close

Enter

Log in using OpenID

家庭問題情報誌「ふぁみりお」総目次

embedDownload
平成 22 年 6 月 25 日
家庭問題情報誌「ふぁみりお」総目次
(第 1 号~第 50 号・特別号)
社団法人家庭問題情報センター
*この総目次は,1993 年 3 月から 2010 年 6 月までの 17 年間に発行した「ふぁみりお」の第 1 号から第 50 号及
び2回の特別号に掲載された全記事(お知らせや本の紹介などは除く。)の目次です。平成家族考及び海外トピ
ックス以外の記事は,アラカルトに掲載されています。
*誌名の「ふぁみりお」は,エスペラントの家族を意味する familio から採ったものです。
*第 1 号のみは法人化される前の東京ファミリーカウンセラー協会(TFCA)の発行となっていますが,第2号か
らは社団法人家庭問題情報センター(FPIC)の刊行となっています。
*「ふぁみりお」は財団法人日本宝くじ協会の助成を受けて年 3 回,毎回 27,000 部を作成し,関係機関,相談所,
図書館,地方自治体等に無料で配布しています。配布を希望する個人にも郵送料(1 部 80 円)のみで送付して
います。バックナンバーについては,残部がある号であればご要望に応じています。
平成家族考(平成家族考が掲載されていない特別号を含む。)
1号
1993.3.25
結婚―習慣の違いが面白い
2号
1993.6.25
家事分担に見る男女平等…くらべてみれば
3号
1993.9.25
お年寄りの介護
4号
1994.1.25
単身赴任を考える
看る人看られる人
5号
1994.6.25
いま,日本の子どもたちは幸せか
6号
1994.12.25
かあちゃんはすぐ“あんな奴”というけれど
おれのとうちゃんなんだぞ!―親の離婚を子ども
の側から考える:親の離婚にゆらぐ子どもたち―どちらの親にも愛されたい!
7号
1995.4.25
愛する人や物を失ったとき―災害後の心の傷を癒すために
8号
1995.8.25
ご存じですか「ハウスワーク・シェアリング」―性別役割分担から家族の協働へ
9号
1996.1.25
10 号
1996.5.25
子育てが《虐待》に姿を変えるとき―乳児虐待という悲劇から子どもと母を救うために
11 号 1996.9.25
彼女たちはなぜ暴力的な夫のもとにとどまるのか―殴る夫と殴られる妻の関係を考える
12 号 1997.1.25
家族の中の老人―在宅介護をめぐる家族のストレスと老人虐待
13 号
1997.7.25
子どもの性と愛をどう育むか―過剰な性風俗・性情報のなかで
14 号
1997.10.25
老後の暮らしと財産をどう守るか―超高齢社会における新たな制度について考える
15 号
1998.2.25
変身する子どもたち―おとなしい子がどうしてすぐキレるのか
16 号
1998.5.25
少年法について考える―少年非行の推移を踏まえて現状を正しく理解するために
17 号
1998.10.25
14,5 歳の子どもたち―年少少年と呼ばれる思春期の中学生について考える
18 号
1999.3.31
新たな「成年後見制度」実現へ―お年寄りの暮らしと財産を守るために
19 号
1999.7.25
座談会
20 号
1999.11.25 家庭裁判所創設 50 周年記念特集「家庭裁判所ってどういうところ?
21 号
2000.3.25 FPIC 連続セミナー特集号「子どもがいる夫婦のための離婚セミナー―親と子の新しい出発のため
ボーダーレスの時代をどう生きるか―新しい時代には新しい選択を
成年後見の実際について語る―後見人等としての体験と後見監督の体験から
―よくわかる 50 問 50 答」
に」
22 号
2000.7.25
23 号
2000.11.25
若者たちの社会的引きこもり―自分の価値を見出せない苦しみ
再び問う,「いま日本の子どもたちは幸せか」―「ふぁみりお」に見る子どもたちの世紀末
特別号 2001.2.20
FPIC の活動のすべて―㈳家庭問題情報センターはこんなことでお役に立ちます
24 号
2001.6.25
親による子どもの虐待―虐待という悲劇から子どもを救うために
25 号
2001.10.25
仕事も子育てもいきいきと―保育のワークシェアリングをめざして
26 号
2002.2.25
ドメスティック・バイオレンスからの救済―配偶者からの暴力を防止する法律が施行されました
27 号
2002.6.25
赤ちゃんと心のキャッチボールを―乳児期の発達課題「基本的信頼感の獲得」について考える
1
28 号
2002.10.25
成年後見制度はどのように利用されているか―新制度発足後 2 年間の実績を見る
29 号
2003.2.25
相談室から見た今どきの家族―家族の再生を考える
特別号 2003.6.25
社団法人家庭問題情報センター創立 10 周年記念特別号;世界における家族問題の動向―21 世紀
の家族法(野田愛子前理事長)
;高校生の描く家庭像(山口恵美子理事);家族力をいかに再生す
るか(瓜生武専務理事)
30 号
2003.10.25
児童虐待はなぜ増え続けるのか―ネグレクト(保護の怠慢)を中心に深刻化のメカニズムを考える
31 号
2004.2.25
子育て支援の現状を見る―インターネットのホームページにある支援活動を中心に
32 号
2004.6.25
成年後見人等の仕事の実際
33 号
2004.10.25
触法少年の凶悪事件について考える―11,2 歳の子どもの心の闇は深くなっているか
34 号
2005.2.25
面会交流を上手に―離婚後の親が子どもの健やかな成長のためにしてやれること
35 号
2005.6.25 離婚した親と子どもの声を聴く―「養育環境の変化と子どもの成長に関する調査研究」の報告書
より
36 号
2005.10.25
戦後 60 年の若者群像を見る―いつの時代も若者たちは大人を不安がらせて来たが…
37 号
2006.2.25
お父さんへの応援歌―面会交流の経験者に学ぶ「お父さんの集い」から
38 号
2006.6.25
お母さんへの応援歌―セミナー「上手な面会交流の進め方」から
39 号
2006.10.25
子どもたちへの応援歌―子どもの立場から面会交流を考える
40 号
2007.2.25
協議離婚について考える―合意しておくべき事項とそれを守らせる手続きの確保
41 号
2007.6.25
熟年離婚について考える―長年の夫婦の絆(きずな)か柵(しがらみ)か
42 号
2007.10.25
養育費相談支援センターを開設しました―別れて暮らす親と子の絆のために
43 号
2008.2.25
大人の品格について考える―自己愛社会にモンスター・ペアレントたちが登場
44 号
2008.6.25
成年後見制度の問題点―発足以来 8 年の実績から
45 号
2008.10.25 養育費相談支援センター開設一周年を経て―養育費支払いの実情と相談支援の在り方について考
46 号
2009.2.25
少年非行は今どうなっているのか―平成 20 年版「犯罪白書」から
47 号
2009.6.25
FPIC が離婚協議等調停事業を始めました―人間関係の専門家が夫婦関係と子の監護についての
48 号
2009.10.25
49 号
2010.2.25 新しい事務所・相談室への移転と事業の展開―本部・東京相談室・養育費相談支援センター,大
える
調停を行います
最近の夫婦・親子をめぐる紛争―FPIC の相談等からのぞく世相の断面
阪相談室,千葉相談室
50 号
2010.6.25
第 50 号記念「「ふぁみりお」が取り上げてきた家庭問題を振り返る」
アラカルト
1号
創刊にあたって(TFCA 萩原太郎会長);TFCA に期待する(セゾン生命生野重夫会長)
;家族のこころを託
せる機関に(国際日本文化研究センター河合隼雄教授)
;1994 国連の国際家族年に向けて(中央更生保護審
査会野田愛子委員);お父さんが見えない(相談室の事例から)
2号
家庭問題情報センターに期待します(最高裁判所木村要家庭局長)
;
「離婚」から見えてくるもの,子どもた
ちはどう変わる?;熟年夫婦の危機(相談室の事例から)
3 号
心は自立―高齢者の心意気;お年寄りの相談(相談室の事例から);子どもの権利擁護のためには安定した
家庭環境が必要です(LAWASIA)(野田愛子副理事長)
4 号
あのときといま―転勤族の妻として;福岡ファミリー相談室から;
「株式会社」にはしたものの―家庭内の
トラブル(慶応義塾大学米津昭子名誉教授),
5号
子どもたちは何を…?―言葉にならないメッセージ;「お受験」時代の中で;国際家族年
6号
子どもがいる夫婦のための離婚セミナー
7号
キーワードで見る「いじめ」の構造;六つのわかれ―子どもがいる夫婦のための離婚セミナーから
8号
震災,ボランティア,そして子どもたち;感情整理と自分の立直し―子どもがいる夫婦のための離婚セミナ
ーから
9号
10 号
親の離婚を子どもにどう伝えるか―子どもがいる夫婦のための離婚セミナーから
若い夫婦がうまくいく秘訣
その1;別れて暮らす親子の生活基盤―子どもがいる夫婦のための離婚セミナ
2
ーから
11 号
若い夫婦がうまくいく秘訣
その2;共同親権から単独親権になっても―子どもがいる夫婦のための離婚セ
ミナーから
12 号
若い夫婦がうまくいく秘訣
その3;離婚後の親子の面会及び交流―子どもがいる夫婦のための離婚セミナ
ーから
13 号
子育てを楽しくするために
その1
赤ちゃんがやってくる;親子が楽しく面会・交流するために―子ども
がいる夫婦のための離婚セミナーから
14 号
子育てを楽しくするために
その2
パパとママの共同作業;親子が楽しく面会・交流するために(続)―
子どもがいる夫婦のための離婚セミナーから
15 号
子育てを楽しくするために
その3
お父さんのかかわりの大切さ
16 号
全国縦断セミナー「子どもがいる夫婦の離婚―その構成と参加者の感想」
17 号
アメリカの非行少年を取り巻く最近の事情―コカイン中毒の落とし子たち
18 号
「女性のための電話相談」からの報告
22 号
親の離婚にゆれる子どもの心と父親の役割―子どもと離れて暮らすお父さんからのメッセージ(FPIC 連続セ
ミナー)
23 号
男女共同参画社会実現に向けての歩み
24 号
なぜ少年は殺人を犯したのか―「重大少年事件の実証的研究」に見るその親子関係
25 号
「家族法と子どもの権利についての世界会議」報告
26 号
今どきの子どもたち
27 号
少年犯罪者の厳罰化がもたらした波紋―改善が急務となった英国(イングランドとウエールズ)の少年審判
制度
28 号
今どきの子どもたち(続)
29 号
「女性のための電話相談」から見た今どきの家族
30 号
オランダ・モデルのワークシェアリング―夫婦 2 人で 1.5 人分働き,0.5 人分は家族のために
31 号
悩みごと相談の 10 年―家庭問題情報センターの相談事業の報告
32 号
離婚後の子どもの養育費はいくらになる?―家庭裁判所が考える養育費の簡易な算定方式と算定表
33 号
離婚訴訟は家庭裁判所へ―離婚訴訟はどのように行われるか
34 号
ご存じですか…児童虐待防止法と DV 防止法が改正されました
36 号
離婚時年金分割制度の要点
38 号
今どきの子どもたちにとって必要なもの―対面してのコミュニケーション能力と少しばかりの我慢強さ
39 号
少年たちと言葉
40 号
少年たちと言葉(続)
41 号
「子どもの養育等についての無料電話相談」から
42 号
エリオット・レイトン著「親を殺した子供たち」を読み返す
43 号
戦前の子どもにもかなりのワルがいた―管賀江留郎著「戦前の少年犯罪」(築地書館・2007.10)を読んで
44 号
嫉妬!この度し難い心といかに付き合うか
46 号
子どもを勇気づけ,やる気にさせる魔法の言葉
47 号
別れて暮らす親と子の絆のために―新しい関係の創造に向けて
48 号
“おじいちゃん・おばあちゃん”か“じいじ・ばあば”か―あなたのおうちはどちら?
49 号
協議離婚や ADR 調停と公正証書
海外トピックス
1号
子を思う気持ちに変わりなく…―お父さん頑張る(米国ニューヨーク州)
2号
子から親への絶縁状―「本当の居場所」を求めて(米国フロリダ州)
3号
問われる配偶者の有責性―「家庭内不法行為を阻止しない過失」(米国ミネソタ,テキサス州)
4号
子どもの権利の擁護―世界の趨勢と日本の実情
5号
夫婦別姓
6 号
刑務所にいても子どもには会いたい(米国),おじいちゃんも孫に会いたいぞ(米国),面接交渉権はホント
外国事情(米国ネバダ州)
3
はボクたちの権利なんだぞ!(児童の権利に関する条約)
7号
子の不法行為についての親の責任範囲―ドイツの法制の流れ
8号
祖父母は父母の反対を押し切って孫に会えるか?―アメリカの二つの憲法判断
9号
1
東西調停事情―カナダのミディエーション見聞報告
2
老後の暮らしと財産をどう守る?―「成年後見制」の必要性(カナダ・ドイツ・日本)
10 号
複雑な家族関係を反映する最近の裁判あれこれ―夫婦や親子の権利義務をめぐるアメリカの裁判例から
11 号
単独親権から共同親権へ―非嫡出子の親権に関するドイツの動向
12 号
イギリスにおける老人虐待
13 号
母よ,誰と寝たか言え―ドイツ法制にみる父の確定
14 号
各国子育て事情―育児休業制度を比べてみれば
15 号
老後のことは自分で決めよう―高齢社会の「成年後見制度」
16 号
ドイツの親子法大改正 7 月 1 日から施行―非嫡出子の差別,全面的に撤廃される
17 号
ドイツにおける家族法の改革(続報)
18 号
TV の性的・暴力シーンから子どもたちをどう守るか―米国における V チップの導入の経緯について
22 号
犠牲者を出さない仕組みはあるのか(アメリカ)
23 号
ドイツの「世話制度」とわが国の「成年後見制度」
24 号
法廷から見る児童虐待の諸相(アメリカ)
25 号
社会に生きる法と制度
26 号
DV に対する総合的な取り組み―ワシントン D.C.の DV 法廷を中心に
(編注
(編注
若者によるショットガン殺人事件)
男女差別と成年後見についてのドイツと日本の比較)
27 号
DV が職場に及ぼす影響(ニューヨーク市)
28 号
DV 加害者への対策(イリノイ州ケイン郡での試み)
29 号
「第 11 回国際家族法学会世界会議」報告―家族生活と人権をテーマに
30 号
法廷から見る児童虐待の諸相・パートⅡ(アメリカ)―ネグレクト(保護の怠慢)を中心に
31 号
「第 18 回ローエイシア東京大会」報告―アジアでの人権,司法のあり方などを中心に
32 号
DV に裁判所がなすべきことは?―ニューヨーク州の実践に学ぶ
33 号
アメリカにおける子の監護―子の立場から
34 号
スウエーデンの家族政策と出生率―スウエーデン家庭生活調査から
35 号
高紛争家族の子の監護調整―アメリカにおける新たな取り組み
36 号
同性愛者と子どもの養育費をめぐって―子どもの最善の利益は?同性愛嗜好の影響は?
37 号
1
38 号
インターネットでの面会交流など(アメリカ・イギリス)―子どもの監護,親権,養育費の問題をめぐって
39 号
リロケーションは許されるか(アメリカ合衆国)―子を伴う監護親の転居の是非
40 号
ストレスに向き合う―法律家のためのストレス克服法
41 号
法的な親子関係とは何か―最新のフランス家族法を中心に
42 号
アメリカの国による養育費徴収制度をめぐって―父親の立場から
2
未成年者への死刑判決は違憲―アメリカ合衆国憲法修正第 8 条の解釈をめぐって
子の監護に関する特別手続―オーストラリアの試み
43 号
デート DV の撲滅をめざして(米国)―DV の悪循環を止めよう
44 号
共同監護について考える―米国の実態から
45 号
ノルウエーにおける養育費改革と非監護親の意識
46 号
子どもの幸せのために―学会でのテーマなど
47 号
オーストラリアの面会交流援助をめぐって―期待と実際に関する研究から
48 号
子どもの幸せのために(2)―諸外国の施策とわが国の現状
49 号
中国の離婚訴訟の変容―裁判官への制度的影響力
50 号
子どもの幸せのために(3)―国境を越えた子の奪い合いへの対応
注 「アラカルト」と「海外トピックス」の部で号数が欠けているのは,その号の平成家族考の増ページなどによ
り,アラカルトや海外トピックスが掲載されなかったためである。
4
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
186 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content