close

Enter

Log in using OpenID

平成26年度りんご病害虫防除暦 品質のよいりんごづくりの

embedDownload
池多りんご生産出荷組合
なのはな・いみず野農業協同組合
富山・高岡農林振興センター
平成26年度りんご病害虫防除暦
回
数
月 時 期
散布
実施日
初 旬
1
H26散布薬剤
薬剤の調合 10a当
希釈倍率
(水100㍑当り)
トモノールS
100 倍
1 ㍑
(発芽後2週間まで)
上中旬
2
4
アントラコール顆粒水和剤
ハイテンパワー
4
500 ㍑ 45日前まで
33 g
14日前まで
10,000 倍
10 cc
6,000 倍
16 g
10,000 倍
10 cc
ハイテンパワー
上 旬
スペックス水和剤
(落花後)
ノーモルト乳剤
2,000 倍
ハイテンパワー
10,000 倍
10 cc
1,000 倍
100 cc
デランフロアブル
クレフノン
ハイテンパワー
中下旬
コンフューザーR
下 旬
ユニックスZ水和剤
サムコルフロアブル10
6
クレフノン
7
8
中 旬
11
下 旬
200 g
20 cc
スプラサイド水和剤
1,500 倍
66 g
ナリアWDG
オキシラン水和剤
100 倍
1 kg
10,000 倍
10 cc
2,000 倍
50 g
2,000 倍
50 cc
10,000 倍
10 cc
500 倍
200 g
1,500 倍
66 g
10,000 倍
10 cc
パスポートフロアブル
1,000 倍
100 cc
ダントツ水溶剤
4,000 倍
25 g
ハイテンパワー
10,000 倍
ベフキノン水和剤
ハイテンパワー
7
500 倍
5,000 倍
デランフロアブル
ハイテンパワー
10
100本/10a
100 cc
トップジンM水和剤
上 旬
1 kg
10 cc
1,000 倍
ハイテンパワー
9
100 倍
10,000 倍
1 kg
ダニゲッターフロアブル
下 旬
50 cc
10 cc
ハイテンパワー
6
166 g
100 倍
クレフノン
中 旬
600 倍
10,000 倍
ハイテンパワー
上 旬
ハダニ類
200 g
マネージDF
5
300 ㍑ 展葉期
500 倍
(開花直前)
5
オキシラン水和剤
1,000 倍
10,000 倍
500 ㍑ 21日前まで
500 ㍑ 45日前まで
前日まで
13
500 ㍑ 45日前まで
前日まで
30日前まで
前日まで
8
中下旬
前日まで
500 ㍑ 45日前まで
前日まで
10,000 倍
10 cc
800 倍
125 cc
500 ㍑ 14日前まで
2,000 倍
50 g
500 ㍑ 14日前まで
前日まで
500 ㍑ 3日前まで
スタークル顆粒水溶剤または
14
前日まで
アルバリン顆粒水溶剤*
ハイテンパワー
上 旬
15
9
中下旬
16
末
17
10,000 倍
10 cc
ダイパワー水和剤
1,000 倍
100 g
500 ㍑ 14日前まで
ダーズバンDF
3,000 倍
33 g
14日前まで
ハイテンパワー
10,000 倍
10 cc
ベフラン液剤25
1,500 倍
66 cc
ハイテンパワー
10,000 倍
10 cc
3,000 倍
33 cc
10,000 倍
10 cc
フリントフロアブル25
ハイテンパワー
カメムシ類、モモシンクイガ、ナシヒメシンクイ
斑点落葉病、褐斑病、炭疽病、輪紋病
●殺ダニ剤を散布する際は、散布前
日までに除草を済ませる。
リンゴハダニ、ナミハダニ
斑点落葉病、黒星病、輪紋病、褐斑病、炭疽病
黒星病、褐斑病、輪紋病
●6月下旬~7月中旬は、輪紋病、
褐斑病の重点防除時期にあたるの
で、散布間隔が空き過ぎないように
防除を実施する。
斑点落葉病、褐斑病、炭疽病、輪紋病
カメムシ類、シンクイムシ類、コナカイガラムシ類、キンモンホソガ
輪紋病、斑点落葉病、褐斑病、炭疽病
●7月上旬~7月下旬ゴマダラカミキ
リの被害が見られるほ場では、ガット
サイドS(1倍(原液)又は1.5倍、収穫
30日前まで)を主幹地際部より50cm
まで塗布又は散布(1.5倍液)する。
(使用量の目安:5kg缶1本で成木約
20本程度塗布)
●梅雨明け後の高温時にはハダニ
類が急増しやすいので、発生が見ら
れた場合、直ちに以下の薬剤を散布
斑点落葉病、黒星病、輪紋病、褐斑病、炭疽病 する。
<ナミハダニのみ>
マイトコーネフロアブル1,000倍(収穫
黒星病、褐斑病
前日まで)
カメムシ類、モモシンクイガ、ナシヒメシンクイ <ナミハダニ・リンゴハダニ混在>
コロマイト水和剤2,000倍(収穫前日
まで)
展着剤
展着剤
30日前まで
66 g
輪紋病、黒星病、斑点落葉病
展着剤
500 ㍑ 14日前まで
66 g
1,500 倍
●赤衣病の発生がみられる場合は、
ポリオキシンAL水和剤1,000倍(収穫
3日前まで)を単剤で散布する。
展着剤
1,500 倍
ストライド顆粒水和剤
シンクイムシ類、ハマキムシ類、キンモンホソガ
展着剤
500 ㍑ 14日前まで
スプラサイド水和剤
10 cc
黒星病、斑点落葉病、黒点病、褐斑病、赤星病
●コンフューザーRは、ほ場周囲が
多くなるように設置する。
展着剤
500 ㍑ 前日まで
前日まで
50 cc
モモシンクイガ、ナシヒメシンクイ、リンゴコカクモンハマキ
表皮障害防止
66 g
2,000 倍
●5月中旬摘果時にモモチョッキリゾ
ウムシの被害果を見つけた場合は、
園外に持ち去る。
展着剤
500 ㍑ 60日前まで
10 cc
10,000 倍
輪紋病、黒星病、斑点落葉病
表皮障害防止
1,500 倍
ハイテンパワー
黒星病、斑点落葉病、赤星病、黒点病、うどんこ病
展着剤
-
トップジンM水和剤
スターマイトフロアブル
●開花直前~落花20日後頃は黒星
病の重点防除時期にあたるので散
布間隔が空かないように注意し薬剤
を散布する。
キンモンホソガ、ヒメシロモンドクガ、ヨモギエダシャク、シンクイムシ類
表皮障害防止
200 g
ドキリンフロアブル
黒星病、赤星病、うどんこ病
●ハダニ類、カイガラムシ類、黒星
病の発生が多かった園は、3月上中
旬に石灰硫黄合剤 7倍を散布する
(発芽前)。
●輪紋病対策として枝についたイボ
皮をていねいに削り取って塗布剤を
塗布する。
展着剤
500 ㍑ 60日前まで
500 倍
ハイテンパワー
ハマキムシ類、クワコナカイガラムシ
注 意 事 項
展着剤
10 cc
100 g
黒星病、斑点落葉病、黒点病、褐斑病
展着剤
12
上 旬
主な対 象 病 害 虫
日数
3,000 倍
下 旬
中 旬
収穫前
(発芽後2週間まで)
ダーズバンDF
3
散布量
500 ㍑ 前日まで
500 ㍑ 前日まで
●殺ダニ剤を散布する際は、散布前
日までに除草を済ませる。
●シンクイムシ類多発園では、8月
ハダニ類
上旬の防除でフェニックス顆粒水和
剤4,000倍(収穫前日まで)を混用す
展着剤
る。
●スターマイトフロアブルを散布後、
斑点落葉病、褐斑病、炭疽病、すす点病、すす斑病
リンゴハダニ、ナミハダニが多発した
場合は、オマイト水和剤750倍(収穫
シンクイムシ類、キンモンホソガ、カメムシ類 14日前まで)を散布する。
*スタークル顆粒水溶剤とアルバリ
ン顆粒水溶剤は同一の有効成分で
ある。
展着剤
輪紋病、斑点落葉病、褐斑病、炭疽病、すす点病、すす斑病
●収穫前日数等に留意し、早生・中
生品種等にかからないように注意す
る。
ハマキムシ類、ケムシ類、シンクイムシ類
●シンクイムシ多発園では、9月中
下旬の防除でサムコルフロアブル10
展着剤
5,000倍(収穫前日まで)を混用す
る。
輪紋病、斑点落葉病、褐斑病、すす斑病、すす点病
●褐斑病の発生が多い場合は、スト
ロビードライフロアブル 3,000倍(収
展着剤
穫前日まで)を散布する。
斑点落葉病、褐斑病、炭疽病、すす斑病、すす点病
斑点落葉病、褐斑病、炭疽病、すす点病、すす斑病
展着剤
●品質のよいりんごづくりのため防除を徹底しましょう。
散布にあたっては、農薬のドリフト(園外への飛散)の無いよう、十分留意して散布して下さい。
※農薬の空きビン・空袋は畑や道路に放置せず、適切に処分しましょう。
■注意■当防除暦はH25年12月16日現在の農薬登録内容に基づいて作成しています。農薬の使用に当たっては、最新の登録情報を確認して使用してください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
279 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content