close

Enter

Log in using OpenID

安城市の給与・定員管理等について 安城市 類似団体平均 全国市平均

embedDownload
安城市の給与・定員管理等について
1 総括
(1) 人件費の状況(普通会計決算)
区 分 住民基本台帳人口 歳
出
(27年1月1日)
26年度
人 額実
質
収
支人
A
千円
184,892
60,912,527
千円
2,702,737
件
費人
件
費
率 (参考)
B
B/A
千円
%
8,649,546
14.2
25年度の人件費率
%
14.6
(2)職員給与費の状況(普通会計決算)
区 分
職員数
A
26年度
人
959
給 与 費
給 料
千円
3,637,256
職員手当
千円
1,075,485
期末・勤勉手当
計 B
千円
1,397,933
(参考)類似団体平均
一人当たり
給与費 B/A
千円
6,110,674
一人当たり給与費
千円
6,372
千円
6,378
(注)1 職員手当には退職手当を含まない。
2 職員数は、26年4月1日現在の人数である。
3 給与費については、任期付短時間勤務職員(再任用職員(短時間勤務))の給与費が含まれており、
職員数には当該職員を含んでいない。
(3) ラスパイレス指数の状況(各年4月1日現在)
(例)
110
105
100
(H24.4.1) (H25.4.1) (H26.4.1) (H27.4.1)
99.0
98.8
98.6
98.2
(H24.4.1) (H25.4.1) (H26.4.1)
(H27.4.1)
99.3
99.2
99.3
98.7
(H24.4.1)
(H25.4.1) (H26.4.1) (H27.4.1)
98.8
98.7
98.6
98.5
類似団体平均
全国市平均
95
90
安城市
(注)1 ラスパイレス指数とは、全地方公共団体の一般行政職の給料月額を同一の基準で比較するため、国の職員数(構成)
を用いて、学歴や経験年数の差による影響を補正し、国の行政職俸給表(一)適用職員の俸給月額を100として計算
した指数。
2 類似団体平均とは、人口規模、産業構造が類似している団体のラスパイレス指数を単純平均したものである。
3 平成24年及び平成25年は、国家公務員の時限的な(2年間)給与改定・臨時特例法による給与減額措置がないとした
場合の値である。
※27年4月1日のラスパイレス指数が、①3年前に比べ1ポイント以上上昇している場合、②3年連続して上昇している
場合、③100を超えている場合について、その理由及び改善の見込み
1
(4) 給与制度の総合的見直しの実施状況について
【概要】 国の制度の総合的見直しにおいては、俸給表の水準の平均2%の引下げ及び地域手当の支給割合の見直し等に
取り組むとされている。
①給料表の見直し
〔 実施 未実施 〕
実施内容(平均引下げ率、実施(実施予定)時期、経過措置の有無等具体的な内容(未実施の場合には、その理由))
(給料表の改定実施時期) 平成27年4月1日
(内容) 一般行政職の給料表について、国の見直し内容を踏まえ、平均2%引下げ。激変緩和のため、3年間(平成30年3月3
1日まで)の経過措置(現給保障)を実施。
技能労務職の給料表については、一般行政職給料表との均衡を踏まえて見直しを実施。
②地域手当の見直し
実施内容
平成27年度実施せず
③その他の見直し内容
管理職員特別勤務手当及び単身赴任手当について、国と同様に見直しを実施。(平成27年4月1日実施)
2
2 職員の平均給与月額、初任給等の状況
(1) 職員の平均年齢、平均給料月額及び平均給与月額の状況(27年4月1日現在)
①一般行政職
区 分
平均給料月額
平均年齢
平均給与月額
平均給与月額
(国比較ベース)
安城市
40.8
歳
316,338
円
364,164
円
379,858
円
愛知県
42.2
歳
330,513
円
432,474
円
383,401
円
国
43.5
歳
334,283
円
408,996
円
類似団体
43.3
歳
335,260
円
386,032
円
―
443,979
円
②技能労務職
公 務 員
民 間
参考
区分
平均年齢
平均給料月額
職員数
平均給与月額
(A)
平均給与月額
(国比較ベース)
対応する民間
の類似職種
平均年齢
平均給与月額
(B)
-
-
A/B
46.8 歳
40 人
283,190 円 332,973 円 332,846 円
-
うち清掃職員
46.4 歳
22 人
280,295 円 329,135 円 329,211 円
廃棄物処理
業従業員
44.9 歳 289,500 円
1.14
うち用務員
47.4 歳
3 人
258,833 円 292,034 円 288,750 円
用務員
54.6 歳 200,300 円
1.46
61.1 歳 245,900 円
1.42
安城市
-
47.6 歳
3 人
303,133 円 349,213 円 348,813 円
自家用乗用
自動車運転手
47 歳
12 人
289,600 円 346,181 円 347,539 円
-
-
-
-
52.4 歳
346 人
329,810 円 388,303 円 371,050 円
-
-
-
-
国
50.2 歳
2,994 人
類似団体
50.8 歳
68 人
うち自動車運転手
その他
愛知県
289,141 円
328,318 円
-
-
-
-
302,087 円 354,711 円 330,527 円
-
-
-
-
-
参考
年収ベース(試算値)の比較
区分
公務員
(C)
安城市
5,293.3
千円
民間
(D)
C/D
-
-
うち清掃職員 5,225.4 千円 3,952.3 千円
うち用務員 4,661.1
千円
うち自動車運転手
5,550.7
千円
その他
5,511.5
千円
1.32
2,774.4
千円
1.68
3,443.6
千円
1.61
※民間データは、賃金構造基本統計調査において公表されているデータを
使用している。(平成24年~平成26年の3か年平均)
※技能労務職の職種と民間の職種等の比較にあたり、年齢、業務内容、雇
用形態等の点において完全に一致しているものではない。
※ 年収ベースの「公務員(C)」及び「民間(D)」のデータは、それぞれ平均給
与月額を12倍したものに、公務員においては前年度に支給された期末・勤
勉手当、民間においては前年に支給された年間賞与の額を加えた試算値
である。
-
-
1 「平均給料月額」とは、平成27年4月1日現在における各職種ごとの職員の基本給の平均である。
2 「平均給与月額」は、毎月決まって支給されるものの平均である。
(2) 職員の初任給の状況(27年4月1日現在)
区 分
初任給
大学卒
180,800
円
高校卒
146,500
円
大学卒
181,400
円
高校卒
147,000
円
大学卒(総合職)
181,200
円
大学卒(一般職)
174,200
円
高校卒(一般職)
142,100
円
安城市
愛知県
一般行政職
国
※技能労務職については、1級1号給から1級61号給までの間で定めています。
3
(3) 職員の経験年数別・学歴別平均給料月額の状況(27年4月1日現在)
区 分
経験年数10年
経験年数20年
経験年数25年
経験年数30年
一般行政職 大 学 卒
249,342 円
345,967 円
380,578 円
415,377 円
高 校 卒
-
321,233 円
362,000 円
-
3 一般行政職の級別職員数等の状況
(1) 一般行政職の級別職員数及び給料表の状況(27年4月1日現在)
区 分
標準的な職務内容
9 級
部長
8 級
次長、監
7 級
課長、主幹
6 級
課長補佐
5 級
課長補佐、副主幹
4 級
係長、専門主査
3 級
主査、技師
2 級
主事、技師
1 級
主事補、技師補
職員数
人
13
人
10
人
49
人
40
人
26
人
114
人
101
人
181
人
50
構成比
%
2.2
%
1.7
%
8.4
%
6.8
%
4.5
%
19.5
%
17.3
%
31.0
%
8.6
1号給の
給料月額
456,100
405,800
360,100
315,800
285,000
258,300
223,900
187,700
137,600
最高号給の
給料月額
円 486,100
円 460,700
円 440,700
円 407,900
円 395,900
円 388,000
円 351,900
円 272,000
円 211,000
(注)1 安城市職員の給与に関する条例に基づく給料表の級区分による職員数である。
2 標準的な職務内容とは、それぞれの級に該当する代表的な職務である。
100%
9級
2.2%
9級 2.2%
7級 8.1%
7級 8.4%
7級 8.0%
9級
2.0%
6級 12.8%
8級
2.0%
90%
8級
1.7%
6級 6.8%
6級 8.1%
80%
5級 4.5%
8級
1.6%
1.6%
5級 4.0%
5級 2.9%
70%
4級 19.5%
4級 19.7%
4級 19.6%
60%
50%
3級 17.3%
3級 18.1%
40%
3級 28.0%
30%
2級 31.0%
2級 30.4%
20%
2級 17.2%
10%
1級 8.6%
1級 7.8%
1級 7.5%
0%
平成27年の構成比
1年前の構成比
4
5年前の構成比
円
円
円
円
円
円
円
円
円
(2) 昇給への勤務成績の反映状況
1 勤務成績の評定の実施状況
地方公務員法第40条に基づき、毎年1月1日を評価基準日として、人事評価制度による勤務成績の評定を実施。
(内容の詳細については、安城市職員人事評価実施規程を参照)
2 昇給への勤務成績の反映状況
人事評価(業績評価及び能力評価)の評価結果に基づき、総合的に昇給を決定。
4 職員の手当の状況
(1) 期末手当・勤勉手当
愛 知 県
安 城 市
国
1人当たり平均支給額(26年度)
1,276 千円
(26年度支給割合)
期末手当 勤勉手当
2.60 月分
1.50 月分
0.70 )月分
1.45 )月分
(
(
(加算措置の状況)
1人当たり平均支給額(26年度)
1,703 千円
(26年度支給割合)
期末手当 勤勉手当
2.60 月分
1.50 月分
1.45 )月分
0.70 )月分
(
(
(加算措置の状況)
(26年度支給割合)
期末手当 勤勉手当
2.60 月分
1.50 月分
1.45 )月分
0.70 )月分
(
(
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置
職制上の段階、職務の級等による加算措置
職制上の段階、職務の級等による加算措置
―
(注) ( )内は、再任用職員に係る支給割合である。
【参考】勤勉手当への勤務成績の反映状況(一般行政職)
1 勤務成績の評定の実施状況
地方公務員法第40条に基づき、毎年1月1日を評価基準日として、人事評価制度による勤務成績の評定を実施。
(内容の詳細については、安城市職員人事評価実施規程を参照)
2 勤勉手当への勤務成績の反映状況
人事評価の評価結果に基づき、増額及び減額を行う。
(2) 退職手当(27年4月1日現在)
安 城 市
(支給率) 自己都合
応募認定・定年
25.55625 月分
20.445
勤続20年
月分
29.145
34.5825 月分
勤続25年
月分
41.325 月分
49.59 月分
勤続35年
49.59 月分
49.59 月分
最高限度額
その他の加算措置
定年前早期退職特例措置(2~45%)
3,273 千円
23,230 千円
1人当たり平均支給額 国
(支給率) 自己都合
応募認定・定年
25.55625 月分
20.445
勤続20年
月分
29.145
34.5825 月分
勤続25年
月分
41.325 月分
49.59 月分
勤続35年
49.59 月分
49.59 月分
最高限度額
その他の加算措置
定年前早期退職特例措置(2~45%)
(注)退職手当の1人当たり平均支給額は、26年度に退職した職員に支給された平均額である。
5
(3) 地域手当
(27年4月1日現在)
支給実績(26年度決算)
425,268 千円
330,380 円
支給職員1人当たり平均支給年額(26年度決算)
支給対象地域
支給率
全地域
支給対象職員数
10 %
1,277
国の制度(支給率)
5 %
人
地域手当補正後ラスパイレス指数
(ラスパイレス指数)
102.9
%
(98.2)
(注)地域手当補正後ラスパイレス指数とは、地域手当を加味した地域における国家公務員と地方公務員の給与水準を比較するため、
地域手当の支給率を用いて補正したラスパイレス指数。
(補正前のラスパイレス指数×(1+当該団体の地域手当支給率)/(1+国の指定基準に基づく地域手当支給率)により算出。)
(4) 特殊勤務手当(27年4月1日現在)
支給実績(26年度決算)
10,965 千円
支給職員1人当たり平均支給年額(26年度決算)
48,306 円
職員全体に占める手当支給職員の割合(26年度)
18 %
手当の種類(手当数)
手当の名称
5種類
主な支給対象職員
主な支給対象業務
支給実績
(26年度決算)
左記職員に対する
支給単価
税務職
庁外で行う市税の賦課に係る調査又は検査
の業務に従事したとき
386 千円
日額250円
税務職
一般行政職
庁外で行う市税その他公法上の税外収入の
滞納金の徴収又は滞納処分の業務に従事し
たとき
275 千円
日額400円
一般行政職
感染症にかかるおそれのある業務に従事した
とき
0 千円
1回500円
一般行政職
感染症により死亡したものの死体処理の業務
に従事したとき
0 千円
1回3,000円
技能労務職
バスの運転業務に常時従事したとき
45 千円
日額200円
技能労務職
ボイラーの操作業務に従事したとき
0 千円
日額200円
技能労務職
道路の維持修繕業務に従事したとき
469 千円
日額300円
一般行政職
技能労務職
大雨、洪水、強風等の警報発令時その他の
気象条件が著しく危険な状況において庁外
で行う業務に従事したとき
8 千円
日額500円
一般行政職
死体処理の業務に従事したとき
10 千円
1回2,000円
一般行政職
行旅病人の処置の業務に従事したとき
技能労務職
犬、猫等の死体処理の業務に従事したとき
一般行政職
技能労務職
し尿又はじんかいの収集処理業務に従事し
たとき
ア 清掃員が業務に従事したとき
イ 清掃員以外が業務に従事したとき
一般行政職
技能労務職
薬剤散布の業務に従事したとき
一般行政職
公害対策に係る立入調査の業務に従事した
とき
賦課徴収手当
危険手当
不快手当
6
0 千円
1回500円
62 千円
1回300円
5,448 千円
ア 日額700円
イ 日額200円
0 千円
日額200円
48 千円
日額300円
主な支給対象職員
手当の名称
支給実績
(26年度決算)
主な支給対象業務
左記職員に対する
支給単価
一般行政職
社会福祉主事が庁外で行う生活保護の指導
監督業務に従事したとき
113 千円
日額250円
一般行政職
保育園において障害児を保育する業務に常
時常時したとき
1,939 千円
日額150円
一般行政職
庁用自動車の整備業務に常時従事したとき
32 千円
日額200円
技能労務職
土木作業用特殊機械を使用して行う業務に
従事したとき
57 千円
日額250円
一般行政職
庁外で行う公共用地の取得等に係る交渉の
業務に従事したとき
ア 公共用地の取得(これに関連する業務を
含む。)
イ 境界の立会い
905 千円
技能労務職
看護・保健職
老人ホーム、デイサービスセンター等におけ
る介護支援業務、介護業務又は看護業務に
常時従事したとき
0 千円
日額200円
一般行政職
サルビア学園等に勤務する職員が養護業務
に常時従事したとき
626 千円
日額300円
一般行政職
技能労務職
正規の勤務時間外に緊急の呼出しを受け、
道路、河川、下水道及び公園の維持修繕業
務に従事したとき
22 千円
1回300円
技能労務職
管路の維持修繕業務に従事したとき
408 千円
日額300円
一般行政職
交替制勤務の職員が深夜業務に従事したと
き
161 千円
1回450円
一般行政職
技能労務職
正規の勤務時間外に緊急呼出しを受け、出
動して行う業務に従事したとき ※水道関係
8 千円
1回300円
一般行政職
大規模な災害が発生した地域(本市の区域
外に限る。)において、宿泊施設に滞在する
ことなく、災害の調査、応急対策又は復旧、
被災者の生活支援その他の業務に従事した
とき
0 千円
日額4,000円
ア 日額400円
イ 日額300円
特殊業務手当
被災地業務手当
※支給実績は千円未満を四捨五入して表示しているため、合計金額と一致しない場合があります。
(5) 時間外勤務手当
支
)
373,140 千円
職員1人当たり平均支給年額(26年度決算)
331 千円
支
給
給
実
実
績
績
(
(
2
2
6
5
年
年
度
度
決
決
算
算
)
324,996 千円
職員1人当たり平均支給年額(25年度決算)
295 千円
(注)職員1人当たり平均支給額を算出する際の職員数は、「支給実績(○年度決算)」と同じ年度の4月1日現在の総職員数
(管理職員、教育職員等、制度上時間外勤務手当の支給対象とはならない職員を除く。)であり、短時間勤務職員を含む。
7
(6) その他の手当(27年4月1日現在)
内容及び支給単価
手 当 名
支給実績
(26年度決算)
支給職員1人当たり
平均支給年額
(26年度決算)
扶養手当
扶養親族のある職員に支給。配偶者13,000円、配偶者
以外の親族1人につき6,500円(配偶者がない場合の子
等1人目は11,000円)、16歳から22歳までの子1人につき
5,000円加算
97,222 千円
243,664 円
住居手当
月額12,000円を超える家賃については額に応じて最高2
7,000円まで支給
46,120 千円
309,527 円
通勤手当
交通機関での通勤者に最高55,000円まで支給
74,948 千円
74,133 円
管理職手当
管理職の責任の度合いに応じて支給(定額制)
137,847 千円
912,893 円
5 特別職の報酬等の状況(27年4月1日現在)
区
分
給
料
月
額
等
(参考)類似団体における最高/最低額
給
市
長
1,034,000 円
円
846,000 円
(
円
572,000 円
(
円
529,000 円
(
円
477,000 円
(
円
(26年度支給割合)
(
副
市
長
料
議
長
報
副
議
長
酬
議
員
市
期
末
手
当
副
長
市
議
副
長
長
議
960,000 円
874,000 円/
780,000 円
572,000 円/
520,000 円
529,000 円/
470,000 円
479,000 円/
430,000 円
)
)
)
)
3.10 月分
(26年度支給割合)
3.10 月分
長
議
員
市
長
1,034,000円×在職月数×46/100
22,830,720 円
任期毎
長
846,000円×在職月数×30/100
12,182,400 円
任期毎
(算定方式)
退
職
手
当
1,069,000 円/
)
副
市
(1期の手当額)
(支給時期)
備 考
(注) 退職手当の「1期の手当額」は、4月1日現在の給料月額及び支給率に基づき、1期(4年=48月)
勤めた場合における退職手当の見込額である。
8
6 職員数の状況
(1)部門別職員数の状況と主な増減理由
(各年4月1日現在)
区 分
職 員 数
対前年
増減数
普
通
会
計
部
門
一
般
行
政
部
門
主
な
増
減
理
平成27年
平成26年
議会
9
9
0
総務
164
161
3
税務
62
62
0
民生
358
353
5
・高齢福祉業務スタッフの充実
・保育園スタッフの充実
部 門
由
・企画政策業務スタッフの充実
・経営管理業務スタッフの充実
・戸籍等窓口スタッフの充実
衛生
84
89
-5
業務見直しによる減
労働
1
2
-1
業務見直しによる減
農林水産
商工
24
10
24
8
0
2
工業立地業務スタッフの充実
土木
120
117
3
832
825
7
・土木業務スタッフの充実
・都市計画業務スタッフの充実
計
<参考>
人口1万人当たり職員数 45.00
(類似団体の人口1万人当たり職員数
教育部門
130
135
消防部門
小 計
-
-
962
960
-5
43.9
人
人)
・業務見直しによる減
・事務の民間等委託による減
<参考>
2
人口1万人当たり職員数 52.03
人
59.64
人)
] 人口1万人当たり職員数 57.93
人
(類似団体の人口1万人当たり職員数
公
営
企会
業計
等部
門
水道
下水道
39
21
38
22
1
-1
水道業務スタッフの充実
業務見直しによる減
その他
49
50
-1
業務見直しによる減
109
110
-1
小 計
合 計
1,071
[ 1,082
]
1,070
[ 1,082
]
1
[ 0
(注)1 職員数は一般職に属する職員数である。
2 [
]内は、条例定数の合計である。
9
<参考>
(2)年齢別職員構成の状況(27年4月1日現在)
%
16
14
12
10
8
構成比
6
5年前の構成比
4
2
0
20歳
20歳
32歳
44歳
56歳
51歳
55歳
人
人
60歳
~
47歳
人
52歳
~
43歳
人
48歳
~
39歳
人
~
35歳
人
40歳
~
31歳
人
36歳
~
27歳
人
~
23歳
人
28歳
~
未満
24歳
~
~
区 分
計
59歳
人
以上
人
人
人
職員数
5
82
163
139
126
93
92
104
96
75
96
0
1,071
(3)職員数の推移
(単位 : 人・%)
年 度
22年
23年
24年
25年
26年
27年
過去5年間
の増減数(率)
一般行政
810
814
816
826
825
832
22 (2.7%)
教 育
132
134
135
135
135
130
-2 (-1.5%)
消 防
-
-
-
-
-
-
-
普通会計計
942
948
951
961
960
962
20 (2.1%)
公営企業等会計計
122
119
118
111
110
109
-13 (-10.7%)
総合計
1,064
1,067
1,069
1,072
1,070
1,071
7 (0.7%)
部門別
(注)1 各年における定員管理調査において報告した部門別職員数。
2 合併した団体にあっては、合併前の年については合併前の旧団体の合計職員数。
10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
237 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content