close

Enter

Log in using OpenID

まぶたがあがりづらくありませんか?

embedDownload
形成外科
武蔵野総合病院 形成外科
まぶたがあがりづらくありませんか?
眼瞼下垂症をご存知ですか
眼瞼下垂の症状は・・・
信号など上方のものが見えにくい、庇(ひさし)がかかったように見えるといった
視野障害は気付きやすい症状です。おでこの筋肉が収縮しまぶた(上眼瞼)の挙上を代償し
ていると視野障害に気付かないこともありますが、眉毛が上がったり ひたいのしわが深く
なったりという症状が出ることがあります。その他、頭痛、肩こりなども認めることが
あります。
眼瞼下垂症
眼瞼下垂症はまぶたが十分に挙がらず正面視で瞳孔の
上縁に一定以上かぶっている状態です。ひたいの筋肉が
代償している場合はその働きを除外して判断します。
※写真は掲載をご同意いただいた方です。
【病態】
まぶたは主に、その下縁にある瞼板を筋が持ち上げることで挙がります。
この機能が損なわれると眼瞼下垂がおこります。その原因は様々です。
・ 先天性眼瞼下垂症はまぶたを挙げる筋の生まれつきの形成不全が原因です。
・ 後天性眼瞼下垂症は色々な原因があります。多くは皮膚がたるんだり、まぶたを挙げる筋
が弱くなりゆるんだり、瞼板と筋がはずれてしまったりすることが原因です。
まぶたの断面模式図
【治療】
原因に合わせて機能
が回復するよう手術
を行います。
手術は基本的に局所
麻酔で行い、
術中に瞼を開閉して
調整します。
術後の調整は、3~
6ヵ月位経過を見てか
ら手術を行う場合が
多くなります。
【術後】
術後にガーゼで眼を塞ぎません。術後1週間ほどはかなりまぶたが腫れます。
腫れは長く(1~3ヵ月)続くこともあるので余裕を持った計画をたてることをお勧めします。
しばらくは、まぶたが開くことで眼が乾いたり、力がぬけると(睡眠時など)まぶたが
閉じきらないことがあります。コンタクトレンズ使用は術後1か月間は避けてください。
また、若干の左右差がでることがあります。
術後数年経過すると組織がゆるみ、再び下垂がでることがあります。
眼瞼下垂症は手術で治療ができます。
当院では基本的に1泊入院で行います。
形成外科受診希望の方は、御予約をお願いいたします。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
19
File Size
271 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content