close

Enter

Log in using OpenID

4月14日(木)の課題 : 1. 「匿名性」 の必要性に関して、問題点などを 検討

embedDownload
4月14日(木)の課題 :
1. 「匿名性」 の必要性に関して、問題点などを
検討・議論しなさい。
2. 「尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件」の
概要を述べ、映像の流出と映像をオンライン
に置いた職員の捜査過程、職員に対する処遇、
匿名性、情報通信の秘匿性 などに 関する
問題点を 考察しなさい。
<提出期限> 2016年5月2日(月)17:00
尖閣諸島 動画流出事件
• 海上保安庁のセキュリティー対策の不備
• 法を犯した職員への処罰が甘いように思える。
– 勇気を出して「告発」したので、褒めるべき・保護
すべき。
– 「誰」が秘密を守らないといけないのか。
• Google Japan の対応:
– 「通信の秘密」 を 守りつつ、
– 犯罪捜査への協力(令状の必要性)
• 一見すると平和で安全な生活を願って/実現
するために、敢えて「匿名性」を排除したよう
に見えるが、違う見方をすると思想の自由を
脅かしているとみることもできる。
• 匿名性を排除する社会的要請は仕方ないこ
とであると考える。
• いつ誰がどのようなアクセスをしたのかという
情報は、『秩序を保つ』意味で管理される必
要があると私は考える。
• ネットの利用者よりも上の階層にいる サービ
ス提供者やもしくは政府がどこまで匿名性を
守ってくれるのか という点が重要。
• 権力を持つ人、犯罪をしようとする人から見れば、
インターネットには、匿名性は ない といえる。 国
家や警察であれば、その権力を行使することで、
個人を特定することは可能だからである。
• 問題は、匿名性が現時点でどの程度保障されて
いるのか、政府機関によって明確に示されていな
いことにある。 そこに、任意性や不確定要素が
あってはならない。
• インターネットの匿名性は、法を逸脱した行為に
おいては制限される必要がある。
• つまり、都合のいい時だけ 匿名性が消滅する と
いう仕組みを作り、その事実をユーザに強く知ら
せる ということは 本質的・効果的であると考える。
• 完全に匿名にしてしまったら、どうしても犯罪行為が
生じてしまうだろう。 何よりも、犯罪行為を防ぐことが
大事だと思うので、匿名性は不要だと考える。
• 「インターネット上での通信の匿名性を確保する最も
簡単な方法は、信頼性ある第3者を中継して通信を
行う方法である」(by 河野和宏氏)、この方法を巨大
化・集権化すれば良いのではないだろうか。
• 匿名プロキシなど犯罪に転用される可能性のあるも
のは監視されなければならないが、匿名性の意義を
守るために、それは、国家権力とは完全に分離され
た存在でなければならない。
• 公の場に対しての行動に関する、「心理的抵抗」の
軽減である。
• 匿名性は、世界の発展を妨げない程度の 法
規制のもとで 許可されるべきだと考える。
• 公権力に とっての ユーザのトレースを容易に
することで、無責任発言への抑止力は維持で
きるのではないかと 考える。
• 「特定秘密保護法」が制定されたことによって、
情報リークによる効果は反射的に大きくなって
いる。
• 最終的にサイトの管理者が匿名性を奪うこと
によりかなりの鎮まりを見せたため、この方策
は一定以上の効果があることは確実である。
• リテラシー教育が重要・鍵。
参考:「安倍官邸とテレビ」
(砂川 浩慶、集英社新書)
• 「相手に直接会って言えないことは、ネットに
も書くべきではない。書かれた人間は当然、
傷つく。それ以上に心配なのは、書いた人た
ちのことだ。 20歳前後で、人の悪口を匿名で
した言えなくなる。 そうすると、間違いなく、そ
の人の心は壊れていく。顔が見えないからと
いって、勝手なことを書いていると自分が壊
れる。匿名の書き込みは自分のためにやめ
るべきだ。」
参考:「安倍官邸とテレビ」
(砂川 浩慶、集英社新書)
• 『放送の不偏不党』
– 放送事業者や番組制作者に課せられた『義務』では
ない。 『公権力者』に課せられた 義務 である。
• 「表現の自由」は、少数者や社会的弱者 のため
のものであって、権力者のためのものではない。
• 放送法 第1条 「目的」
2 放送の不偏不党、真実および自律を保障すること
によって、放送による表現の自由を確保すること。
• 「国益」は、「国家益」と「国民益」 の2つ。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
9
File Size
396 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content