close

Enter

Log in using OpenID

10月28日(土) 研究発表会 - 日本フランス語フランス文学会

embedDownload
日本フランス語フランス文学会
2 0 0 6年度秋季大会
10月28日(土)
研究発表会
3. 政治的カオスから新しい秩序へ―世紀転換期の小説にお
けるパナマ事件
日本学術振興会特別研究員 田中 琢三
第 1 部 14:10∼15:40
第 1 分科会 フランス語学・語学教育
14 番教室
司会 大阪外国語大学 木内
1. 譲歩文とトートロジーの解釈スキーマ
日本学術振興会特別研究員 酒井
2. 中等教育における e-Learning の実践と評価
第 7 分科会 20 世紀(1)
12 番教室
司会 大阪大学 和田 章男
1. パリ空襲の表象(1914-1918)―プルーストと「戦争文化」
良行
智宏
日本学術振興会特別研究員 坂本 浩也
2. プルーストにおける「偶像崇拝」と「信じること」
東京大学博士課程 鈴木 隆美
日本私学教育研究所専任研究員 山﨑 吉朗
3. 現在形とその解釈の領域―粗筋に用いられる現在形の場
合
第 2 分科会 中世
京都大学博士課程
17 番教室
司会 放送大学(客員)
岸
原野
第 8 分科会 20 世紀(2)
23 番教室
司会 広島大学 近藤 武敏
1. シモーヌ・ヴェイユの思想における悪の概念について
彩子
京都大学博士課程 辻村 暁子
2. 唯心論(スピリチュアリスム)と交霊術(スピリティスム)
―ベルクソン哲学における催眠・テレパシー・心霊研究
昇
1. 中世ファルスにおけるキリスト教―狂言における宗教と
の比較
関西大学博士課程 小澤 祥子
日本学術振興会特別研究員
15 番教室
司会 奈良女子大学 小山 俊輔
1. 18 世紀における崇高概念の世俗化―自然的崇高からリベ
第 9 分科会 19 世紀(4) 24 番教室
司会 国際基督教大学
ルタン美学へ
中部大学中部高等学術研究所研究員 玉田 敦子
2. キリスト教と奴隷制―シャトーブリアン『キリスト教精
側面
久美
司会 東京大学
1. ランボーと 19 世紀後半の死の主題系
神戸大学博士課程
湯浅
博雄
小田
早稲田大学助手
第 10 分科会 19 世紀(5) 22 番教室
司会 大阪大学
雄一
司会 慶應義塾大学 小倉
1. ゾラの『作品』と 1868 年のサロン
Lycée ISGL 寺田
孝誠
春幸
ついて
東京大学博士課程 熊谷 謙介
2. 詩人の葬儀でオルガンを奏したのは誰か―ヴェルレーヌ
2. 詩と不毛性―マラルメ、ユゴー、ボードレール
日本学術振興会特別研究員 原 大地
3. 「共同性」への誘い、あるいは「行動」としての批評―
康司
金崎
第 11 分科会 19 世紀(6) 15 番教室
司会 熊本大学 大熊 薫
1. 都市の再生―マラルメ『最新流行』における劇場型祝祭に
1. 中心の虚無に立ちもどる―マラルメの「カトリシスム」を
めぐって
神戸大学非常勤講師 中畑 寛之
坂巻
由紀
大阪音楽大学非常勤講師 寺本 弘子
3. 群衆と母胎―モーパッサン「メゾン・テリエ」をめぐって
一橋大学博士課程 長谷川 久礼満
東京大学博士課程 倉方 健作
24 番教室
司会 広島大学 武田 紀子
マラルメの「演劇に関する覚書」について
大阪産業大学非常勤講師
第 6 分科会 19 世紀(3) 25 番教室
一條
1. フローベールの『サラムボー』におけるオブジェの分析
名古屋大学博士課程 大原 邦久
2.「不透明化」の詩学―フローベール小説におけるメタ言語
2. ランボーにおける陶酔の否定的力―窒息感について
北海道大学博士課程 木下 伴江
3.「二重の眼」のもとに―ランボーを受容するヴェルレーヌ
第 5 分科会 19 世紀(2)
正一郎
2. 詩行と空白―ボードレールの韻文詩の変革を巡って
大阪大学博士課程 廣田 大地
3.『マルドロールの歌』における蛸の表象をめぐって
日本学術振興会特別研究員 片岡 大右
3. シャトーブリアン『墓の彼方からの回想』における叙事詩的
高橋
岩切
1. 詩人ボードレールという神話―ボードレール受容の諸相
とその意義
東京大学博士課程 伊藤 綾
髄』を中心に
早稲田大学博士課程
22 番教室
尚志
第 2 部 16:10∼17:40
第 3 分科会 18・19 世紀
第 4 分科会 19 世紀(1)
藤田
とフォーレの交流
琉球大学
第 12 分科会 19 世紀(7) 25 番教室
西森
和広
司会 九州大学 高木 信宏
1. 帽子の代わりにターバンを!―ロマン主義時代のオリエ
ント旅行記に見る「変装」の役割の変遷について
東洋大学非常勤講師
第 13 分科会 20 世紀(3) 12 番教室
司会 広島大学
寅彦
2. ヴィリエ・ド・リラダンにおける父権と文学―「クレール・
ルノワール」、「予兆」、『反抗』、『アクセル』をめぐって
同志社大学非常勤講師 木元 豊
畑
松本
浩一郎
陽正
1.『人間の大地』における話法と視点戦略―スペイン人伍長
とギヨメの挿話を中心に
2
日本フランス語フランス文学会
2 0 0 6年度秋季大会
大谷大学助手 藤田 義孝
2. マルローの西欧―1920 年代の評論活動を中心に
パリ第 3 大学博士課程 畑 亜弥子
東京大学 COE 研究員 西山 雄二
第 15 分科会 20 世紀(5) 23 番教室
司会 名古屋大学 松本 伊瑳子
第 14 分科会 20 世紀(4) 14 番教室
司会 早稲田大学 守中 高明
1. レーモン・クノー『はまむぎ』の非現実(主義)的な郊外に
1. 『偉大なるソリボ』における自己表象の戦略―“パトリッ
ク・シャモワゾー”とは何者か?
モントリオール大学博士課程 廣松 勲
ついて
2. パトリック・モディアノ『ドラ・ブリュデール』―忘却に
抗するエクリチュール
明治大学博士課程 小谷 奈津子
早稲田大学非常勤講師
昼間
賢
2. 抵抗の形象―ブランショとカミュ
10月29日(日)
特別講演
第 2 部 11:10∼12:10
司会 大阪大学 井元 秀剛
« Français standard et francilien commun : pour une
reconnaissance générale de la diglossie francophone dans
les descriptions syntaxiques du français »
Université de Paris VIII Anne Zribi-Hertz
第 1 部 10:00∼11:00
司会 東京大学 塩川徹也
e
« La poésie française au XVIII siècle »
Université de Paris IV Sylvain Menant
Sylvain M enant 教授:1939 年生まれ、パリ第 10 大学教授
(1981-86)を経て、現在パリ第4大学教授。そのほか、フラ
ンス文学史学会副会長、国際フランス学会副会長、1991 年か
ら 2004 年まで Revue d’histoire littéraire de la France 編集長。ま
た、ソルボンヌ大学では 17・18 世紀フランス語フランス文学
研究所所長などの立場で研究を指導している。専門は 18 世紀
の詩やヴォルテールが中心であるが、
氏の著作は広く 18 世紀
全般にわたっている。
Anne Zribi-Hertz 教授:パリ第8大学教授。フランス語学、一
般言語学。専門は統語論で、アフリカの言語や韓国語などと
英語やフランス語との比較対照を行なっている。
今回は、「標
準フランス語」とされているものと、実際に話されているフ
ランス語の間には異なりがあり、その二重性を、文法の記述
やフランス語教育などにどのように反映させるべきかという
問題に関してお話いただく予定である。
し出し、聴き出そうとする試みである。パネリストの設定す
るテーマは、美術や音楽との「比較芸術」的観点からのアプ
ローチ(山田)、日本におけるボードレール受容研究の方向性
および問題点と今後の可能性(北村)
、叙事詩にたいする認識
の再解釈をもとにした、詩人の「現代性」の詩学と歴史意識
との関わり(海老根)
、ボードレールと記憶の位相(岩切)で
ある。発表を出発点に、ワークショップ参加者によって、ボ
ードレールがさまざまな作家やテーマと接続され、思いがけ
ない空間へ運び込まれ、そこに豊饒な解釈のフィールドが開
かれてゆけばと思う。
ワークショップ 12:40∼14:40
1.哲学的地下文書と現代−その研究が現代にもたらすもの
(22 番教室)
司会:逸見龍生(新潟大学) パネリスト:Geneviève
Artigas-Menant(Université de Paris XII)
、三井吉俊(千葉大学)
、
石川光一(日本大学)、寺田元一(名古屋市立大学)
現在 17、18 世紀フランスの哲学的地下文書研究において
主導的立場にある ParisXII 大学のアルティガ=ムナン教授を
招き、日本人研究者とのワークショップを行う。
17 世紀から 19 世紀にかけてのフランスの動きを考えようとする
とき、絶対王政→啓蒙主義→フランス革命という流れがすぐ想定
される。この明解な見方に問題があるとすれば、すべてが一方向
に向かって進んでいるかのような錯覚を与える点にある。
事態はそのように簡略化できるわけではない。明確に見え
る対象を前にして、輪郭線を確定しようとしても、はっきり
した境界線が消えていく。哲学的地下文書群もそうした複雑
さをよく示すものとなっている。
「進歩」
的とされる思想に限
りなく接近してしまう「伝統」思想もあれば、「古代」に依拠
しながら、新しい見解を述べる「進歩」思想も現れる。直線
的な進歩史観は退けられるべきだろう。複雑な運動を示す言
語文化空間のあり方を研究が求められる。そこから、見る者
の視点を問い返す契機が生まれ、現代へと問題を投げ返す大
きな意義が見出されることだろう。
3.21 世紀の『異邦人』、カミュ研究の現在
(12 番教室)
パネリスト:三野博司(奈良女子大学)
、稲田晴年(静岡県立
大学)、東浦弘樹(関西学院大学)
2006 年春、プレイアッド叢書の新版「カミュ」全 4 巻のう
ち最初の 2 巻が刊行され,日本カミュ研究会発行の『カミュ
研究、Etudes camusiennes』は第 7 号を数えた。近年のカミュ
研究の動向について、まず三野が簡単に紹介し、これまでの
『異邦人』研究を概観する。次に、3 人の個別発表を行い,
討議へとつなげたいと思う。(1)三野:
「父は死刑執行を見に
行った―『異邦人』『ギロチン』
『最初の人間』」
。生成する
テクストあるいは回帰するテクストの観点から『裏と表』『ペ
スト』などにも触れつつ、作家の脅迫観念と文学表象のかか
わりに解明の光をあてたい。(2)稲田:
「ムルソーあるいは不
在の詩情」。
ここにいながらここにいないというムルソーのあ
り方を、
『カリギュラ』や『シーシュポスの神話』などを参照
しつつ論じる。
(3)東浦:
「ムルソーはなぜ泣かないのか」
。
ムルソーはなぜ母親の葬式で泣かないのかを、作者のことば、
精神分析でいう「喪の仕事」の失敗、カミュが結核で死に瀕
した際の母親の態度という3つの観点から考えたい。
2.トランスポジション・ボードレール
(24 番教室)
パネリスト:岩切正一郎(国際基督教大学)
、山田兼士(大阪
芸術大学)、北村卓(大阪大学)、海老根龍介(白百合女子大
学)
来年
『悪の華』初版出版 150 周年を迎えるボードレールを、
異なるコンテクストのなかに置いて、詩人のあらたな像を映
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
45
File Size
32 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content