらないサイズになっています。
Porteus 1.0 の誕生
Porteus は fanthom 氏らによる Porteus チームが Slax を派生させたディストリビューションです。
当初は Slax remix という名前で、派生ディストリビューションといったものではなく、Slax のカ
スタマイズ版でした。新しいデバイスを使いたい、あるいは Zen Kernel を使いたい人向けとして、
1 Slax: documentation key features
http://www.slax.org/documentation_key_features.php
2
Zen Kernel をメインに、いくつかのソフトウェアの更新などがおこなわれました 。なお、Zen
Kernel は、本家 Linux カーネルに入っていないドライバ等を組み込んだデスクトップ指向のカーネル
です。坐禅を組んだ Tux のロゴが使われています。名称の由来は見つけられませんでしたので、ご存
知の方は教えてください。
その後の Slax remix にはさまざまな変更が加えられましたが、本家 Slax の新バージョンが一向に
出ないこともあったりして、改名して独自のディストリビューションとして、2011 年 6 月にバージョ
3
ン 1.0 がリリースされました 。
4
Porteus という名称は、Portablility と Proteus の合成語です 。
Portability (可搬性) は、そのまんま「小っちゃいって事は便利だねっ」ということです。ただし、
Slax は 8cm サイズの CD に収まることをウリにしていましたが、Porteus では 300MB ほどにまで
なっています。
Proteus (プロテウス) はギリシャ神話の海神で、自分の姿を好きなように変える能力を持っていま
す。モジュール化によりカスタマイズが容易であるという、Porteus の「柔軟性」をあらわしている
としています。
64 ビット版と 32 ビット版が用意されています。カーネルは 2.6.38.8、ユーザーランドは
Slackware 13.37 ベースです。デスクトップ環境は KDE 系と LXDE が選べます。KDE 系デスクトッ
プは、64 ビット版が KDE 4.6.4、32 ビット版は Trinity 3.5.12 (Trinity は KDE3 系から派生したデ
スクトップ環境) と異なっています。これは、KDE4 は古いマシンにとっては重すぎるという判断によ
るものであり、今後も 32 ビット版を KDE4 に移行する予定はないようです。
基本的な方向性は Slax と同様なので、Slax 利用者で新しいデバイスやソフトウェアを使いたいと
いう人にもオススメのようです。なお、モジュールの形式が Slax とは変わっており、このあたりの互
換性はありません。
Porteus-ja とは
Porteus の 32 ビット版をベースに日本語化したものです。具体的には、かな漢字変換、フォント、
日本語翻訳、壁紙の追加などをおこなっています。「IPA フォントを 8 ポイントにすると、ビット
マップがきれいに表示される」というあたりにこだわりがあるのだそうです。
2011 年の 8 月例会 (夏コミ 1 週間前) で、はとちゃんから「今試してるけど、まだ動いてない」と
いう報告があり、その後なんとか動いたので、サークル参加の前日夜から当日朝にかけて、はとちゃ
んが泣きながら CD-R を焼いてレーベルを印刷したというシロモノです。
ということで、売り子は詳細を知らないままコミケ本番に臨んだというアレなことになったりしま
した。どのぐらいアレかというと、「今回の付録は新しいディストロですよー」などと言って売って
いたものの、「Porteus」の読み方すら知らなかったというぐらいです。はとちゃんによれば「ポルテ
2 [Slax-Remix] v01/2.6.32-zen4 ready to download!
http://www.slax.org/forum.php?action=view&parentID=54463
3 Porteus v1.0 announcement (2011/6/20)
http://porteus.org/forum/viewtopic.php?t=613&p=4664
4 'Porteus' as a new name for 'Slax-Remix' project! (2011/01/05)
https://porteus.org/forum/viewtopic.php?f=35&t=117
-2-
ウス」とのことですが、Google 様にお伺いを立てると、別の説もあるようです。
夏コミでは、まとはらさんがノート PC を持ち込んで VirtualBox 上でデモをしようとしましたが、
うまく動きませんでした。
Porteus の今後の予定
5
Porteus プロジェクトでは、Porteus 1.1 とその後に向けたロードマップを提示しています 。これ
によると、半年ごとのリリースを計画しており、2 回に 1 回は Slackware のリリースに合わせた追従
をおこなった整数番号のリリース (1.0, 2.0, ...)、残りは小数番号のリリース (1.1, 2.1, ...) です。
1.1 のスケジュールスケジュールは、10 月中旬に RC1(カーネル 3.1.0)、11 月中旬に RC2、12 月
6 日に 1.1 リリースという計画となっていました。これに対して 10 月 12 日に RC1、11 月 22 日に
RC2 がリリースされましたが、これを書いている 12 月 14 日午前 0 時(JST)段階では 1.1 はリリース
されていません。
6
Linux カーネル 3.1.x の採用など、1.0 からの変更点の一覧がフォーラムに掲載されています 。な
お、64 ビット版では KDE の更新がおこなわれており、1.1RC2 では KDE 4.7.3 (11 月 2 日リリース)
が採用され、1.1 本番では KDE 4.7.4 (12 月 7 日リリース) が採用される見込みとなっています。一方、
32 ビット版では、(Trinity 3.5.13 が 11 月 1 日にリリースされていますが)、Porteus 1.1 で Trinity
の更新をする計画はないようです。
Porteus-ja の今後は?
Porteus 本体は半年ごとのリリースを計画しているので、うまくいけば、コミケ開催ごとに新版を
作れるかもしれません。
Porteus 本体の動向が不明ですし、はとちゃんの気分と余裕にもよりますが、Porteus 1.1 が年内
にリリースされれば、これを日本語化した Porteus-ja 1.1 を冬コミまでに作れるかもしれません。間
に合わなければ Porteus-ja 1.0 を配ることになるでしょう。
「日本語化の成果を Porteus 本体にマージしないの?」という疑問があるかもしれません。これも
はとちゃん次第でしょう。上流へのマージにはかなりの労力がかかりますし、マージ後も保守を続け
なければなりません。はとちゃんは Hiyoco への模索を続けているところなので、Hiyoco を Porteus
ベースで作ると決断すれば別ですが、そうでなければ労力をかけてまでマージする気にはならないか
もしれません。
5 Porteus-1.1 release schedule (2011/9/5)
http://porteus.org/forum/viewtopic.php?f=35&t=782
6 Real time changelog for upcoming Porteus-1.1 release
http://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=44&t=747
-3-
Porteus-ja の翻訳状況
デスクトップ環境では、ふつーに日本語の表示や入力ができます。
……が、一部メッセージは英語のままです。
これは KDE 翻訳プロジェクトが怠けたわけではありません(KDE3 では、これらに相当するメッ
セージは日本語に訳されています)。Porteus の KDE 系デスクトップ環境は KDE そのものではなく、
派生品の Trinity であり、Trinity 独自のメッセージが翻訳されていないため、それらは英語で表示さ
れているのです。
Trinity について
Trinity は KDE3.5 から派生したデスクトップ環境です。
http://www.trinitydesktop.org/
リポジトリーは KDE の SVN リポジトリーにありましたが、11 月 に (3.5.13 のリリースを機に)
独立した git に移行しました。
http://websvn.kde.org/branches/trinity/
http://git.trinitydesktop.org/
Trinity の web サイトには、Help Wanted! (手助け求む) The Trinity team is currently looking
-4-
for help in the following areas: (Trinity チームでは現在、以下の分野で手伝ってくれる方を探してい
ます)として、「Language translation/support」(言語対応と翻訳) と書いてあります。しかし、翻訳
プロジェクトのようなものはなさげです。
配布物では KDE 3.5.10 の翻訳メッセージをそのまま使っています。というか、SVN のソースリポ
ジトリーには KDE 3.5.10 の配布物 tarball がそのまま突っ込まれていました。git リポジトリーでは
展開された個々のファイル単位に改められていますが、内容は KDE 3.5.10 のままです。
http://websvn.kde.org/branches/trinity/kde-i18n/
一方、Trinity のメッセージ原文は「KDE」を「Trinity」に変更するなど、KDE 3.5.10 とは異なっ
ています。これらは翻訳されていないので、原文のまま表示されるというわけです。
で、これを小江戸のみんなでなんとかしなイカ? というわけですよ。イベントで CD を配るときに、
「うちのスケベオヤジが一人で作りました」というよりも、「小江戸らぐのメンバーみんなで作りま
した」といったほうが、それっぽいじゃないですか。
メッセージの修正方法
「翻訳ってどうやるの?」という向きのために、Porteus-ja 1.0 (Trinity 3.5.12) の現物をもとに簡
単に説明してみます。
KDE3 といえば Konqueror、Konqueror といえば KDE3、というわけで、Konqueror を例にとり
ます。まずは、すでに翻訳されているメッセージに手を加えてみましょう。
KDE3 系の Konqueror を日本語環境で起動すると、「デスクトップを征服せよ!」というメッセー
ジが表示されます。これは "Conquer your Desktop!" の日本語訳です。この日本語メッセージを書き
換えてみます。
-5-
メッセージカタログのバイナリー (MO ファイル) は /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/ 以下
に置かれていて、Trinity はこれをもとに日本語メッセージを表示しています。たとえば Konqueror
用のメッセージカタログは konqueror.mo です。 ここでは、既存の日本語訳を書き変えてみます。
MO ファイルは人間が読めなさげなバイナリーなので、msgunfmt(1) で、人間が読める形式 (PO
ファイル) にします。
% msgunfmt /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/konqueror.mo mo \
-o konqueror.po
PO ファイルの内容はこんなかんじで、原文と日本語訳のセットがたくさん並んでいます。
msgid "Conquer your Desktop!"
msgstr "デスクトップを征服せよ!"
このファイルを適当に書き換えてやります。
msgid "Conquer your Desktop!"
msgstr "デスクトップを侵略するでゲソ!"
あとは、msgfmt(1) で MO ファイルを作って、元あった場所にインストールします。
# msgfmt konqueror.po \
-6-
-o /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/konqueror.mo
Konqueror を起動しなおすと、PO ファイルを修正したとおり、メッセージが変わります。
MO ファイルを全部書き換えれば、イカっぽい Porteus のできあがりです。なお、Porteus-ja 1.0
に標準で入っている gettext の日本語メッセージは 112,714 個です。
実際にやらなきゃいけないこと
Konqueror の例では、既存の翻訳メッセージを書き換えただけなので、このような方法でよいです
が、Trinity 翻訳をまじめにやろうとすると、この方法は使えません。
コメントや未訳メッセージなどは MO ファイルでは失われているので、まじめに Trinity 翻訳をな
んとかしようとすると、メッセージカタログの雛型 (POT ファイル) を作成して作業する必要がありま
す。
ここでは、Trinity アプリケーションの「ヘルプ」メニューから「Trinity について」を選んだとき
に現れるウィンドウを例にとります。
-7-
KDE 3.5.10 ではこのウィンドウのメッセージはすべて翻訳されていました。
KDE 3.5.10 のソース : kdelibs-3.5.10/kdelibs/kdeui/kaboutkde.cpp
const QString text1 = i18n(""
"The <b>K Desktop Environment</b> is written and maintained by the "
"KDE Team, a world-wide network of software engineers committed to "
"<a href=\"http://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html\">Free Software</a>
development.<br><br>"
"No single group, company or organization controls the KDE source "
"code. Everyone is welcome to contribute to KDE.<br><br>"
"Visit <A HREF=\"http://www.kde.org/\">http://www.kde.org</A> for "
"more information on the KDE project. ");
KDE 3.5.10 メッセージカタログ : kde-i18n-ja-3.5.10/messages/kdelibs/kdelibs.po
#: kdeui/kaboutkde.cpp:34
msgid ""
"The <b>K Desktop Environment</b> is written and maintained by the KDE Team, a "
"world-wide network of software engineers committed to <a "
"href=\"http://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html\">Free Software</a> "
"development."
"<br>"
"<br>No single group, company or organization controls the KDE source code. "
"Everyone is welcome to contribute to KDE."
"<br>"
-8-
"<br>Visit <A HREF=\"http://www.kde.org/\">http://www.kde.org</A> "
"for more information on the KDE project. "
msgstr ""
"「K デスクトップ環境」は KDE チームによって開発され、保守されています。世界中のソフトウェア開発
者のネットワークが<a "
"href=\"http://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html\">フリーソフトウェア</a>の開発に参
加しています。"
"<br>"
"<br>KDE のソースコードは特定のグループや企業、組織がコントロールしているのではありません。どな
たでも自由に KDE の開発に参加してい
ただけます。"
"<br>"
"<br>KDE プロジェクトの詳細については <A
HREF=\"http://www.kde.org/\">http://www.kde.org</A> "
"をご覧ください。"
Trinity 3.5.12 のソース : kdelibs/kdeui/kaboutkde.cpp
const TQString text1 = i18n(""
"The <b>Trinity Desktop Environment</b> is a fork of the "
"K Desktop Environment version 3.5, which was originally written by the KDE
Team, "
"a world-wide network of software engineers committed to <a "
"href=\"http://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html\">Free Software</a> "
"development.<br><br>No single group, company or organization controls the "
"Trinity source code. Everyone is welcome to contribute to
Trinity.<br><br>Visit <A "
"HREF=\"http://trinity.pearsoncomputing.net/\">http://trinity.pearsoncomputing
.net</A> for more information "
"about Trinity, and <A HREF=\"http://www.kde.org/\">http://www.kde.org</A> "
"for more information on the KDE project. ");
Trinity 3.5.12 のメッセージカタログは KDE 3.5.10 のままなので、このようにメッセージの原文
が変わると、(そのメッセージの翻訳がないので) 表示が原文になってしまうというわけです。
文中の「KDE」を「Trinity」に置き換えただけのメッセージもけっこうありますが、この例のよう
に「KDE」のままの部分もあるので、機械的に s/KDE/Trinity/g と置換すればいいというわけでもあ
りません。
具体的な手順
KDE のような gettext を使って国際化されているソフトウェアでは、通常は PO ファイルの雛形
(PO の Template ということで、POT ファイルといいます) が用意されており、それを使ってすぐに
翻訳を始めることができます。POT ファイルの内容は PO ファイルと同様の形式をしていますが、以
下のように訳文が空になっており、原文だけが並んでいます。空になっている部分に訳文を入れれば
PO ファイルになるという寸法です。
msgid "Conquer your Desktop!"
msgstr ""
しかし Trinity では、翻訳プロジェクトが存在しないこともあってか、POT ファイルが用意されて
-9-
いません。ソースツリーからメッセージを抽出して POT ファイルを作成するところから始める必要が
あります。xgettext というコマンドを使ってメッセージを抽出することができ、通常は make 一発で
POT ファイルが作れるようになっています。
Trinity は GNU Autotools を使っており、configure を通さないと Makefile が作れません。作り
たいのは POT ファイルだけなのですが、ファイルを読み解くのも面倒そうなので configure を通して
みることにします (Trinity の構築に必要なライブラリー等を全部入れることになります)。
Trinity のソースからの構築方法は、以下のページにあります。
http://www.trinitydesktop.org/wiki/bin/view/Developers/HowToBuild
Trinity 3.5.12 の配布物 kdelibs-3-5-12.tar.gz を取ってきて展開します。configure したのちに、
admin ディレクトリーにある cvs.sh を実行すれば POT ファイルができます。
以下、Ubuntu 11.04 での作業例ですが、これで合っているのかは激しく謎なので詳しいかた教え
てください。
# apt-get install automake libtool kdelibs4c2a libx11-dev
$ tar xvzf kdelibs-3.5.12.tar.gz
$ cd kdelibs
$ cp -pR /usr/share/libtool/config/ltmain.sh admin/ltmain.sh
$ cp -pR /usr/share/aclocal/libtool.m4 admin/libtool.m4.in
$ make -f admin/Makefile.common
$ ./configure --prefix=/opt/kde3 \
--includedir=/opt/kde3/include/kde \
--mandir=/opt/kde3/share/man \
--infodir=/opt/kde3/share/info \
--with-extra-libs=/opt/kde3/lib \
--sysconfdir=/etc \
--localstatedir=/var \
--libexecdir="\${prefix}/lib/kdebase-kde3" \
--disable-rpath \
--with-xinerama \
--enable-closure \
--without-arts
$ mkdir po
$ sh admin/cvs.sh package-messages
上記ページの説明どおりに configure すると、aRts を要求されますが、すでに Ubuntu のパッ
ケージはないので、--without-arts を追加しました。つーか、ここは Trinity で作業するのがヨサゲ?
これで kdelibs.pot ができあがりますので、KDE 3.5.10 の日本語メッセージカタログ kdelibs.po
とマージします。
% msgmerge kdelibs.po kdelibs.pot -o trinitiy-kdelibs.po
マージされたメッセージカタログを適当に編集します。
#: kdeui/kaboutkde.cpp:34
msgid ""
"The <b>Trinity Desktop Environment</b> is a fork of the K Desktop "
"Environment version 3.5, which was originally written by the KDE Team, a "
"world-wide network of software engineers committed to <a href=\"http://www."
"gnu.org/philosophy/free-sw.html\">Free Software</a> development.<br><br>No "
- 10 -
"single group, company or organization controls the Trinity source code. "
"Everyone is welcome to contribute to Trinity.<br><br>Visit <A HREF=\"http://"
"trinity.pearsoncomputing.net/\">http://trinity.pearsoncomputing.net</A> for "
"more information about Trinity, and <A HREF=\"http://www.kde.org/\">http://"
"www.kde.org</A> for more information on the KDE project. "
msgstr ""
"「Trinity デスクトップ環境」は K デスクトップ環境 (KDE) バージョン3.5 から派生しました。"
"KDE は、もともと KDE チームによって開発されたもので、世界中"
"のソフトウェア開発者のネットワークが<a href=\"http://www.gnu.org/philosophy/"
"free-sw.html\">フリーソフトウェア</a>の開発に参加しています。<br><br>Trinity の"
"ソースコードは特定のグループや企業、組織がコントロールしているのではありませ"
"ん。どなたでも自由に Trinity の開発に参加していただけます。<br><br>Trinity プロジェク"
"トの詳細については <A HREF=\"http://"
"trinity.pearsoncomputing.net/\">http://trinity.pearsoncomputing.net</A> を"
"、KDE プロジェクトの詳細については <A
HREF=\"http://www.kde.org/\">http://www.kde.org</A> "
"をご覧ください。"
MO ファイルにコンパイルしてインストールすれば、こんなふうに日本語表示になります。
一人でやるなら、しこしこ作業すればよいですが、Trinity のような大規模なソフトをみんなでやろ
うとすると、進捗管理とか提出とかを自動化しないとたぶん死ねます。
- 11 -
さて、どうしよう
勝手にすすめてよいの?
KDE や Trinity のライセンスは GPL ですから、ライセンス的には勝手に翻訳してもよいのです。
しかし、上流とコンタクトを取らないと、上流が翻訳に配慮してくれなかったりするなど悲しいこと
7
になったりするので 、Trinity プロジェクトには連絡をすべきでしょう。ただし、現在の Trinity プロ
ジェクトには翻訳のための作業基盤 (翻訳作業用のリポジトリーやメーリングリスト等) が何もない状
態なので、下手に連絡すると、「じゃあ、お前がやれ」とかいって全部押し付けられたらアレだなー、
と二の足を踏んでいたりします。
また、もし小江戸らぐ以外で誰かが Trinity 翻訳を手がけていたりしたら、作業が重複して無駄に
なったりして悲しいことになるので、そのあたりも確認が必要でしょう。こちらは、2011 年 11 月に
開催された OSC2011 Tokyo/Fall で JKUG (日本 KDE ユーザ会) さんがブース出展していたので、尋
ねてみました。
ブース担当者は翻訳をしない人であるという前置きつきでしたが、すでに KDE3 の翻訳はメンテナ
ンスしていないので、Trinity の翻訳にあたって JKUG との調整は不要ということでした。
いまさら Trinity 翻訳?
ただ、JKUG の方からは「でも、いまさら KDE3 ベースなの? KDE4 に移行しないの?」といった
声もありました。Porteus の 64 ビット版は KDE4 に移行していますが、32 ビット版を KDE4 ベー
8
スに移行する予定はないとしています 。
問題は、いつまで 32 ビット版がメンテナンスされるかです。小江戸らぐには古いマシンに優しい
環境を好む人が多いと思うので、Porteus-ja を積極的に 64 ビット版に移行するようなことは当面ない
と思います。あとは Porteus 本体が 32 ビット版のメンテナンスをいつまで続けてくれるかです。
なんとなく先が見えている感もあるのですが、せっかく日本語化をしているので、翻訳にも関心を
持ってもらえんかな、と考えています。
余談になりますが、KDE4 でなくあえて KDE3 を使いたい人がいるのと同様に、GNOME でも
GNOME3 があまりにアレなので GNOME2 を使いたいという人がいます。GNOME2 から派生した
9
MATE というデスクトップ環境があり、これの README にはなにやら QB っぽい生物がいます 。ナ
ウなヤングの関心を惹きたければこっちを翻訳した方がいいかもしれませんが、はとちゃん的には
GNOME ってどうなんですか。
Trinity の今後
前述のとおり、Trinity 3.5.13 がすでにリリースされているほか、将来の 3.5.14 や 3.6 等のリリー
スも計画されています。
7 *BSD プロジェクトにおける ドキュメント管理
http://people.allbsd.org/%7Ehrs/N+I2005/sato-n+i.pdf
8 FAQ: Do you have any plans for switching the 32-bit edition to KDE-4.x?
http://porteus.org/faq.html#21
9 https://github.com/Perberos/Mate-Desktop-Environment
- 12 -
Trinity 3.5.13 では PO ファイルのリポジトリーへの格納形態が変わっており、3.5.12 にくらべる
と、翻訳のコミットがしやすいかもしれない状態になりました。ただし、内容は更新されておらず、
POT ファイルや翻訳のための作業基盤も用意されていない状態です。
翻訳に関心のある方へ
Trinity 以外にも翻訳対象はいろいろあります。具体的には KDE4 や LXDE、あるいは通常のユー
ザーコマンドなどです。これらは Porteus に取り込まれているだけでなく、複数のメジャーなディス
トリビューションでも採用されています。Trinity の将来に懸念をお持ちの場合は、Trinity 以外の翻訳
プロジェクトを覗いてみて、自分に合いそうなプロジェクトに参加するというのもよいでしょう。こ
れらの翻訳プロジェクトのなかには、小江戸らぐメンバーが参加しているところもあるので、翻訳プ
ロジェクトに直接連絡するのが怖ければ小江戸らぐのメーリングリストや例会で相談してみてもよい
でしょう。
KDE4
JKUG に翻訳プロジェクトがあります。
http://www.kde.gr.jp/pukiwiki/index.php?TranslationAssignments
KDE 開発者メーリングリスト (Kdeveloper) と Wiki で活動していますが、最近はあまり活発では
ないようです。
翻訳作業は、オフラインで PO ファイルを編集する形態です。KDE4 系で現役のブランチは複数あ
り、同一のメッセージが各ブランチにあることから、効率的に作業するために翻訳専用の作業領域を
用意して、各ブランチのメッセージを統合したファイルを用意し、これを翻訳するといった工夫をし
ています。
LXDE
LXDE 本家 (lxde.org) に翻訳プロジェクトがあります。
http://wiki.lxde.org/en/Category:Translations
Wiki とメーリングリストで活動し、翻訳作業には pootle を利用しています。
TP (the Translation Project)
フリーソフトウェアパッケージの翻訳を集積しているプロジェクトです。
http://translationproject.org/team/ja.html
binutils, gcc, coreutils, glibc, bash などの GNU ソフトウェアのほか、いくつかの GNU 以外のソ
フトウェアのメッセージ翻訳をおこなっています。
メーリングリストで活動していますが、個々のパッケージの翻訳をしている個人の集合体といった
かんじで、全体での訳語統一や査読などはおこなわれていません。
- 13 -
JM (Japanese Manual) プロジェクト
Linux 関連のオンラインマニュアルを翻訳・配布しているプロジェクトです。
http://linuxjm.sourceforge.jp/
JM の成果物は Porteus には含まれませんが、JM の翻訳対象は TP と関連があるため (両者が協力
体制をとっていたり成果を流用し合ったりしているわけではありません)、参考までに紹介します。
メーリングリストで活動していますが、最近の活動は活発ではなく、多くのマニュアルが原文より
かなり古い状態になってしまっています。
翻訳作業はオフラインで roff ファイルを直接翻訳する形態です。個々のパッケージの更新 (原文へ
の追従) は積極的にはおこなわれておらず、やりたい人 (原文の更新に気づいた人) が作業する、と
いった空気です。
- 14 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
855 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content