close

Enter

Log in using OpenID

Lesson 03:デジタル写真の背景の単純化

embedDownload
Lesson 03:デジタル写真の背景の単純化
一般に販売されているコンパクトタイプのデジタルカメラは、画像記録素子のCCDのサ
イズが1/2インチ程度の大きさです。
35mm フィルムサイズに比べて面積が約1/6と小さいので、使用されているレンズの
焦点距離が35mm カメラに比べて短いのが特徴です。
このために、最短撮影距離が短く、被写界深度が深いという特性があります。
このことは、接写に向いているのと同時に、風景などを手前から無限遠までピントを合わ
せるパンフォーカス撮影に向いているといえます。
ところが、この被写界深度の深さが、花などを接写したときに、被写体だけでなく背景ま
でが、はっきり映ってしまい、被写体の存在を弱めてしまう原因になります。
今回のレッスンでは、このようなデジタル写真の背景を「トーンカーブ」を使って暗くし
て、被写体を強調することを勉強します。
インプット:kadai03
アウトプット:kadai03end
処理手順
1.インプットの画像を開きます。
(サンプル画像:kadai03)
2.主体となる被写体を選択して、アルファチャンネルにします。
チャンネル名:shakuyaku
アルファチャンネル
−1−
3.作成したアルファチャンネルを、選択範囲として読
み込み、選択範囲を反転します。
4.レイヤー⇒新規調整レイヤー⇒トーンカーブ、を選
択します。
RGBチャンネルで右上のポイントを選択して、
入力レベル:255、出力レベル:100、に設定
します。
選択された背景が暗くトーンダウンして、被写体が
強調されます。
5.名前を付けて保存します。
とても簡単に、背景を一眼レフで撮影したように修整す
ることが出来ました。
トーンカーブは、
「レベル補正」と「明るさ・コントラス
ト」の機能を持っている調整ツールです。
トーンカーブ
ぼかし(ガウス)フィルターを使って、背景をぼかすと軟らかなボケを表現することが出
来ます。
−2−
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
36 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content