close

Enter

Log in using OpenID

スライド 1

embedDownload
Linux版CR-5000/Board Designerの特長
■最先端のLinux OSに対応
●Red Hat Enterprise Linux WS v.4
Linux 2.6 カーネルを基盤とし、現在最も安定し完成度の
高い最新Linux OS上に対応しました。 (Red Hat社)
●Linuxの特長を活用
トゥルーカラー対応しており標準デスクトップ環境GNOME
で動作します。CUPSで設定されたプリンタ/プロッタ出力も
サポートしておりLinuxのメリットを最大限に生かせます。
●導入を支援する充実したドキュメント
オンラインヘルプのブラウザにはMozilla Firefoxを採用。
Adobe Readerをプラグインした環境下で、他のプラット
フォームと同じく充実したドキュメントを参照できます。
■実用的でフレキシブルな分散運用環境
●実用的でフレキシブルな分散運用環境
データベースは他のプラットフォームとの間でも完全に互換
性を保持しています。アーキテクチャーの異なるハードウェ
ア・OSが混在したネットワーク環境下での運用が可能です。
またLinux版のBoard Designerは、機能や操作性の面でも
他のOSで稼動するBoard Designerと違いはありません。
Linux
Windows
HP-UX
※ 組み合わせによっては一部制限があります。
●他社アプリケーションとの連携
今後製品ラインナップを拡充していくことで、Linuxプラット
フォーム上で稼動する他社アプリケーションとの連携も予
定しています。
CR-5000
データ
Solaris
※ 今後の展開状況およびビジネス状況に基づいて段階的な対応を行う予定です。
■高速なファイルアクセスとパフォーマンス向上
●総合的なパフォーマンス向上
Linuxの持つパフォーマンスや特徴を最大限に活用した結
果、各処理のパフォーマンスの大幅な向上を達成しました。
同一スペックのマシンを用いてWindows OSとLinux OS上
での動作速度比較を行ったところ、ファイルアクセス系で
40%~50%、コマンド処理系で20%~30%、全体平均でも
30%以上処理速度が向上しています。
大規模なシステムの設計やネットワーク環境化での設計に
おいて実用上の大きなパフォーマンス向上に貢献します。
株式会社 図研
〒224-8585 横浜市都筑区荏田東2-25-1
49%
UP
設計データ
オープン/クローズ
43%
UP
配置/配線/面
入力編集コマンド
*記載されている製品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。
*製品の性能向上のために仕様などを変更することがあります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
12
File Size
173 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content