close

Enter

Log in using OpenID

「IPテレフォニーシステムNYC-iF」エンハンスのご案内

embedDownload
ニュース・リリース
2015年4月20日
株式会社ナカヨ
IPテレフォニーシステム「NYC-iFシリーズ」エンハンスのご案内
オフィスの内外でモバイル端末を内線感覚で使いこなせる「モバイルアシスト」新発売
株式会社ナカヨ(代表取締役社長:谷本佳己)は、このたびIPテレフォニーシステム「NYC-iFシリー
ズ」のモバイル系機能を強化し、スマートフォンや携帯電話を外出先でもオフィス内でも内線感覚で
利用できる新サービス「モバイルアシスト」を発売します。また、防水型のマルチゾーン対応デジタル
コードレス電話機など、ホテル向け、介護施設向け等の機能強化を図ったエンハンスを実施し、
2015年5月15日に発売いたします。
今回のエンハンスの主な内容は以下の通りです。
1.モバイル端末内線化ソリューション:「モバイルアシスト」*1
「モバイルアシスト」では、スマートフォンや携帯電話(以下モバイル端末)に内線番号を割り振るこ
とにより、以下のような便利な使い方ができます。
<モバイルアシスト機能>
①モバイル端末からオフィスの電話機を内線番号で直接呼び出せます。
②オフィスの内線電話機からモバイル端末を内線番号で直接呼び出せます。
③モバイル端末からオフィスの外線経由でお客様等に電話をかけられます。
④モバイル端末にお客様等からの外線着信を直接転送できます。
⑤オフィス経由で外線と通話中に、モバイル端末の操作で保留・転送できます。
⑥モバイル端末からの特番操作で、保留応答、内線一斉呼出、ページング等が可能です。
⑦ボイスメールとの連携によりモバイル端末の通話は自動録音が可能です。
さらに携帯リモートブラウザ連携機能との組み合わせにより、オフィスのiF主装置に直接ブラウザ
でアクセスし、よりいっそう便利にご活用いただけます。
<携帯リモートブラウザ連携機能*2と組み合わせた便利な使い方>
①モバイル端末からiF主装置の電話帳や発着信履歴を検索して発信できます。
②モバイル端末の操作によりボイスメールの録音内容の確認や転送・発信ができます。
オフィスのiF主装置側の電話料金での外線発信も可能なほか、個人所有のスマートフォンに
業務用の電話番号を登録することなく業務に利用することができます。
【モバイルアシスト利用イメージ】
スマートフォンにモバイルアシスト専用のアプリケーションをインストールすることにより、ワンタッチ画面から簡単操作で
各種機能を利用できます。
社外のお客様など
④外線を直接
モバイル端末に転送
携帯電話網
②内線から直接
モバイル端末を呼出
公衆網
③モバイル端末から
主装置経由で外線発信
②
④
③
iF シリーズ主装置
①
社員のモバイル端末
携帯電話網
①モバイル端末から
直接内線呼出
1
オフィスの
iF 内線電話機
*1:「モバイルアシスト」のご利用にはライセンスキーが必要です。また、スマートフォンや携帯電話から主装
置にアクセスして通話を行うときは、携帯電話回線を利用するため通話料金がかかります
*2:「携帯リモートブラウザ連携」機能の利用にはiF主装置がインターネット利用できる環境が必要です。
また別途、スマートフォンのパケット通信料がかかります。
2.防水型マルチゾーン対応デジタルコードレス電話機
複数の接続装置(iFS:最大20台、iFM:最大30台)をオフィス内に
設置し、通話可能なゾーンからゾーンへ接続装置を切り替えて通話
しながら移動できるデジタルコードレス電話機を発売します。
IPX5/IPX7等級相当の防水仕様で、水深1mに30分間放置しても
電話機内部への有害な影響を受けることなく利用でき、また主装置
の電話帳や内線電話帳の検索機能、オートロック機能、留守録機能
搭載等、ビジネスに役立つ各種機能を強化しました。
ホテルなどの宿泊施設、介護施設など広いエリア内での業務効率
の向上をサポートします。
マルチゾーン対応
デジタルコードレス電話機
3.高齢者住宅/介護施設向機能強化:電池レス・ワイヤレス呼出ボタン識別表示対応
本年2月に発売した埋込型インターホン用と配線不要な電池レス・ワイヤレス呼出ボタンとを
組み合わせて使用する場合、電池レス・ワイヤレス呼出ボタンからの呼出は識別表示が可能に
なります。
高齢者住宅等にて、埋込型インターホン1台に対して呼出ボタンを複数台(最大4台)接続設
定し、ペンダント型での携帯利用や、ベッドから離れたトイレや浴室等に設置している場合でも、
呼出時はスタッフ側の多機能電話機やPHS/デジタルコードレス電話機のディスプレイに「トイレ」
や「浴室」等を表示し、どの呼出ボタンからの呼出かがわかります。
緊急呼出に対して素早い対応が可能な高齢者住宅/介護施設向機能の強化を図りました。
4.その他ビジネスの効率向上に役立つ機能を追加
IP網を利用した拠点間でのスピーカ呼出/内線一斉呼出、ポータルUC機能利用による安否
確認機能のフィーチャーフォン対応、留守番機能セット時の外線お待たせメッセージの自動解
除等、キメの細かい操作性の向上を図りました。
ビジネスの様々なシーンで、効率向上、サービス向上などに貢献します。
●発
売
●出荷開始
2015年5月15日
2015年5月29日
・モバイルアシストは(株)ナカヨの登録商標です。
・その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
☆本ニュース・リリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。発表日以降に仕様な
どの情報が変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
この件に関するお問い合わせ先
株式会社ナカヨ
営業統括本部 営業部 http://www.nyc.co.jp/
〒108-0075 東京都港区港南1丁目7番18号 DBC品川東急ビル7階
TEL 03-6433-1141 E-mail [email protected]
以上
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
254 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content