close

Enter

Log in using OpenID

映画史における『アーティスト』の存在

embedDownload
人文学部卒業論文
題
目 映画史における『アーティスト』の存在
指導教授
提出年月日
学籍番号
氏
名
小川
2012 年
順子
12 月 17 日
HI08046
清水
淳一
映画史における『アーティスト』の存在
HI08046
清水
淳一
要旨
本論の目的は、映画史における『アーティスト』の存在はどういうものなのか、明らかにす
ることである。2011 年に『アーティスト』が公開された。今の時代には珍しいサウンド版のモ
ノクロ映画であり、世界中で支持され話題作となった。トーキーやカラー映画になれている観
客にとって、モノクロやサウンド版の映画を見る事にある程度の抵抗を持っているかもしれな
い。それなら、なぜ『アーティスト』は支持され話題になったのであろうか。そこで、現代の
モノクロ映画やサウンド版と照らし合わせていくことにした。
どのようにしてサイレント映画 やモノクロ映画が見られなくなったのであろうか。第 1 章で
は、これを調べるため、映画史をまとめた。トーキーは、1930 年代、カラー映画は 1970 年代
からが主体になっていたことが明らかになった。
第 2 章では、1970 年代から 200 年代に製作され、話題や有名になったモノクロ映画やサウン
ド版を作品ごとに分析を行った。サイレント映画は、3 本、モノクロ映画は 14 本分析すること
になった。
第 3 章では、
『アーティスト』の分析を行った。『アーティスト』はサウンド版だが、一部音
が入っている部分があり、サウンド版の演出として使われていた。
第 4 章では、第 2 章で述べたサウンド版の分析、各モノクロ映画の分析をまとめた。サウン
ド版は、音楽に工夫をされており、あえて俳優の動きが大きくしている演出が見られた。モノ
クロ映画は、モノクロとカラーを組み合わせた映画が見られた。特に、ストーリーの展開や登
場人物の心情の様子や変わり目の印象として使われていた。
そして、映画史において『アーティスト』はサウンド版やモノクロが現在でも通用すること
が出来るという例の一つになったのではないだろうか。
考察としては、現在でもサイレントやモノクロに、映画の芸術があると考えている人は多く
いる。その代表的な例が、今回分析対象にした監督たちだ。彼らは少なくとも、サウンド版と
モノクロ映画を過去の映画であると考えていない。現代の人々、特にカラーの映像で育った人
たちにとって、サウンド版やモノクロ映画が過去のものであるという認識が強いのだろう。
今後はサウンド版やモノクロ映画を過去のものとして認識するのではなく、一つの映画の見
方として見るべきではないだろうか。
キーワード
モノクロ映画
サウンド版
アーティスト
映画史
映像表現
目次
序論 ................................................................................................................................... 1
1. 映画史......................................................................................................................... 2
1.1 映画の誕生 .......................................................................................................................... 3
1.2 トーキーの始まり............................................................................................................. 4
1.3 カラー映画の始まり キネマカラー ................................................................................ 5
1.4 カラー映画の進歩 テクニカラー.................................................................................... 6
1.5 映画とテレビ そして現在............................................................................................... 8
2 作品の分析................................................................................................................. 11
2.1 現代のサウンド版作品.................................................................................................... 11
2.1.1 『メル・ブルックスのサイレント・ムービー』1976 年(メル・ブルックス監督) . 11
2.1.2 『白い花びら』1999 年(アキ・カウリスマキ監督) ................................................ 12
2.2 1970 年代 モノクロ映画の作品........................................................................... 12
2.2.1『ラスト・ショー』 1971 年(ピーター・ボグダノヴィッチ監督) ............................ 12
2.2.2『ペーパー・ムーン』 1973 年(ピーター・ボグダノヴィッチ監督)......................... 13
2.2.3『マンハッタン』1979 年(ウッディ・アレン監督)......................................................... 13
2.3 1980 年代 映画作品 ............................................................................................. 13
2.3.1『エレファント・マン』1980 年(デビッド・リンチ監督)......................................... 13
2.3.2『レイジング・ブル』1980 年(マーティン・スコセッシ監督).................................. 14
2.3.3『ストレンジャー・ザン・パラダイス』 1984 年 (ジム・ジャームッシュ監督)..... 14
2.3.4『ベルリン・天使の詩』 1987 年 (ヴィム・ヴェンダース監督) .............................. 15
2.4 1990 年代 映画作品 ............................................................................................. 15
2.4.1『シンドラーのリスト』1993 年(スティーブン・スピルバーグ監督)....................... 15
2.4.2『エド・ウッド』 1994 年 (ティム・バートン監督) ................................................ 16
2.4.3『カラー・オブ・ハート』 1998 年 (ゲイリー・ロス監督) ..................................... 16
2.5 2000 年代 映画作品 ............................................................................................. 17
2.5.1『バーバー』 2001 年 (ジョエル・コーエン監督).................................................... 17
2.5.2『グッドナイト&グッドラック』 2005 年 (ジョージ・クルーニー監督) ................ 17
2.5.3『白いリボン』 2009 年(ミヒャエル・ハネケ監督).................................................. 18
3 『アーティスト』の分析........................................................................................... 18
4 分析結果から............................................................................................................. 19
4.1 現代のサウンド版作品.................................................................................................... 19
4.2 現代のモノクロ映画 ....................................................................................................... 20
4.3 映画史における『アーティスト』.................................................................................. 20
考察 ................................................................................................................................. 20
参考文献・先行研究........................................................................................................ 21
参考 WEB ページ ........................................................................................................... 22
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
586 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content