close

Enter

Log in using OpenID

Cisco WebEx co WebEx の変更に関する重要なお知らせ 重要なお知らせ

embedDownload
Cisco WebEx の変更に関する重要なお知らせ
®
®
Cisco は WebEx プラットフォームにいくつかの変更を導入するにあたり、
プラットフォームにいくつかの変更を導入するにあたり、Cisco WebEx をご利用のお客様にご
迷惑をおかけいたします。また、連携サードパーティアプリケーションでご不便が生じる可能性があります。ご
理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。 本ドキュメントでは、変更に関する詳細、影響を受ける機能、
また WebEx サービスとの連携を保持するためにお客様により実行していただく変更内容についてご説明いたしま
す。
概要: 変更内容
導入された変更点:
1.
WebEx API を介した WebEx サービスへのアクセス時に SSL が必要です。
この強化により、https(SSL
SSL プロトコル)での呼び出しのみが認められ、http 接続での XML API 呼び出しは
認められなくなります。
2.
SSO が有効なサイトでローカル WebEx アカウントパスワードが消去される。
SSO が有効なサイト(SAML
SAML 2.0 および WS フェデレーション)では、ローカル WebEx アカウントパスワー
ドを使った WebEx サービスへのアクセスができなくなります。これは XML API を介したアクセスができな
くなるということです。 この変更は管理者以外の通常のユーザーが対象です。 管理者は、引き続きローカル
パスワードを使って WebEx サービスにアクセスできます。
SSO が有効な既存のサイトでは、すべての通常ユーザーのローカルアカウントパスワードが消去されます。
この変更の適用後に作成される新しい SSO サイトでは、通常のユーザーのローカルパスワードの作成ができ
なくなります。
注意: この機能は SSO SAML 1.1 サイトには適用されません。
3.
SSO が無効なサイトまたは組織では、ユーザーのメールアドレスまたはパスワードの変更時に再認証が必要
です。
メールアドレスを[マイ WebEx
WebEx] > [マイプロファイル]から変更する場合でも、パスワードの入力が求め
られます(図 1 を参照)。
図 1 メールパスワードの変更
WebEx AIP 経由でメールアドレスまたはパスワードを変更する場合も同様にパスワードの入力が求められま
す。 管理者は、管理者自身のパスワードまたはメールアドレスを変更する場合を除き、この変更による影響
はありません。 管理者は WebEx API を使ってユーザーのメールアドレスおよびパスワードを変更できます。
© 2013 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. 本文書は Cisco の公開資料です。
1 ページ
ユーザーのパスワードを入力する必要はありません。 管理者は引き続き XML API を使ってパスワードおよび
メールアドレスを<password>または<session ticket>のどちらかに変更できます。
よくある質問
Q. SSL が必要になったことで影響を受ける WebEx API はどれですか?
A.
すべての API が影響を受けます。
Q. ローカル WebEx アカウントパスワードの消去による影響を受ける WebEx API はどれですか?
A.
影響を受ける API は CreateUser、SetUser、そしてログインモジュールです。
CreateUser XML API
●
「主催者または出席者」ユーザーの作成時に<password>が求められます。しかしデータベースには空の
<password>がセットされます
●
「管理者」の作成では<password>はこれまで通り保存されます
●
改善として、新しい「主催者または出席者」の作成時、ユーザー宛に「ウェルカム」メールが送信されま
す
SetUser XML API
●
ロールを「管理者」から「主催者または出席者」に変更する場合、<password>がクリアされます
●
ロールを「主催者または出席者」から「管理者」に変更するときに、データベースに保存する<password>
への入力のための API 呼び出し元が求められます
●
ロール変更以外で「主催者または出席者」ユーザーを設定する場合、データベースに空の<password>が保
存されます
●
「主催者または出席者」アカウントを変更する場合、SetUser が resetPassword および
forceChangePassword の入力を無効にします
●
「管理者」アカウントを更新するときに、SetUser は forceChangePassword を無効にするが、
resetPassword は認めます
ログイン
●
●
「管理者」は今後も<password>または<session ticket>で認証できます
「主催者または出席者」は<password>でログインできません。使えるのは<session ticket>だけです。ユー
ザーがパスワードを入力すると、例外エラー: 030083「Session Ticket is Required」が投げられます
Q. WebEx アカウントパスワードのリクエストの削除にともない必要となるアクションの詳細情報はどこで確認
できますか?
A.
次のリンク先では、SAML SSO を使った API の認証オプションを提供しています:
http://developer.cisco.com/documents/4733862/0/API_Auth_wSSO_v1.0.pdf/fd2955b9-157b-40c3-8402fcef64c12791.
Q. 再認証のリクエストによって影響を受ける WebEx API はどれですか?
A.
影響を受ける API は SetUser XML API および URL API です。
© 2013 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. 本文書は Cisco の公開資料です。
2 ページ
SetUser XML API
●
「管理者」はこれまで同様に、XML API を使ってパスワードおよびメールアドレスを<password>または
<session ticket>のどちらかに変更することができます。
●
「主催者または出席者」は、XML API と<password>を使ってパスワードとメールアドレスを変更する必要
があります。 「主催者または出席者」が XML API を使ってパスワードおよびメールアドレスを<session
ticket>に変更しようとすると、「Require input password to do authentication while update email or
password.」という記述とともに例外エラー(ID=030084)が投げられます。
URL API
表 1 は変更の前と後での URL API コマンドを示しています。
表 1 URL API
コマンド
p.php?AT=LI
p.php?AT=EU
変更前
変更後
メールの更新
「出席者または主催者」は有効なセッションチケット
を使ってメールアドレスを更新できます
「出席者または主催者」のメールアドレスを更新する
には、有効なパスワードを入力する必要があります
例
ステップ 1: ログイン
ステップ 1: ログイン
ステップ 2: 新しいメールアドレスを入力します
ステップ 2: 新しいメールアドレスを入力します
https://go.webex.com/go/p.php?AT=LI&WID=jzc&PID=
webexpartner&[email protected]&SK=[有効
なセッションチケット]
https://go.webex.com/go/p.php?AT=LI&WID=jzc&PID=
webexpartner&[email protected]&PW=[有効
なパスワード]
パスワードの
更新
「出席者または主催者」は、ログイン後に各々のパス
ワードを更新することができます
「出席者または主催者」は、古いパスワードを入力し
ない限り、ログイン後にパスワードを更新することが
できません。 (「サイト管理者」を除く)
例
ステップ 1: ユーザー名でログインします: micky
ステップ 1: ユーザー名でログインします: micky
ステップ 2:
https://go.webex.com/go/p.php?AT=EU&WID=micky&
PID=webexpartner&NPW=[新しいパスワード]
ステップ 2:
https://go.webex.com/go/p.php?AT=EU&WID=micky&
PID=webexpartner&NPW=[新しいパスワー
ド]&PW=[micky の古いパスワード]
メールの更新
「出席者または主催者」は、ログイン後に各自のメー
ルアドレスを更新できます
「出席者または主催者」は、有効なパスワードを入力
しない限り、各自のメールアドレスを更新することは
できません。 (「サイト管理者」を除く)
例
ステップ 1: ユーザー名でログインします: micky
ステップ 1: ユーザー名でログインします: micky
ステップ 2:
https://go.webex.com/go/p.php?AT=EU&WID=micky&
PID=webexpartner&NEM=[新しいメールアドレス]
ステップ 2:
https://go.webex.com/go/p.php?AT=EU&WID=micky&
PID=webexpartner&NEM=[新しいメールアドレス]&
PW=[micky の古いパスワード]
Q. 変更はすぐに適用されますか?
A.
いいえ、変更は後ほどすべての顧客対象に展開されますが、しばらくは有効にはなりません。 実際に変更が
適用される日時とお客様による連携への変更の締め切り日時をお知らせする別のメールがお客様宛に送られ
ます。
Q. 変更は締め切りより前に有効になりますか?
A.
はい、 お客様は、担当の Cisco カスタマーサクセスマネージャ(CSM)に連絡して、変更の有効化をリクエス
トしてください。
Q. サイト変更のための締め切り日時を延期したいお客様にはどのような選択肢がありますか?
A.
追加のサポートが必要なお客様は、CIsco CSM までご連絡ください。 Cisco 担当者が専用 Cisco チームと協
力し、お客様の要望に対応いたします。
Q. 影響を受ける WebEx のバージョンはどれですか?
A.
影響を受けるバージョンは、WBS27.21、WBS27.25、WBS27.32 および WBS28.x です。
© 2013 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. 本文書は Cisco の公開資料です。
3 ページ
Q. 変更が展開される日時は?
A.
この変更は 2 月 19 日以降、順次ご利用いただけるようになります。導入の完了予定日は 3 月 31 日です。変
更が有効になる日時は、サイトが配置されているクラスタにより異なります。 変更が今すぐに有効になるこ
とはありません。
Q. 今後のリリースで追加変更される予定はありますか?
A.
お客様のサイトとエンドユーザーエクスペリエンスに影響を与える追加の変更は、2013 年の後半を予定して
おります。今後の変更には、既定のユーザーアカウントパスワード規則の修正、およびサイト管理と組織管
理者のオプションの変更が含まれます。 追加の変更でも、ユーザーによる WebEx アプリケーション(デス
クトップミーティングアプリケーション、モバイルミーティングアプリケーション、リモートアクセスアプ
リケーション、生産性向上ツールなど)の最新バージョンへのアップグレードが必要であると予想されます。
最新版に関するご意見、ご質問あるいはサポートをお求めのお客様は、Cisco WebEx グローバルサポートサ
イト http://support.webex.com/support/support-overview.html からお問い合わせいただくか、あるいは+1-866229-3239 または+1-408-435-7088 まで電話にてご連絡ください。
© 2013 Cisco and/or its affiliates. All rights reserved. 本文書は Cisco の公開資料です。
4 ページ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
186 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content