close

Enter

Log in using OpenID

10-4 引用・参考文献の書き方

embedDownload
10 レポートの作成
10-4
引用・参考文献の書き方
レポートや論文を書くときには、引用や参考にした文献は下記の例のように、きちんと
出典元(引用文献・参考文献)を記載する必要があります。
■引用
引用とは自説をより説得力のあるものにするために、他人が書いた文章を用いることで
す。しかし他人が書いた文章には「著作権」というものが発生するため、使用する際に
は引用文の前後を「」でくくったり、長文の場合は前後に空白行を入れ、2-3 字下げたり
して、それが引用文であることを明確に示す必要があります。また、その出典元もきち
んと記述しなければなりません。
■引用文献・参考文献の書き方
引用や参考にした文献については、レポートの最後に一覧にして、著者名の五十音順に
表示します(引用は同一ページの下部でもよい)。文献の種類によって表示方法も異なる
ため、次の例を参考にしてください。
・図書の記述例
著者名,
(出版年),『書籍名』,出版社,該当ページ[ p.××- p.××]
・雑誌の記述例
著者名,
(出版年),「見出しなどのタイトル」,『雑誌名』,巻数・号数,該当ページ[ p.
××- p.××]
・新聞の記述例
署名記事の場合の著者名,(出版日付),「タイトル」,紙名,朝夕刊の別,該当ページ[
p.××]
・電子媒体(インターネット・メーリングリストなど)の記述例
作成・著者名,サイト名・媒体表示,「タイトル」,< アドレス >,(アクセス年月日)
(区切りの「,
」は「、」やスペースでもよい。記述の順番や書式を統一する。)
参考文献の表示方法にはさまざまな方法があり、統一されていません。図書館 1 階のス
タディサポートルームに参考文献の書き方などの図書があるので参考にしてください。
参考文献:宮田昇,(2003 年),『学術論文のための著作権 Q & A』,東海大学出版会
158 KAETSU メディアガイド 2008
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
21
File Size
878 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content