close

Enter

Log in using OpenID

DNA Anniversary - Thermo Fisher Scientific

embedDownload
ライフテクノロジーズ情報誌 NEXT 2 月号
2013 / February / No.17
DNA 研究の 60 年
DNA Anniversary
Anniversary Interview
榊佳之 氏(国立大学法人 豊橋技術科学大学学長)
Trend Interview
miRNA 研究の新展開:
細胞間コミュニケーションを担う
エクソソームから疾患研究へ
落谷孝広 氏
(国立がん研究センタ−研究所 分子細胞治療研究分野 分野長)
P. 10
Ion PGM™ Template OT2 400 Kit
Ion PGM™ Sequencing 400 Kit
Ion AmpliSeq™ Community パネル
Ion AmpliSeq™ RNA パネル
Total Exosome Isolation シリーズ
QuantStudio™ 3D デジタル PCR システム
P. 11
人工遺伝子合成サービス
P. 12
P. 14
SensiCell™ 培地
Essential 8™ 培地 &ビトロネクチン( VTN-N )
EVOS ®セルイメージングシステムシリーズ
P. 15
リコンビナントプロテイン
P. 04
P. 05
P. 06
P. 13
Qdot ®ナノクリスタルテクノロジー
Invitrogen™
Applied Biosystems®
Gibco®
Molecular Probes®
Novex®
Ambion®
Ion Torrent™
02
Life Technologies
DNA Anniversary
DNA 研究の 60 年
科学のマイルストーンをともに祝いましょう!
30 億の化学文字。それらは私たちヒトを作り上げる、
個 性 的 で 、ユ ニ ークで 、周りの 誰とも 異 なる文 字 列 。
生命の美しさと神秘を記す手紙です。
1953 年、ジェームス D. ワトソンとフランシス・クリック
による二重らせん構造の発見を機に、分子生物学が
誕生。新しいツールボックスを手にしたことで、多くの
研究者が華やかな研究成果を次々と上げてきました。
そして 2 0 1 3 年 。今 年 は 、D N A 構 造 発 見 から 6 0 年 、
PCR 法発明から 30 年、ヒトゲノム解読終了から10 年
の 記 念 の 年 。ライフテクノロジー ズは 、世 界 中 の 研
究者とともに偉大な DNA 研究という科学のマイルス
トーンをお祝いします。
今日から始まる未来も、科学はとどまることなく進み
続けるはずです。そして次のマイルストーンは、あな
たによってもたらされるかもしれません。
DNA Anniversary の詳しい情報は、特設サイトをご
覧ください。
www.lifetechnologies.com/dna60jp
1953
1980
1986
1990
1993
Francis Crickと
James Watsonが
DNA の二重らせん構造を
Walter Gilbert と Frederick
SangerがDNA 塩基配列決定の手
世 界 初 の 1 レーンで 4 色 蛍 光 を 検
ヒトゲノムの全塩基配列を解読する
Kary B. Mullis が PCR 法考案
出する自動 DNA シーケンサ「 ABI
「ヒトゲノムプロジェクト」が米国エ
の功績により、ノーベル化学賞を
法を開 発した功 績によりノー ベ ル
(ゲル板タイプ)発売
370A 」
発見
化学賞を共同受賞
1981
Applied Biosystems Inc. 設立
1987
Invitrogen Corp. 設立
受賞
よって開始。
「 DNA Thermal Cycler 480 」
( 0.5mL, 48ウェルタイプ)発売
遺伝子単離とクローンの作製キット
「 The Librarian 」発売
1972
1983
1989
最初の組換えDNA 研究がスタンフォード
Kary B. Mullisが
最 初 の 組 換 え Ta q 酵 素 、A m p l i
大学の Paul Bergらによって実現
PCR 法を発明
Taq ® DNA Polymerase発売
DNA History
ネルギー省と米国立衛生研究所に
1991
「 Dye Primer/Dye Terminator
Cycle Sequencing Kit」発売
PCR 産物のクローンを簡単に作成
する「 TA Cloning ® Kit 」発売
1995
「 ABI PRISM ® 310ジェネティッ
クア ナ ライ ザ 」
( 1 本 キャピ ラ
リー)発売
PCR 法によるDNAフィンガープ
リントが O.J.シンプソン事件で法
廷証拠として採用
Life Technologies
Anniversary Interview: No.1
03
榊 佳之 氏(国立大学法人 豊橋技術科学大学学長)
く、不屈の研究者の姿に魅了されたんです。そし
科学や技術の進展を踏まえて、数十年後の未来
て遺伝子こそ生命の本質、その研究こそが私の
をどう予測しますか ?
進むべき道と確信しました。
DNA の二重らせん構造発見から60 年、PCR 法
開発から30 年ですよね。この数十年の変遷を体
研究人生のマイルストーンをあげるとすれば何
験した身として、未来予測はとても難しい。これ
でしょうか ?
から食糧・エネルギー・環境は避けて通れない問
アメリカ留学で分子生物学、分子遺伝学を学び、
題となってくるでしょう。ただ一つ言えることは、
帰国して数年後の 1977 年に九州大学の医学部
科学における技術開発の重要性は、さらに増し
へ異動したことが大きな転機でした。私は理学
ていくということです。振り返ると、1986 年のア
部の出身で、科学へ好奇心も強かったのですが、
プライドバイオシステムズの自動 DNAシーケン
1990 年に開始されたヒトゲノム計画は、2001 年
医学部で臨床応用を見据えた遺伝子の研究に
サの開発や、それに続く1998 年の日立の技術を
2 月の概要版発表を経て、2003 年 4 月に解読終
取り組んだことで、病気と向き合い、人のために
採用したハイスループットシーケンサの開発は、
了。その時、6 カ国の首脳と研究代表者は協同で
研究するという強い使命感が生まれました。それ
ヒトゲノム解読を計画通りに終了できた要因の
解読完了を宣言しました。榊佳之氏は、日本代表
がヒトゲノム解読プロジェクトへの参画にもつな
一つでした。これからも技術開発と科学の進歩
として国際プロジェクトに参画し、21 番染色体の
がったと思っています。ヒトゲノム解読完了宣言
が、同調する時代が続きそうです。精緻な技術で
解読を始め、ヒトゲノム計画に大きく貢献しまし
も、マイルストーンの一つですね。
た。DNA Anniversary 記念インタビュー第一
細胞一個から発生や分化の分子機構を解明した
り、合成生物学の手法で有用な微生物を創出す
弾は、ライフサイエンス分野で初めてのプロジェ
10 年前の研究者としての思い出を教えてくだ
るなど。時代が抱える問題を解決できる、科学と
クト型研究を推進した榊氏に、お話を伺いました。
さい。
技術がさらに強く求められていくと思います。
もちろんヒトゲノム解読完了です。日本の研究
研究者になったきかっけは何でしょうか ?
者は、ヒトゲノム解読の重要性を早くから提唱し
父が研究者だったことや、熱心な高校の化学教
ていましたが、なかなか進まずにいました。それ
師 の 影 響で東 京 大 学 理 科 一 類に進 学しました。
でも国際協力の体制を整え、バミューダー会議
大学では生化学者の江上不二夫先生と出会い、
で情報公開の原則を確認し、国と交渉して大型
研究への興味を抱きました。先生との出会いは
予算や解読コアセンターを設置する等、多くの
章受賞等。
大切ですね。決定的だったのは、大学時代に書籍
関係者と協力して様々な困難を乗り越えました。
参考資料
部で何気なく手にした、ジャコブの「大腸菌の性
ヒトゲノム解読は、ライフサイエンス分野で初め
と遺伝」
(岩波文庫)という本。実験を重ね、デー
てのプロジェクト型研究であり、それを経験でき
タを丁寧に検討し、オペロン説を打ち立ててい
たことは本当に幸運でした。
榊 佳之(さかき よしゆき)
: 1942 年愛知県生まれ。1971 年東京
大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。1985 年九州大
学教授、1992 年東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長、
2004 年理化学研究所ゲノム科学総合研究センター長等を経て、
2008 年より現職。2002 ∼ 2005 年まで、HUGO(国際ヒトゲノム機
構)会長。2005 ∼ 2011 年まで日本学術会議会員、2003 年紫綬褒
"The DNA sequence of human chromosome 21" Nature
405, 311-319,( 2000 )Hattori M,et al.
ジャコブとウォルマン「細菌の性と遺伝」岩波書店 富沢純一・小関
治男訳( 1963 )
1996
1998
2003
2007
世 界 初 のリア ル タ イ ム
自動高速キャピラリー DNA シー
ヒトゲノムプロジェクト
PCRシステム「ABI PRISM ®
7700 Sequence Detection
System 」発売
ケンサ「 A B I P R I S M ® 3 7 0 0
の完了宣言
I n v i t ro g e nとA p p l i e d
Biosystems の合併で Life
Technologies 誕生
「 Ion Proton™システム」
テム」
2008
「 GeneArt ® Precision
on TALs 」
DNA アナライザ」を発売、ヒトゲ
ノムプロジェクト加速に貢献
「 Big Dye ® Terminator 」発売
世界中の 1000 人以上のヒト
2012
到来!
1,000ドルゲノム時代到来
発売
術
効率的ゲノム編集技術
発売
ゲノムを解読する「 1000 人ゲ
ノムプロジェクト」スタート
1997
クローン羊
“ Dolly ”
誕生
デ ー タ の 公 開 に 関 する
バミューダ原則が確立
1999
「 Gateway ® クローニング」発売。
ベクター間での DNA 配列の組換
えをin vitroで行う技術として遺
伝子機能解析を加速
2004
2011
イネゲノム解読完了
人 工ヌクレアー ゼによるゲノム編
「 QuantStudio™ 3D
集が Nature の Method of the
Year 2011に選出
デジタルPCR 」発売
ベンチトップ型 次 世 代シーケンサ
「 Ion PGM™ システム」発売
2013
FUTURE ▶
04
Ion Torrent™
NEW!
400bp
いよいよリード長
へ!
ロングリードで広がるアプリケーション
■ Ion PGM™ Template OT2 400 Kit
■ Ion PGM™ Sequencing 400 Kit
Ion PGM™ シーケンサで、リード長
400bp のロングリードを可能にする
キットです。微生物ゲノムの de novo
シーケンスや 16S rRNA のシーケン
ス、ヒトゲノムの H L A シーケンスや
R N A シーケンスなど、1 ランで 得ら
れる情 報 量 が 大 幅アップ。新たな 発
見へと導きます。
▶ 400bpロングリード 対応アプリケーション ▶ 400bpロングリード とスルプット向上を実現
● de novo シーケンス
de novoシーケンスにおけるN50 、コンティグ数、
コンティグ長が大幅に向上
● ターゲットリシーケンス
16S rRNAや HLA など、タイピングに不可欠なリード長を確保
● RNAシーケンス
アイソフォームや新規転写産物の探索など検出範囲を拡大
Ion PGM™ Sequencing 400bp KitとIon 318™ chipによる大腸菌DH10Bゲノムのシーケンス結果
▶ 大腸菌( DH10B )のゲノムアセンブリでN50 、コンディグ数、コンディグ長を向上
シーケンサ
サンプル名
リード長
カバレッジ
N50( bp )
コンティグ数
最大コンティグ長
シーケンス時間 ***
Ion PGM™
C19-543*
1 x 400 bp
54.48
98,521
158
323,010
9 hours
Ion PGM™
KER-1060*
1 x 400 bp
55.92
98,558
137
344,827
9 hours
Other
None**
2 x 250 bp
57.59
95,592
173
292,598
37 hours
* Ion Communityでデータ公開中 ** EdgeBiosystems 社の公開データを利用し、Ion PGM™と同様のパイプラインで解析 *** ライブラリ完成後シーケンス終了までの時間
製品名
サイズ
製品番号
価格
Ion PGM™ Template OT2 400 Kit
8 反応
4479878
¥150,000
Ion PGM™ Sequencing 400 Kit
8 反応
4482002
¥96,000
Ion PGM™ Control Kit V2
3 反応
4482010
¥90,000
05
COMING
SOON!
研究者コミュニティーから生まれた
ターゲットリシーケンスのための疾患パネル
■ Ion AmpliSeq™ Community パネル
AmpliSeq™ テクノロジーから、研究者のニーズを基に開発したコミュニティーパネ
ルが登場。わずか 10ng の DNA からマルチプレックス PCR でターゲット領域を濃縮後、
次世代シーケンサで簡単に変異解析を行うことができます。各方面の最先端研究者コ
ミュニティーから生まれた検証済パネルをどなたでもご利用いただけます。
がん研究のためのコミュニティーパネル
遺伝病研究のためのコミュニティーパネル
■ Ion AmpliSeq™ Colon and Lung Cancer Panel
■ Ion AmpliSeq™ AML Panel
結腸がんおよび肺がんに顕著な 22 遺伝子のホットスポットパネル
急性骨髄性白血病( Acute Myeloid Leukemia ( AML ))に顕著な
■ Ion AmpliSeq™ BRCA1/2 Panel
21 遺伝子のパネル
遺 伝 性 乳 が ん 、卵 巣 が ん に 関 与 するが ん 抑 制 遺 伝 子 B R C A および
■ Ion AmpliSeq™ CFTR Panel
BRCA2 のコード領域のパネル
嚢胞性線維症( CF 症)に関わるCFTR 遺伝子のエクソンおよびイントロ
■ Ion AmpliSeq™ TP53 Panel
TP53 遺伝子のエクソンとUTR 領域の変異検出のためのパネル
ン- エクソンジャンクション、UTR 領域の変異検出のためのパネル
■ Ion AmpliSeq™ Cardio Panel
心筋症、チャネロパチー、不整脈、心臓の構造的疾患に関わる62 遺伝子
のエクソンとUTR 領域の変異検出のためのパネル
▶ ご利用方法 最先端の研究者によりデザインされた Ion AmpliSeq™ Community パネルは Ion AmpliSeq™ Designer からご利用いただけます。
❶ Ion Community にて新規アカウントを作成 → ❷ ampliseq.com からIon Community アカウントでログイン → ❸「 Panels 」タブを選択し、
「 Community
panels 」からパネルデザインを確認しご注文。より詳しくは www.ampliseq.comをご覧ください。
AmpliSeq™ シリーズが RNA のキャプチャーにも対応
COMING
SOON!
■ Ion AmpliSeq™ RNA パネル
AmpliSeq™テクノロジーに待望の RNA パネルが誕生。わずか 10ng の Tatal RNA からスタートし、目的の遺伝子発現をRNA で確認で
きます。一番手は、RNA Cancer Panel 。Ion AmpliSeq™ Cancer Hotpanel v2 収録遺伝子に対応します。今後、続々と新たなパ
ネルを発売予定。ぜひご期待ください !
特長
■ 10ng の Total RNA からスタート ■ FFPE 、凍結組織からの抽出 RNAに対応
■ TaqMan™プローブを用いた定量 PCR 検出と高い相関性データ
より詳しくは www.lifetechnologies.com/ampliseqrna( 2 月中旬公開予定)をご覧ください。
■ Ion AmpliSeq™ RNA
Cancer Panel
■ Ion AmpliSeq™ RNA
Apoptosis Panel
■ Ion AmpliSeq™ RNA
Custom Panel
Ion AmpliSeq™ Cancer Hotspot Panel v2
の 49 遺伝子に対応するがん研究用パネル
TaqMan ®で検証済の 270 遺伝子のアポトー
専用デザインページから自在に設計可能な
シス研究用パネル
カスタムパネル
06
Invitrogen™
Trend Interview
落谷孝広 氏(国立がん研究センタ−研究所 分子細胞治療研究分野 分野長)
miRNA 研究の新展開:細胞間コミュニケーションを担うエク
「Non-coding RNAの一種である
ところが 2001 年、同時に 3 つのグループが
細胞や個体を越えたコミュニケーションを
microRNA( miRNA )は、生命現象の微
様々な生物種で約 100 種類の miRNA を発
担うmiRNA
調 整 役として 多くの 遺 伝 子 やタン パク 質
見。それを契機に、miRNA 研究は急速に進
落 谷 氏 は 、2 0 1 0 年 、研 究 員 の 小 坂 展 慶 氏
の 発 現 制 御 に 関 わって い ま す 。こうした
み 始めます。そして細 胞 の 分 化や 増 殖 、免
(写真 1 )とともに、エクソソームによって細
miRNA の機能解析は細胞内が主な対象で
疫、発癌など、多様な生命現象に関与してい
胞間を移動した miRNA が受容側の細胞で
したが、数年前、エクソソームに内包されて
ることが次々と報告されます。
機 能すること、また母 親 の 分 泌 型 miRNA
細胞外に分泌される miRNA が報告された
一 方 、エ ク ソ ソ ー ム は 、1 9 8 3 年 に
が 母 乳 を 介して 乳 児 に 伝 わることを 報 告
ことで、研究の流れが大きく変わってきまし
Johnstone 女史が羊の網状赤血球から分
しま す 。落 谷 氏 は 、
「 母 乳 の m i R N A には
た」。国立がん研究センター研究所の落谷
泌された小胞に名付けたことが始まりです。
乳 児 の 免 疫 系 の 成 熟に関 わるも の が 多く
孝広氏は、新たな局面を迎えた miRNA 研
当 初は細 胞 内 の 老 廃 物 の 廃 棄 機 構に関わ
含まれていました。この 結 果から私たちは、
究についてこのように語ります。そして「例
ると考えられていました。ところが 2007 年、
miRNA が、細胞間、個体間のコミュニケー
えば、がん患者と健常者では、エクソソーム
スウェーデンのグループが、miRNAととも
ションを担う、とても重要な分子だというこ
の量や分泌型 miRNA のプロファイリング
に mRNA やタンパク質がエクソソームに内
とを実 感しました 」と当 時 の 成 果を説 明し
に大きな違いがみられ、その違いががんの
包され、細胞外に分泌されることを報告しま
ます( 1,2 )。
新たなマーカーとして診断や治療法の開発
した。落谷氏は、
「 本来は壊れやすい RNA が
に大きなインパクトを与えつつあります」と
なぜ血中に安定に存在するかを皆不思議に
続け、
「抗体医薬に続く、核酸医薬の時代」
思っていました。我々もそ の 論 文を読 んで
を予測します。エクソソームという小胞に内
本当に驚きました」と当時の衝撃を振り返り
包されることによって、分 解 酵 素が豊 富な
ます。そして「エクソソーム中の miRNA が、
血中でも安定な miRNA 分子。その存在が
生体内でどのような役割を担うかを自分自
基礎研究と臨床試験の垣根を取り払い、臨
身で確認したい」と研究を進めます。
床応用を目指した miRNA の疾患関連研究
を大きく加 速させています。miRNA 研 究
(写真 1 ) 小坂氏は、エクソソームによって運ばれるmiRNA が、
に訪れた新展開を落谷氏にお聞きしました。
受容細胞中で機能する事を世界で初めて発見したパイオニアの
一人。がんの悪性化におけるエクソソームの役割とその治療戦
略について研究中。
miRNAとエクソソームの出会い
miRNA の最初の発見は、1993 年、線虫が
持つ lin-4 でした。相補的な配列の mRNA
の翻訳を阻害する低分子 miRNA の機能は、
線虫に特異的な現象だと思われていました。
核酸医薬品の開発研究へ
すでに海 外 では 、m i R N A を標 的にした C
型肝炎治療薬の臨床試験が順調に進み、
細胞の起源によって異なるが、エクソーム中には、100 から300
種類のタンパク質、100 種類前後の mRNA 、そして 200 種類を
miRNA 創薬に特化した合弁会社も立ちあ
超えるmiRNA 等が内包されている。
がっています。
「これまで日本では先端研究
高収量・高純度のエクソソーム分離・回収へ
■ Total Exosome Isolation シリーズ
手間や時間がかかる超遠心法と同等品質のエクソソームを短時間で抽出できます。
Total Exosome Isolation は、わずか 20 分でエクソソームを抽出。さらにエクソソームからのタンパク質や
RNA 精製にはTotal RNA & Protein Isolation Kit 、タンパク質解析にはExosome Immunopresipitaion がご利用いただけます。
Invitrogen™
ソソームから疾患研究へ
をすぐに臨床や創薬に活かすことにためら
miRNA は複数の mRNA の「微調整」に関
いがありましたが、今後は基礎研究の成果
わっています。
「生体内におけるmiRNA の
を安全かつ迅速に臨床へ活かすことが求め
微妙なバランスを、健康状態のバイオモニ
られます。国立がん研究センターは、厚生労
ターとしても利用できるかもしれません。例
働省の『 早期・探索的臨床試験拠点事業 』に
えば唾液中のエクソソームで miRNA の組
採択され、医薬品 / がん分野のトランスレー
成 を 調 べ 、そ の 日 の 体 調 管 理 を するなど。
ショナルリサーチを強力に推進できる環境
診断や治療だけでなく、病気の予防や健康
を整えました」と落谷氏。
「この事業の一環
に役立つ研究にも力を入れていきたいです
で、治療が困難な Triple negative 乳がん
(写真 2 ) 吉岡氏(左)は、現在、ライフテクノロジーズのエクソ
に対するRPN2 を標的とした核酸製剤治療
ソーム分離・回収キットを使用中。
「超遠心法と比べても収量が
を臨 床チームとともに進める予 定です」と
とコメントします。右は共同研究者の小西由紀氏。
比較的高く、少量の血清サンプルの場合は扱いやすいですね」
ね」。落谷氏は、さらに広がる miRNA 研究
の未来を見つめています。
参考資料
続けます。RPN2 は、落谷氏らが 2008 年に
がん幹細胞特異的な発現を報告した遺伝子
岡 祐 亮 氏( 写 真 2 )とともにエクソソーム自
( 3 )。今 後 R P N 2 に対 する s i R N A の 効 果
体を新たなバイオマーカーとする診断技術
を核酸医薬品として臨床試験で検証してい
の開発を進めています。がん細胞の分泌す
く予 定です。こうしたトランスレーションナ
るエクソソームが「がんの浸潤や転移」に深
1. microRNA as a new immune-regulatory agent in
breast milk.
Kosaka N. et al. Silence 1(1):7(2010)
2. Secretory mechanisms and intercellular transfer
of microRNAs in living cells. Kosaka N. et al. J Biol
Chem. 285(23), 17442-52(2010)
3. RPN2 gene confers docetaxel resistance in breast
cancer.
Honma K et al. Nat Med.14(9):939-48(2008)
老化,
疾患を運
4. 実験医学 vol 29, no 3, 2011 ヒトの誕生,
ル研究を進めるにあたり、重要なのは,
細胞
く関与しているという報告が世界中で相次
レベ ルでの 実 験と動 物 個 体 の 実 験 の 一 貫
ぐ中 、こうした独 創 的 な 研 究が数 々 の 新し
性ですが、落 谷 氏は自身 の 経 験から、そ の
い発見につながる事が期待されます。
ぶエクソソーム(落谷孝広 企画)
Ambion のin vivo用 siRNAシリーズの有
miRNA/ エクソソーム研究から
5. 遺伝子医学 MOOK23 2012, 臨床・創薬利用が見えてきた
microRNA(落谷孝広 監修)
6. 細胞工学 vol 32, no 1, 2013, 疾患エクソソーム(落谷
用性についてもコメントされました。
広がる世界
異 なる実 験 系 でも 高 い 再 現 性を保 証 する
®
孝広 監修)
「また難 治がんプロジェクトでは、これまで
miRNA とエクソソームの関係は発見から
骨肉腫の予後はプロテオームやマイクロア
数 十 年を経て明らかとなり、これまで予 想
レイによる mRNA 解析では困難でした。し
だにしなかった斬新な医学研究を進める原
かしmiRNA で予測できる可能性がありま
動力なりつつあります( 4-6 )。標的 mRNA
す。今後特定の miRNA をバイオマーカー
に対して、完 全に一 致した配 列として合 成
に、治療方針をサポートできるか検証してい
さ れる s i R N A と異 なり、m i R N A は 標 的
きたい」と続けます。さらに落谷氏は、特定
側 の 結 合 部 位 の 配 列と必 ずしも 一 致 する
の疾患だけでなく、幅広く疾患研究の基礎
必 要は ありませ ん 。ですから 1:1 で不 可 逆
となる技術開発にも取り組み、研究員の吉
的 に m R N A を 分 解 する s i R N A に 対して 、
製品名
サイズ
製品番号
価格
Total Exosome Isolation(細胞培養上清)
50ml
4478359
¥41,000
Total Exosome Isolation(血清)
6ml
4478360
¥38,000
Total Exosome RNA & Protein Isolation Kit
40 反応
4478545
¥38,000
Exosome Immunoprecipitation( Protein A )*
1ml
10610D
¥22,000
Exosome Immunoprecipitation( Protein G )*
1ml
10612D
¥22,000
* 別途、目的に応じた抗体が必要になります。
07
08
Life Technologies
始めませんか? microRNA 研究
ライフテクノロジーズがトータルソリューションで応援します。
タンパク質をコードしない、低分子の microRNA( miRNA )は遺伝子発現の微調整に関わり、
発生や細胞増殖、分化など、様々な生物学プロセスに重要な役割を果たします。
最近では、がんや代謝疾患、神経疾患、感染症など、ヒト疾病への関与も報告され、ますますホットな研究分野として注目が集まっています。
ライフテクノロジーズは、多彩な miRNA 研究用製品で、新しい発見をお手伝いします。
細胞・組織
血液
FFPE 切片
凍結切片
■ mirVana™ miRNA Isolation Kit
■ mirVana™ PARISTM Kit
(血清・血漿)
■Total Exosome Isolation
シリーズ(血清)
■ RecoverAll™ Total Nucleic
■ PureLink ™ miRNA
Acid Isolation Kit
Isolation Kit
■Total Exosome Isolation
シリーズ(細胞培養上清)
抽出
解析サンプル
細胞 ※
発現解析
機能解析
新規 miRNA 発見
■ mir Vana™ miRNA mimic
‘ gain-of function ’
細胞内の目的 miRNA の発現
■ Ion Total RNA-Seq Kit v2
10ng のトータル RNAまたは 1ng
の精製済 miRNAからスタート
↓
ターゲット解析
網羅的プロファイリング
■ TaqMan ® MicroRNA Assays
■ TaqMan ® Array MicroRNA
前駆型と成熟型 miRNA を
Cards
384ウェル型カードに TaqManプ
レベルを向上させます。
■ mir Vana™ miRNA
■ 次世代シーケンサ Ion PGM™
inhibitor
システム
わずか2 時間でシーケンス完了
区別する正確な定量
■ TaqMan MicroRNA RT Kit
ローブとプライマーがロード済み
専用の逆転写反応試薬
■ Megaplex primer Pools
®
↓
■ リアルタイム PCRシステム
‘ loss-of function ’
内在性の目的 miRNA に結合
して阻害します。
■ Lipofectamine ® RNAi MAX
miRNA mimicまたはmiRNA
inhibitor の細胞へのトラン
384種類のmiRNAを一本の
チューブで同時に逆転写。Stemlooped 構造のプライマーを使用
スフェクションに最適!
↓
■ タンパク質解析
( Western blotting など)
■ セルイメージング
↓
■ リアルタイム PCRシステム
■ リアルタイムPCRシステム
次世代シーケンサで疾患
7 桁のダイナミックレンジ
miRBase情報に基づ
バイオマーカーや病 態 解
で個 別 m i R N A を高 感 度
いた網羅的発現解析を、
析用マーカー続々発見中
検出
たった 5 時間で実施可能
製品詳細は、カタログと
リアルタイム PCRシステム
ターゲットmiRNA の生
体内での役割を解明
タンパク質解析
セルイメージング
iBlot ® ゲルトランスファー
FLoid ® Cell
Imaging station
セレクションガイドをご覧下さい。
miRNA 製品カタログ
RNA 精製・解析ツール
セレクションガイド
StepOne™ システム
ViiA™ 7 システム
QuantStudio™
12K Flex システム
システム
※in vivo用の製品についてはお問い合わせ下さい。
Life Technologies
Technical Review
FFPE 組織切片から回収したサンプルにおける網羅的 miRNA 解析
フィールドアプリケーション・スペシャリスト 大滝真作
組織切片中の微量サンプルからの網羅的な microRNA( miRNA )の発現解析を試みる目的で、ホルマリン固定パラフィン包埋( FFPE )切
■ 概要
片からLaser Capture Microdissection( LCM )で回収した微量サンプルを用いて、miRNA の網羅的発現解析を行った。このワークフ
ローを使えば、出発量が 1ng 程度の微量な total RNA からでも数百種類におよぶ miRNA 発現解析が可能であり、これまでアプローチでき
なかった断片化された微量サンプルから組織特異的な miRNA の網羅的発現解析への応用が期待できる。
■ 微量 FFPE サンプルからの網羅的 miRNA 解析ワークフロー
1. サンプル
▶
▶
2. 回収
3.RNA 抽出
LCM System
4. 逆転写・増幅・検出
▶
■ RecoverAll™ Total
■ Megaplex™ Primer Pools & TaqMan® MicroRNA RT Kit(逆転写)
Nucleic Acid Isolation
キット for FFPE
■ TaqMan® miRNA Array & TaqMan® Universal Master Mix II(検出)
FFPE 切片
■ Arcturus XT TM
▶
■ Megaplex™ PreAmp Primers & TaqMan® PreAmp Master Mix(増幅)
5. 測定
■ ViiA™ 7 リアルタイム
PCR システム
Fig. 2 miRNA の定量 PCR 曲線
miRNA 逆転写、cDNA 増幅、
TaqMan ® miRNA Arrayを用いた検出
得られたtotal RNA をMegaplex™ Primer
P o o l で 逆 転 写 後 、M e g a p le x ™ P re A m p
P r i m e r で 増 幅した c D N A と T a q M a n ®
Rodent miRNA Array Aを用いてViiA7リア
ルタイム PCR システムで解析したところ、複数
の miRNA の増幅を確認できた( Fig.2 )。
Fig. 3 サンプル間の miRNA 量の比較
Arcturus XT TM LCM System は、回収したサンプルを位置
miRNA の網羅的データ解析
TaqMan ® Rodent miRNA Array A&B を
用 い て、糸 球 体と皮 質 サンプ ル 中 の 7 5 0 種 類
の m i R N A に対 する網 羅 的 解 析 を 行った 。そ
の結果、16 種類の miRNA が、皮質よりも糸球
体で 1 0 倍 以 上 高く発 現していた( F i g . 3 )。特
に mmu-miR-23b は、皮 質よりも糸 球 体で
55 倍も高発現していたが、その結果はin situ
hybridization( ISH )の報告( Ref.1 )と一致す
関係を保ったまま確認できる。
ることを確認した。
■ 実験方法
目的サンプルの回収及び total RNA の抽出
Arcturus XT TM LCM System を用いてマウス
腎 臓 F F P E 切 片( 厚さ 8μm )から、糸 球 体( 直
径約 100μm )を約 100 個( Fig.1 )、さらにほぼ
同 面 積 の 皮 質 部 位を回 収した 。次に各 サンプ
ルからAmbion ® RecoverAll™ Kit を用いて
total RNAを4.3ng 回収した。この total RNA
は 125bp 程度に断片化されたサンプルである
事を確認した。
Fig. 1 LCMによるサンプル回収
LCM 前
LCM 後
回収した糸球体
■考察
組織特異的な miRNA 発現解析は一般的に ISH 法で行われるが、一度に検
期保存した FFPE 切片では、mRNA が分解するが、miRNA はサイズが小
出できる miRNA 数が限定されるため、網羅的な発現解析までは行えない。
さいため、安定に保持されている可能性が高く、このワークフローを使えば、
一方網羅的な miRNA 発現解析は、マイクロアレイ解析が一般的だが、通常
がん部位を含む組織切片から、がんと非がん部位を特異的に回収し、部位ご
100ng 以上の total RNA が必要とされる。そのため組織切片から回収した
との miRNA 網羅的発現解析への応用も期待できる。
断片化された微量サンプルでは、検出できない可能性が高い。
今回、組織切片から目的部位を特異的に回収できる LCM システムと、微量
サンプルでも網羅的発現解析が行える TaqMan ® miRNA Array を組み
合わせることで、糸球体特異的な miRNA の網羅的発現解析に成功した。長
Reference: 1 )Podocyte-specific loss of functional microRNAs leads to rapid
glomerular and tubular injury. Ho J, Ng KH, Rosen S, Dostal A, Gregory RI,
Kreidberg JA. J Am Soc Nephrol. 2008 Nov;19( 11 ):2069-75.
09
10
Applied Biosystems®
チップベース、コンパクトサイズの第三世代定量 PCR
NEW!
■ QuantStudio™ 3D デジタル PCR システム
拡張性に富んだチップ技術を採用した、新しいデジタル PCR システムです。コンパクトなシ
ステムなので、どこにでも設置可能。しかもチップベースのフォーマットでシンプルなワーク
フローを実現 ! 全てのラボに第三世代の PCR 技術をお届けします。
特長
■ 拡張性が高いチップ技術 ■ 20,000 データポイントで解析
■ シンプルなワークフロー ■ 貴重なサンプルを無駄なく定量
第三世代の定量 PCRとは ?
PCR 産物のゲル電気泳動を第一世代、リアルタイム
PCR による定量 PCR を第二世代とすると、デジタ
ル PCR は第三世代の革新的な手法です。ピコリット
ルスケールのウェルにサンプルを分配し、ターゲット
分子 1コピーの存在をカウントして、定量します。標準
曲線を必要とせず、高感度・高精度で絶対定量できま
す。低濃度サンプルや Rare Variant 検出に、新たな
アプローチとして期待されています。
[ 20,000 データポイントを提供するチップベースのテクノロジー]
拡張性に富んだチップを採用。従来のドロップレット技術とは異なり、均一な量の反応系で精度の高いデータを提供します。
[アプリケーション例]
●がん研究 ── 体細胞変異の高感度かつ特異的な検出
●ウィルスの検出 ── 低レベルの存在を定量
● qPCR の検証 ── 不明瞭なリアルタイム PCR の結果を検証
▶ シンプルなワークフロー
❶サンプル調製
❷サンプルアプライ
❸ PCR
❹蛍光測定
サンプルとマスターミックスを混合。
専用のツールで簡単にサンプルをロード。
チップをサーマルサイクラーにセット、
1 分でリード完了。
PCR 開始。
製品名
サイズ
製品番号
期間限定価格
QuantStudio™ 3D デジタルPCRシステム
一式
QS3D-01LP
¥4,800,000
お得 !
[発売記念 期間限定パッケージ]∼ 2013 年 3 月 29 日(金)弊社受注分まで
●システム本体、デュアル フラットブロック GeneAmp ® PCRシステム 9700 ●インスタレーション試薬 ●設置・基本取扱説明 ● 1 年保証付
Invitrogen™
ベクターマップを WEB で即確認 !
■ 人工遺伝子合成サービス
ご好評いただいている Web ポータルサイトでは、人工遺伝子合成の最適化に加え、ご希望
ベクターへのクローニングも同時にご注文いただけます。しかも Web ポータルサイトでベ
クターリストに掲載されている各ベクターは、必要情報をご入力いただければその場でベ
クターマップが表示されます。人工遺伝子合成サービスと便利な Web 機能を、ぜひご活用
ください !
特長
■ その場でベクターマップを確認 ■ カスタムベクターにも対応
■ 配列情報のダウンロード機能( Vector NTI 形式)
▶ ご注文までの流れ ∼シンプルな操作画面∼
Web ポータルサイトにログインし、人工遺伝子合成配列を入力後に
サブクローニングアイコンを追加。
追加したアイコンをダブルクリック。
入力画面へ必要な情報を入力します。
選択ベクターへクローニングした時のベクターマップが表示されます。確認後に
「保存」ボタンをクリックし、注文画面へ進みます。
「サブクローニングの概要」タ
ブから全配列情報をダウンロードできます( Vector NTI 形式)。
「 p c D N A 3 . 3 」や「 p c D N A 3 . 4 」等 、ベ ク タ ーリスト に 掲 載 さ れ て い な い
invitrogen ベクターへのクローニングもご注文いただけます。詳しくは当社まで
お問合せください。
ご注文へ
[価格や納期、サービス詳細は下記 URL をご参照ください。] www.lifetechnologies.com →「製品とサービス」→「 GeneArt ® 人工遺伝子合成」
NEXT Topic 1
[これから始めるmiRNAハンズオントレーニング]のご紹介
細胞からの RNA 抽出∼発現解析や機能解析まで、一連の解析フローをご体験いただけます。参加者からは「初心者向けで良かった」
「機械や試薬を一通り使えた」
「研究室に戻り、病理サンプルで試してみたい」との感想をいただきました。年間を通して、20 数種類
のトレーニングを実施中です。最新情報・お申し込みは、www.lifetechnologies.com/seminarsjp
11
12
Gibco®
Gibco ® から培養が困難な細胞に最適な培地が登場 !
■ SensiCell™ 培地
NEW!
いくつかの細胞株では、標準的な基礎培地での培養が難しく、生細胞率と細胞密度が低下してしまうことがあります。栄養成分が豊富な
SensiCell™ 培地を使用すれば、このような扱いにくい細胞でもより健常な状態で長期間培養させることができるので、機能試験が改善
され、細胞の性能が向上し、コスト削減にもつながります。最初にDMEM/F12 、MEM および RPMI 1640 の 3 種類の SensiCell™ 培地を
発売します。ぜひお試し下さい。※ SensiCell™ DMEMは近日発売予定です。
特長
■ 扱いにくいセンシティブな細胞の成長パフォーマンスを改善 ■ GlutaMAX™ サプリメント含有
▶ より高い増殖を実現します
図 1: 培養が難しい 3 種類の細胞株について、SensiCell™ 培地(●)と通常の基礎培地(●)で培養し、生
細胞密度(実線)と生細胞率(破線)を測定しました:
( A )および( B )HL-60(ヒト急性前骨髄性白血病細胞
通常の培地と比較して、培養が困難な細胞株においてより高い増殖を示します。
株)、
( C )Caco-2(結腸直腸腺がん細胞株)、
( D )ST-486(バーキットリンパ腫細胞株)
▶ 細胞機能を増強します
サンプルをテストした
Ellenさんのコメント
SensiCell™ RPMIは、ST-486 細胞の TRAILリガンド機能を高めます
①同じ細胞数で S/N 比が増加
②基礎培地に比べて、TRAILリガンドへの感度が約 3 倍増加
テストサンプルをを試してみたのですが、
その違いに目を疑いました。
2 回 継 代しただけで、私 の 細 胞はコントロー ル
培地と比べ、ずっと健康になり、より優れた形態を示し
ました。
培養が難しい細胞株を扱っている全ての方に SensiCell™
培地を試してみることをおすすめします。
図 2: バーキットリンパ腫 ST-486 細胞を、10%FBS を添加したSensiCell™ 培地、もしくは標準的な培
地で培養。TRAILリガンドに対するアポトーシス応答とS/N 比を比較した。
製品名
サイズ
製品番号
価格
SensiCell™ DMEM/F12
500mL
A1515501
¥3,300
SensiCell™ DMEM/F12
500mL × 10
A1515502
¥26,800
SensiCell™ MEM
500mL
A1515601
¥2,900
SensiCell™ MEM
500mL × 10
A1515602
¥23,800
SensiCell™ RPMI 1640 Medium
500mL
A1515701
¥3,000
SensiCell™ RPMI 1640 Medium
500mL × 10
A1515702
¥24,800
Gibco®
User's Voice
福 角 勇 人 氏 ( 大 阪 医 療 センタ ー 臨 床 研 究 センタ ー 先 進 医 療 研 究 開 発 部 )
i P S 細 胞 の フィー ダ ー フリー 培 養 技 術 の 開 発 に 向 け て
−iPS 細胞用完全合成培地 Essential 8™ とビトロネクチンを検証中!
フィーダーフリー培地への移行に苦労した
指 摘します。そして「 VTN-N は室 温でコー
外に感じたそうです。
ティングでき、価格的にも安心なので、気兼
■ フィーダーフリー培養は、なぜ必要とさ
ねなく開発や検証に使用できそうです」とコ
れるのか?
メントします。
「これまでヒト ES/iPS 細 胞 の 樹 立 / 維 持 培
養 では 、マウス繊 維 芽 細 胞とのフィーダ ー
■ フィーダーフリー培養への移行
「 iPS 細胞をフィーダー培養からフィーダー
フリー培養へ移行するときは、ちょっと気を
使うんですよ。未 分 化 の 状 態をうまく維 持
■ 今後の課題
培 養 が もっとも 安 定 的 だ とさ れ て き まし
「すでにこの条件で数回継代し、形態的に未
た。最近、私たちはフィーダーフリー培養で
分化状態を維持することを確認しました。今
も i P S 細 胞を安 定に樹 立 / 維 持 する方 法を
後、数十回の継代を経てもこの状態を維持
開発しました( 1 )。今後、臨床応用を目指す
できるか、遺 伝 子 発 現も確 認しつつ検 証で
のであれば異 種 動 物 由 来 成 分 の 除 去が、
ド
きればと思います。そしてこの系を iPS 細
ラッグスクリー ニングで あ れば i P S 以 外 の
胞 の 樹 立にも試してみたいですね」と福 角
細 胞 の 共 存を避け、自動 化 することが望ま
氏。iPS 細胞の安定な培養技術は、臨床や創
薬だけでなく、広く基 礎 研 究 の 発 展にも寄
できるかどうか心配で…」。こう語るのは、再
与します。再 現 性 の 高 い iPS 細 胞 実 験に欠
生医療研究室の福角氏。福角氏は室長の金
かせない、福角氏ら技術開発の進展に期待
村 米 博 氏とともに、iPS 細 胞 の 安 定 的な培
が高まります。
養 技 術 の 開 発に取り組 んでいます。
「 先 月、
Gibco ® の Essential 8™ 培地とビトロネ
クチン( VTN-N )を試したところ、コロニー
や細胞の形状も変化せず、未分化のまま培
養できました(写真参照)」と続けます。以前、
れます」とフィーダーフリー培養のニーズを
こともあったので、スムーズな移行を少し意
Essential 8™ 培地とVTN-Nで培養した5 継代目のヒトiPS
細胞。写真提供:福角氏
参考文献( 1 ):1.Feeder-free generation and longterm culture of human induced pluripotent stem
cells using Pericellular Matrix of Decidua derived
Mesenchymal cells Fukusumi, H. et.al PLoS ONE
( in press )
ヒト ES/iPS 細胞のフィーダーフリー、
ゼノフリー培養を優れたコストパフォーマンスで !
■ Essential 8™ 培地 & ビトロネクチン( VTN-N )
多能性幹細胞培養に必要な 8 つのコンポーネントを配合し、ロット間差を低減しました。しかもリコンビナントのビトロネクチンと併用
することでフィーダーフリー & ゼノフリー培養できます。日本語プロトコールはこちら → www.lifetechnologies.com/e8projp
製品名
サイズ
製品番号
Essential 8™ 培地
500ml
A14666SA
¥19,800
ビトロネクチン( VTN-N )
1ml
A14701SA
¥5,000
NEXT Topic 2
教育 CSR 大賞 2012「イベント募集部門賞」を受賞しました!
Gibco ® 50 周年を記念して実施した、高校生向け実験教室「幹細胞研究に挑戦しよう!」が、リバネス株式会社主
催の教育 CSR の賞をいただきました。昨年 12 月 22 日の授賞式には、多くの教育関係者も参加。2013 年もぜひ
開催してほしいとの要望をいただきました。私たちも高校生と熱い 2 日間を今年も過ごしたいと思っています。
価格
13
14
Life Technologies
"ALL-IN ONE" セルイメージングツール フルラインナップ !
明視野、位相差から暗室不要のハイスペック蛍光観察まで
■ EVOS ® セルイメージングシステムシリーズ
NEW!
暗 室 不 要 、簡 単 操 作 、迅 速 起 動 と 三 拍
■ 明視野、位相差対応のエントリーモデル( XL&XL Core )
子そろった FLoid ® セルイメージングス
■ 同時に3 つの蛍光チャネル + 明視野、位相差対応モデル( FL&FL Auto )
テーションが、さらにラインナップを充実。 ■ 蛍光や位相差など豊富な種類から選択可能な対物レンズ
培養室や安全キャビネット内にもコンパ
■ 画像ソフトウェア内蔵で、その場で簡単に画像確認
クトに設 置 、観 察できるモニタータイプ。 ■ メンテナンスフリー、50,000 時間 +αの LED 照明
迅 速 起 動で、待 ち時 間ストレスも感じま
■ 培養フードおよび安全キャビネット内に設置できるコンパクトサイズ
せん。
トランスフェクション解析も可能
■ タイムラプス、画像オーバーレイ、細胞数計測、
EVOS Ⓡ XL Core
EVOS Ⓡ FLoid Ⓡ
EVOS Ⓡ FL
EVOS Ⓡ FL Auto
カラー
カラー
モノクロ
カラー /モノクロ 選択可能
カラー &モノクロ切り替え
4スロット
5スロット
20 倍固定
5スロット
5スロット
カメラ
搭載可能レンズ
EVOS Ⓡ XL
明視野
○
○
×
○
○
位相差
○
○
△レリーフフェーズ
○
○
×
×
○
○
○
Light cube
蛍光
×落射
×落射
3 色固定
4つ(交換可能)*1
4つ(交換可能)*1
タイムラプス
×
○
×
○
◎多点
細胞カウント
×
○
×
○
○
自動スキャン・フォーカス
×
×
×
×
○
スケールバー
×
○
△撮影前のみ
○
○
画像の拡大
×
○
×
○
○
31.8X40.6X55.3
35.5X47.0X57.8
40.4X35.3X53.6
35.5X47.0X57.8
34.3X47.2X32.2
9.1∼10
15.3
11.8
15.3
20
12.1
15
15
15
サイズ( WXDXH cm )
重量( kg )
LCD Display( inch )
22
*1 明視野なしの場合
Ordering Information (組み合わせ例) 下記は一部の例です。アクセサリーパーツは多数ありますので、カスタマイズ可能です。
製品名
対物レンズ
EVOS Ⓡ XL Core system
EVOS Ⓡ XL system
Ⓡ
Ⓡ
EVOS FLoid station
Ⓡ
EVOS FL system
*2
Light Cube
4XPh,10XPh,20XPh
-
4XPh,10XPh,20XPh,40XPh
-
オプションで追加可能
-
20 倍固定
4XFl_Ph, 10XFl_Ph
20XFl_Ph, 40XFl_Ph
*2 FLoid ® はカスタマイズ不可です。*3 カラーはオプション
FITC,Texas Red,DAPI
GFP,RFP,DAPI
メカニカル
XYステージ
カメラ
ファイル形式
製品番号
AMEX-1100
¥810,000
カラー
24bit TIFF,PNG,JPG,BMP
AMEX-1200
¥985,000
AME-3300
¥1,145,000
モノクロ
16bit TIFF,PNG,JPG,BMP
4471136
¥1,980,000
16bit TIFF,PNG
AMF-4302
¥3,200,000
○
○
モノクロ
*3
価格
Novex® / Molecular Probes®
続々追加中 !
続々追
■リ
リコンビナントプロテイン
コン
Sino Biological 社と提携し、研究にすぐに役立つ多種類のリコンビナントプロテイン
を取り揃えました。サイトカイン、増殖因子とその受容体、結合タンパク質、CDタンパク
質、受容体型チロシンキナーゼ、インフルエンザなど、お得な価格、使いやすいサイズで
提供します。
特長
■ 高純度、低エンドトキシン
■ 5μg 、25μg 、50μg 、250μgと選択幅の広い包装サイズ
お得なキャンペーンも
■ 豊富なラインナップ、研究に最適なプロテインをチョイス可能
■ ヒト、マウス、ラット、ウサギ、ブタ、サルなどのプロテイン
■ ほとんどは哺乳類細胞で発現したプロテインです
実施中 !
製品リストはこちらから
www.lifetechnologies.com/rp
抜群の明るさと安定性を誇る蛍光テクノロジー
■ Qdot ® ナノクリスタルテクノロジー
Q d o t ® プローブシリーズは、非 常に鮮やかで 光 安 定 性 の 高
い 蛍 光 標 識 。細 胞 染 色やフロー サイトメトリーにおける細 胞
表面マーカーの検出、in vivo 研究など、様々な細胞解析アプ
リケーションの実績があります。さらに、ほとんどの Qdot ®プ
ローブが VIVID ® テクノロジーで従来よりも明るく改良されま
した。さまざまな色調の彩度の誤差が軽減し、マルチプレック
スアプリケーションを簡素化します。
特長
■ 単一励起波長による多重蛍光分析
■ 各蛍光色素での優れた検出分離性能
■ 有機蛍光色素を凌ぐ、抜群の明るさ
■ 生細胞イメージング、細胞動態研究に最適な長期光安定性
■ 保存標本の長期観察に最適
お得なお試しキャンペーン 実施中 ! 製品リストはこちらから → www.lifetechnologies.com/Qdotjp
NEXT Topic 3
[Top 10 Innovations 2012]
The Scientists 誌の "Top 10 Innovations 2012" において、ライフテクノロジーズの Ion Proton™ シ
ステムが第 2 位に選ばれました! 理由は、半導体技術による1000ドルヒトゲノム解読や医学研究推進への大き
な可能性です。http://p.tl/l7Qk
15
NEXT No.17 / 2013 / February
INFORMATION
DNA Anniversary:
DNA 研究が創造する 10 年後の未来?
真剣に「つぶやき」を記入中。
第 35 回分子生物学会年会、ライフテクノロジーズのブースにおいて 700 人を超える方に
10 年後の未来をつぶやいていただきました。
今後、DNA Anniversary 特設サイトで、他のユニークなつぶやきを紹介予定です。
そして次回も楽しい「つぶやき」が集まることを期待しています!
[ DNA Anniversary 特設サイト]lifetechnologies.com/dna60jp
DNA 研究を利用した犯罪に理系捜
将来の化粧品業界での研究は、DNA 情報を用いた研究
様々な動植物の DNA がチップとし
査 官 が 立 ち向 かうことが 当たり前
が主 流になるだろう。肌 の 状 態をゲノム情 報から読 み
て 販 売され 、例 えば 鳥 の 翼を作る
となっていく社会。
( tama さん)
取り、不足している部分をケアする! ちなみに私も( 10
遺伝子セットの DNA チップを使用
年 後 の 自 分も)そ の 研 究 でキレイになってる… はず?
すれば自分の体内に取り込まれア
( Deshi さん)
クセサリーとして羽をはやすことが
できる。このような D N A アクセサ
リー チップが 販 売される未 来にな
るだろう。
( popopo さん)
10 年後には、臨床への応用が盛んに進んでいて、若者
からお年寄りまで、スマートフォンなどの媒体を用いて、
自分の病気や状態について詳細に知ることができる時
ブースではライフテクノロジーズの DNAヒストリーも
代になっていると良いな。
( 193.5 さん)
展示。懐かそうに写真を撮る方も見かけました。
学会展示会・セミナー
セミナー・ワークショップ
最新情報は
ライフテクノロジーズジャパンでは最新技術のご紹介や、いろいろなテーマのセミナーや技術講習会を定期的に行っています。
www.lifetechnologies.com/eventsjp/
最新情報・詳細・お申し込みは
www.lifetechnologies.com/seminarsjp/
抽選で
QUOカード
プレゼント !
読者アンケートにご協力ください。
2013 年最初の「 NEXT 」はいかがでしたか? 巻頭は、DNA Anniversary の記念インタビュー。榊佳之氏にヒトゲノム計画にまつわる想い
をお聞きしました。当時、大学の近くのホテルで泊まり込みながら、夜を日に継いで交代制で解析した様子が印象的でした。また大きな注目
を集めるmicroRNA や iPS 研究のインタビューは、これからの進展も楽しみです。ぜひ感想をお寄せ下さい。抽選で 10 名様に2,000 円分の
Quoカードをプレゼントします。アンケートはこちらから → URL: www.surveymonkey.com/s/NEXT17
なお本誌は、PDF でもご覧いただけます。下記ページからアクセスください。
バックナンバーや抜粋記事も掲載しています。→ URL: www.lifetechnologies.com/nextforum
www.lifetechnologies.com
販売店
※ 記 載 価 格 は 2 0 1 3 年 1 月 現 在 の 価 格 で す 。消 費 税 は 含 ま れ て い ま せ ん 。価 格 は 予 告 なしに 変 更 す る 場 合 が あり
ま す の で あら かじめご 了 承くだ さ い 。 ※ 本 文 中 の オ ー ダリング イ ンフォメ ー ション で
マ ー クが つ い て い る 製
品 は アプ ライド バ イ オシ ステ ム ズブ ランド 、 マ ークは インビトロジェンブ ランドで お 取り扱 いして い ま す 。 販 売
条 件 はこちらをご 覧くだ さ い 。www.lifetechnologies.com/TC ※ 研 究 用 に の み 使 用 で きま す 。診 断 目 的 及 び
そ の 手 続 上 での 使 用 は出 来ませ ん 。 ※ 記 載 の 社 名 および製 品 名 は弊 社または各 社 の 商 標または登 録 商 標 です。
The trademarks mentioned herein are the property of Life Technologies Corporation or their respective owners.
TaqMan is registered trademark of Roche Molecular Systems, Inc. Used under Permission and license.
©2013, Life Technologies Japan Ltd. All rights reserved. Printed in Japan.
LFT041-A1302OB
ライフテクノロジーズジャパン株式会社
〒108-0023 東京都港区芝浦 4-2-8 住友不動産三田ツインビル東館
TEL.03( 6832 )9300 FAX. 03( 6832 )9580
ウェブサイト: www.appliedbiosystems.jp
www.invitrogen.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
10
File Size
2 075 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content