close

Enter

Log in using OpenID

4 1 高齢者の排尿障害の分類とケア Ⅰ.尿失禁の分類 介護の知識

embedDownload
4
高齢者の排尿障害の分類とケア
介護の知識 50
高齢者の排尿障害の分類とケア
介護の知識
高齢者の排泄に関する課題に対しては、要因を特定し、要因に対応
した適切な援助をすることが大切です。
今回は、排尿障害(1)の中の尿失禁の分類とケアについて紹介し
ます。
(1)排尿障害
)
)
)何らかの原因で排尿
の困難を認めるもの
Ⅰ.尿失禁の分類
(頻尿やおしっこが出
づらい、残尿感、排尿開
A) 機能性尿失禁
始困難、尿失禁等)
【原因】
膀胱や尿道などの異常ではなく、認知症や大脳の機能障害や運
動機能の障害などによって、
「場所がわからない」
「トイレまで行
くことができない」など、トイレ動作に支障があるために間にあ
わず、結果失禁をしてしまいます。
ケアのポイント
本人の認知状況やトイレ動作を確認し、困難な部分に対しての
フォローができるケアを考えます。
《ポイント 1》
1
○ トイレサインを探ること
《ポイント 2》
○ ポイント 1 に対して仮説を立て排泄ケアを行います
(実践例)
1.
ウロウロと何かを探している様子があったり、他の部屋に入
って行こうとしている。落ち着きがない。
・ これらの動作をトイレの場所を探している「トイレサイン」と
仮説を立て、トイレの位置が分かるように扉に目印を付けた
り、トイレと少し大きめの字で記します
・ また、上記のような行動があったときにトイレ誘導をします
2.
椅子から立ち上がろうとしたり、車椅子のブレーキを外そう
としている。
(何かをしたいという行動)
・ 椅子の高さを調整し立ち上がりやすいよう工夫をします
・ 手すりの位置を立ち上がりやすいように工夫します
・ 上記のような行動があったときにトイレ誘導を行います
全国高齢者ケア研究会
4
高齢者の排尿障害の分類とケア
B) 切迫性尿失禁
【原因】
膀胱の許容量の減少、膀胱の不随意収縮(2)などの蓄尿機能
(2)膀胱の不随意収縮
の障害により我慢できず失禁することをいいます。他にも前立腺
)))膀胱が勝手に収縮す
肥大による過活動膀胱も原因となっていることがあります。
るもので、膀胱の過活動
ケアのポイント
《ポイント 1》
○ 排尿間隔を少しずつ延ばす練習(膀胱訓練)ができる方かの
という。原因は神経因性
膀胱、加齢、尿路感染な
どがある
見極めを行います
《ポイント 2》
○ なるべくスムーズにトイレで排泄ができる環境の工夫
実践例
1.
理解力がある方の場合
・
我慢をしていただき、少しずつ排尿間隔を延ばす練習(膀胱
訓練)を行います。最初は、尿意を感じてから 15 分くらい
我慢をしていただき、トイレに行ってもらいます。一カ月く
らいをかけて少しずつのばしていきます。
2.
理解が難しい方の場合
・
趣味活動や興味のあることを行っていただき、トイレへの注
意をそらします(いつも頻繁にトイレへ行く方が、行事など
2
で 1 時間たってもトイレに行かれないことはありません
か?)
3.
理解はできても排尿ができる状態までにもれてしまわれる方
の場合
・ ベッドからトイレ、フロアからトイレの動線を短くします
・
・
(3)尿路感染
総合記録シートから失禁されてしまった時間を把握し、トイ
)
)
)尿路に細菌、ウイル
レ誘導の時間を決め、尿漏れが起こる前に排尿できるようケ
ス、真菌などが感染する
アします
ことによって起こる感
高齢者は、何枚も服を重ねて着てしまうことがあります。脱
染症
ぎ着をしやすい服装の工夫や室温調整をしてトイレ動作がス
ムーズにできるよう工夫します
(4)前立腺肥大症の図
C) 溢流性尿失禁
【原因】
膀胱から排出する機能が正常に働かず、膀胱から尿がオーバー
フローする状態をいいます。寝たきりの方は、臥床位での排尿に
なるため、尿をしっかりと出し切ることができなくなってきま
す。放置すると尿路感染(3)
、腎機能障害などにつながります。
(図版引用元:ほんだクリニック)
男性であれば、前立腺肥大(4)が進行すると、残尿量が多くな
(http://www.ooizumihonda.com/
り、場合によっては尿路閉塞になる方もいます。
urology/04.html)
全国高齢者ケア研究会
4
高齢者の排尿障害の分類とケア
ケアのポイント
《ポイント 1》
○ 医療機関との連携(泌尿器科)→放置すると尿路感染や尿路
結石、腎機能障害などにつながるための予防
《ポイント 2》
○ 座位姿勢の維持ができるかを見極めます
実践例
1.
原則として泌尿器科を受診します
・ 排泄ケアの中で看護職員と連携をし、速やかな受診が大切で
す
(状態によっては導尿が必要となる)
2.
座位姿勢の維持ができる場合は、可能な限り座位で排尿して
いただきます
・ トイレに定期的に座ってもらうことで尿の排出が改善される
ことがあります
D) 腹圧性尿失禁
【原因】
膀胱内にある程度尿が貯留した状態の時に、咳やくしゃみなど
で腹圧がかかり失禁してしまう状況です。尿道括約筋の働きが弱
3
くなることにより漏れてしまいます。
ケアのポイント
《ポイント 1》
○ 利用者の生活の中で腹圧がかかる場面の想定
《ポイント 2》
○ 尿道括約筋を鍛えるリハビリをメニューに追加します
実践例
1.
腹圧がかかるような活動の前には排尿していただき、膀胱を
空にしておきます
・ 外出や行事、リハビリ実施前にトイレに行っていただきます
2.
(5)骨盤底筋
骨盤底筋体操をすることで、尿道括約筋を強くし尿漏れを予
防します
・ 普段の生活の中やリハビリ時間等に肛門を締めたり緩めたり
を繰り返す運動を実施(骨盤底筋(5)を鍛える体操)
E)その他の失禁
① 一過性の要因による尿失禁
せん妄状態、精神的要因、睡眠剤などの薬物使用、尿路感染症、
多尿、運動制限、便秘など
(図版引用元:ハルンケア)
(http://harncare.jp/training/
index.html)
全国高齢者ケア研究会
4
高齢者の排尿障害の分類とケア
【原因】
体調不良、脱水、低栄養、臨時薬の使用、泌尿器系の病気、安
静指示などにより、尿失禁をする状況
ケアのポイント
○ 原因となる病気や症状・状態がはっきりしていれば、そのこ
とに対しての治療やケアを行い、状況の改善を図る
② オムツ性尿失禁
【原因】
濡れているオムツが常に当たっていることで、尿意が薄れてし
まう状態。
ケアのポイント
○ 総合記録シートで排尿間隔をつかみ、最も尿量が多い時間帯
にトイレに座り、しっかりと出してもらうようにする
③ 尿排出障害
【原因】
前立腺肥大などで尿道が狭くなることにより、「尿が出るまで
に時間がかかる」
「尿の勢いがない」
「頻尿」などの症状がみられ
るようになります。
4
ケアのポイント
○ (C)溢流性尿失禁と同様
Ⅱ.注意点
A)高齢者に多い尿失禁
【機能性尿失禁+切迫性尿失禁】
認知症や脳梗塞の後遺症などによる障害でトイレ動作が困難
となり、加えて加齢に伴う膀胱許容量の収縮があるため、失禁に
つながっていきます。
B)健常者と高齢者の違い
(6)尿流率
健常者
高齢者
1200~
1100~
勢いのある尿が出るか
1500 ㏄/日
1200 ㏄/日
どうかの数値。尿量にも
1回の尿量
200~300 ㏄
100~150 ㏄
が 30 秒程度であれば
排尿頻度
5~6 回/日
日中 6~8 回/日
健康な状態といえる。1
夜間 2~3 回/日
分以上かかるようなら、
尿流率の低下
尿の排出障害の可能性
尿の生成
よるが、1回の排尿時間
尿流率(6)
20~30 ㏄/秒
(排尿時間:15~30 秒)
がある。
全国高齢者ケア研究会
4
高齢者の排尿障害の分類とケア
≪ 実 践 方 法 ≫
失禁がある方のアセスメントとアプローチの手順を紹介します。
① 尿失禁の状況を確認
② 失禁の分類の仮説を立てる
③ 総合記録シート(7)で、排泄間隔と排泄量、水分摂取、活動な
どの関連を確認・把握
(7)総合記録シート
テキスト3を参照
④ 既往歴や服用している薬剤の確認
⑤ 座位を基本とし、排泄の間隔に合わせてトイレ誘導する
⑥ 必要があれば、専門医を受診する
排泄ケアの失敗は、生活への自信を奪い、自らの存在価値さえ否定
してしまうほど精神的ダメージが大きい方もみえます。
排泄ケアは生活すべてに影響を与えてしまう可能性があります。排
泄を、正しい知識と技術でサポートし、高齢者の尊厳を守るケアを心
がけましょう。
5
全国高齢者ケア研究会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
372 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content