close

Enter

Log in using OpenID

「GREEN AGE」2015年11月号の記事はこちら

embedDownload
豊かな自然と調和する山桜の丘の成長を
社員と地域の協力で
株式会社 山櫻 八王子の森工場
キーワード:周辺環境との調和、社員の手作りによる工場緑化
このたびは栄誉ある平成 27 年度緑化優良工場表彰
ぐくまれた森から作られているという想いと、八王子み
「日本緑化センター会長賞」を賜り誠にありがとうござい
なみ野の森に囲まれた憩いの工場の実現をコンセプト
ました。心より厚く御礼申し上げます。また、ご推薦いた
だきました東京都産業労働局商工部、八王子市産業振
興部の皆様に心より感謝申し上げます。
に命名しました。
この地域への工場建設を決断したのは、豊かな自然
環境と八王子市が積極的に進めている産業振興プロジ
ェクト「サイバーシルクロード八王子」計画に賛同したこ
会社概要
株式会社 山櫻は、紙製品の総合メーカーとして名刺、
とも大きな理由のひとつです。国道 16 号の御殿峠から
広がる八王子みなみ野シティの
「蛍再生保護活動」や「自
封筒、はがき、カード等の製造販売ならびにプリンター
然塾」など、積極的な緑化推進活動への貢献や自然環
販売事業を通じての印刷関連事業、オンラインショップ
境を大切にする地域で、サクラの花に囲まれた市民の憩
やインターネットを活用した印刷受注など、ウェブサービ
いの場所となる「山桜の丘」
構想の実現でした。
ス事業を全国に展開しています。弊社は 1931 年 5 月 1
2009 年の竣工と併せ、山桜の丘のサクラ植樹計画も
日に創業し、来年 85 周年を迎えます。創業時より「山櫻
同時に検討してまいりました。植樹するサクラは、社名
名刺」として広く全国の方々にご愛顧いただき現在に至
にちなんでヤマザクラ系の品種から選定しました。サク
っています。社名の「山櫻」は、創業者の愛した本居宣
ラの苗木は、八王子市を通じて、日本さくらの会の「宝く
長の歌「敷島の 大和心を 人問はば 朝日に匂う 山桜
じ桜配布事業」へ申請し、大きなご支援をいただくこと
花」で知られる山桜から命名しており、当初より「さくら」
ができました。同年 12 月 5 日に、経営陣はもとより全国
には深い縁があります。
の支店、各部署からの代表者によって 25 種類、約 100
紙製品は基本的に木材チップを原料としていますの
で、森林環境の保全、リサイクル、違法伐採原材料の不
本の苗木を植樹し、現在では 36 種類、約 150 本のサク
ラが順調に成長しています。
使用等、多くの課題に取り組んでいます。近年では、ア
フリカのザンビアで廃棄されるだけだったオーガニック
社員が定期的に実施している植栽管理作業
バナナの茎から繊維を取り出し、日本の和紙の技術を
八王子の森工場の社員を中心に「チームさくら」を編
用いて作られたバナナペーパーを使用した名刺や封筒
成して毎月活動をしています。作業内容は、山桜の丘全
の販売も行うなど、環境保全とフェアトレードの双方に
体の清掃活動、側溝の整備、草刈等を主としており、毎
配慮したエシカルな取組も始めています。
回参加人数を考慮し、それぞれ分担して効率よく作業を
しています。また、毎年 12 月 4 日を植樹記念日と定め、
八王子の森工場の概要 工場以外の社員や代表者も加わり作業を行っています。
「八王子の森工場」
(Sakura Forest Factory)という
このようにチームさくらの活動によって、
竣工以来 6 年間、
名称は、紙の原料となる木材チップが緑豊かな自然には
社員の自助努力で可能な管理作業は、造園業者にその
18 GREEN AGE 2014/11
特集 ▶▶▶ 工場緑化に資する企業と自治体の協働/第 33 回工場緑化推進全国大会
指導を受け、社員の協力と努力
により構成され、山桜の丘だけでなく、当社の各拠点(物
で緑を保っています(写真 1)。
流センター・本社・支店)の植栽管理の状況と計画の推
進等について協議し、緑化活動を推進しています。弊社
山桜の丘募金の実施
役員も積極的にプロジェクトメンバーに加わり、植栽管
社 員にサクラや植 栽 への興
理作業に協力して、山桜の丘をサクラの名所にしたいと
味、日々の植栽管理の大切さを
いう将来構想を実現すべく、各拠点に所属するメンバー
理解してもらうため、山桜の丘募
とともに山桜の丘の運営に携わっています。全社一丸と
金を実施しています。募金は、植栽管理に必要な器具等
なり山桜の丘を維持管理する啓発活動を展開していま
の購入に充てています。募金の協力者には、
「ありがとう
す。
シール」
等を配布し、より一層の協力をお願いしています。
社内広報としては、山桜の丘と新木場物流センターの
各種のサクラの開花情報をタイムリーにメール等で周知
山桜の丘の階段製作とメンテナンス作業
将来山桜の丘を八王子市民の方に開放することを目
しています。山桜の丘での活動の様子も開花情報と併せ
て、事務局より社内に発信しています。
標として、社員の設計と協働作業により、延長約 10m、
13 段の木製階段を製作し、2014 年秋に完成しました
社員教育と山桜の丘での実務体験
(写真 2)。延べ約 6 か月、150 名以上が参加したグル
新入社員教育の一環として、山桜の丘での作業体験
ープワークにより、社員のコミュニケーションも深まり人
を通じて植栽管理やサクラへの愛情の大切さを知って
格の形成にも大きな成果がありました。法面の整地、計
もらうことを目的に、教育プログラムを組んでいます。
測、階段の丸太の埋込み、カスガイの打ち込みをして再
整地作業を行い、1 段ずつ作製しました。階段の定期
おわりに
的メンテナンスは、凹凸の整備、草刈作業、安全チェッ
今回の受賞を契機に「豊かな自然と調和する山桜の
ク、補修等を実施して長期間使用できるよう管理を行っ
丘の成長を社員の手で!」の原点を再認識して、八王子
ています。
市民の方々への憩いの場の提供、地球環境の保全、社
員による手作りの緑化活動を推進し、美しい緑地を未
山桜の丘プロジェクト事務局の活動
山桜の丘プロジェクト事務局は、現在 8 名のメンバー
写真1 植栽管理作業
来永劫に維持管理し、山桜の成長と花に囲まれた憩い
の工場の実現を目指して努力してまいります。
写真2 工場と山桜の丘の手作り木製階段
19
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
313 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content