close

Enter

Log in using OpenID

こちら

embedDownload
日本大学英文学会 11 月例会 発表梗概
【研究発表 1】
【研究発表 2】
「繰り返された罪と変化するアイクの意識―
「言語進化論・文化記号学から見た人間の言語」
『行け、モーセ』に描かれた「愛」をめぐって」
和泉 周子(博士後期課程 2 年)
松崎 祐介(日本大学豊山女子高等学校 教諭)
1942 年に出版された、ウィリアム・フォークナ
本研究の目的は,人間存在の根底を成す言語の
ー作、『行け、モーセ』の主要登場人物、アイザ
本質論に迫ることである。議論の材料となる言語
ック・マッキャスリン(アイク)は、16 歳の時、
現象として,名詞の<数>の問題に焦点を当てる。
農園台帳から、祖父のルーシャス・クインタス・
理論的枠組みとして,ソシュール (Ferdinand de
キャロザーズ・マッキャスリンが、黒人奴隷ユー
Saussure, 1857-1913)の言述・理論と,ラネカー流
ニスと関係し、彼女にトマシーナという娘を生ま
(Ronald W. Langacker, 1942-)の認知言語学の視座を
せたこと、さらに、彼がそのトマシーナとも関係
援用し,文法範疇として数が形式上明示的である
し、彼女にトミーズ・タールと呼ばれる息子を生
英語と,数を形式に組み込んでいない日本語とを
ませたことを知り、21 歳の時、農園の相続権を放
比較することで,数のシステムを持つこと,持た
棄することで、祖父の人種混淆と近親相姦の罪か
ないことの意味するところを明らかにする。結論
ら逃れようとするが、80 歳も近くなり、祖父の 5
から述べると,範疇域内の数の有無は,両言語の
代目の子孫、キャロザーズ・エドモンズ(ロス)
話者(主体)が対象(客体)をどのように捉えるか
と彼の名無しの愛人との間で、人種混淆と近親相
という事態把握の仕方に依拠していると言える。
姦が繰り返されたことを、まさにロスの愛人から
以上の議論に加え,人間の言語を進化論の観点
知らされた時、農園の相続権を放棄することと、
から改めて捉え直すことで,共時的にも通時的に
祖父の罪から逃れること、両者の間の無関係性に
も,そしてあらゆる国語体において,すべての名
愕然とする。この事実に当惑し、ロスの愛人を侮
詞が本来的には不可算的であり,名詞の可算化は
辱する発言を繰り返すアイクだが、その彼に、彼
二次的段階にあることが見えてくる。言語・文化
女は、彼の「愛」に対する意識への疑問を投げか
の根底的な流れは概ね,<連続体の非連続化>と
ける。16 歳のアイクは、祖父の二重の罪に困惑し
それに続く<主体の疎外化>の過程にある。本発
ながらも、そこに愛の可能性を読み取っていた。
表では,英語における<不可算名詞の可算化>と
しかしその 60 年後、祖父と同様の罪を犯したロ
いう創発順序がその過程の一部に位置付けられ
スとその愛人との間には、愛の可能性をまったく
ること,すべての名詞が不可算的である日本語の
読み取れなくなっており、これに関係しているの
中に連続的で原始的な要素が依然として残るこ
が、アイク自身の破綻した結婚生活であると考え
と,さらにはそれらが言語の枠を越えてあらゆる
られる。本発表は、
『行け、モーセ』の「熊」第 4
文化記号的な表象の営みの中に横断的に顕現す
章と「デルタの秋」を中心に、そこに描かれた罪、
ることを実証する。
そして愛をめぐる問題を通じ、主としてアイクの
愛に対する意識の変化について考察する。
これらの議論を土台として最終的には,分節言
語としての人間の言語と,それを根底にもつ人間
文化が呈する様相の考究へと議論が発展する可
能性を示す。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
355 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content