close

Enter

Log in using OpenID

Page 1 ひとりごと いれずみ 入れ墨、刺青、文身、くりからもんもん

embedDownload
ひ と り ご と
︑
◆ 入 れ墨 ︑ 刺 青 ︑ 文 身 ︑ く り か ら も んも ん タ ト ゥー⁝
︑
﹁い い図 柄 だ ︑彫 師 は ど こ の誰 だ ﹂ と 尋 ね れ ば た い て い の
︑
︒
刺 青 者 は︑ いさ さ か得 意 そう に見 せ てく れ る な あ に 俺 は
︑
彫 師 の こと な ど知 り やし な いが ⁝︒ 般 若 ︑ 羽 衣 ︑ 緋 牡 丹 ⁝
昔 は いわ ゆ る遊 侠 の徒 や威 勢 のよ い勇 み肌 の職 人 の兄 いた ち
に入 れ墨 が見 ら れ た が︑ いま じ ゃ落 ち 目 のやくざ か 目立 ち た
高倉
唐 獅 子牡 丹 ︵
健 ・唄︶
秤 にか け り ゃ 義 理 が重 た い男 の世 界
が り の若 者 た ち か︒
義 理 と人 情 を
背 中 で吠 え てる
唐 獅 子 牡 丹 も若 い背 中 な ら絵 にな る が︑ 皮 膚 の衰 え隠 し き れ
︒
な い老 人 の背 中 では寂 し く う な だ れ て いる
◆ 畳 に短 刀 を 突 き立 て て︑ 俺 の名 は ド ス政 だ と凄 んだ 男 と対 決
︑
し た こと が あ った が︑ 丁 々発 上 の末 に︑ す ま ね え お いら の
負 け だ と う な だ れ て帰 る やく ざ の男 の背 には 日焼 け し た弁 天
︒
様 が棲 ん で いたな︒ あ れ は昔 々愛 媛 の佐 多 岬 の港 で の想 い出
◆ 内 股 か ら外 陰 部 に向 け て鎌 首 持 ち 上 げ た蛇 を 彫 って いた小 股
︑ 夫 は女 に惚 れ た のか︑ 内 股 の
の切 れ上 が った若 妻 が いた が
彫 り に惚 れ た のか︒
︑
◆ パ リ の モ ン マルト ル の丘 に近 い裏 町 には 電 気 針 で刺 青 を 彫
っ
︑
る暗 い雰 囲 気漂 う店 では 若 い男 女 た ち が彫 り の順番 を 待
︑
て いた︒ ハヮイ の ワイ キ キ の浜 辺 や ホ テ ル のプ ー ルな ど で
︑
刺青 を し た若 い男女 や結構 な年頃 の男 たち を見 かけ るが 人 々
は別 に気 にす る様 子 も な い︒ 群 青 色 の空 に太 陽 が眩 し く輝 い
て い る海 辺 の人 の群 れ の中 を ︑ ﹁愚 者 ﹂ が歩 い て いる︒ こ の
連 中 に︑ 肌 に 一旦 色 素 を 入 れ た ら 一生 消 え な いよと言 ってや
︑
りた いと ころだ が︑ これ ら の多 く は肌 に彫 ったも の ではな く
︒
肌 に描 いた り︑ シー ルを 貼 ったも のが多 いよう だ
◆ 浜 辺 か ら 一歩 入 った ワイ キ キ 通 り に は →3 ざ e と 張 り紙 を
し た彫 師 な ら ぬ ﹁
描 き師 ﹂ が い て︑ 好 み の紋 様 を 切 り抜 いた
似非 刺
型 紙 を 肌 に当 て て︑ そ の上 か ら顔 料 を 刷 り込 ん で の ﹁
青 ﹂ の 一丁 仕 上 が り の商 売 を や って い て︑ 娘 たち が 覗 き こん
︒
で いた︒客 たち はボ デ ィペイ ンテ ィ ング を楽 し ん で いる のだ
女 性 用 の花 柄 や蝶 の図柄 の シ ー ルは街 の スー パ ー でも売 ら れ
て いた な︒
ロロZZ>︶で︑ ド ライ ヤ ー で
こ の似 非 刺 青 の顔 料 は ヘンナ ︵
乾 か し︑ オ レ ンジ の汁 で抑 え れば仕 上 が り は上 々だ と か︒ 似
非 刺 青 は 二︑ 三 週 間 で消 え ると いう︒
◆麻酔 業務 でお忙 し い先生 方︑休 暇を ハワイ で過ごす こと があ っ
港 が見 え る
た ら︑ そ んな と ころを 見 物 す る のも 一興 か と︒
窓 を あ ければ
昭和 十 二年 ︶
やく ざ に強 い マド ロスの
メリ ヶ ン波 上 場 の 灯 が見 え る ⁝
⁝腕 に錨 の刺 青 ほ って
淡谷 のり子 o唄
恋 には弱 いすす り泣 き ⁝ ︵
川田
繁
︵こう と う 狂︶
自称老 兵
‑36‑
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
514 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content